寅次郎@愛知 さん プロフィール

  •  
寅次郎@愛知さん: 航空機がある風景
ハンドル名寅次郎@愛知 さん
ブログタイトル航空機がある風景
ブログURLhttp://krmtora.blog136.fc2.com/
サイト紹介文地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/03/05 08:42

寅次郎@愛知 さんのブログ記事

  • プチ空撮
  • 南風のとき、羽田はRWY16R/Lの2本の滑走路から離陸するこれらの進行方向であるRWY23に到着機があると、衝突おそれがあるので出発が規制されるおかげで規制が解かれたときには両滑走路から同時に離陸することが多いこれまでも何度もそのシーンを期待したが、好条件で撮影できたことはなかったこの日、搭乗した機はB767でRWY16Rから出発する、席はA側(左側)隣のRWY16LにはANAの尾翼が見える、しか [続きを読む]
  • 難題
  • 到着機がRWY23に無事着陸すると、RWY16R/Lが開いてパラレルに飛び立つ姿が見られる実は手前のRWY16Rに絞り、全く違う構想でトライしていたすると日傘の女性が二人、背後から歩いてきた急きょ構想を変えて引いた構図で追うしかし・・・・タイトルが思い浮かばない「仲良し」などとは絶対につけてはいけない、観る方も恥ずかしいからだそれでも頭の中は「仲良し」一色だぜ [続きを読む]
  • 羽田の離陸
  • 一般的に、展望デッキは滑走路の中ほどにあることが多いそこから撮れる離陸シーンは真横や後追いの構図になってしまう前から撮ろうと思えば展望デッキから飛び出そう南風の羽田であれば徒歩でもこれくらいは叶う [続きを読む]
  • 夕立の後
  • 日没前から太陽は暑い雲に阻まれていた切り上げて帰ろうかとも思ったが、上空の雲が私を引き留めた時間と共に赤い雲が色を落としてゆくバニラがタクシーウェイに向かうとき、白い機体が絶妙な存在に見えた [続きを読む]
  • 北風を乞う
  • これまでに3度足を運んだ石垣空港梅雨明けを選んだこともあって、全てがRWY22南風運用この進入灯を撮るならばここで着陸機を絡めたいが、今回もそれは叶わなかったただ、自分が島を離れる便はRWY04で羽田を目指した [続きを読む]
  • 美しき航空機がない風景
  • 流れる雲の合間をついて進入灯に光が当たる那覇便がタキシングをはじめた時、雲が大きく途切れた「これはいける」と軽く震えたしかし・・・・マイナートラブルが発生してランウェイエンドで2分間ホールドすると聞こえてきた2分後の情景は全く別物に変わり果てていた [続きを読む]
  • 雲の島
  • 今年も梅雨明けの石垣に飛んだ石垣らしい空、雲が低くて速い!冷房が効いた車から出るとメガネもカメラも曇ってしまうほどの湿気それを感じさせないような清々しい空だ [続きを読む]
  • 夕陽の順光
  • セントレアで夕陽を撮れば季節を問わず逆光船で沖から撮れば順光では撮れるが、海面からグランドレベルには随分と高さがあるこれはチャンスに恵まれて中で撮らせてもらったものずっと封印してきたが、今の季節にぴったりなのでアップさせてもらおう [続きを読む]
  • 先着機
  • 先に降りたA321がアンチコリジョンランプを点滅させながらスポットイン背後には後続のFDAがファイナルアプローチへ同じ到着機が、同じ方向に機首を向けている絵は意外に少ないと思うこんな小さな脇役だがこの作品のスパイスになった [続きを読む]
  • 夕の日輪
  • 不思議な光のショーが次々と奏でられた日眼球をワイドに設定して空を見上げると大きな日輪が出ていた太陽の側方には幻日も見えているもちろん、よーーーーーく見ると着陸する機体が写っている [続きを読む]
  • 梅雨終盤
  • ジメジメと鬱陶しい季節、梅雨を形容する表現だ朝から晩まで雨が降り続けるようなイメージこの趣味を始めてから梅雨の夕暮れは大化けすることを覚えた日中は真っ白な空でも油断してはいけない [続きを読む]
  • 待ち受け構図
  • RWY16Lからの離陸を待ち受ける、場所は新整備場エリアアメリカンは地を這い、エアドゥは頭上を行った次にやって来たのがANAのB787もう少し上なんだが・・・・次の便ではもう雲が乱れていた [続きを読む]
  • 羽田ドーム
  • 七月を待たずに梅雨明けした関東やはり空の抜けが全く違ういい雲があちこちにいたが、デッキからはうまく絡まないRWY16Rから西方に発った機を国際線Tから狙うCanon 7Dmark2 100-400 f32 [続きを読む]
  • 6月の空
  • 夏至と過ぎて数日後、19:23の撮影周囲は夜景撮影モードに変わり果てていたが、一角だけ色が残っていた撮影機材を絞ってきた時に限って不自由な思いをするこのカメラで我慢できる感度の上限にして出てきたSSは1/180、流れてしまうD500 ISO1600 f2.8 [続きを読む]
  • 僅かな光
  • 雨上がりの夕方は劇的な情景が広がった陽が沈んでから20分、予定よりも遅れて出てきたLCFタキシングしている最中にもどんどん空の色が消えてゆく小型の望遠レンズを手持ちで撮ってみたD850 1/250 f4 ISO6400 [続きを読む]
  • 湿気弾暴発
  • 昼間から纏わりつく蒸し蒸しとした湿気があった強い西風が吹いていたので離着陸共にRWY25北の空か、それとも南の空か悩んだ挙句に南の空を選んだほんの少し見えた青空がそこまで夏が来ていることを感じさせる2018/06/26 Nikon D500 16-85mm [続きを読む]
  • 隠れた太陽
  • 陽が落ちて最も美しくなる時間帯肉眼では暗く見えてもカメラではまだまだ表現できるから諦めてはいけないB777が千歳、成田、羽田から三連発で並んでいる太陽の芯を見据えて待ち受けた [続きを読む]
  • クリーンランド豊中伊丹
  • 左下に見えるのが豊中市と伊丹市のクリーンランド月に一度は最上階の展望台に招いてくれるサービスもうれしい近代的なデザインでこうやってフレームに入れても見栄えがいいまたクリーンランドでの写真展があればこれを出展したい [続きを読む]
  • 伊丹の緑
  • 空港の北側には生い茂った緑地がある決して綺麗なものではないが、背後のビル群と対比することでそれなりに見えるものだ生駒の山頂とこの茂みをフレーミングして離陸を待ち受けるなんと一発目で仕事は終わった次の仕事にとりかかろう [続きを読む]
  • バニラのあるITM
  • 整備を終えたバニラが屋外にいるいつ飛ぶのかは全く分からなかったが、直ぐにタキシーウェイに出てきた視程が良いので梅田のビル群を従えた構図で待ち受けるバニラらしく捉えるのは側面から捉えるのがいい [続きを読む]