針箱 さん プロフィール

  •  
針箱さん: 着物のこと、和裁のこと、針箱の今日のこと。
ハンドル名針箱 さん
ブログタイトル着物のこと、和裁のこと、針箱の今日のこと。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/halibako/
サイト紹介文着物のお仕立て、お直し、和裁用品のお店 『針箱』の、日々のできごとをご紹介しています。
自由文着物のお仕立て、お直し、和裁用品のお店 『針箱』です。
茅ヶ崎の和裁所のwebでのご紹介をしています。
ブログでは、日々のできごとや仕立てについてのメモを書いています。
お仕事については、HPをご覧ください。
http://halibako.jimdo.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/02/22 19:35

針箱 さんのブログ記事

  • 榛摺
  • 別名ハリノキとも呼ばれることから、色名は”はりずり”と読まれますが、植物名は”はしばみ”。実や樹皮の黒灰を染料にして、黒染(黒摺)をしていました。万葉集にも見られる古い色名です。榛摺(はりずり)16進表記【#2e2713】RGB(46, 39, 19)参考:みなぎ榛の実の色は、”榛色”と呼ばれています。下記リンク先にてご覧いただけます。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたら [続きを読む]
  • 牡丹と菊とアラベスクの小裂
  • アラベスク模様に牡丹と菊花の文様を織り出した江戸時代の小裂を見てみましょう。Textile fragment with repeating pattern of chrysanthemums and peonies in floral arabesquePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 意匠化した牡丹花。菊花隙間にあしらわれた小菊一見唐草文様にも見えるアラベスク。イスラム教のモスクなどに見られる古くからの文様です。*針箱ブロ [続きを読む]
  • 沈香色
  • 香木の一つ、沈香のお色とされる沈香色を見てみましょう。深みのある黄みの茶。沈香の中でも上質なものは伽羅と呼ばれます。お色としては、沈香色が濃く伽羅色は明るめです。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 伽羅色着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時 間  10:00ー18: [続きを読む]
  • 蔦や香包文様の縫箔
  • 色付いた蔦葉文様をあしらった縫箔を見てみましょう彩りよく豪華なお衣装です。胴箔地蔦香包下地窓模様縫箔 Noh Costume (Nuihaku) with Ivy, Incense Wrappers, and Bamboo BlindsPeriod:Edo period (1615?1868)Date:first half of the 18th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art七宝繋などの縁起模様などが美しい刺繍で描かれています。香包と呼ばれるもの。組香で使う香木を包むものだそう。美しい刺繍で四 [続きを読む]
  • 橡鼠
  • 渋みのある鼠色、橡鼠を見てみましょう。橡鼠(つるばみねず) 16進表記【#49492b】RGB(73, 73, 43)参考:みなぎ鉄媒染のお色で、落ち着いた印象です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 黄橡 黒橡 白橡 赤白橡 青白橡着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時 間  10:00ー1 [続きを読む]
  • 源氏雲に飛鶴
  • 源氏雲に飛鶴文様をあしらった江戸時代の小裂を見てみましょう。州浜型に描かれた雲の文様を源氏雲といいます。PiecePeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 飛翔している鶴の文様は、飛鶴(とびつる)と呼ばれます。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 雲文様2 鶴の文様着物のよろず針箱お [続きを読む]
  • 緑黄色
  • 緑掛かった黄色、緑黄色を見てみましょう。色付いた銀杏の葉を思わせるようなお色です。緑黄色 りょくおうしょく#dccb18R:220 G:203 B:24H:55 S:89 B:86L*:81.57 a*:-8.98 b*:88.95C:22% M:19% Y:91% K:0%出典:日本の伝統色緑みの黄色といえば鶸色ですが、かなり近似したお色といえます。緑黄色よりわずかに緑が強く、くすんだ印象です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたら [続きを読む]
  • 象文様の小裂
  • 象を文様とした江戸時代の小裂を見てみましょう。Textile fragment with repeating pattern of elephantsPeriod:Edo (1615?1868)Date:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 当時の日本ではまだ珍しかった象を文様として織り出しています*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 花鳥文様1着物のよろず針箱お問い合わせ mail@ [続きを読む]
  • 鍋島柿
  • 深い柿色、鍋島柿を見てみましょう。鍋島家の用いた色なのだそう。お着物や帯にはもちろん、差し色としても引き締めの色としても効果がありそうです。鍋島柿(なべしまかき) 16進表記【#8e3809】RGB(142, 56, 9)参考:みなぎ*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 柿色と照柿色2着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−583 [続きを読む]
  • 三階菱に宝相華の小裂
  • 変わり三階菱に宝相華をあしらった小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 三階菱を象っているのは木枝でしょうか。菱の内側に織り出されているのは宝相華。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 松皮菱と三階菱1着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−583 [続きを読む]
  • 黄茶
  • 鮮やかな黄みの茶、黄茶を見てみましょう。黄茶(きちゃ)16進表記【#e17b34】RGB(225, 123, 52)参考:みなぎ色名に茶とありますが、オレンジ色のイメージですね。日本の色名では蜜柑色とも近いお色みです。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 蜜柑色着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金  [続きを読む]
  • 薬玉に角亀甲の小裂
  • 薬玉と角亀甲の文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 亀甲文様の向こう側に薬玉文様が織り出されています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 薬玉文様 亀甲文様いろいろ 4着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月  [続きを読む]
  • 灰赤
  • 灰みの赤、灰赤を見てみましょう。少し渋みのある使いやすい赤色です。灰赤(はいあか)16進表記【#8f6361】RGB(143, 99, 97)参考:みなぎ灰みの赤の一つ、減赤とはかなり近いお色です。灰赤のほうがわずかに赤みと明度が強めのようです。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 減赤着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−58 [続きを読む]
  • 菊牡丹唐草に蝶の布
  • 菊と牡丹の唐草文様を織り出した、祭壇用の布を見てみましょう。Altar ClothPeriod:Edo period (1615?1868)Culture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 美しい金襴の布。ふっくらした花びらの牡丹と菊。間に蝶も織り出されています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 菊牡丹唐草鳳凰着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4 [続きを読む]
  • 都鼠
  • くすんだ小豆色、都鼠を見てみましょう。江戸時代に流行したお色のひとつです。温かみのあるお色で、優しい印象です。都鼠(みやこねず)  16進表記【#8e655f】RGB(142, 101, 95)参考:みなぎくすんだ小豆色というと、小豆鼠というお色も以前に取り上げました。かなり近いお色で、わずかに都鼠の黄みが強いですね。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。  [続きを読む]
  • きもの秋市のおしらせ
  • 11月10日(金)より、きもの秋市を開催いたします。お気軽にお立ち寄りくださいませ。ワークショップもありますので、ご興味がございましたらぜひご参加ください。人数に限りがありますので、ご予約はお早めにどうぞ。日程  2017年11月10日(金)11時〜18時            11日(土)10時〜18時            12日(日)10時〜18時 *ワークショップ*       手縫いで作 [続きを読む]
  • 毘沙門亀甲文様の小裂
  • 毘沙門天にまつわる文様、毘沙門亀甲文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 亀甲文様というと亀の甲羅の六角形に似た文様ですが、その六角形を三つ組合せて作られているのが、この毘沙門亀甲とされています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 亀甲文様いろいろ 3着物 [続きを読む]
  • 青墨
  • 青みのある墨色、青墨。落ち着いた深みのあるお色です。青墨(あおずみ)16進表記【#28282e】RGB(40, 40, 46)参考:みなぎ色名の由来はいくつかあり、青の顔料を墨の形にした絵具という説のほか、青みのある唐墨(中国の墨)ともいわれています。 着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時 間  10:00ー18:00 所在地  〒253−0056     神 [続きを読む]
  • 六曜と若松の小裂
  • 星文様の一つとされる六曜と、その周りを囲むように配された若松文様を織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 根の部分がくるりと描かれ、唐草文様のような印象です。星が6つの六曜文様。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 九曜文様4(六曜、七曜、八曜)着物のよろず針箱お問い合 [続きを読む]
  • 枯色
  • わずかな赤みを含む薄い黄色。枯れた草木の色とされる枯色です。枯色 かれいろ#e0c38cR:224 G:195 B:140H:39 S:38 B:88L*:81.36 a*:6.05 b*:34.29C:16% M:27% Y:49% K:0%出典:日本の伝統色平安時代から使われてきた色名で、襲の色目では”枯野”と呼ばれています。着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業日  月 木 金 土時 間  10:00ー18:00 所在地  〒253−00 [続きを読む]
  • 松竹鶴亀の小裂
  • 吉祥文様の松、竹、鶴亀などを織り出した小裂を見てみましょう。PieceDate:18th?19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 若松を加えた松喰鶴、向かい合わせた二羽の作る鶴菱を組合せた文様となっています。竹と組み合わせた亀。長寿の象徴とされる尾の長い蓑亀です。笹蔓緞子などでも知られる笹蔓文様もあしらわれています。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がござ [続きを読む]
  • 梅茶
  • ”梅”と付く色のひとつに”灰梅”があります。わずかな赤みを含んだ灰色で、ちょうどこれに茶を掛けたようなお色がこの”梅茶”です。梅茶(うめちゃ)16進表記【#9b7853】RGB(155, 120, 83)参考:みなぎ柔らかく、明るさもある茶です。*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 灰梅着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−58 [続きを読む]
  • 刺繍と絞染の菊枝文様
  • 刺繍と絞り染めを施した菊枝文様の小袖裂を見てみましょう。菊が浮き出るようなはっきりとした色使い。華やかな印象です。Piece from a Kosode with ChrysanthemumsPeriod:Edo period (1615?1868)Culture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art *針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 浮世絵の着物の菊枝文様 白菊の小袖 着物のよろず針箱お問い合わ [続きを読む]
  • 灰紫
  • 藤色に灰みを掛けたような明るいお色、灰紫といいます。合わせやすく、お使い頂ける範囲も広いお色です。灰紫(はいむらさき)16進表記【#90879a】RGB(144, 135, 154)参考:みなぎ*針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 藤色着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10:00ー18:00 定休日  火・水 [続きを読む]
  • 菊枝文様の小袖裂
  • 菊枝と秋蝶の刺繍を施した、江戸時代の小袖裂を見てみましょう。Piece from a Kosode with Chrysanthemums and ButterflyPeriod:Edo period (1615?1868)Culture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art *針箱ブログ 関連ページ*本日の内容に関連する記事のご紹介です。ご興味がございましたらご覧くださいませ。 小袖の袖の菊文様着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako.org 080−4332−5838営業時間 10 [続きを読む]