心霊-都市伝説ナビ- さん プロフィール

  •  
心霊-都市伝説ナビ-さん: 心霊-都市伝説ナビ-
ハンドル名心霊-都市伝説ナビ- さん
ブログタイトル心霊-都市伝説ナビ-
ブログURLhttp://shinreitoshi.com/
サイト紹介文恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供560回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2011/03/02 18:15

心霊-都市伝説ナビ- さんのブログ記事

  • 【オーパーツ】南アフリカの金属球
  • 南アフリカの西トランスヴァール州の鉱山で見つかった用途不明の金属球。現地では複数発見されており、内部が空洞のものと繊維状のガラスのような物質が詰まったものの2種類あり、外側には中心に平行に走る3本の溝がある。この金属球が展示されているクラークスドルプ市博物館の館長によれば、ガラスケースの中にある金属球が、年に1、2回時計回りに自転するのだというが、館長は近くにある鉱山からの振動によって少しずつ傾くせい [続きを読む]
  • 【オーパーツ】ネブラ・ディスク
  • ネブラ・ディスクとは、2002年にドイツ中央部、ザーレラン地方の街で発見された円盤。直径約32cm、青銅製で約3600年前に作られた人類最古の天文盤であると2005年ドイツの研究チームが結論づけた。盤の上には金の装飾で太陽と月、星(プレアデス星団)が模られ、太陽暦と太陰暦を組み合わせた天文時計である。日本では、愛知万博で展示されたことがある。チェコ、ドイツ中部・南部、ポーランド西部に広がっていた、中央ヨーロッパ青 [続きを読む]
  • 【オーパーツ】ピラミッド・アイ・タブレット
  • ピラミッド・アイ・タブレットとは、エクアドルのラ・マナで発見されたとされる石造のオーパーツである。個人の所有物であり、2001年にウィーンで行われたオーパーツの展覧会「未解明の謎展」で初めて一般に公開された。ピラミッド・アイ・タブレットやピラミッド・ストーン、ラ・マナの光のピラミッドなど、各媒体ごとに異なった名称で紹介されている。続きを読む [続きを読む]
  • 【オーパーツ】コソの点火プラグ
  • コソの点火プラグとは、1961年2月13日にアメリカのカリフォルニア州オランチャから北東に10kmほど離れた、コソ山脈で発見された点火プラグのことである。コソ加工物と呼称される場合が多い。通常、この点火プラグがオーパーツとして紹介される際には、プラグを覆っていた石化した土を地質学者が鑑定を行ったところ、50万年前という鑑定結果が出されたと言われることが多い。続きを読む [続きを読む]
  • 【オーパーツ】アッシリアの水晶レンズ
  • アッシリアの水晶レンズは、紀元前7世紀の古代アッシリアの墓から1853年に発見された水晶製のレンズ。オーパーツの1つに数えられる。現在は大英博物館に所蔵されている。このレンズは長さ4.2 cm、幅3.45 cm、中心部の厚さが0.64 cmで、平凸レンズの形状をしている。その焦点距離は12 cm。 発見者のレヤードは「この小片は多くの不透明な青いガラス片の下から出土した。それらのガラスは朽ち果てた木製や象牙製の何かを覆っていた象 [続きを読む]
  • 【オーパーツ】クロムメッキの剣
  • これは、秦の始皇帝の墓から出土した青銅製の剣の事で、完全な形を保っており、酸化クロムのメッキ処理が施されていて、錆びていない。更に不思議なのは、「秦」の次の時代の「漢」の武器は鉄製で、殆どが錆びて朽ちてしまっている事である。何故高度な技術なのに継承されなかったのか・・多くの謎が残っています。 [続きを読む]
  • 【恐怖体験】逆てけてけ
  • もう十年くらい前になるんだけど、僕が住んでる市の小学校で「逆てけてけ」というローカル都市伝説が流行ったことがあります。 それは、みんなが知ってるテケテケとは全く逆の性質で、市内のどこかの踏み切りに夜中雨の降ってる時にだけ現れ、遭遇すると何かがある。というものでした。 続きを読む [続きを読む]
  • 【恐怖人間】返して
  • ある時期深夜頻繁に窓の外から聞こえる返して、○○君を返してって女性の声で起こされてた。声がするのは夜中の1〜3時過ぎくらい、週に1〜4回程。時に大きく、時には普通に外の道で誰かが会話してる程度の声で。 自分は余程熟睡してない限りある程度の物音や人の気配で目が覚めるから、二週間もした頃にはすっかり寝不足で体調すら崩し始めてた。 続きを読む [続きを読む]
  • 【オーパーツ】アルミニウム製ベルトバックル
  • アルミニウムが単体として分離されたのは19世紀になってからというのが化学史の定説であるが、西晋(4世紀)の武将・周処の墓からアルミニウム製のベルトバックル(帯止め)が出土したとして話題になった。しかし後の調査で、分析の結果帯止めそのものは、銀製であった。最初に分析された被検体の欠片は帯止めではなく一緒に出土した小さな欠片で、しかも近代に入って墓が盗掘を受けた際に混入したものであった。第一報のみが広く [続きを読む]
  • 【オーパーツ】バグダッド電池
  • バグダッド電池とは、現在のイラク、バグダッドで製造されたとされる土器の壺である。電池であるという意見と、そうではないとする意見が存在するが、もしこれが電池として使われたのであれば、電池が発明されたのは18世紀後半であるので、これはオーパーツと言うことができる。1932年(1936年説も有)にバグダッド近郊のテルであるホイヤットランプファで発掘された。出土したのは民家遺構の中で、呪文が書かれた3つの鉢と共に置 [続きを読む]
  • 【関東の恐怖体験】野木病院の近くにあるお札の館
  • 野木病院の近くのお札の館はまじやばい悪霊退散のお札はいっぱいはってあるし、はいれないようにトゲツキの金網が三ヶ所もはりめぐらされていた。庭には井戸があって底はみえないし、中なはいると必ず帰りに誰かが事故るって。俺は十年くらい前に友達といったけど一人は帰りに金網で血だらけになったし、ある女はなんだかしらんがこれもっていけっていってるとか訳わからんこといいだして言えの中なあった洗面着をもちかえった続きを [続きを読む]
  • 【オーパーツ】ヴィマナ
  • ヴィマナとは、古代インド最古の古典「リグ・ヴェーダ」叙事詩『ラーマーヤナ』および叙事詩「マハーバーラタ」に登場する自在に空を飛ぶ乗り物のことである。現代の航空機のようにさまざまな形式があり、多くは叙事詩に登場する英雄たちによって戦争などに使用されている。大気圏または、大気圏外への航行が可能な幾種類のヴィマナがあったとされ、インドにおいてはこの故事からジェット機のことも「ヴィマナ」と呼んでいる。続き [続きを読む]
  • 【関東の不思議体験】三島-静岡間で起きる有名な怪異
  • 東海道新幹線、三島-静岡間で起きるといわれる有名な怪異。食堂車に行くなどして席を立っていた乗客がこの区間を列車が通過している間に、自分のいた車両に戻るとそれまでは空いていたはずの車内が、なぜか大勢の乗客で埋まっている。間違って別の車両に来てしまったかと引き返すが、やはりこの車両で間違いないようだ。そこでもう一度、車両の中に入っていくと、そこは自分が席を立つ前同様の乗客がまばらな車両に戻っていた。聞 [続きを読む]
  • 【オーパーツ】ハトホル神殿の壁画
  • ハトホル神殿の壁画とはエジプトのハトホル神殿で発見された壁画です。これにはフィラメントの入った電球らしき絵が描かれているとしてオーパーツと言われることがあります。もちろん,この時代には電気を作り出すものなど存在しないはずです。この絵を見ると証明電気と高電圧絶縁器のようなものが描かれているように見えます。しかし,これはよく見ると蛇であって,電球ではありません。遺跡からも電球らしきものは出土していない [続きを読む]
  • 【関東の恐怖体験】犬吠埼燈台
  • 犬吠埼燈台は自殺者がかなりいるらしい。灯台のそばの廃民宿のほうもかなりやばい。ここの廃墟が忘れ去られたように存在している。灯台の明かりにも照らされることなくひっそりとたちつづけるこの廃墟だが、実は心霊スポットとして名の知られる場所である。続きを読む [続きを読む]
  • 【関東の恐怖体験】緑に塗られたガードレール
  • 東京湾観音へ行く道の途中に緑に塗られたガードレールがあるっていう。諸説あるが、「車のライトが白いガードレールに反射した時に、人の顔が浮かび上がる(映りこむ)ので 驚いたドライバーが交通事故を起こすことが続いたため、緑に塗りつぶした」とのこと。あの観音さま自体、戦争犠牲者の慰霊に建てられたそうです。観音様の中に入ることもできて、途中の腕の辺りに展望箇所があった。昔はあそこ金網なんて無かったから、投身 [続きを読む]