瑞原唯子 さん プロフィール

  •  
瑞原唯子さん: 瑞原唯子のひとりごと
ハンドル名瑞原唯子 さん
ブログタイトル瑞原唯子のひとりごと
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/celest
サイト紹介文アニメ・マンガ・映画・テレビの感想とオリジナル CG・小説がメインです。
自由文毎日イラストをアップしています。
現在、名探偵コナン(アニメ)の感想を毎回書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供536回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2011/03/05 14:18

瑞原唯子 さんのブログ記事

  • 「自殺志願少女と誘拐犯」第10話 離ればなれになっても
  • 「ハルナ……榛名希さんを、親元に帰さないでください」 聴取のために連れてこられた薄汚れた取調室で、千尋は最初にそう告げた。 向かいに座ろうとしていた男性刑事が動きを止めるが、すぐに胡乱な目になり、粗末なパイプ椅子を軋ませながらどっかりと腰を下ろす。「おまえなぁ、そんなことを言える立場じゃないだろう」 いかにも面倒くさそうに顔をしかめてそう言うと、ガシガシと頭をかいた。 当然である。誘拐犯がいきなり [続きを読む]
  • 名探偵コナン「容疑者・毛利小五郎(後編)」
  • メモを簡略化しすぎてわからなくなるという話。自分で書いたメモが何のことかわからなくなったら、記憶力が相当ヤバいんじゃ。何か月も経ったらそうなるのもわからなくはないけどさ。数日くらいはわかるよねぇ。まあ、今回の事件は事情を知らない他のひとが勘違いしたわけだけど。コナンはいつものことだけど、英理もけっこう演技派だなぁ。相手が親しい弁護士仲間でも平然と罠にかけちゃえるんだからすごい。こういう駆け引きや騙 [続きを読む]
  • 名探偵コナン「容疑者・毛利小五郎(前編)」
  • デジタルリマスター版。恒例のアバンで、コナンが思いっきり真顔でへっぽこのことを言っていて笑ってしまった。軽井沢だけど群馬だからヤツが来る…! 的な。なかなかひどい言いようだけど実際アレだからなぁ(笑)。ただ、このときはまだ警部ではなかったよね。警部になってからますますへっぽこになったような。へっぽこのうえにうざさまで増したというか。毛利小五郎が殺人の容疑者になってしまった話。劇場版で小五郎が逮捕さ [続きを読む]
  • 劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』
  • なかなか面白かったです。安室が好きなら間違いなく楽しめるんじゃないかと! ただ、あっちこっちの思惑やら立場やら行動やらが複雑に絡んでいてややこしい。まだ自分の中で整理しきれていなくてもやっとしている部分もある。上戸彩が普通に上手くてビックリした。やる気がなくて下手なイメージしかなかったので、ゲスト声優が上戸彩と聞いてがっかりしてたんだけど、いままでのゲスト声優の中で一番違和感なく溶け込んでいたんじ [続きを読む]
  • 「自殺志願少女と誘拐犯」第9話 世界でたったひとりの味方
  • 「なんだかんだ炎天下を歩いたよな……」 空が茜色に染まり、暑さもだいぶやわらいできたころ。最寄り駅から自宅マンションへ向かう道すがら、ふと昼間の強い日差しを思い出してそうぼやくと、隣を歩いているハルナはふふっと愉快そうに笑った。 今日はのんびりと涼しく過ごすつもりで美術館に出かけた。千尋もハルナも絵画に特別興味があるわけではなかったが、それでもひそひそと話したり笑ったりしながら、楽しく鑑賞した。  [続きを読む]