理人 さん プロフィール

  •  
理人さん: syu-ju
ハンドル名理人 さん
ブログタイトルsyu-ju
ブログURLhttp://syuju.ti-da.net/
サイト紹介文沖縄の離島、宮古島のはしっこで写真を撮っています。島の息吹が、どこまでも愛おしい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/02/28 23:27

理人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 嵐去りて一掃の後
  • 台風18号が猛威を振るった先日でしたが、皆様如何お過ごしでしょうか。大事無いことを願います。我が家は色々ありまして。台風最接近を前にして、アパートの共用通路から激しい音が鳴り響きました。ガーン!、ガーン!と、なにか固いものが壁に打ち付けられる音。以前から不安のあった通路の雨除けが柱ごと壊れて通路に落ち、台風の強風にあおられて暴れていました。すでに外に出ることのできない状態で、しかもこれからさらに雨風 [続きを読む]
  • 夏のある日
  • 気づけば八月。お久しぶりです。仕事や私生活のことなど、色々ありましてパソコンを開く機会も減り、カメラだけはどうにか触っている日々でした。ふと思うのは、私にはいつも余裕がないということ。ちいさなことでも、ゆっくり考える余裕がないとすぐに思考停止して、ずるずる先延ばしにしてしまう悪い癖があります。そこに何かしらの変化が起きれば、これが落ち着いたら、あれが終わったら、と理由をかき集めて時間を稼ぎます。そ [続きを読む]
  • 楽しく思うならまずそれで良いかなとか
  • ご無沙汰しております...前回の記事に書いた事故から約二ヶ月半経ちまして。環境の変化もありつつ、ようやく落ち着きを感じてきた今日この頃です。その間に宮古島は梅雨入りしまして、晴れたり降ったり曇りがちだったり、カメラを持って出かけても、取り出す事のないまま帰宅もよくあることでございます。少し環境の変化があって、ここしばらく考えて、悩んでは落ち込んでまた悩んで、とぐだぐだしていたことの答えというか、言い [続きを読む]
  • 空を見上げて
  • 一月がゆっくり行って、二月は逃げる前に捕まえられそうなくらいで、三月も去るどころか持て余すのかなーなんて思っていたのですが。先日、追突事故に遭いました。大事には至らず、でもひっそり通院中、な今日この頃です。突然の体の不調に戸惑いながら、仕事や病院、手続きなどに追われているうちに、気づいたら三月末日。環境を変えて自分自身ともっと向き合わねば、なんて思っていたら、無理矢理にでもあれこれ考えさせられる出 [続きを読む]
  • ためいきひといき
  • 久々に、夕日を撮りに行きました。用事で上野に行った帰り、すこーしドライブしたくてそのまま来間島へ。連日マイナス思考の溜息愚痴吐きネガティブモードな日々でしたが、少しだけ行動できたので、一瞬呼吸が楽になりました。毎日考えて思いつめてどんどん息を潜めて息を詰まらせて、毎日毎日、何度もゆっくり息を吐きます。幸せ逃しの溜息のつもりはないけれど、そうして息は吐き出さないと上手く呼吸ができない程度に、無意識に [続きを読む]
  • 省みる
  • 前回の記事を書いた翌日に読み直して、嫌な内容だなあと思いました。いつも記事を更新する前に何度も読み直して、よし、と自分に言い聞かせて更新ボタンを押します。一晩眠って、また記事を読み返します。お酒が入っている時もあるので、時々は、ああ酔っ払っていたなあ、と思いながら昨日の自分を振り返ることもあります。しかしなんというか、前回のは読み返してすぐに、嫌な内容だな、と思ったのです。愚痴っぽいのも言い訳がま [続きを読む]
  • 2016→2017
  • 新年明けまして、早一週間が経過してしまいました。遅ればせながら、旧年中は当ブログにお越しいただき誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。12月はずっと風邪を引きずって不調だったのですが、年末に軽めの胃腸炎をやってしまい、年末年始は静かに大人しく、回復に努めておりました。おかげ様でどうにか調子も戻り、お酒が美味しく感じます。昨年を振り返って。2016年の印象的な出来事は嫌なこと [続きを読む]
  • 霜月の終わりに
  • 先日、手作りイベント『宮古島グランマルシェ』に参加し、ポストカード販売で出店させていただきました。公私に置いて慌ただしく余裕がなく、ブログでお知らせできなかったことをお詫び申し上げます...SNSが手軽で便利な反面、手を広げすぎることを反省...ともあれ、当日お足元の悪い中イベントに来てくださった方、主催者様、参加者様、袖山ガーデン様、告知にご協力いただいた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました [続きを読む]
  • ろくろく
  • ひっそり、六年が経ちました。ちょうど六年目のその日に、例年通り更新しようとパソコンにむかったのですが、どうしても言葉がまとまらず、数日後またパソコンを開くも、どうにも言葉が出てこない、また数日後、なんだか言葉が足りない気がしてしまい。結局月末になっていました。言葉が出てこないなー、と思うことが増えました。もともと書く習慣が多くあったわけではないけれど、思い浮かぶことも減って。焦りやもどかしさや寂し [続きを読む]
  • 言葉足らず
  • 月イチ更新というか、月末更新になってしまっていますが、それでも細々続いております。休日はほとんどダウンしていたので仕事帰りの夕焼けばかり撮りに行っていたのですが、日の入りが日に日に早くなり、暑い日の合間に涼風が吹けば、秋がきたなーとしんみりしたり。七月八月と少々トラブルが続き、多少の解決と改善と妥協に目星のついた九月。反動なのか、帰宅後気力すら吸い取られるように脱力し、襲い来る睡魔にあらがい、あら [続きを読む]
  • 強くへこみ弱くふくらむけれど
  • 夏休みも最後の一日、湿度もあまり高くなく、夏の終わりを肌に感じる一日の終わりでした。月イチ更新になりかけていますが、どうにか日々を過ごしております。七月は私事で様々ありましてすっかり消耗していたのですが、八月は仕事で色々ありまして、さらに磨り減っていたという情けない現状です。どんなに日々一生懸命過ごしていても、少しずつ少しずつ降り積もるものがあり、それは時にうれしく実り、そして時に時限爆弾のように [続きを読む]
  • うつくしく染まる
  • ご無沙汰しております...美しい瞬間は刹那的に過ぎていくかの如く、長くて短い夏の中にいます。写真は撮りに行っているのに、パソコンを開くまでに力尽きる夏バテの季節でございます...写真は、先月の佐和田の浜から。毎日平凡に平和に過ごしているつもりでも、大なり小なり個人的な出来事はあるわけで、七月は様々なことがありました。良くも悪くも色々なことがあり、地道に心の整理に費やす日々を送りながら、宮古島の美しい海や [続きを読む]
  • 久々
  • お久しぶりです。四月どころか五月もあとわずか、六月を目前にしていますが、すでに暑さにやられています。今年の夏はどうなることか...皆様もお気をつけ下さいませ。写真はおじい家の近くから。ここから見る空はいつも、やさしさが美しさを包んでいるような気がします。暑さに負けず、もっと色々撮りにいくぞー。licht [続きを読む]
  • にじむ空
  • 一筋のひかり。幾度そのひかりにすがることだろう。なんどもなんども なんどだってそのひかりを目にするのに、ただの一度も同じひかりがないことにたまらず泣きそうになって、飽きもせずただのひかりを見つめて、なにも言えなくなって すこし深く息を吐く。繰り返すたび涙の理由に名前をつけられなくなるのは、積み重ねてきたものにわずかでも意味がある気がして、また視界をぼかす。きれいだな。licht [続きを読む]
  • ちいさく照らしておおきな輪をつくる
  • 先日の、ちいさなことを褒められてうれしかった話。あれを書いた後、おんなじくらい些細なことですが、嬉しいことが続いています。約一年ぶりに連絡をくれた元職場の後輩の、新しいスタートとか、久しぶりの素敵な食事会のお誘いとか、惚れ惚れするほど好みの音楽との出会いというか再会とか、家族の愚痴から始まって感謝で終わった話とか。道が開けた、と言えるほどのことではないかもしれませんが、ちいさな出来事がちいさなきっ [続きを読む]
  • ちいさくておおきなよろこび
  • お久しぶりです。二月をまるっと逃して、三月になってしまいました。二月は喉風邪にじわじわ苦しめられ、旧十六日祭を無事終えて、落ち着いたと思いきや、なかなか調子が戻らず...体調を地味に崩したまま、天気も毎日曇天雨空、気持ちまで落ち込んでしまい、下を向いてばかりの日々が多くなっていまして、なんとか状況を改善せねばとわかっているのに、だらだら過ごす今日も明日も、な状態。自分の様々なことが駄目に思えて、仕事 [続きを読む]
  • 2016
  • たいへん遅くなりましたが、旧年中は当ブログへお越しいただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。お正月は喪中のため、静かに過ごしました。年末から体調を崩していたこともあって、あまり外出せずに引きこもり。写真は今年初めて撮った夕焼けです。初日の出は見られませんでした。ここ数年の中では少々ぼんやりした年明けとなり、それを現すかのような空でした。自分の中での課題がたくさん。このあ [続きを読む]
  • 情熱の空
  • 気がつけば日常に埋もれていて、自分をひとつずつあきらめていく。どうにか手を伸ばしてみたものも、それすらもできずに、脳内完結で言い訳するものも。己に問う言葉もやがて薄れていって、てのひらを見つめて答えは見つからない。照らす太陽が雲の向こうへかえってしまう。まばゆく光るそれも、この身に届く前に夜は帳を下ろす。だけどそれでいいや。それでいいから空を見に行こうと、海辺へむかう。まだ明るい空に雲が行き渡って [続きを読む]
  • 日没のあと
  • ここ数日の宮古島はすっかり夏の顔。蒸し暑く、気温も高く、空は青くて海は輝いている。しかし日の落ちる時刻は季節通り。気持ちの良い青空を眺めて、今日は夕日も綺麗だろうなあ、と仕事に向かいます。今の時期、仕事後では太陽はもう水平線のむこう。それでも、あんまり暑くて良い天気だったから、夕焼けの余韻だけでも楽しもうと、海へ車を走らせた。途中の空の鮮やかな夕焼け色、撮影が間に合わないのはわかっているけど、おも [続きを読む]
  • おちて空へ
  • 10月は色々あり過ぎて、PCを開く暇もないまま11月になってしまいました。時期的にもう仕事後の夕日撮影は出来ず、休日は曇りや雨の日が多く。毎日良い天気の夏場は、また今度撮ろう...と思う日もあるのに、今からの季節は本当に、撮りたい日と撮れる日のタイミングの一致が貴重です。写真は約一ヶ月前のものですが、こうゆう雨降らしの曇って、なんでか見とれちゃいます。落ちるものは何にも逆らえず地に落とされて、空へ上がるも [続きを読む]
  • ごごご
  • 「syu-ju」、五年が経ちました。スローペースなブログですが、見ていただいて本当にありがとうございます。毎年恒例、今日の記事を書く前に、いままでの10月5日の記事を読み返すのですが。読み返してみると、これまでは、過ごしてきたものすべてが延長戦のように感じられて、大きく揺れることも沈むこともあまりなく、毎日を精一杯過ごしていたように思います。昨年は引越しや転職があり、ずいぶん不安定に日々を過ごした気がいた [続きを読む]
  • こころまたたく
  • 夕焼けは雲が多くて薄ぼんやりしていて、なんだかいまいち。それよりも水面に映る光とマングローブのシルエットに夢中で、カメラも目線も下に向けたまま、ひたすら撮っていた。ふと、強い光がきらめく。足元ばかり見ていても、そこに届く光がある。そこにうつるものがある。そこから、顔が上がる。それは一瞬のことで、すぐにまた視線が下がるとしても、落ちる視線の途中で、この手にあるものに、意識が向く。足元に広がるちいさな [続きを読む]
  • ひかりをながめて
  • ご無沙汰しております。台風21号接近中の宮古島ですが、進路が徐々にズレていき、構えていたほどでもないかな。といっても海沿いは風が強く、この数日毎日撮りに行きましたが、立っているだけで疲れます...昨日はトゥリバーで撮りましたが、両足でしっかり踏ん張らないとふらふらでした。ちなみに上の写真は何日前かうろ覚えの、荷川取漁港から。9月は特に後半に入ってから毎日のように撮りに行っていますが、どうも、いまいち... [続きを読む]
  • 過去の記事 …