やまひこ さん プロフィール

  •  
やまひこさん: 英彦山からの便り
ハンドル名やまひこ さん
ブログタイトル英彦山からの便り
ブログURLhttp://www.hikosan.sblo.jp/
サイト紹介文山伏の里英彦山の、暮らし・行事・四季を、写真、文、俳句で。 標高600mからの発信!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供394回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2011/02/21 21:00

やまひこ さんのブログ記事

  • 添田町からの皆さん
  • 11月23日(木)・写真を すると、拡大されます。昨日は、添田町からの皆さんをご案内しました。役場主催のシニアパワーアップ塾の講座で、「地域を知ろう 英彦山の史跡・文化財巡り」という企画の案内役、紅葉散らしの雨でしたがそれも初冬の英彦山らしくて好かったかも。銅鳥居から始まり参道を歩きながら、財蔵坊にも立ち寄り、パワーポイントで座学、午後からは奉幣殿、下宮まで登り、参道を下りながら亀石坊庭園に [続きを読む]
  • 冬日和、中岳まで
  • 11月22日(水)・写真を すると、拡大されます。朝から急激に晴れ上がりそれでも気温は低いという日は、放射冷却現象で霜柱がシャリシャリだ。初霜柱!を踏み、山へ登ろう〜。気温は1℃まで下がったけども、冬日和で登山日和でもある。正面コースの途中から、予想していた雪がうっすらと石段を覆っていた。こういうのが油断していると滑りやすい、特に下山は注意ですよ、皆さん。青空の下、中岳山頂に到着。無風でし [続きを読む]
  • 枯れ彩は
  • 11月21日(火)・写真を すると、拡大されます。野山の草木が、枯れ果ててゆく頃になってきた。山歩きに見つける山野草が楽しみなのだが、それも冬ともなればお預けという事になる。この冷え込みで昨日は時雨になりパラパラと雪に変わったが、それが夕方のニュースで放映されていた。それを撮るためにカメラマンは1時間近くも高住神社付近でねばっていたそうで、これからの英彦山撮影は防寒対策をしっかりしないと大変 [続きを読む]
  • 中元寺から
  •   11月20日(月)・写真を すると、拡大されます。中元寺から見た、英彦山です。チョット分かりづらいが中岳山頂付近が夕映えに染まり、これは中々お目にかかれるものではなくラッキーな巡り合いでした。デジカメだったので、思いっきりアップにしたけどもこれが限界でした。★ つれづれに一句  夕映への 山の刻々 暮れ易し   yamahiko    ・ゆうばえの やまのこくこく くれやすしところで、「英彦山は [続きを読む]
  • 残る紅葉に
  • 11月19日(日)・写真を すると、拡大されます。シトシトと降り続いた雨は止んだが、雲が厚くドンヨリ気味だった昨日。それでも紅葉はまだ鮮やかで終焉前の美しさを見せているし、土曜日らしい人出の賑わいになっている。★ つれづれに一句  英彦峪の 残る紅葉に 遊びけり   yamahiko   ・ひこだにの のこるもみじに あそびけり春の桜に比べると、紅葉シーズンは約一ヶ月と長いので存分に楽しめるのが好 [続きを読む]
  • 冬がやってくる
  • 11月18日(土)予報ではしきりに寒波到来、山では初雪になるかもしれないと云っているが、どちらにしても英彦山では、12月にかけてはいつ雪が降っても驚かない。紅葉に雪、どれだけ奇麗なことか!特に初雪にはワクワク感があり、これからは霜や霧氷、樹氷、初氷、雲海、けあらし、など冬ならではの面白い気象現象が見られるし、あぁ楽しみだなぁ。早々と冬仕様のタイヤに取り換えたし、寒さにも雪にも準備万端だ。・写真をク [続きを読む]
  • 神無月(かんなづき)の空
  • 11月17日(金)・写真を すると、拡大されます。冬日和とも紅葉日和とも云えるような日が続き、空を見上げると早々と葉を落とした柿の木の枝振りがあらわになっている。そう云えば・・、この11月は「神無月・かんなづき」だったなと思う。神無月とは、陰暦10月のこと、全国諸社の神々が男女の縁結びのため、出雲の国へ旅立たれ神々が留守になるのでこのように云われるそうな。出雲の国では、「神有月・かみありづ [続きを読む]
  • 山はもう冬彩
  •  11月16日(木)・写真を すると、拡大されます。昨日は、中岳まで登りました。山の紅葉はもう終わっているだろうが、さて、どのコースを行こうか。という訳で久しぶりにバードラインを登ろう、ここはウリハダカエデなどの見事な黄葉のトンネルになり、落葉したとはいえ少しは残っているかもしれない。などと考え登り始めたら、もうすっかり散り果てている。それでも賑わいの後の静けさの中を行くのは、これはこれで好 [続きを読む]
  • 花見ヶ岩から
  • 11月15日(水)・写真を すると、拡大されます。英彦山の紅葉、昨日は大分朝日放送が花見ヶ岩からの撮影となりました。ドローンも飛ばしての空撮、首尾よく撮れただろうか。撮影ポイントは色々あるが、大きく撮るにはこの花見ヶ岩は最高だ。今年の秋はテレビ・新聞共にここからの撮影が多かったが、しつこいほどに「花見ヶ岩」と云っている甲斐があったと思うし、絶景ポイントここにあり!、だ。キャッチコピーは、紅葉 [続きを読む]
  • 紅葉状況・油木ダムへ
  •   11月14日(火)・写真を すると、拡大されます。油木ダムの紅葉は色付きの頃を迎え、やはり例年通り11月の中旬という事になりますね。水辺は常に湿度が高いのでそのせいだろうか、カエデの赤もひと際鮮やかなようで、イチョウが好いアクセントになっている。湖面への写り込みが一つの見どころだが、水量がもう少しあればなぁ・・。これは「中島」で撮ったもので、このあともう一つのポイントへ行ったら、カメラマ [続きを読む]
  • 紅葉まみれ・銅鳥居
  • 11月13日(月)・写真を すると、拡大されます。朝は冷え込むが日中は小春日和、というパターンになったこの土・日でしたが、そのお陰もあり、そして紅葉日和も手伝ってこれ以上はない人出になった英彦山です。銅鳥居付近も、カエデの赤とイチョウの黄色が競い合っている。いつもの定位置からではなく、チョット遊んで撮ってみました。やはり、紅葉には青空が好いですね。★ つれづれに一句  見上ぐれば 小春日和 [続きを読む]
  • 紅葉日和に
  • 11月12日(日)・写真を すると、拡大されます。この週末は好天で、絶好の紅葉狩り日和ですね。そんな昨日は財蔵坊の当番で、真面目に(!)務めましたが見学者が多かった。財蔵坊の紅葉は古木が多いので、屋根を超えるほどになっておりそれを撮ることに、茅葺屋根も入れて囲炉裏も入れてと、カメラさん達は四苦八苦だ。何かと賑やかで、それやこれやで一日が終わってゆく。昨日の、「財蔵坊百景」です。紅葉情報っぽ [続きを読む]
  • 紅葉状況・大権現庭園、龍門峡
  • 11月11日(土)紅葉はしゃくなげ荘近くまで下りてきたようで、今日は大権現庭園と龍門峡の色付きです。・写真を すると、拡大されます。大権現庭園はかつての「滝の坊」跡地に築かれた庭園で、今年も見頃の時期を迎え、カメラマンや、紅葉狩りの人出でにぎわっている。広いので、のんびりゆったりの紅葉狩りを楽しもう。龍門峡も、もう見頃ですね。奥に日が射しこむ時間は、11時頃がベスト。昨日は午後から行ったので [続きを読む]
  • 紅葉のテレビ放映
  • 11月10日(金)本日2回目の更新です。このところメディアの紅葉取材が集中して、今日は2局でテレビ放映がされました。・写真を すると、拡大されます。NHKでは銅鳥居付近と、花見ヶ岩からの遠望。花見ヶ岩からの、紅葉撮影と放映は初めての事で嬉しい。今日の花見ヶ岩からの遠望です。RKBでは、高住神社付近と龍門峡。日が射しこむ、好い時間帯の撮影でしたね。見頃になった龍門峡の紅葉状況は、明日アップしま [続きを読む]
  • 紅葉状況・高住神社へ
  • 11月10日(金)紅葉情報も山から里に移り、これから紅葉シーズンの後半に突入です。・写真を すると、拡大されます。高住神社駐車場付近、いよいよ色づきの極みのようです。神社への参道入り口近く、一本の大カエデが色付く頃はもう冬初めだ。参道を登り、神社へ行ってみよう。境内の大イチョウが散り果てて、黄色を敷き詰めたようになっていて、ここまでくるとさっきまでの紅葉まみれからは別世界のような、静けさの [続きを読む]
  • 紅葉状況・亀石坊庭園
  • 11月9日(木)・写真を すると、拡大されます。本日2回目の更新です。亀石坊庭園、もう見頃になっています。と云うか、すぐ近くでいつでも行けると油断していたら、まだ緑が多いながらも一気に色付きが進んでいて、少々ビックリするやら慌てるやらです。雪舟の作庭と伝わる、古庭園の紅葉です。照り陰りが激しく上手く撮れていませんが、アップします。★ つれづれに一句  雪舟の 庭と伝へて もみずれり   yama [続きを読む]
  • 写真展のお知らせ
  • 11月9日(木)秋は何かとイベントが多くなり、そう云えば食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、文化の秋、などと五感が活き活きしてくるような季節ですね。今日は英彦山で開催中の、写真展のお知らせです。・写真を すると、拡大されます。◎ 縄手良文 風景写真展〜〜〜〜 美しきかな! 筑豊Part4〜〜〜〜会場 ギャラリー「このはずく」   英彦山別所駐車場前  珈琲館「姫沙羅」横    0947−85−0 [続きを読む]
  • 雨上がりは
  • 11月8日(水)・写真を すると、拡大されます。本日2回目の更新です。昨夜からの雨、午後には上がりさっそくそこいらを歩いてきました。ずっと好天で乾燥気味だったので、紅葉にはちょうど良い潤いになったみたいで色が増している。雨上がりの、散り紅葉も好いものです。★ つれづれに一句  散り紅葉 綺麗な紅は 踏まぬやふ   yamahiko    ・ちりもみじ きれいなあかは ふまぬようさて明日は晴れの予報 [続きを読む]
  • 宇美町からの皆さんをご案内
  • 11月8日(水)このところ紅葉に浮かれてばかりだったのが、昨日は史跡ガイドでピリリと気分が引き締まった一日になりました。まずは座学で資料を基に講和、午後から歴史散策となりましたが紅葉が始まった参道、奉幣殿と楽しんでもらえたようで好かった。何か一つでも記憶に残ってくれたら、と思う。・写真を すると、拡大されます。井上さんに法螺貝を吹いてもらい広瀬淡窓歌碑の前では詩吟を披露、うちのガイドメンバ [続きを読む]
  • 紅葉状況・龍門峡、テレビ局紅葉撮影
  • 11月7日(火)暦の上では、今日は立冬です。朝夕はそれなりに冷え込んでいるのですが、昼のポカポカ陽気にすっかり忘れてしまっていて改めてもう初冬なんだと思う。それでもまだ、晩秋と云った方が気分的にはピタリとくるものですね。紅葉前線も里へ里へと下りてきて、もうそろそろかと龍門峡へ行ってみました。もう色付き始めていて、見頃はこれからと言う感じです。奥の小道を登って行くと木漏れ日に石仏が静かにおわす林が [続きを読む]
  • 紅葉状況・鷹巣原高原のススキと紅葉
  • 11月6日(月)・写真を すると、拡大されます。本日2回目の更新です。鷹巣原高原のススキの波、そして見頃になってきた紅葉です。銀色の穂が刻々と夕映えに染まり始める、この時間が好きで好天の日を狙って来るのはこの時期毎年のことです。日差しと風に、みるみる表情を変える。今流行りの「インスタ映え」?、若いママさんたちがしきりに写真を撮っていて、暫くしていると下山してきた登山者やら、カメラマンやらで撮 [続きを読む]
  • 紅葉状況・高住神社、花見ヶ岩から遠望、油木ダム
  • 11月6日(月)里の紅葉が輝きを増す頃になり、紅葉状況レポも大忙しになってきました。余計な説明は不要ですね、一言コメントで参ります。・写真を すると、拡大されます。高住神社駐車場周辺、眩しいほどの色付きです。花見ヶ岩から。紅葉に埋もれる、英彦山の集落。油木ダムはまだ色付き初め、次を期待ですね。今日はもう一度更新します。 [続きを読む]
  • 紅葉状況・銅鳥居から参道
  • 10月5日(日)・写真を すると、拡大されます。銅鳥居から参道付近、色付き初めました。昨日は晴れたり曇ったり、時々雨というはっきりしない天気でした。で、ちょっと暗いなぁ。頑張って撮っていたら、パラパラと雨が降り出したのでここで中止にしました。青空の下で、改めて撮ることにしよう。カエデやケヤキが紅葉の主役だとすると、カキの照葉は名脇役です。本日のおまけ。落ち葉掃きに、追われる頃になってきた。 [続きを読む]
  • 紅葉状況・花見ヶ岩から
  • 11月4日(土)・写真を すると、拡大されます。花見ヶ岩から。英彦山の里も、どうやら紅葉彩に染まり始めたようです。好天の3連休初日とあって、この小高い岩場に登ってくる人も多く、意外なほどに広がる絶景に歓声が挙がったり、しばらくそれに見惚れたりと何かと賑やかな事です。参道周辺や集落の紅葉も始まり、それが一望できる。夕方近くだったので、何となく夕日っぽいが紅葉は紛れなくその色を放っている。★  [続きを読む]
  • 朝刊に掲載
  • 10月3日(金)・写真を すると、拡大されます。本日2回目の更新です。今朝の西日本新聞に、英彦山の紅葉が掲載されています。玉屋見口から、正面コースの遠望画像です。今年の紅葉は見事なので嬉しくなり(!)、ここに通い詰めて新聞記者の案内もした。★ つれづれに一句  紅葉へ 通ひ慣れたる 路となり   yamahiko    ・こうようへ かよいなれたる みちとなり山中までの取材・撮影、有り難うございま [続きを読む]