kikinight さん プロフィール

  •  
kikinightさん: 没個性テーマパーク:EXTRA
ハンドル名kikinight さん
ブログタイトル没個性テーマパーク:EXTRA
ブログURLhttp://www.kikinight.com
サイト紹介文サブカルを楽しむブログ。基本はレビュー投稿(漫画、小説、映画、アニメ、ドラマ、音楽、ゲーム)。
自由文気ままなブログですので、レビュー以外にも様々な内容を投稿しております。世の中の面白そうなこと、Twitterでの話題、Youtube面白動画の紹介。一風変わった内容であることは心掛けております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 221日(平均3.4回/週) - 参加 2011/03/01 02:58

kikinight さんのブログ記事

  • 絶体絶命の緊迫感『ダンケルク』を鑑賞しました《感想・評価・レビュー》
  • やはり説明はいらないことを再認識 映画に限らず、小説や漫画などのあらゆるエンタメ装置において、説明過多になり過ぎているものについては、途中で「親切だなぁ」なんて気持ちになってしまうし、悪く言えば辟易してしまう。余計な説明は一切省いて、とにかく世界観さえ構築してしまえば、物語への没入感は生まれるはずだ。漫画で言えば、弐瓶勉の『BLAME!』とか奥浩哉の『GANTZ』なんかは、冒頭、説明が少なくて好みなのだけど [続きを読む]
  • kanataは遠く彼方へ
  • kanata 彼らが何処に行ってしまったのか、もう誰にも分からないが、時折に聴きたくなるアルバムがある。その度に、彼らの音楽性と再会をして「あのプロジェクトの続きはどうなったのか?」と不意に心を過るのだけど、もう帰って来る可能性も薄いのだろうと気が付くと、少し悲しくなる。 kanataは2006年に『gray room 1-1:What is going on in the next room?』と言うアルバムをリリース、私が知ったのは2010年だった。とあるサイ [続きを読む]
  • The World of Kanako『渇き。』を鑑賞しました《感想・評価・レビュー》
  • 救いようのない話が好き フィクションの世界で滅茶苦茶にやってるやつが大好物で、救いようのない登場人物がやりたい放題やって収拾がつかないままENDなんて、そりゃ世間的な評価を考えたら万人受けするわけがないんですが、私は心底好きなんです。 小説でいったら戸梶圭太作品なんか、もう大好きですよ。不朽の名作『溺れる魚』や、デビュー作にして底抜けの闇を描いている『闇の楽園』、コミカルな中にも社会風刺が紛れている [続きを読む]
  • テンション下がることもポジティヴに捉えたい
  • 誕生日に大ダメージを負う 年齢を経ると、怪我なんてしないようになるはずなんですが、先日ちょっとした不注意で自転車に乗っている最中にズッコケました。5mくらいは飛んだ筈なんですが、20cmくらいの段差に車輪を取られたわけですね。周囲に車は走っていなかったのですが、急に強烈なスコールに打たれて視界が不明瞭だったのと、自分が知らない道だったせいもあったのかも知れませんが、とにかく私は飛んだのです。 まさに一瞬 [続きを読む]