you さん プロフィール

  •  
youさん: 香味野菜の育て方|栽培と簡単レシピ
ハンドル名you さん
ブログタイトル香味野菜の育て方|栽培と簡単レシピ
ブログURLhttp://wasabi777.info/
サイト紹介文香味野菜の育て方と栽培、種類、レシピの紹介。ワサビ、ミョウガ、山椒、ネギ、ニンニクなど。
自由文レモン、ユズにも詳しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/03/05 10:45

you さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ミョウガ 植え替え時期と方法
  • ミョウガの発芽■地植えの植え替えミョウガを地植えにしている場合でも、数年経つと株が混み合い生育が弱くなり、収穫量が減っていきます。そのため、地植えであっても、定期的に掘り上げて根の整理をすると収量が上がります。植え替えするまでの年数の目安は、3年〜4年です。 ・植え替えの時期1年中、植え替えできますが、10月中旬〜11月下旬と、1月〜3月が植え替えの適期です。・植え替え方法植え付ける場所を移動させる場所は [続きを読む]
  • ユズ(ゆず、柚子)のわかりやすい剪定方法
  • ユズ(ゆず、柚子)は、盆栽や庭木などで親しまれている、ミカン科の常緑樹です。香りづけや香辛料や入浴剤など、日常生活でいろんな用途で活用されます。かんきつ類の中では耐寒性が抜群で、日本広域の家庭で栽培されています。植えたあとの伸びた枝はどうすればよいのか、戸惑うことも多いでしょう。ユズと長く付き合うための剪定のコツを、少しずつ習得していきましょう。■ユズ(ゆず、柚子)のわかりやすい剪定方法1.収穫後 [続きを読む]
  • ユズの実がならない、少ない理由は?
  • ユズはミカン属の香酸かんきつ類に分類される果物です。おもに加工されたり、漢方薬として用いられます。酸味がひじょうに強く、さわやかな香りが人気です。成長がゆっくりなことでも、ことわざがあるほど有名です。一般には実生苗ではなく、接ぎ木苗を求めるとよいでしょう。香り高いユズの実が毎年見られないと、がっかりすることも多いようです。■ユズの実がならない、少ない理由は?1.樹齢が若いユズは苗木を植え付けてから [続きを読む]
  • ユズの育て方
  • ユズも大木になると大収穫本ユズ ユズ(柚子)は、ミカン科の常緑樹柑橘類。本ユズとも呼び、果実は大きめで、表面はでこぼこしています。柑橘系の果樹を庭に育てると、代々(橙)家が栄えるそうです。果実が小さめで実が早くできる、花ユズ(一才ユズ)とは別の品種です。日本では両方をユズと呼んでいます。一才ユズは、直径20cm鉢で、2年くらいで実を付け、庭植えしてもよく育ちます。ジャンボユズも登場しています。■ユズの [続きを読む]
  • 行者ニンニクの育て方 栽培方法 耐寒性強く育てやすい
  • 行者ニンニクの自生地行者ニンニクの花、6〜7月に開花行者ニンニクの市販苗行者ニンニクの市販球根行者ニンニク(学名Allium victorialis subsp. platyphyllum)は、ネギ科(ユリ科)ネギ属の多年草です。もともとヨーロッパの高山に自生し、日本では、北海道、近畿より北の、森林や湿地に自生あるいは群生し、山の幸として親しまれています。味わい、香りが、一般のニンニクよりも強く、抗菌作用、ビタミンB1を活性化せるアリシン [続きを読む]
  • ユズの育て方 3月
  • 今年もたくさん実りますように!3月になると、真冬とは違う春の風を感じられる日がでてきます。ユズにとっては、生育期に入る直前のため、一番力を溜めている時期となります。3月はユズにとってとても大切な月です。植え付けや植え替え、剪定や追肥など、必ず毎年行う作業もあります。剪定などの作業は特に尻込みしがちですが、1つずつ整理しながら行えば、必ずやり遂げることができます。■ユズの育て方 3月・栽培環境地植えにし [続きを読む]
  • ユズの育て方 4月
  • 4月に入ると、気温も上がってきて、ユズは新梢を伸ばし始めて生育を開始しますユズは枝を伸ばして葉を展開しはじめますが、同時に害虫の発生も増えてきます。■ユズの育て方 4月・栽培環境地植えも鉢植えも、よく日を当てるようにします。気温が高くなってくると、風通しの悪さから病害虫が発生しやすくなるので、風通しを確認し、風の通りも良くしておきます。4月に入っても、夜に冷えることがあります。急激な冷えにより、新梢が [続きを読む]
  • サンショウの育て方と栽培方法 排水性良い場所で
  • サンショウの実サンショウの花サンショウ(山椒、学名:Zanthoxylum piperitum)は、別名ハジカミ、英名Japanese pepper、ミカン科サンショウ属の落葉低木です。和風料理や懐石料理には欠かせない、山菜・ハーブとして人気です。サンショウが、家庭に1本あると、お料理のレパートリーも広がり、飾りにも美しく楽しいです。■サンショウの育て方と栽培方法・栽培ポイントサンショウの栽培は、比較的容易ですが、割りと神経質な植物 [続きを読む]
  • ミョウガの育て方|株に元気がないときは?
  • ミョウガは、1回植えると、3〜4年は、そのままでも毎年収穫できます。しかし、だんだんと根茎が混み合い、株自体も老化して元気がなくなると収穫量が減ります。1.間引きをするミョウガの老化を防ぐためには、5〜6月か、11月下旬から12月上旬に、1m間隔で長さ40cmずつ根株を掘りとって、間引きをしてあげます。掘り起こした根株は、20〜30?間隔で植え付けます。ミョウガは連作が苦手ですから、新しい場所や用土に植え替えます。 [続きを読む]
  • ミョウガの育て方と栽培方法 地植えで
  • ミョウガ収穫の時期ミョウガの収穫、新鮮で美味ミョウガの花ミョウガ畑ミョウガ(茗荷 Zingiber mioga)は、ショウガ科ショウガ属の多年草です。東アジアが原産で、日本でも自生しています。「花ミョウガ」は、晩夏から初秋に生え、「ミョウガタケ」は、春の食材として美味です。ミョウガは、あまり土壌を選ばず、育て方が比較的にやさしく、料理の薬味に自家栽培ミョウガがあると、新鮮で香りが良く歯あたりのシャキシャキ感も楽 [続きを読む]
  • ミョウガの育て方 プランター栽培もできる
  • ミョウガ、大きめ深いプランター、鉢で育つミョウガの収穫は楽しいミョウガは、大鉢でも栽培できるミョウガ(茗荷 Zingiber mioga)は、特有の良い香りと歯ざわりをもつ、日本ならではの香味野菜です。土壌をほとんど選ばず育て方が比較的易しくで、病害虫の少ない野菜です。ミョウガの栽培は、プランターやトロ箱、深めの大鉢でもできます。ミョウガは、根が張りますので、できれば深さが20cm以上の、容器で育てると生長が良い [続きを読む]
  • 過去の記事 …