土井雅之 さん プロフィール

  •  
土井雅之さん: 「入試作文・小論文教室」減点されない合格小論文
ハンドル名土井雅之 さん
ブログタイトル「入試作文・小論文教室」減点されない合格小論文
ブログURLhttps://ameblo.jp/manabutikara/
サイト紹介文書けないのには理由がある!1000人以上の添削指導から「減点されない合格小論文」をお教えします。
自由文仙台市で、少人数制学習塾を開いて15年、小論文の講師として、高校生・中学生を中心に1000人以上の指導をしてきました。「文章を書く」ことは、自分の内面の思考や感情をきちんと理解すること。
「作文・小論文を書く」ということは、相手に自分の考えをきちんと伝えるということ。
今、必要とされるコミュニケーション能力は、作文・小論文で学べます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/02/22 11:29

土井雅之 さんのブログ記事

  • 書けると、楽しい!
  • 土井です。何であれ、文章が書けると、楽しい気持ちになるようです。もちろん、私も、です(笑)志望理由書であれ、ちょっとした自己紹介文でさえ、納得のいくものが書けた時は、何度も何度も書いたものを読み返し、思わず頬が緩んだりもします。みんな、本当は、文章を書きたいんだな〜そう思う瞬間ですね。自分だけの1枚の文章、書いてみたくない? [続きを読む]
  • 私には、なんにもありません!
  • 土井です。教えている中学生からSOS!推薦入試のための志望理由書提出迫るも、全然かけない。いつものやつです(笑)で、授業のあと来るように指示。走ってきました(笑)自己アピールについて、これまた定番の「私には何にもありません。書くことないもん」30分後。A4用紙にびっしり書かれた内容を見ながら、「先生、これ省いたほうがいいよね」なんて。「うわ〜、用紙に収まらないから、どこか削らなきゃ」こうして、内容は [続きを読む]
  • 埋まる!
  • 土井です。頼まれた授業を気軽に引き受けていたら、まったく休みがなくなってしまっていることに気が付きました(笑)もうこんなには授業は取れません。(あとで気づくな!)こういう時に限って、いろいろとアイデアが浮かびます(笑)企画も出てくる!というわけで、手帳とノートは、新しい企画で埋まっています。授業で時間は埋まり、ノートは、企画で埋まる! [続きを読む]
  • 「学ぶ、教える」を学ぶ本は?
  • 「小論文教室」土井です。気がつけば、もう35年も読み続けている本があります。何回も読む本はあるけれど、これほど長期間にわたって読み続ける本は、それほどないです。「学ぶ、教える」ことについて、私が最大の影響を受け続けている本。それが、「論語」です。東洋において、西洋の「バイブル」に匹敵する本。古いようで(実際古い:笑)新しい。まさに、「古きを温めて新しきを知る」を、そのまま表したと言えますね。最近、新 [続きを読む]
  • これ見て、やる気が出る!
  • 「小論文教室」土井です。「舟を編む」続けて、3回観てます(笑)(本日4回目に突入!)そのなかで、先行の辞書が完成までに28年かかると聞いて、呆然とする先輩(オダギリジョー)を尻目に、がぜんやる気を出す主人公(松田龍平)が印象的でした。辞書作りに28年!やってやろうじゃないか!というわけで、私も俄然やる気が出ました。還暦だなんて言っていられないね。やる気が出ると、アイデアも湧いて出ます。智謀湧くが如し! [続きを読む]
  • 「舟を編む」に、はまる!
  • 「小論文教室」土井です。「舟を編む」に、はまってしまいました。続けて3度見てます。まだみるでしょう(笑)辞書を作るだけで、13年かける!なんて素敵な仕事だろう!こういう生活って、してみたかったな〜と思います。今は、目と根気が衰えてきついですけどね。理想の生活だな。 [続きを読む]
  • 「舟を編む」を観る
  • 「小論文教室」土井です。図書館で本を借りるついでにDVDコーナーを見回しているとき、ふと、目に留まりました。「舟を編む」なんだこれ?どんなジャンルだ?すると、「辞書を作る」人たちの話だと書いてある。そんなものが映画になるの?あ、原作があるのか。アニメにもなってる?うそだろ!あまりにも地味なパッケージに惹かれ(笑)借りてみました。面白くなければ、すぐ返せばいいし。寝る前に、少しだけ見てみよう・・・惹き [続きを読む]
  • あと百日!
  • 「小論文教室」土井です。 教室では、今年もあと百日だ! と、はっぱをかけています。 ここからが、早いんだな〜でも、あとで分かるんだよな〜 生徒だけではありません。 で、私も引いてみました! 残り100日の運勢は・・・残り100日運勢みくじをひく2018年ラストスパート!あと100日でしたいことは? とにかく、書け! ということですね(笑) [続きを読む]
  • 「志望理由書」の破壊力!
  • 「小論文教室」土井です。前に「志望理由書」について書きましたけど、きちんと考えると、本当にすごいです。あいまいだった自分の将来が見えてくる!あるいは、大きく変わる!その破壊力(破壊ってのは変だけどね)は、ものすごいです。生徒の人生を変えてしまうような、そういう作業になるということです。もちろん、カンタンではないです。週1回の授業で取り上げて、何度も考え直して修正して、最短でも1ヶ月ぐらいはかかる。調 [続きを読む]
  • ”「志望理由書」と「自己アピール」”
  • 「小論文教室」土井です。ブログに、1年前に書いた記事が、表示されるようになりましたね。それを見て、何度も「いいな」って思ってます(笑)作文や小論文について、かなりの情報を書きつづけてきたんだなと。具体的なやり方やヒントも相当量あります。手取り足取り!というわけにはもちろんいきませんが、これだけでもかなり書けるようになると思います。そこいらの参考書よりも、ね(笑) [続きを読む]
  • 書くための”設計図”を考案中
  • 「小論文教室」土井です。作文や小論文を書くためには、メモ=設計図が必要です。絶対に!しかし、この設計図を作れない生徒が多い。いや、作れないから書けないんですけどね。となれば、誰でも使える設計図の作り方を、考案しなくてはなりますまい。ポイントは、いくつかあります。●手順が明確であること。●フォーマットがあること。これがあれば、無敵!もう少し、かかるかな。 [続きを読む]
  • 創作エッセイ
  • 「小論文教室」土井です。ちょいと入試の話題から離れます。自分を表現する手段として、文章を書くことを教えています。大人向けです。とても楽しい作業で、だんだんと表情が変わってきますね。ちょっとした身の回りのことなど、何でも書いてみると気づくことがいっぱい出てきます。ただ、どうしても現実に起こったことだけ書いてくると、少し窮屈になってくることもあるみたい。そんなときは、別にこだわらず創作してもいいんです [続きを読む]
  • 作文の「設計図」を書く
  • 「小論文教室」土井です。作文を書く前にメモを取れ!と指導してきました。これを変更するつもりは毛頭ありませんが、なんかね、メモ!というと、ノートの端っこに適当にちょこちょこと書きなぐるイメージを持っている人がいるみたいで。そんなことないですか?私が言っている作文メモは、構成を考えたしっかりしたものです。でも、イメージって大事だからね。これから、作文メモ、ではなくて、作文設計図、とでも言い換えてみるか [続きを読む]
  • 本の企画を考える
  • 「小論文教室」土井です。知り合いから、執筆予定の本について相談されました。知り合い自体も、「書くこと」についてのプロですから、いわゆる専門なんですけど、やはり、自分のこととなると少し難しくなります。私もそうですからよくわかります。基本的な構成やら何やら、いろいろと相談に乗るうちに、自分のことも見えてきました。ついでに、自分のほうの企画も考えてしまおう!と、思ったしだい、です。今なら、自分の企画も客 [続きを読む]
  • 最近の「入試作文の傾向」を考える
  • 「小論文教室」土井です。一昔前の作文では、自分の好きなものや、言葉、人物などを聞かれることが多かった。同様に、経験したことや将来の夢なども。その人自身の「人となり」を知る、そういう意味合いがあったのでしょう。ところが、最近では、上記にくわえて、あらゆることに対して意見を求められるようになってきた。その場で与えられた情報の中で思考し、判断する。そういう力が求められているのでしょうね。「こういうときに [続きを読む]
  • ”入試に直結する”語彙の増やし方
  • 「小論文教室」土井です。前に書きました。こちら↓語彙が少ない!という悩みは多いようですね。語彙を増やす方法は、他にもあります。それも、入試に直結する語彙の増やし方どうせ増やすなら、入試に出やすいものがいい!では、どうやって?入試に良く出る本を読めばいいんです。そんなこと言っても本はたくさんあるから読めない!いやいや、ほぼ1冊でいいんです!それはね・・・・・・・入試対応の国語の問題集を読むこと、です。??? [続きを読む]
  • 語彙力の増やし方
  • 「小論文教室」土井です。中高生を教えていて、いや、言葉を知らないな〜と、ため息をつくことが多い。自分が若かった頃のことを棚の最上段に放り上げて言うと、そういうことになる(笑)言葉は、自然に身につくことはないのです。小さい子は自然に身につけるよ!という方もいらっしゃるでしょうが、あれは、大人の言葉の中に埋もれていて周りに何もないというわけではない。狼に育てられた子が、人間の言葉を話すわけがないのです [続きを読む]
  • ほぼゼロからの作文攻略のために
  • 「小論文教室」土井です。7月8月と、いろいろと忙しく、ぐったりとしていましたが、ようやく疲れが取れ始めました。前の記事では、ぐだぐだでしたね(笑)しかし、集中力がなく、理解力も落ちている今こそ、できることもあるのです。時間をかけずに、無駄な努力を排除して、一直線に成果を挙げる!それこそ、今の私にふさわしい(笑)ほぼゼロの状態から、スッと合格レベルの作文・小論文を書けるようになる。ほぼゼロからの作文・ [続きを読む]