sachi さん プロフィール

  •  
sachiさん: カンヌ花便り
ハンドル名sachi さん
ブログタイトルカンヌ花便り
ブログURLhttps://ameblo.jp/sachiko-katsurada/
サイト紹介文滋賀県彦根市出身 南仏カンヌ在住フロ-リストの生活、花情報
自由文彦根を離れてはや何年も経ちましたが毎年戻る彦根。
現在はフランスのカンヌでフロ-リストとして在住していますが、1年に一度は戻る彦根でちょっとでもフランスらしいアレンジメントのレッスンを開催をしていきたいと思っております。
モダンで優雅なフランス流アレンジメント。
フランスの生活やフラワー業界を紹介するとともに彦根でのフラワーレッスン告知をしますので、ぜひぜひ読んでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/02/21 08:39

sachi さんのブログ記事

  • 大自然ウエディング
  • 先週末はイギリス在住イギリス人カップルの大自然ウエディング私のお客様は80%がイギリス人なので連絡事項は全てメールで今回のカップルは、一度も会ったことがなかったので、当日に初めましての挨拶みんな私が日本人だとわかって連絡くれているのかも不思議きっとフランスで日本人フローリストなことに不安を抱く方もいるのではって思うけど、英語が通じるからそれが一番いいのかな。でもそれなら南仏在住イギリス人フローリスト [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • えーーー最後の更新から3ヶ月とは、、、、なんて月日は早いのか。何から書けばいいのか。。。4月からシーズンに突入して、カンヌでは5月は映画祭、6月は国際広告見本市ライオンズがあり、今年は今までで一番大忙しな2ヶ月だったような。。終わったらけっこう忘れてしまう私、だからできるのかできない仕事まで次々受けてしまうんですが、、、 お花の写真をアップするために後日報告ブログを書きたいのですが、まず先週末のフラン [続きを読む]
  • 南仏カンヌ 不動産国際見本市 装花
  • 3月に行われたカンヌであった国際不動産市での装花 こちらは毎年頼まれるドイツ銀行からの装花をしました。映画祭会場前の海の目の前の大きなアパルトマンが彼らの会社ミーティング会場になるのです。ビフォアアフターを次回は是非とも撮りたい。。。 お花というより家具も壁も変えて、金キラ金ロシア人の別荘アパルトマンが一気にお堅いドイツ銀行のオフィス会場に変わるので、なかなか面白いのです 言っても銀行の世界なので来 [続きを読む]
  • 気づけば4月。。。
  • はぁ気づけばもう4月後半に入る。。。きゃーーー「シーズンもうすぐだねー」って言われても 「まだまだよー」なんて言ってたのに、カンヌ映画祭があと3週間とは。。。ここ1週間 カンヌ映画祭と6月にある大きな広告見本市ライオンズのお花の話や見積もり依頼がどんどん来出して「まだ先なのにみんな焦ってるわねー」って一人のんびりしてたら、遅れてるのは私でした笑さて3月はミッピムという不動産の国際見本市があって、4月はミ [続きを読む]
  • イタリア出張 パーティ
  • イタリアのトスカーナでお花のレッスンをしたあとは、このヨット会社が3日間のイベントの最後の締めとして用意したガーラパーティ テーマは「サーカス」仮装してくるように言われたので、夫と一緒に事前にパーティ屋さんへ行って衣装を購入個人的には人が笑ってくれるなら仮装でもなんでもするたちですが、面倒くさがりやな私なので、どうでもいいかなと思っていたところ、仮装大好きなイギリス人旦那が何もしないでおさまるわけ [続きを読む]
  • イタリアに出張
  • なんと今回イタリアのトスカーナ地方で大手ヨット会社Benettiが100人ほど招待してイベントを開催するからお花のレッスンをしないかというお話を頂き、初イタリアでの仕事に挑戦してきましたトスカーナ!?!?行きたい!!!後先考えず、土地だけ聞いて引き受けた私後々やっぱり緊張してきて一瞬後悔したりもしましたが、いつもしているスチュワーデス用のレッスンなので、会場が違うだけで中身はほぼ一緒だし なんとかなるで [続きを読む]
  • パリ ヴェルチュム Vertumne
  • パリの花屋さんで、パリに行ったら是非行きたくて」、再会したかったパリの”ヴェルチュム”のクラリスさん 4年半前、フリーランスとして自分の仕事とは別に、まだ色々な花屋でイベント装花の仕事をしていた頃、カンヌ隣町にある海沿いに立つシャトーであるウエディング装花に参加することがありました。 それがなんと、あの有名バンドU2のメンバー、アダムの結婚式だったのですその装花をヴェルチュムのクラリスが担当されたの [続きを読む]
  • パリ ジョルジュサンク ホテル
  • パリに行ったら、行ってみたいと思っていたホテルの一つ ジョージサンクホテル こちら昔の同僚が働いていたところ。あの有名なフローリスト ジェフの元いろいろな仕事をしたセブラン 野心家で斬新なアイデアを持った元パトロンがパリへ行って、なんとヘッドハンティングして来たのです。カンヌの花屋でパリまで行ってヘッドハンディングする人なんてあまり聞いたことがないし、パリからカンヌにヘッドハンティングされて来る人 [続きを読む]
  • パリの花屋 rosebud
  • パリに行ったら花屋か装花を見にホテルを訪れたいと思っていたので、ずーっとネット上やブログや写真で拝見していたパリの人気フローリスト ローズバッドを訪れてきました。 まず写真で何回もお顔を拝見したことがあるヴァンソン 実物がいらっしゃいましたーーー!!「きゃーーーーーー!!」ついアイドルを見た気分になってしまいました!!笑  鼻歌を歌いながら生け込みをされていて、これまたネットでよく見る光景だったので [続きを読む]
  • 7年ぶりのパリとカルチャーショック
  • すごい久しぶりにパリへ行ってきました。 (綺麗に取れてる旦那のお写真拝借 )4回目(?)のパリ 最後に行ったのは7年前。。!? 近いようで遠いパリ 旅行となるとつい違う国を選んでしまったり、結局行ったことがないところに向かってしまい、今回なんと初めて夫とパリ旅行をすることになりました。 3泊4日でしたが、カンヌに戻るときには1週間以上いたくらいの満足感が。。。充実した旅行の証拠 最近トレンディなサンマルタン運 [続きを読む]
  • 心が温まるブーケ
  • 前回ご紹介したウエディングですが、花嫁さまからこれをつけてほしいと。亡くなられたお父様を想ってのお言葉。「Dad, I can’t see you but I know you are by my side」「お父さん、姿は見えないけど横にいてくれてるって知ってるよ」心が痛くなると同時にあったかくなりました。そしてこれを私が作ったブーケにつけるとなるとなんだか責任重大なものを任されているような気がして、ウエディングブーケの大切さ、ウエディング装 [続きを読む]
  • 南仏 結婚式
  • またまたやってきました、この季節お休みの余韻に浸っていたいところですが、新年が明けるとみんな急に焦るのか、今年のウエディングの問い合わせと昨年からのんびりメールをやり取りしていた方の最終ピッチメールがきたりと急にパソコンをかちゃかちゃいじる毎日になりました毎回思うけど、見積もりは頭を使う。。。計算もだけど、アイデアや花瓶、花のリサーチなどなど何百種類でも可能性があるし、今何を提案するかでこの後の [続きを読む]
  • 年越しと元旦と新年の抱負
  • 明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。 日本から戻って来て、クリスマス、年末と続いているので、日本の忘年会シーズンと同じくパーティー続きですが、仕事はしばらくない予定なのでまあいいかな 大晦日は年末の大掃除と思っていましたが(ギリギリすぎる!?)少ししか出来ず、新年に持ち越しです。日本の皆さんに叱られそうですが、、、 夜は友達宅で呼ばれた年越しパーティ仲良し外人30人くらい [続きを読む]
  • クリスマス
  • 一大イベント クリスマスが終わりましたクリスマス2日前に日本から戻ってきたので、少しバタバタでしたが、一番大変なプレゼントの準備は全て早くしておいたので、気が楽なもの(夫も今回はみんなのリクエストをさっさと聞き、ほぼ購入しておいてくれたので助かった!!)外国では大人も子供もプレゼント交換をする上に夫の家族は家族が小さいのもあるけれど一人に3-7個くらいプレゼントを用意するので、細々と数は結構ありました私 [続きを読む]
  • ただいま
  • フランス。。。無事に戻ってきました11月末から3週間の一時帰国結局一度もブログ更新せず(なかなか忙しいのとダラダラモードになるのとで、筆を取る気にならず。。。あ、筆ちゃうか)数日滞在した大阪の妹宅、その後一緒に実家に帰ってきてくれてた妹とかわいい姪っ子、そして両親とのんびりと美味しいものを食べ続けて過ごしたり、地元友達、仲良し元同僚たちに会ったり、毎回のごとくこれでもかっていうくらいに買い物をしたり、 [続きを読む]
  • 一時帰国 フラワーレッスン
  • 今回、11月28日から12月20日まで日本に帰ることにしました。 最近は仕事が結構色々入ってくるので、ギリギリまで予定がわからないのもあるし、航空券がこの3年くらいとりわけ安くなり、ギリギリに取ったところでそれほど値段が上がるわけでもないし、外国生活が長くなって来て、予定をギリギリに決める外国人に感化されたのか(全員がそうではありません、もちろん)私も1ヶ月前くらいにしかチケットをとらなくなって来ました。 [続きを読む]
  • イギリステレビデビュー!?
  • 放送は終わったようですが、イギリスのメインチャンネル、チャンネル4で長年放送されているCOACH TRIPに出演しましたメインは夫だったのですが、私は彼のアシスタントとしてリフレクターをもつ役で1秒ほど出演。。。笑かなーりカットされていたので、私は1秒の出演に夫のトークはほぼカット。しかしテレビはやっぱり上手に編集される! 猛暑の中、大幅に撮影が遅れたので、私はヘトヘト顔で筋肉痛になりながらリフレクターを抱 [続きを読む]
  • 抱えきれませーーーん
  • っていうほどのブーケをお渡ししましたではなく、ちっちゃいヨットでお迎えにいらっしゃいました笑もっと大きいテンダーボートがあるはずなのにこんな小さいので来られるとは。。。キツキツでバケツごと渡せないので、おっきなブーケ二つはバケツから出して抱えてもらうことに。。。予算に余裕がある80mのヨットからのオーダーこのヨット、売りに出ているので、誰かが一日買うかどうか見学こられるので三十万円ほどでヨットの中を [続きを読む]
  • モナコヨットショー
  • 今更ですが、先月のモナコヨットショーの写真を数枚モナコもカンヌに続き、毎年のようにsunseekerのスタンドからヨットの装花、あと数隻のヨットの装花をしましたすっかり普通になってしまいましたが、世界のモナコで、お金持ちの中でもお金持ちの方の娯楽であるヨットのショーに携われるなんて、いやはや南仏のフローリスト特権数億円から250億円、更にはなだ高い値段で売りに出ている本当に桁違いのヨットたちさてこちら、配達 [続きを読む]
  • 南仏らしい邸宅ウエディング
  • 南仏のウエディングは、天気がいいので大概 屋外でされる方がほとんど その中でも多いのがビラと呼ばれるちょっとした邸宅でのウエディング 家とビラの違いはよくわかりませんが、プールがあったり、大きい家だとこちらはみんなビラと呼んでます。 ご家族の持ちビラであることもあるし、ビラをレンタルしてウエディングされることもたくさん。 ビラのいいところは、泊まれるお部屋があり(多いと10部屋)当人はもちろんご家族や [続きを読む]
  • ユニバーサルスタジオを始め
  • 大手映像会社 MGM、スクリップスなどのスタンド装花を今年もさせて頂きましたユニバーサルはおしゃれで美人の偉いさんのこだわりが強いので、どんな感じにするか最後まで迷うところ10月でも25度を超える大快晴の期間中、直射日光ガンガンのテラスに花を4日間置くので、(しかも夜も置きっ放し)耐久性のある花を置かないといけないなかなか悩みましたが、今回はピンクのバンダの蘭をアクセントにキキョウ、ベロニク、オルニートガロ [続きを読む]
  • 外国人美しい
  • なんていうタイトルかと思いますが、、、外国人はやっぱり美しいなぁと思えるウエディングでしたあと南仏の海と空の美しさも出てる最高の景色でもありました以前のブログでも準備写真などアップしましたが、プロの写真が出来上がって来ました。夫と一緒に仕事をするメリット写真がすぐもらえる会場で出会うフォトグラファーは大抵、「写真送るからー待っててね」っていうくせに大体忘れてるのか送ってくれないことがしょっちゅう [続きを読む]
  • 明日から始まるMIPCOM
  • カンヌでは明後日からMIPCOM 国際映像見本市が始まります。私は、開催前はお花の仕事開催中は通訳の仕事と結構忙しい1週間です更にヨットのお花にお花のレッスンまで入って来て、どうするのやら。。。お花は今年もあの世界のユニバーサル、MGM、スクリップスのスタンド装花をさせて頂きます。今日は、元同僚アナイスとクレマンスに来てもらって3人で仕事マタニティ明けで、ずっと家にいたクレマンスよく喋るよく喋る弾丸のように [続きを読む]
  • 鷲ノ巣 エズ村でのウエディング
  • ウエディングで20回以上来ていますが、何度来ても綺麗なエズ村いやはやこんなところで式をあげる方も、式のお花をできる私もラッキーです今回は日本からいらした日本人カップルの挙式ゲストの方も少ないし、お花はブーケ、ブートニア、アーチだけでしたが、アーチとなると若干気持ちが落ち着かない。エズは本当に配達が大変なところすっごい綺麗ですっごいお勧めではあるもののフローリストとしては色々な準備と覚悟が必要な場所 [続きを読む]
  • クリスチャンディオール展
  • 香水の発祥地グラースの香水ミュージアムの特設展でクリスチャンディオール展が開催されていました。5ヶ月ほど開催されていた最終日に滑り込みブランドってどうしてもファッションが先に思い浮かび、名前を聞いたら、カバン、靴、そして香水を想ってしまうけど、実際デザイナーの生い立ちや歴史を見ると本当に見る目が変わります。シャネルの本を読んだ時も全く同じことを思いました。ブランドのあのマークしか思い浮かばなかった [続きを読む]