スクーティスト さん プロフィール

  •  
スクーティストさん: スクーターで撮り歩き
ハンドル名スクーティスト さん
ブログタイトルスクーターで撮り歩き
ブログURLhttp://scootist.blog98.fc2.com/
サイト紹介文広島周辺の自然・動物の写真を紹介。科学や教育も語ります。ケニア滞在記は50回をもって終了しました。
自由文広島からスクーターに乗っていける範囲の野山や海辺に出かけ、自然の風景や小さな生物の写真を撮って紹介しています。
9年前にJICAの短期専門家として2ヶ月ほど滞在したケニアでのできごとを、2011年1月20日から50回に分けて連載しました。
科学や理科教育についても、思いを述べたいとおもっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/02/21 21:21

スクーティスト さんのブログ記事

  • お庭で実験
  • 先日、お庭に出かけて実験をしました。泡入浴剤に水を加えて二酸化炭素を発生させ、その体積の膨らみを体感する実験です。フィルムケースに材料を入れてすぐにふたをし、そのまま地面に置くと、数秒で「パーン」とふたが飛び出します。毎年この実験を行うのですが、その都度、勇気ある子が、手に持ったままやりたいと言うのです。安全な方法を教えたところ、みんなそれに挑戦。ノリのいい子らです。手に持ってやりたいといい出すの [続きを読む]
  • アラレタマキビの雌雄差
  • とにかくタマキビ類に魅せられた小5女子が、アラレタマキビの生きたのを何個体か持ってきました。縦も横も長さは5〜6 ミリメートルほど。大人になっても非常に小さいのがアラレタマキビです。これを解剖したいというのです。そのわけは、産卵の実験をする時に、雄と雌とが外見、つまり殻の形で見分けられれば、ひじょうに便利がいいからです。まず今日、実験材料としたアラレタマキビを並べた写真をごらんください。雌雄の区別を [続きを読む]
  • カイエビ類の分布速報
  • 中学生がお母さんといっしょに調べた内容を、マップにしておきました。ただし、ちゃんと聞いていないので、落ちがあるはずです。それについては、今後彼女がまとめるものが正しいはずですので修正したいとおもいます。また、今日、急遽、廿日市市、佐伯町、大野町をいっきにスクーターで回り、目に付いたものも記入しておきました。佐伯町の友和、津田では、カブトエビも、ホウネンエビも、カイエビもまったく見られませんでした。 [続きを読む]
  • 西表島わくわくサイエンスキャンプ 説明会
  • ボランティアによる市民団体である広島干潟生物研究会が西表島キャンプを企画し、1月に案内を作り公募したところあっという間に定員いっぱいの応募がありました。宿舎や航空券のことがあり、早い募集になりました。ようやく先日の日曜日の19時から、公民館の和室を借りて説明会を開きました。手つかずの大自然やそこに棲む生物を直接体感してもらい、今後彼らがいろいろな立場でいろいろな場面で自然や、その保全、あるいはまった [続きを読む]
  • 女子中学生とお母さんの田んぼ探検
  • 女子中学生2人が、ミジンコ類を対象に科学研究をしています。詳細はいずれまたお伝えすることになるとおもいますが、速報を今日は載せておきます。中2のIさんは、お母さんとともに、この日曜日に、県内外のあちこちの田んぼに車で出かけ、ミジンコ類の調査をしました。東は東広島市、本郷町、三原市、福山市まで進み、南は黒瀬町、北はなんと北広島町からさらに北上して島根県の邑南町まで一気に調査したのです。それぞれの地点で [続きを読む]
  • セトウチマイマイの歯舌
  • 朝早く(わたしにとってはということですが)、電話が鳴りました。あるテレビ局の方からです。「梅雨にちなんで、カタツムリを撮りたいのですが、、、。」「わかりました。採っておきましょう。いつ放映予定ですか?」「あさってです。」「ええっ。」と目が覚めました。とりあえず、教室で飼育中のサンインマイマイと、近所の畑にいつもいるウスカワマイマイは提供できるとして、広島で最もポピュラーなセトウチマイマイを外しては [続きを読む]
  • カニの定位の研究 眼柄の動きがおもしろい
  • 昨日の記事の続きです。先日、中学生3人組が、「イワガニ類は水槽に入れると、壁に背を向けるように位置取りしようとする。」ということを明らかにしました。昨日、ハクセンシオマネキ、チゴガニ、コメツキガにのいわゆるスナガニ類を材料にして実験したところ、イワガニ類と真逆な結果が出ました。つまり、壁に顔を向けるように位置取りするのです。その実験の後、こんどは、斜面でどういう動きをするのか調べようということにな [続きを読む]
  • カニの定位の研究 その後
  • 6月10日の記事の続きです。定位の研究というのがわかりにくいのですが、簡単にいえば、カニたちが、置かれた状況に応じてどんな姿勢を取るのか、そしてそのわけはなぜか?ということを調べようという研究です。これまで、イワガニ類が壁を背中に置くように行動することがわかってきました。今日は、スナガニ類を調べようということで、ハクセンシオマネキ、チゴガニ、コメツキガニを準備して、中学生たちが来るのを待っていました [続きを読む]
  • わくわくキャンプのしおりづくり
  • 広島干潟生物研究会がオープン参加を呼びかけた「西表島わくわくサイエンスキャンプ」の説明会が、明後日の夜、予定されています。事務局として、今日は、その説明会で参加者に持ち帰っていただくしおりを印刷しました。9枚、18ページに及ぶしおりで、地図、行程、日記帳、緊急連絡先一覧、参加者一覧、役割分担一覧、部屋割一覧をまとめています。カラーページは事務局で印刷をしましたが、白黒のページは、公民館で印刷させてい [続きを読む]
  • 第3回 干潟観察会のお知らせ
  • 広島干潟生物研究会の観察会が予定されています。要項の概略を書いておきますので、どうぞ、近隣の方はご参加ください。天気がよければ、本来の瀬戸内海の、白砂青松を体感できるとおもいます。 【目的】 広島市周辺の自然度の高い干潟に注目し、そこに生息する生きものを観察することを通して自然に対する興味・関心を喚起し、その多様性やそれらを支える環境について学びます。【内容】 江田島市大柿町の自然海岸で海辺の生き [続きを読む]
  • アメンボの走光性
  • 中学2年生の女子2人組が、アメンボの光に対する行動の研究をしています。アメンボが飛べることはご存じの方が多いと思いますが、上空から水たまりや池を見つけると、そこに下り立ちます。それは、水たまりや池の表面が鏡のようになり、空の光を反射して周囲の地面や緑地よりも明るく見えるからそこに下り立つと言われています。つまり、アメンボは強い正の走光性があるということになります。これを確かめようと、二人は研究を始め [続きを読む]
  • 広島市消防局、子猫を救出
  • 今日、午前11時前、広島市西区の歩道上の鉄板の下に、子猫が閉じ込められていることを誰かが通報。それを受けて、広島市消防局の隊員がかけつけました。たまたま通りかかったら、路上に巨大な消防車が居座り、その傍らに署員が1名、そこからやや離れた鉄板の付近に3名、そしておそらく保健所か動物愛護センターかよくわかりませんが2名、それに野次馬が2名いらっしゃいました。はいはい、私を含めたら野次馬は3名です。消防局の方 [続きを読む]
  • クワの木さがしが大流行
  • あるところからカイコ卵をいただきました。自分で責任を持って育てるという約束をした小学生たちに、これを配布しました。その際、保護者にも来ていただき、観察日記をつけたり、科学研究に結びつけたりするよう勧めました。いま、4家族が飼育に挑戦しています。一番の課題は、クワの葉の供給です。近隣のクワの所在地は私なりにかなりの地点を把握していますので、情報を提供しましたが、理想的には、自宅の近所にクワの木があっ [続きを読む]
  • 動物の定位の研究
  • 中学生の3人組が動物の定位の研究に取り組んでいます。動物たちは、容器に入れられると、多くの場合、背中を壁にくっつける姿勢をとります。顔を壁にむけることはほとんどありません。これは、周りの様子をできるだけ視野に入れ、なおかつ自分自身の身を守るための行動であろうと考えられます。たまたまカニでその実験を繰り返すと、岩の割れ目などで生活するイワガニ類は、まさにその通りの結果になるのですが、砂浜に巣穴を掘っ [続きを読む]
  • 動物の定位の研究
  • 中学生の3人組が動物の定位の研究に取り組んでいます。動物たちは、容器に入れられると、多くの場合、背中を壁にくっつける姿勢をとります。顔を壁にむけることはほとんどありません。これは、周りの様子をできるだけ視野に入れ、なおかつ自分自身の身を守るための行動であろうと考えられます。たまたまカニでその実験を繰り返すと、岩の割れ目などで生活するイワガニ類は、まさにその通りの結果になるのですが、砂浜に巣穴を掘っ [続きを読む]
  • フナムシの実験
  • ダンゴムシ類の進化を知る上で、乾燥との戦いが大事だと考えている中学生たちが、乾燥実験を行っています。筒の中にダンゴムシを入れ、掃除機の先を筒に接続してスイッチを入れると、筒の中の中のダンゴムシは乾燥されるはず。これを、ダンゴムシ、ハマダンゴムシ、ワラジムシなどで比較してみようという段取りです。今日は、先日わたしが集めてきたフナムシでの実験です。ところが、中学生たち、だれもフナムシに触れません。「足 [続きを読む]
  • 大気圧を感じる実験
  • 小学生の実験の様子を紹介します。大気圧を体感する実験です。大気圧っていっても小学生にはわかりませんので、最初は空気の重さという表現を使いますが、途中から大気圧という言葉を使いますので、最後にはちゃんとみんな大気圧やら1気圧を実感して帰ります。「1気圧ってすごい。」といいながら。まず、ふたつの金属のボウルをくっつける準備をするのですが、密着させるために、画用紙1枚ととキッチンペーパー2枚でドーナツをつく [続きを読む]
  • トゲカイエビのトゲとは
  • 昨日、わざわざ西条までスクーターで足を延ばし、トゲカイエビを持ち帰ったことをお伝えしました。これとは別に、カイエビという種名をもった種類もいます。トゲカイエビはどこにトゲがあるのか、写真で示しておきたいとおもいます。これは、トゲカイエビの頭の部分を拡大した写真です。吻(ふん)の先に細いトゲがあるのがおわかりでしょう。吻は、口と考えてもらっていいでしょう。実は、昨日の記事の写真でも、この吻が小さく写 [続きを読む]
  • トゲカイエビ初登場
  • 昨日は雨、明日も雨らしいです。そこで、今日が動けるチャンスとばかり、スクーターで西条まで足を伸ばしました。けっこう時間がかかりました。実は、広島大学のある先生から、トゲカイエビの生息地を教えていただいていたので、この確認に行ったのです。広島市、廿日市市では田んぼにみられるのは、私が見る限りムスジヒメカイエビだけです。ところが、広島大学のある西条盆地には、トゲカイエビがけっこう見られるらしく、逆にム [続きを読む]
  • フナムシの尾っぽ
  • 実験材料の調達のため、夜の海岸に出かけました。出かける前にばたばたとしていたため出発が遅くなり、つい先ほど帰ってきました。昼間あれほど素速く岩場を走り回っていたフナムシが、夜はじっくりと足元を確かめながらゆっくりと歩いていました。近づいても、懐中電灯の光を当てても、まったく逃げるような気配はありません。ですから、コンパクトデジカメでも十分近づいて撮ることができました。下の写真は、カメラを地面すれす [続きを読む]
  • スナガニの巣穴
  • 昨日、夕方の7時前に、スナガニを観察しに中学生たちと出かけました。7時といってもまだまだ明るく、十分探せます。一人は私の自転車で、残りの5人は徒歩です。巣穴、たくさんありました。砂浜に500円玉くらいの穴があれば、ほぼ間違いなくスナガニの巣穴です。よくみると、巣穴の周囲に、掘り出した砂を投げ捨てた後が見えます。また、砂ごと口の中に入れてその表面の藻類をかじりとり、吐き捨てた砂ダンゴも見えます。上の写真 [続きを読む]
  • ガウス加速器の実験
  • 小学生の上級クラスの実験です。直径1センチメートルほどの円柱形のネオジム磁石に、同じく直径1センチメートルの鉄球を数個くっつけ、反対側から別の鉄球をゆっくり転がして当てます。そうすると、その鉄球がネオジム磁石の直前で急に強く引きつけられて当たります。その当たった瞬間のスピードが維持されて、反対側の鉄球が1個だけものすごいスピードではじき出されます。このセットをいくつか一列に置くことで、次々と鉄球の速 [続きを読む]
  • 小5女子、タマキビ類の産卵を確認
  • 小学校5年生の女子がタマキビ類の研究をずっとしています。冬に産卵すると言われているタマキビの産卵をまず2月にちゃんと確認しました。このときは、卵のうの中で卵割が進んでふ化し、その後ベリジャー幼生、さらにはトロコフォア幼生まで育て上げました。このブログの検索窓に「ベリジャー」と打って検索していただくと、関連の記事が連続で出てきますので、時間があればご覧ください。さて、今日は、夏に産卵するといわれていた [続きを読む]
  • アオムキミジンコ出現
  • 時々立ち寄るハス田から、新しいミジンコを見つけました。普通種のようですので、特に取り立ててどうこう言うこともありませんが、記録に残しておこうという意図もありますので、写真を挙げておきます。写真ではお腹側を下にして撮っていますが、泳ぐときにはこちらが水面側になります。このことから、「あおむき」という和名がついたのでしょう。これは図鑑を見てから知りました。確かによく見ると仰向きになって泳いでいます。下 [続きを読む]
  • クワの自生地
  • カイコたち、すくすくと大きくなってきています。一日一枚でよかったクワの葉が、いまは朝晩数枚ずつ供給しなければ間に合いません。幸運にも歩いて数分のところにクワの木がありますので、エサは確保できます。ところが、隣の市から来ている小4の男子が、カイコを飼いたいと。あいにく、その市のクワが自生していたところはことごとく宅地になったり刈られたりしてしまい、そのほかに思い当たるところがないのです。そこで、その [続きを読む]