旧暦日々コレ さん プロフィール

  •  
旧暦日々コレさん: 雨の日も風の日も、日々好日。
ハンドル名旧暦日々コレ さん
ブログタイトル雨の日も風の日も、日々好日。
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyurekihibikore/
サイト紹介文和文化手帳「旧暦日々是好日」の裏ブログ。和と季節をめぐる日々のできごとを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/02/26 00:26

旧暦日々コレ さんのブログ記事

  • 【梅ふふむ】銀座『菜月會』のお茶会×和暦講座のお知らせ
  • 【梅ふふむ】梅がほころび始め、春の気配があちこちに漂い始めました。あちらこちらに梅の紅白が点在する梅遠近(おちこち)という言葉も、私は好きです。梅一輪一りんほどのあたたかさ 一茶 大寒の峠を越えたことを知らせてくれる梅の花。寒の戻りはまだありますが、わずかに緩みがあったことを教えてくれます。今年の和暦の元旦は、西暦2月16日の新月。皆既月食の赤い月を過ぎて、月が欠け始めましたので、あと半月でいよいよ [続きを読む]
  • 和暦日々是好日に詰まった愛を紐解いてもらいました
  • みなさま、節分が近づいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。先日、吉祥寺の『森の食卓』で行われた和暦講座に、ブラレイコさんが来てくださいました。森の食卓オーナーの田中眞喜子さんが作ってくださったランチです。手を抜かず、ていねいに作られる方なので、みなさんに大好評でした。さて、レイコさんは、本当にこの手帳の意図を深く理解し、活用してくださっている愛用者のおひとり。『和暦日々是好日』につまった愛を [続きを読む]
  • 和暦新年前後の講座のお知らせです。
  • 今日は師走の三日、あすから大寒ですね!和暦元旦が近づいてきましたので、前後のイベントが東京池尻大橋、吉祥寺、銀座、鎌倉へと続きます。ご都合あいましたら、ぜひお越しください?? ●1月21日(日)午後2時〜和暦と陰陽のお話会 〜植物と生きものの共生について〜「観察する力と想像する力」 日時 1月21日(日)午後2〜4時参加費 会員2500円 一般3000円会場 日本CI協会 目黒区東山3-1-6 (池尻大橋)センス・ [続きを読む]
  • 真っ白な一日 。雪の中で餅をつく
  • 田んぼの一年の最後は餅つき。外は雪が吹雪いているため、土間で餅つき。真っ白な湯気とお米のいい香り。子供たちは雪だるまやすべり台で大はしゃぎ。時々、つららの伸びた屋根の雪がドサーッと落ちる音がしています。愛してやまない棚田にごあいさつ。春はこんな風景に戻ります。何もかもが真っ白な素晴らしい一日でした。和暦新年まではまだ二ヶ月半もありますが、みなさまどうぞよいお年を??LUNAWORKS 和暦日々是好日2018販 [続きを読む]
  • 1月28日 和暦〜日本古来のリズムで生きる〜のお知らせ
  • 来年の講座のご案内です。NLPプラクティショナーの大江亜紀香さんが企画してくださいました。大江さんは日本の言霊塾などを開催し、NLPを通して、人の心のコアにある力を引き出すコアクリエイションズ代表としてご活躍されています。自然暦は、人間が本来持っているごく当たり前の感覚を取り戻してくれる便利なツール。いにしえの人々の叡智が詰まった羅針盤でもあります。日本の季節は類まれなパワーを持ち、繊細な文化の源とな [続きを読む]
  • カレンダーの去来
  • 今年もカレンダーの季節がやってきました。今使っているカレンダーはこのトンボカレンダー。365日トンボ、トンボ、トンボです。日本は秋津(アキツ=トンボ)島ともいわれますが、本当に文字通りトンボ王国です。以前、和暦手帳のコラムにも書きましたが、日本はきわめてトンボの種類が多く、いかに生態系の豊かであるかの明確な指標でもあります。赤や青、羽の模様の美しいトンボたち。そして来年のカレンダーがこちら。365日、 [続きを読む]
  • 翁の帯
  • とうとうたらり とうたらり。長いおつきあいのある方から、能楽『翁』の帯をいただきました。見事な刺繍です。私もかつては白洲正子に憧れてちょいと舞台に立ったこともありましたが、この帯もしばしの眼福のみとし、応援している女能楽師さんの元に送ることにしました。ホッホッホッとアップテンポな鼓の音と、とうたらりの魔術的な言葉でトランスさせていく声が聞こえてきそうな翁の帯。 [続きを読む]
  • 「街でミツバチを飼うということ」養蜂文化を学んでみませんか?
  • 私が住んでいる杉並で、養蜂を営む山口朝(とも)さん。 12月9日、高井戸の環境活動推進センターでミツバチの暮らしをわかりやすく説明してくださる講座があります。高井戸駅から2分。 杉並在住、在学、在勤の方向けです。詳細はこちらから。別の機会もございます。養蜂文化情報ネットワークhttps://beenetchronicle.wordpress.com 私は朝さんと出会って、大変、勇気づけられました。 うちの前は公園で、ミツバチの好きなシロ [続きを読む]
  • サツマイモ畑の虹
  • サツマイモ畑で、夢中になってお芋を掘り、ふっと目をあげたら、大空いっぱいに巨大な虹が!大地から大地へ、素晴らしい虹に思わず歓声をあげました。ちょうど掘っていた畝の先が、虹の根元になっているのに気づきました??このお芋は、農林5号という白っぽい干し芋用のお芋です。訳あって農家さんが手間のかかる干し芋を作れなくなったため、干し芋を作ってみたい方にお配りしています。平たいのではなく、棒状にします。炙り [続きを読む]
  • 「円環する時間軸が社会を変える」
  • 循環するものは刻々と変化しますね??手帳を販売してくださることになった白川郷の山本屋七代目のご主人、山本桂諒さんが、以前、寄稿した『月刊フナイ 3月号』の文章を一部、文字起こししてくださいましたので、転載させていただきます??山本さんは合掌造りの貴重な家屋を受け継がれ、民宿と蕎麦店を経営されています。http://shirakawago-human-university.com/shirakawa-go-around/2909>そもそも、時間が直線だという感覚 [続きを読む]
  • 今年も三宅商店で発売中です。
  • 和暦日々是好日はオーガニックセレクトショップ三宅商店で、発売中です??初回入荷がすでに売り切れ、二度目のご発注をいただきました。毎年購入してくださっている方が多いのでしょうか。オーガニックなお米や食品、衣料品、生活用品、本など送料一律500円でまとめて送ってくれます。エコ・ブランチさんの「笑顔のちから」もおススメです。台所の洗剤や掃除、シャンプーにも使える安全な洗剤です。サイトを一度のぞいてみてくだ [続きを読む]
  • 森の中のヤマアカガエル
  • きょうはちょっといいことがありました。来年は売り場縮小のため、手帳のお取り扱いは終了、と宣告されていた神戸の老舗、ナガサワ文具センターさんから、思いがけず今年も、というご発注のオファーがありました??リピーターさんが、今年はいつ入りますか?と尋ねてくださったみたいです(^ ^) ありがたや。というわけで、神戸方面の方、たぶん、あさってにはナガサワ文具センター本店(ジュンク堂書店3F)に並びますので、 [続きを読む]
  • 世界の美しさをひとつでも見つけたい
  • 空の上から夫が送ってくれた写真です。空のハート??搭乗したお客様を喜ばせるちょっとした遊び心。??以外にも、??や?? など色々あるようです。今日は最近、私が読んでよかった本を紹介します。石井光太さんの『世界の美しさをひとつでも多く見つけたい』Amazonの説明を引用させていただきます。ほんの少し視点を変えるだけで 人生は輝く! 世界がひっくり返るほどの感動をしたからこそ、なんとしてでも人にそれを伝えたい [続きを読む]
  • 和暦手帳のお取り扱い先をお知らせします?
  • 和暦日々是好日2018は、おかげさまで少しずつ店頭に出始めています。表紙の色は里紙うめ。桜貝のような優しいピンクです。タイトルは銀箔押しです。↑ 直江津の海で拾った桜貝です。まだお届けできていない所も多いのですが、今、店頭でご購入いただけるお店をお知らせします。??東京方面丸善本店(丸の内)美篶堂(TAKEO見本帖2F)ゆうど(目白)OVE(表参道)アステラス器物店(荻窪)??名古屋方面トライバルアーツエコ・ブ [続きを読む]
  • 来年の手帳は生態系手帳?
  • ようやく写真のアップができるようになりました。来年の和暦手帳ですが、植物と虫の関係など、生態系に関するコラムが多くなり、生態系手帳のようになっています蝶や鳥、モグラ、トカゲなど生き物がたくさん登場しますので生き物が嫌いな人には使えないかもしれません??ですが、植物の進化を調べていくとそこには必ず虫が登場します。その草しか食べれない虫がいて、大事な契約を結んでいるのです。そもそもこの世界にどうして [続きを読む]
  • 和暦手帳、Amazonでの販売を開始致しました。
  • ようやくAmazonのシステムトラブルが解消され、販売を開始しました。お待たせしていたみなさま、ごめんなさい。使用開始は2月16日からになりますが、そろそろ予定を書き込みたい方もいらっしゃる時期。カバーなしは桜貝色の表紙になります。カバーつきはいちばん人気の若草、赤、紺、黄、サックスブルー、アイボリー、茶の7色があります。AmazonでLUNAWORKS、もしくは和暦日々是 と入れていただくと出てきますので、よろしくお [続きを読む]
  • 和暦日々是好日2018発売のお知らせ
  • みなさま、ごぶさたしております。和暦日々是好日2018年版が出来上がりました。表紙の色はピンクになります。毎年コツコツと制作している手帳ですが、毎年、小さなスペースにおさめるため、文章を縮めるのにかなりの時間を要しています。来年の手帳は、、生態系手帳という感じでしょうか。植物と虫の関係、蝶の食草、モグラやトカゲなど生き物満載でお届けします。特にミツバチはなぜ昆虫界の頂点に立つといわれるのか、ミツバチ [続きを読む]
  • 金の杖
  • 昔、『世界の車窓から』という番組のディレクターに「旅の極意」というテーマで、インタビューしたことを、ふと思い出しました。今まででいちばん印象的な旅はどんな旅でしたか?と尋ねると「記憶に残っているのは、すべてアクシデントですね」という答えが返ってきました。たとえば、とんでもないところで列車が止まってしまい、何もない場所で一日中、ボーッとして過ごしたことだとか、予定にまったくなかったこと、突発的なト [続きを読む]
  • スズメバチとワインの関係。
  • 【スズメバチとワインの関係】日本在来種ミツバチの会の藤原由美子さんからいただいた、御園先生の新刊。ミツバチを飼う人のためのスズメバチの本です。この本に寄稿されている由美子さんは農学博士であり、ご専門はスズメバチです。盛岡の養蜂場を営み、ミツバチを誰よりも愛する方が、一念発起して研究対象に選んだのは、天敵であるスズメバチ。生態系を理解し、共に共存する世界へと誘ってくれるこの本に、深い愛と優しさを感 [続きを読む]
  • 3月、4月のイベント、お話会のお知らせです。
  • イベントやお話会のお知らせです。●銀座ゆうき丸本店 菜月會 ひな祭りランチ付き茶会と和暦講座「本当の桃の節供を楽しむ」3月25日(日) 10時半〜、11時半〜、12時半〜、13時半〜 最終組16時半終了予定。場所: 八丈島ゆうき丸 中央区銀座8-9-15 03-3574-8989 参加費6000円(税込)上巳の節供を楽しむ茶会とミニ懐石。上巳の節供に合わせ、 [続きを読む]
  • 暦をたしなむ立春のお祝い
  • 暦を嗜む立春の催しも、回を重ねる毎に充実してきました。玄米なのにさっぱりとして美味しい和洋折衷のお寿司、青菜や発酵食の祝膳に続き、華道家の上野雄次さん、平間磨理夫さんによるライブ感あふれる命の花活け。今回、私は彼らが真剣にノコギリを引いたり、重力のバランスをとるのに懸命になっている中で、あれこれ感じるままに質問をさせていただき、お二人の持つ宇宙観や生命観の滴りを味わう、という素敵な設定をいただき [続きを読む]
  • なぜ牛の角に虎のパンツなのか。鬼の起源はおん(陰)。
  • 鬼を愛し、冬の寒気にも感謝を。牛の角を持ち、虎模様のパンツをはいた鬼は、丑寅(うしとら)をそのままイメージ化したものだ、とわかったときはちょっと笑えました。【 柊鰯 】鰯の頭に柊を挿して、家の戸口や注連縄(しめなわ)につける節分の魔除け。焼いた鰯の匂いと柊の刺で邪気を祓うとされるが、柊は字の通り、冬を代表する樹木。鰯は魚=水を意味し、どちらも陰(いん)の気を持つ冬の象徴で、柊鰯(ひいらぎいわし)は冬の [続きを読む]
  • Jikonka 春のお祝い、お食事会のお知らせ
  • 2月4日の立春の日。料理研究家の植松良枝さん、五味幹子さんのお二人が、春の七草や発酵食をとり入れた、こんな祝膳をご用意してくださっています。夜の部はあと少し、昼の部はまだお席があるそうです。詳細はこちらからご覧ください。http://www.jikonka.com/event_lesson/place/tokyo/post_45.phpお食事と冨田貴史さんの季節のお話、私は夜の部の上野雄次さん、平間磨理男さんとのトークタイムに参加させていただきます。昼の [続きを読む]