よっちゃん さん プロフィール

  •  
よっちゃんさん: よっちゃんの“映画なヤロー”
ハンドル名よっちゃん さん
ブログタイトルよっちゃんの“映画なヤロー”
ブログURLhttps://ameblo.jp/shinchan-cinema/
サイト紹介文人呼んで“必殺勤め人”。勤め人にして、映画館で年間100本以上鑑賞!サラリーマン目線の気楽なブログ。
自由文<よっちゃんの4つのルール>
その1:年間100本以上観ますっ!
その2:必ず劇場で観ますっ!
その3:絵柄付き前売券をゲットしますっ!
その4:洋画・邦画・アニメ・ドキュメンタリーとジャンルは問いませんっ!

そんな私ことよっちゃんが,これまでに観た映画を独断と偏見で『期待度』『満足度』『お勧度』 の3項目で評価します。あなたのシネマ生活の参考にぜひどうぞ!!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/03/04 09:36

よっちゃん さんのブログ記事

  • fileNo.1556【奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール】
  • 観た日:2017年10月9日観た場所:池袋HUMAX 期待度:★★★☆満足度:★★☆お薦度:★★☆ 渋谷直角の同名マンガを映画化したラブコメディ。 奥田民生に憧れるうだつの上がらない雑誌編集者が、無自覚に男を狂わせる魔性の美女に振り回され人生を狂わされていくさまを、その美女に翻弄される男性たちとのシビアな関係を軸に、奥田民生のヒット・ナンバーの数々とともにコミカルに描く。 主演は【怒り】【I'M FLASH!】(バックナ [続きを読む]
  • fileNo.1555【ドリーム】
  • 観た日:2017年10月7日観た場所:TOHOシネマズシャンテ(日比谷) 期待度:★★★★満足度:★★★☆お薦度:★★★★ NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。 人種や性別による差別や偏見に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武器に、自ら道を切り開いていった彼女たちのバイタリティにあふれた生き様を、軽妙かつ前向きな筆致で感動的に描き出す。 [続きを読む]
  • fileNo.1554【スイス・アーミー・マン】
  • 観た日:2017年10月1日観た場所:TOHOシネマズシャンテ(日比谷) 期待度:★★★☆満足度:★★★★★お薦度:★★★★☆(ちとお下品な映画ですが、そこに目をつむればメッチャいいっ!) たった一人での無人島からの生還を、流れ着いた“死体”とともに実現するという、一風変わった奇想天外なアドベンチャー・コメディ。 無人島に漂着し、孤独に耐え切れず自殺をしようとしていた主人公が、漂着した「不思議な能力を持つ」腐 [続きを読む]
  • fileNo.1553【ナミヤ雑貨店の奇蹟】
  • 観た日:2017年9月24日観た場所:丸ノ内ピカデリー(有楽町) 期待度:★★★★満足度:★★★★お薦度:★★★☆ 人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを映画化した感動ファンタジー・ドラマ。 どんな相談にも真剣に答えてくれる雑貨店“ナミヤ雑貨店”を舞台に、悩み相談とその回答のやりとりをする手紙によって、過去(1980年代)と未来(現代/2012年)をつなぐミステリアスな現象を、手紙を書いた人々の人生の奇蹟の物語とと [続きを読む]
  • fileNo.1552【ダンケルク】
  • 観た日:2017年9月23日観た場所:新宿ピカデリー 期待度:★★★★★満足度:★★★☆お薦度:★★★ 第二次世界大戦の西部戦線で実際にあったイギリス軍の大規模な撤退作戦を映画化。 フランス北端の“ダンケルク”を舞台に、ドイツ軍の猛攻の前にダンケルクに追い詰められてしまった英仏連合軍の兵士40万人が、イギリスが決行したヨットや漁船など多くの民間船も参加した大救出作戦により、兵士の犠牲を最小限に抑えることに成 [続きを読む]
  • fileNo.1551【おクジラさま ふたつの正義の物語】
  • 観た日:2017年9月12日観た場所:ユーロスペース(渋谷) 期待度:★★★★満足度:★★★☆お薦度:★★★★ アカデミー賞受賞ドキュメンタリー【ザ・コーヴ】(バックナンバー14参照)をきっかけに世界的論争を巻き起こし、対立が一層激化している捕鯨問題に挑んだドキュメンタリー。 同作品でやり玉に挙げられた和歌山県太地町に何年も通い、漁師の人たちや外国人活動家たちとも可能な限り同じ距離感で接するなど、バランスを [続きを読む]
  • fileNo.1550【ボブという名の猫 幸せのハイタッチ】
  • 観た日:2017年9月10日観た場所:新宿ピカデリー 期待度:★★★★満足度:★★★★☆お薦度:★★★★☆ どん底のストリート・ミュージシャンと1匹の野良猫の驚きと感動の実話を綴ったベストセラーを映画化したハートウォーミング・ストーリー。 イギリスロンドンを舞台に、プロのミュージシャンを目指すも夢破れ、おまけに薬物依存からも抜け出せず父親にも見放されホームレスとなった主人公の青年と、ある日出会った茶トラの野 [続きを読む]
  • fileNo.1549【関ヶ原】
  • 観た日:2017年9月7日観た場所:TOHOシネマズ新宿 期待度:★★★★満足度:★★★☆お薦度:★★★☆ “天下分け目の関ヶ原”と言われた関ヶ原の戦いを敗軍の将・石田三成の視点から描き出した司馬遼太郎の同名時代小説を映画化したスペクタクル時代劇大作。 1600年9月15日、毛利輝元を総大将に立て錚々たる武将を擁する三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で挑んだ天下分け目の決戦を、そこに至る双方の丁々発止のやりとりや [続きを読む]
  • fileNo.1548【米国が最も恐れた男〜その名は、カメジロー〜】
  • 観た日:2017年9月4日観た場所:ユーロスペース(渋谷) 期待度:★★★★満足度:★★★★☆お薦度:★★★★☆ アメリカ占領下にあった戦後の沖縄で、米軍の圧政と戦った1人の男を描いたドキュメンタリー。 沖縄の民衆に支えられ、那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家・瀬長亀次郎。米軍統治下の沖縄で弾圧を恐れず米軍に対して「NO」と叫び、演説会では毎回何万人もの人びとを集め、そして聴衆を熱狂させた [続きを読む]
  • fileNo.1547【幼な子われらに生まれ】
  • 観た日:2017年8月27日観た場所:テアトル新宿 期待度:★★★★満足度:★★★★お薦度:★★★★ 重松清の同名小説を映画化したヒューマン・ドラマ。 2人の連れ子のいるバツイチ女性と再婚した男を主人公に、前の妻や実の娘、バツイチ女性の前の夫等、いろいろな事情を抱えた人たちが、家族を築いていくことの困難さに直面しつつも懸命に家族であり続ける姿を、愛と葛藤の人間模様とともに描く。 主演は【私の男】【淵に立つ】 [続きを読む]
  • fileNo.1546【戦争のはらわた】
  • 観た日:2017年8月26日観た場所:シネマカリテ(新宿) 期待度:★★★★★満足度:★★★★★お薦度:★★★★★ “バイオレンスの巨匠”サム・ペキンパーの唯一となる戦争映画。 第二次大戦中、ドイツの敗色が見え始めた1943年ロシア戦線のドイツ軍の一中隊を舞台に、野性的な勘で数々の修羅場をくぐり隊員の命を救ってきた人間味ある伍長と、ドイツ軍最高の名誉とされた“鉄十字章”を手にすることに血眼となる冷徹な中隊長と [続きを読む]
  • fileNo.1545【ギフト 僕がきみに残せるもの】
  • 観た日:2017年8月24日観た場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 期待度:★★★★満足度:★★★お薦度:★★★ NFLのニューオーリンズ・セインツで活躍したスター選手、スティーヴ・グリーソンの家族の愛と絆を綴った感動のドキュメンタリー。 引退して間もなく難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断された彼が、同じ頃妊娠した妻と子どもを前に、まだ見ぬ我が子に向けてビデオダイアリーを撮り始め、難病に立ち向かう [続きを読む]
  • fileNo.1544【フェリシーと夢のトウシューズ】
  • 観た日:2017年8月20日観た場所:新宿ピカデリー 期待度:★★★★満足度:★★★★☆お薦度:★★★★☆ フランス・カナダ合作による長編アニメーション。 19世紀末のパリを舞台に、踊ることが大好きな孤児の少女が、同じく発明家を夢見る幼なじみの少年と施設を脱走し、花の都パリでオペラ座のバレリーナを目指して奮闘する姿を描く。 声の出演は、主演のフェリシーに【20センチュリー・ウーマン】(バックナンバー1530参照)エ [続きを読む]
  • fileNo.1543【少女ファニーと運命の旅】
  • 観た日:2017年8月17日観た場所:TOHOシネマズシャンテ(日比谷) 期待度:★★★★満足度:★★★★☆お薦度:★★★★ ユダヤ人ファニー・ベン=アミの驚きの実体験を綴った自伝を映画化した感動のドラマ。 ナチスに追われ支援施設の責任者とともに施設を離れスイスを目指すさ中、責任者にわずか13歳のユダヤ人少女“ファニー”がリーダーに指名され、9人の子どもたちだけでナチス支配下のフランスからスイスへと過酷な逃避行を [続きを読む]
  • fileNo.1542【ロスト・イン・パリ】
  • 観た日:2017年8月10日観た場所:ユーロスペース(渋谷) 期待度:★★★★満足度:☆お薦度:★ パリを舞台に贈るコメディ。 パリに住むおばから「老人ホーム入れられる。助けて」との手紙を受け取り駆けつけたカナダ人女性の主人公が、初めての異国の地パリで繰り広げる珍道中をユーモラスに綴る。 主演は、パントマイム的な動きのギャグを軸とした独特のスタイルで世界的に注目を集める「アイスバーグ!」「ルンバ!」の道化師 [続きを読む]
  • fileNo.1541【君の膵臓を食べたい】
  • 観た日:2017年8月6日観た場所:池袋HUMAX 期待度:★★★★満足度:★★★★お薦度:★★★★ 住野よるの同名ベストセラー(読んでない)を映画化した青春ラブストーリー。 膵臓の病気で余命わずかのヒロインと、そのことをクラスでただ一人知る青年の心の交流を、原作にはない12年後の現在の物語を織り交ぜ(知らなかった。ってゆーか原作読んでないから当然・・・)描く。 主演は浜辺美波、北村匠(二人とも初めて観た)、共演 [続きを読む]
  • fileNo.1540【ブランカとギター弾き】
  • 観た日:2017年8月5日観た場所:シネスイッチ銀座 期待度:★★★★満足度:★★★★☆お薦度:★★★★ 巨匠(知らないけど)ヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の全額出資のもと撮り上げた作品。 フィリピンを舞台に、母親を金で買おうとするストリートチルドレンの少女と、盲目のギター弾きの出会いと心の触れあいを描く。 主演はその歌声がYouTubeで話題となり、本作のプロデューサーに見出され、女優デビュ [続きを読む]
  • fileNo.1539【裁き】
  • 観た日:2017年7月30日観た場所:ユーロスペース(渋谷) 期待度:★★★★満足度:★☆お薦度:★★ 複雑なインド社会の諸問題を浮き彫りにする社会派ドラマ。 自分の作った歌詞が“下水道清掃人の自殺をほう助した”との不可解な罪状で被告人となったひとりのインド人歌手を主人公に、インドで繰り広げられる不条理な裁判の行方を、被告人、弁護人、検察官、裁判官それぞれの日常を重層的に描く。 監督は長編デビューとなる本作 [続きを読む]
  • fileNo.1538【ビニー/信じる男】
  • 観た日:2017年7月29日観た場所:TOHOシネマズシャンテ(日比谷) 期待度:★★★★満足度:★★★★お薦度:★★★★ 交通事故で選手生命の危機に直面しながらも不屈の闘志で奇跡のカムバックを果たした伝説のボクサー、ビニー・パジェンサを軌跡を描いた伝記ドラマ。 世界タイトルを獲得直後交通事故で首の骨を折る重傷を負い、選手生命は終わったと思っていた周囲に反し、ただ一人リングに戻ることを諦めず不屈の闘志でトレー [続きを読む]
  • fileNo.1536【彼女の人生は間違いじゃない】
  • 観た日:2017年7月16日観た場所:新宿武蔵野館 期待度:★★★★☆満足度:★★お薦度:★★ 監督自身が故郷・福島を舞台に書き下ろした同名処女小説を自ら映画化したヒューマン・ドラマ。 仮設住宅で父親と2人で暮らす市役所勤めの若い女性を主人公に、震災の傷を抱えたまま生きる人々の葛藤の日々を描く。 主演は【日本で一番悪い奴ら】(バックナンバー1418参照)の瀧内公美、共演に光石研、高良健吾、柄本時生。監督は【さよ [続きを読む]
  • fileNo.1534【忍びの国】
  • 観た日:2017年7月9日観た場所:新宿ピカデリー 期待度:★★★★満足度:★★☆お薦度:★★ 人気作家・和田竜の同名ベストセラーを映画化した時代劇エンタテインメント。 織田の大軍と伊賀の忍者衆が戦った天正伊賀の乱を基に、大軍勢で攻め込む織田軍に対し、数では圧倒的に劣る忍び軍を率いつつ、様々な秘術・奇策で迎え撃つ様を、伝説の忍者“無門”の活躍とともに描く。 主演はイラストレーターとしての才能もある嵐の大野 [続きを読む]
  • fileNo.1533【ハクソー・リッジ】
  • 観た日:2007年7月1日観た場所:TOHOシネマズスカラ座(日比谷) 期待度:★★★満足度:★★★★お薦度:★★★★ 激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。 宗教上の理由から武器を持つことを頑なに拒否しながらも、地獄の戦場で75人もの命を救い、終戦後、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めての名誉勲章を授与された実在の衛生兵デズモンド・ドスの不屈の人生を、リアルで迫力の戦闘シーンと [続きを読む]
  • fileNo.1532【ありがとう、トニ・エルドマン】
  • 観た日:2017年7月1日観た場所:シネスイッチ銀座 期待度:★★★★★満足度:★★お薦度:★★☆ ドイツ発の異色のコメディ・ドラマ。 仕事一筋のキャリアウーマンを主人公に、その赴任先に悪ふざけが好きな父の突然の訪れ、神出鬼没な父の奇っ怪なイタズラの数々にイライラさせられながらも、いつしか忘れていた心の潤いを取り戻していくさまを個性あふれる筆致で描く。 主演はペーター・ジモニシェックとザンドラ・ヒュラー。 [続きを読む]