aosaga9 さん プロフィール

  •  
aosaga9さん: ろま中男3 自作長編官能小説
ハンドル名aosaga9 さん
ブログタイトルろま中男3 自作長編官能小説
ブログURLhttp://aosaga9.blog8.fc2.com/
サイト紹介文フランス書院風本格官能小説 交渉人涼子他 自作長編官能小説、女性警官、女子校生、女子大生、女教師など
自由文完全無料、広告など一切無し。合計400万字以上(単行本に換算して20〜40冊分)の官能小説が読み放題。18禁ですが、恋愛という不可解な感情を描くことを目的としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/03/06 17:11

aosaga9 さんのブログ記事

  • 痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(5)宙ぶらりんの女体
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(5)宙ぶらりんの女体スカートを捲りあげられ、お尻を丸出しにされて抱え上げられた私は、「お、お客様、こ、困ります」というのが精一杯でした。でもお客様は下ろしてくれません。さっきよりも強く私の女体を上下させ、ご自分の逞しいカラダに擦り付けます。お客様の野太い指がお尻の肉に食い込み、小指がお尻の穴に食い込んでい [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(4)逞しいお客様
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(4)逞しいお客様通勤電車で痴漢に性器を直に触られて焦らされた私は、アソコがヌルヌルして落ち着かない気持ちのまま売り場に立ちました。開店と同時に男性のお客様が来ました。開店直後の紳士服売り場にお客様が来るのは珍しいので、開店後1時間程度の売り場は私一人しかいません。マニュアルでむやみにお声掛けしないと決まって [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(3)デパート店員ららみ
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(3)デパート店員ららみ会社につくととりあえずトイレに入りました。まだエッチな気分が収まらないままで、オマタを確認するとヌルヌルの濡れ濡れでした。ビデで洗浄するときも感じてしまって変な声が出そうになるのを必死でこらえました。ふわふわした気分のままトイレを出て、更衣室で同僚に見つからないようにこっそりパンティ [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(2)公園のトイレでオナニー
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(2)公園のトイレでオナニー降りる駅に着くまで私の性器を触り続けた痴漢は、結局私が頂点に到達しそうになると休憩を繰り返して焦らし続けました。駅に着くと痴漢は私を開放しました。電車から降りる直前になんとかニーハイトップに下げられたパンティを引き上げた私は、女体を支配する淫らな欲望に悩まされて夢遊病者のように改 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(1)テクニシャンな痴漢
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 4.ららみの場合(1)テクニシャンな痴漢私は高山ららみです。高卒で就職した社会人7年目で、デパートの紳士服売り場で売り子をしています。通勤電車でほぼ毎日痴漢に遭っています。今日も触られたときはこれまでと同じタイプの痴漢だと思ってました。たいていの痴漢はお尻のあたりで手をモゾモゾさせるだけで、それ以上のことはしないライトタッチ [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(7)プロポーズ
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(7)プロポーズ2回の中出しセックスに満足したのか、痴漢の彼はうつ伏せの私を抱き起こしてキスしてきました。彼の前で女の子座りして根本がビショビショの太ももを広げた私は、乳首が固いままのオッパイが潰れちゃうんじゃないかと思うほど強く抱きしめられてペロチューされました。彼に顔を押し付けられて口の中を舐め回されまし [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(6)ラブホテル
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(6)ラブホテル電車痴漢快感地獄が限界に達したとき、K崎駅に到着しました。彼は朦朧とした私を抱えてホームに降りると、混雑がおさまるのを待ちました。固いモッコリが私の腰の柔らかいところに食い込んでいました。スカートから手は抜かれましたが、パンティは太ももに下げられたままでした。彼の腕の中で私はスカートがめくれあ [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(5)帰り道の痴漢
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(5)帰り道の痴漢10ページの15部のコピーが終わるまで痴漢主任にお尻を弄ばれました。変な声が出てしまう前になんとかコピーを終えて上司に届けました。痴漢主任のいやらしい手つきに不覚にも感じてしまって、股間はエッチなおツユでヌルヌルでした。パンティが食い込んだオシリはTバック状態で、濡れた股間がヒンヤリしました。 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(4)職場で痴漢
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(4)職場で痴漢制服に着替えた私はロッカーのノートPCを持って席につきました。この会社は業務のシステム化と完全ペーパーレス化しています。業務はPC上ですべて出来ますし、紙で必要な書類はネットワークプリンタで印刷できます。だからノートPC一台あれば仕事ができます。机もフリースペースになっていてその日に座りたい場所を [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(3)更衣室で着替え
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(3)更衣室で着替えパンスト越しにヌルヌルの性器に触っていた手は、さらに前に行ってまたパンティをずらしました。そこは私が一番感じるお豆ちゃんがある部分でした。パンストがかろうじて守ってくれてはいますが、パンティを横にずらされた時点で、私の感じるお豆さんは無防備同然でした。私はソコを触られると思って、せめて変 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(2)パンスト越しの性器タッチ
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(2)パンスト越しの性器タッチ痴漢の手は背中の地肌に触れてパンストのゴムを下げようとしていました。私は怖くてじっとしていました。痴漢の手はゴムに指を引っ掛けてジタバタしていましたが、結局パンストが下げられることはありませんでした。怖くて振り返ることは出来ませんでしたが、どうやら片手にカバンを持っていて片手で [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(1)朝の痴漢
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 3.きよみの場合(1)朝の痴漢私は今朝、痴漢に遭いました。女体が疼いて性器がビショビショに濡れました。私は毎日Y浜市内から都内に通勤しています。T海道線は都心から西方面をつなぐ大動脈で、Y浜駅の朝の上り方面はすごく混雑します。各駅停車でも並走するK浜東北線の駅をいくつも通過するので駅間が長いです。一度走り出したら次の駅に止ま [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(36)やりまくって大団円
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(36)やりまくって大団円私のアナルを犯す理事長は汗まみれのでっぷりしたお腹を私の腰に押し付けながら、「うっうっ」と唸ってピストン運動し、デカチンの挿入を続けていました。私は巨根に貫かれる勢いにお尻が裂ける気がして、恐怖と快感の両方を感じて身悶えしました。前から抽送する天才的産婦人科医師長男も額から汗を垂れ流 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(35)後ろから前から
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(35)後ろから前から山本くんのお屋敷に連れてこられた私は、やたらと天井が高い部屋で山本くんのお父さんである名門学園理事長と、天才的産婦人科医師長男にサンドイッチにされて前と後ろの穴を犯されていました。前から抱きついた長男は挿入できたのが嬉しかったらしく、ニタニタ笑いながら私のおっぱいを強く握って揉んでいまし [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(34)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(34)父と長男に前と後ろから私が山本くんと理事長から女体を嬲られていると、30代くらいの男性が入ってきました。「なんじゃ、用はないぞ」私のオッパイに懐いてペロペロ舐めていた理事長の態度はそっけなく、山本くんは相手にすらしていません。しかし「冷たいなあ、天才的産婦人科医のオレが診てあげようってのに」とその人は全 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(33)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(33)ゴスロリ、オシッコ、オシリ、オッパイ「お嬢様、お召し物を」私が絶頂の余韻にウットリして立派なテーブルの上で仰向けになっていると、変態メイド服の桜田先生が服を持ってきてくれました。「あの、これ…、着るの?」桜田先生がうやうやしく差し出した服はひと目でゴスロリとわかるデザインでした。スカートは桜田先生の変 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(32)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(32)理事長の子宮ナカだし山本くんに騙された悲しみを忘れた私は、ケダモノのように理事長とまぐわいました。「んっ、くっ、おっ、ううっ」60は過ぎていそうなご老体に鞭打って腰をグラインドさせる理事長は、全裸でゲリラ豪雨に遭ったみたいに全身汗まみれでした。白髪が混じったモジャモジャの股間を私のアソコに打ち付けるたび [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(31)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(31)初体験セックスで汗まみれ私は天井の高い部屋で一枚板の立派なテーブルの上で本番セックスを初体験しました。相手は結婚したいと思った山本くんのお父さんです。「はあ、はあっ」全裸の私の脚を広げて勃起した分身を挿入した山本くんのお父さんは、苦しそうな息を吐いて腰を振っていました。でっぷりしたお腹がジャマで根本ま [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(30)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(30)理事長の生チンポ「嘉浩、もういいのか?」私が山本くんのオチンチンがまた大きくなるのを密かに期待してペロペロ舐めていると、見知らぬオジサンが入ってきました。山本くんが来たときと同じようなガウン姿でした。「え、誰っ」素っ裸で高校生のオチンチンをしゃぶる恥ずかしい姿を見られた私は、みっともない声を上げて山本 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(29)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(29)スマタから口内射精「せんせい、まだ脱いでないの」山本くんのお屋敷に来てわからないことばかりの私が桜田先生から教えてもらおうと迫っていたとき、山本くんが部屋に入ってきました。「え…、あ、うん…」山本くんはお風呂上がりのようなガウンを着ていました。金持ちのオジサンがブランデーを片手にソファにそっくり返って [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(28)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(28)豪邸で花嫁修業小一時間ほど走った高級車は電動式の立派な門構えをくぐりました。門からも少し走ってから玄関に到着しました。玄関の前に立った私は「すごい」とつぶやいていました。西洋建築のなんとかって様式だと思うのですが、門外漢の私には庶民の一戸建てぐらいはありそうな車寄せのある玄関に、「すごい」としか言いよ [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(27)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(27)運転手付きの高級車駅への道のりから外れた経路を行く山本くんの後ろをウキウキしてついていくと、彼は「乗って」と車の横で止まりました。私は「これ…、山本くんちの車?」思わず聞き返しました。乗ったこともない大きな車で、運転手が後部座席のドアを開けて待っていたからです。「そうだよ」とこともなげに呟いた彼は、挨 [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(26)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(26)家族に紹介授業中に生徒がいる前で放尿してしまった私ですが、それ以降田中くんがねだるオシッコの要望に応えることなく、性器への口と舌のしつこい愛撫にも耐えて5限をなんとか終了することが出来ました。生徒たちが教室に戻って静かになった化学室で、私は机の下から出てきた田中くんに「もう、いい加減にして」とキレまし [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(25)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(25)授業中放尿5限の化学室教壇に立った私は、教師生活8年間で沁みついた条件反射で生徒たちに礼をして授業をはじめました。ノーパンノーブラで白衣しか着てないので、礼をして襟から溢れそうになったオッパイの谷間に注目する生徒もいたようですが、私はそんなことに頓着する気力がありませんでした。しかしカラダは彼らの視線に [続きを読む]
  • 痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(24)
  • 最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト)痴漢電車の女たち 目次痴漢電車の女たち 2.まさみの場合(24)田中くん専用のオシッコ製造機山本くんは冷たく「立ちション」と言いました。冷たい言葉で辱めを受けて女としてのプライドをズタズタにされた私は抵抗する気力もなく、聞かれるままに「よかったです」と応えました。座った私の太ももの間に入り込んでオシッコと愛液でビショ濡れの性器をペロペロ舐めていた田中くんは膨らんだ [続きを読む]