針箱 さん プロフィール

  •  
針箱さん: 着物のこと、和裁のこと、針箱の今日のこと。
ハンドル名針箱 さん
ブログタイトル着物のこと、和裁のこと、針箱の今日のこと。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/halibako/
サイト紹介文着物のお仕立て、お直し、和裁用品のお店 『針箱』の、日々のできごとをご紹介しています。
自由文着物のお仕立て、お直し、和裁用品のお店 『針箱』です。
茅ヶ崎の和裁所のwebでのご紹介をしています。
ブログでは、日々のできごとや仕立てについてのメモを書いています。
お仕事については、HPをご覧ください。
http://halibako.jimdo.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2011/02/22 19:35

針箱 さんのブログ記事

  • きもの春市2018〜作品のご案内その3
  • 本日は型染作家小倉充子さんのご紹介です。粋で洒落のきいた味わいのある作品は通をも唸らせるもの。著名人を含めファンの多い作家さんです。ご自身で図案、型彫り、染色を一貫して手掛けられています。初めて弊所にて新作の浴衣反物を販売させていただくことになり、率直にとても嬉しくてわくわくしています。作品はそれぞれストーリーを持っています。会場ではストーリーが綴られた小倉氏のキャプションをご用意してお待ちしてお [続きを読む]
  • きもの春市2018〜作品のご案内その2
  • 本日は、きもの春市で展示販売する小紋染作家 松永恵梨子さんの作品から。繊細な小紋の半襟。夏用の正絹絽を使っています。お色みも穏やか。よく見ると瓢箪が並んでいます。かわいい。「菓子切り」と「鞘(さや)」も素敵です。菓子切りは、銀、銅、真鍮、銅に錫引きでそれぞれ作られています。小紋染めの鞘との組み合わせはお選びいただけます。贈り物用に桐箱もご用意しております。江戸小紋のお仕事を10年。2016年に山梨県白 [続きを読む]
  • きもの春市2018〜作品のご案内その1
  • あっという間に5月も半ばに入り、きもの春市の開催も今週末に迫ってまいりました。今週は展示販売をさせていただく作品を紹介していきます。本日は作家さんの素敵小物から、タティングレースのアクセサリーを。糸巻の美しい糸は手染めの絹糸。作品はどれも柔らかく軽いので、身に着けていても気になりません。左上の青いお花は帯留、黒いへら状の板のついたものは着物用の根付です。根付は板の部分を帯に挟んで使います。左下は小 [続きを読む]
  • 茅ヶ崎市美術館『ー版の美Ⅰー浮世絵・新版画』へ
  • 茅ヶ崎市南西部の柳島。江戸時代のころから、江戸への物流を結ぶ重要な湊(港)として栄えました。廻船業を営んでいた藤間家は、代々柳島の名主を努めてきた家柄です。今回の展示では、藤間家に代々伝わり2017年に茅ヶ崎美術館に寄贈された数々の浮世絵を見ることができます。全作品撮影可とのことでしたので、少しご紹介いたします。「知らざぁ言って聞かせやしょう」の口上で有名ですね。美しい女性を装った大泥棒 弁天小僧菊之 [続きを読む]
  • 牡丹流水の小裂
  • 牡丹流水文様の刺繍をほどこした江戸時代の小袖裂を見てみましょう。丁寧に刺繍されていますね。Piece from a Kosode with Peonies and StreamPeriod:Edo period (1615?1868)Culture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時 間  10:00ー18:00 所在地  〒253−0056     神奈川県茅ヶ崎市共恵 [続きを読む]
  • 小花の唐草
  • 小花の唐草文様あしらった江戸時代の小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo period (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 小さく可愛らしい花々と、その蔓の唐草文様。庭の緑もずいぶん元気に伸びてきました。花も少しずつ増えてきています。立春も明日はいよいよ末候 雷乃発声へ入ります。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございまし [続きを読む]
  • 犬と桜の小裂
  • 桜の下に子犬のいる風景を織り出した江戸時代の小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art茅ヶ崎周辺も桜が満開となっています。天候にも恵まれ、この週末も楽しめそうです。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 犬文様の小裂着物のよろず針箱お問い合わせ mail@haliba [続きを読む]
  • 桜花文様の小裂
  • 桜の季節になりました。本日は桜花文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 暦もちょうど春分の次候”桜始開”に入りました。茅ヶ崎でも見頃を迎えています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 桜始開 - さくらはじめてひらく着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako. [続きを読む]
  • 牡丹文様の裂
  • 牡丹文様を織り出した、江戸時代の裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 淡いグレー地に赤い花びらが美しく映えています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 牡丹文様 - 豪華な唐織着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営 [続きを読む]
  • 唐花と亀甲繋の小裂
  • 亀甲繋を背景に唐花文様を織り出した小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo period (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 彩り良い唐花文様。背景にあるのが、お馴染みの亀甲繋です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 唐花唐草と檜垣文様の小裂 亀甲文様いろいろ 1着物のよろず針箱お問い合わせ mai [続きを読む]
  • 猿もお花見の小袖裂
  • 駕籠から降りて桜の花を眺める猿の姿を描いた小袖裂です。Piece from a Robe (Kosode) with Cherry Blossoms and Monkeys with PalanquinPeriod:Edo period (1615?1868)Date:18th centuryvia The Metropolitan Museum of Art 美しい桜なのでしょう。感嘆の表情ですね。染色や刺繍で表された桜。花びらのぼかしが桜らしい優しい雰囲気です。平安時代の絵巻物に、猿と人のやり取りする物語「藤袋草紙」がありますが、解説によると、 [続きを読む]
  • 枝垂桜文様の裂
  • 桜開花の時期を迎えました。枝垂桜文様を織り出した江戸時代の裂を見てみましょう。彩り鮮やかな桜花文様。Textile with Blossoming Cherry Branches and LatticePeriod:Edo period (1615?1868)Culture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art *針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 枝垂桜と小舟着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080 [続きを読む]
  • 花車文様の小裂
  • 花車文様を織り出した、江戸時代の小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 大きな牡丹の花。左下の白い花は桔梗でしょうか。菊や菖蒲とともに蝶の姿もありますね。桜。間もなく開花宣言も聞けそうですね。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 花車文様1着物のよろ [続きを読む]
  • 鳳凰や龍文様の小裂
  • 鳳凰や雨龍の文様を織り出した小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo (1615?1868) or Meiji period (1868?1912)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 雲間を飛ぶ鳳凰宝珠を持つ龍暖かい日が続き、暦も啓蟄の末候 菜虫化蝶へ。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 菜虫化蝶着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halib [続きを読む]
  • 割菊と宝尽文様の小裂
  • 四割菊や宝尽文様を織り出した裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo period (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 中央の丸い紋は、四割菊に花角です。周りには宝尽文様があしらわれています。右上から、簑、分銅、丁字、宝巻、七宝輪違。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 盃洗と割菊文様着物のよろず [続きを読む]
  • 花束文様の小裂
  • 花束模様を織り出した裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 紅白の牡丹菊菖蒲*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 波頭と小波と花の文様 文箱に花束着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時 間  10:00ー18:00 [続きを読む]
  • 蝶文様の小裂
  • 蝶文様を織り出した江戸時代の小裂を見てみましょう。羽根にも様々な文様。PiecePeriod:Edo period (1615?1868)Date:18th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art *針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 蝶文様 - 武士たちも...着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時  [続きを読む]
  • 蜀江と龍文様の小裂
  • 蜀江文様を背景に飛龍文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 四角形と六角形を組合せた蜀江文様。飛龍文様。可愛らしい表情です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 蜀江文様1 蜀江文様の小裂着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−58 [続きを読む]
  • 鳳凰丸と龍丸の小裂
  • 鳳凰丸と龍丸を織り出した小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:JapanMedium:Silkvia The Metropolitan Museum of Art 左は鳳凰、右は2頭の龍少し見えづらいですが、こちらは雨龍ですね。今日は茅ヶ崎も荒れ模様となりました。気温も高めで春に向かって季節が進んでいますね。節気も明日は啓蟄に入ります。明日、明後日はブログの更新をお休みします。*針箱ブログ 関連ページ*本 [続きを読む]
  • 桐に鳳凰の小裂
  • 明るい春の陽射しを思わせるような色使いの小裂を見てみましょう。桐に鳳凰文様が織り出されています。PieceDate:18th?19th centuryCulture:JapanMedium:Silkvia The Metropolitan Museum of Art 鳳凰桐*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 桐と鳳凰着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土 [続きを読む]
  • 毘沙門亀甲に小花の小裂
  • 毘沙門亀甲文様を織り出した小裂を見てみましょう。春に似合うお色みですね。PieceDate:18th?19th centuryCulture:JapanMedium:Silkvia The Metropolitan Museum of Art 亀甲文様の内側には小花文様も織り出されています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 亀甲文様いろいろ 3 着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5 [続きを読む]
  • 尾長鳥に牡丹の小裂
  • 尾長鳥と牡丹の花を織り出した美しい小裂を見てみましょう。春を思わせる優しい色使いですね。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryvia The Metropolitan Museum of Art 都合により明日27日から3月1日までブログの更新をお休みします。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 牡丹と尾長鳥の文様着物のよろず針箱お問い合わせ mail@hali [続きを読む]
  • 四季の花丸文様
  • 四季の花で円を描いた花丸文様を見てみましょう。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 見頃の梅。牡丹桜楓明日のブログ更新はお休みします。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 丸文様 - 獅子と龍着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  [続きを読む]
  • 七宝花菱の小裂
  • 七宝文様の中央に花菱文様を置いたものを七宝花菱といいます。花菱の外側の部分にもギザギザの文様がありますが、これは山路(山道)文様です。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art *針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 破れ文様 - 七宝繋ぎ 蛍狩図から - 山路文様など 霞始靆 霞始靆にちなんで着物のよろず [続きを読む]
  • 八宝(八吉祥)の裂
  • 中国の吉祥文様、八宝(八吉祥)文様を織り出した裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo period (1615?1868)Date:18th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 盤長。結び目がないため長寿の象徴とされています。法輪。仏具の一つ。輪宝ともいいます。法螺貝白蓋(はくがい)宝傘(ほうさん)双魚(金魚)*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいま [続きを読む]