グラサ さん プロフィール

  •  
グラサさん: ポルトガルつうしん
ハンドル名グラサ さん
ブログタイトルポルトガルつうしん
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/meninoportugal
サイト紹介文ポルトガルに住んで16年 誰も書かなかったポルトガルの事情について、思いついたこと・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/03/06 01:00

グラサ さんのブログ記事

  • 海も荒れ気味
  • 世界的な異常気象 海も荒れ気味 天気も不安定明日は5度まで下がるとの予報今年はあっという間に過ぎたと誰もが言う夏が長がったせいか、一気に冬になりクリスマス観光客も今年は怒涛のように押し寄せ、今はかなり減っている一気に増えた一杯飲み屋やカフェ、お土産物屋、トゥクトゥクも閑古鳥ポルトガルの観光客はリピーターが多いというシーズンオフの静かなポルトガルもいいのにね・・・              美味しい [続きを読む]
  • 光のアート
  • 日本の有名な建築家 安藤忠雄氏が光の教会という太陽の光の十字を建物にデザインされたことがありましたが、これはまた違った光のアートポルトガルのバターリャ修道院の教会(建築期間1386年〜1517年)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%A3%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2ユネスコの世界遺産にもなっている建物は1755年の地震でも被害を受けたけれども、シントラのペナ城を造りなおしたフ [続きを読む]
  • ???
  • リスボンやポルト、他の都市でも昔の建物は許可なしには建て替えることは禁止。街中は昔の景観を守るために、正面は映画のセットの様な前だけ昔が多くなっています。ところが、リスボンで見かけたビルは横だけ昔、正面は近代でした。なんか違和感・・・ [続きを読む]
  • 冬はフレンチトーストが美味しい
  • 相変わらず、パパパンの製作は続いていますが、ちょっと硬くなったパンでも美味しく食べられる例大きなパンは3日ぐらい持つけれど、4日目になると少し硬くなるそこで、パンを豆乳に浸けて、卵に浸けて、オリーブオイルで焼いて、上にシナモン・・さらに蜂蜜     朝は豆乳のカフェオレと・・・・結構合いますよ! いつもパンを作っていただけることを感謝しています・・なんちゃって・・                   [続きを読む]
  • 掏摸に要注意!
  • ポルトガルはテロもないし、殺人も少ないでも、コソ泥や掏摸は結構いる特に今年は、観光客が増えたために、なんとルーマニアからバスで掏摸集団がやってくると・・ホテルや貸アパートに住み、数人で行動特に危ないのは 有名な路面電車28番と15番。中心地、下町マルチンモニス周辺、地下鉄、混んだ電車、観光地私が知っているだけでも、今年は知り合い数名被害にあっている と、わかっているのに、昨日被害に合いそうに・・リスボ [続きを読む]
  • シンプル イズ ベスト!
  • 普段はベジタリアン時々友達が来ると意志薄弱いい加減主義の私にとっては、友達がやってくるのは大歓迎今回も、彼らが大好きなレストランに行ってきました。料理はいたってシンプルでも、材料すべてが美味しくて、いつも地元の人で一杯今回も定番のお気に入りメニュー 豚肉と浅蜊の組み合わせポルコ アレンテジャーノガラスケースから取り出して炭で焼いてくれた甲烏賊 ショコ グレリャド地元のパン屋から届く美味しいパン写真 [続きを読む]
  • ありがたき友きたり・・
  • 息子が3歳の時にインターネットを通じてお友達になって以来、20年近く、毎年夏と冬に救援物資(美味しい日本茶と海苔とサロンパス、鰹節、御餅など)を持ってポルトガルに来てくださるありがたき友きたり・・私より年配のご夫婦は、旅行上手。毎年ポルトガルを経由してスペインへ旅行したり、フランスやイタリアに行ったり・・65歳以上になると電車や長距離バス、コンサートなど半額近くになる特典も上手に使い、ホテルも3か月前の [続きを読む]
  • 牡蠣殻はお邪魔??
  • 毎朝覗く日本のネットニュース今朝、気になった「江戸川河川敷、中国人の牡蠣殻不法投棄」あんなに立派な牡蠣が育っているのになんで日本人は採らないのか?!それは、江戸川が汚染されているという理由・・?それとも外聞を気にするから??ふと思い出した中国北京で見た光景・・北京の街に流れる真っ黒な川で、魚を釣っている人がいた。生きるためには汚染など気にしていられない生活ポルトガルでも近所の川で鯉をつっているのを [続きを読む]
  • 空いろいろ
  • 「のんちゃん雲に乗る」という楽しい童話あったっけ・・ポルトガルは高層ビルは規制されているので、空の占める面積は広いよく天井の高い家は大物を生むという話があるが、空が一杯の環境は何を生むのだろう・・毎朝起きるとまず空を見る以前は犬の散歩に行くたびに、空を眺めることが多かったのに・・・ 上の空:精神状態が目標に集中していないこと 空耳:実際にはない音や声が聞こえたように思う事 空目:見えないのに見えた [続きを読む]
  • 自然の不思議
  • 人間の体はミクロコスモス(小宇宙)其れに対してマクロコスモス(宇宙)突き詰めていえば細胞だってミクロコスモス地球はセミマクロコスモス中医学では陰陽のバランス必ずどこかでバランスが取れている夏の暑さが激しいときには冬はうんと寒くなると、昔から言われている今年のポルトガルは山火事がひどく、農産物が大変な被害を受けたでも、不思議なこともあるオリーブの生産地で焼けなかったところは、例年に見ない大きなオリーブ [続きを読む]
  • ポルトガルで見つけた昔日本
  • ポルトガルに根を下ろして23年、骨董市と女泥棒市歴も同じぐらい昔探し大好き・・・昨日の日曜日は隣の駅で骨董市いつもはアンティークレースやリネンを探すのになぜか一世紀前の日本に目が止まった。商談難航・・・・シルクの布に描かれた墨絵の額2枚 無事 get!57cmx57cmX2大きいので袋がないと小さな袋をくれたけど、両手で抱えても落としそう・・それを見た別のお店のオジサンが、ひもでしっかりと縛ってくれ、な [続きを読む]
  • え???こ????
  • 私はテレビを見ないだから、毎朝ネットのニュースを見る今朝の日本のニュースのタイトルで、目が点に     「原発新設の議論着手へ」      嘘でしょ??!!!いまだ、放射能をまき散らしている原発の処理もめどが立たないのに、もっと作る????    嘘のニュースに決まってるでしょ!!!東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からまもなく6年半が経つ。原子力や石油、天然ガス、太陽光といった日本のエネルギ [続きを読む]
  • クリスマス
  • クリスマスが近くなると、なぜかスーパーが混みはじめ、みんなの買い物の量が増えてくる。街にもイルミネーションが・・リスボンの街にも電飾のデコレーションがつけられはじめ、エドワルド7世公園ではクリスマスマーケットやコンサート、ミニ遊園地,スケートリンクも今週は3連休、来週も3連休        こういう時期になると、鬱の人が出てくる          特に独り身の人たち・・       落ち込むときは、と [続きを読む]
  • ライ麦のパン
  • 最近 普通の小麦に飽きたのか、自然食品売り場で見つけたライ麦粉のパンが家で作られるようになった・・・          無論、製作者は私ではない          無論、消費者は私である           写真ではわからないけれど、普通の小麦より少し色が茶色っぽいグルテンが少なくて、ダイエットにもいいそうだ時々出てくるバナナとリンゴのジャムこれを乗せるとさらに美味・・・本当にダイエットになるのか [続きを読む]
  • かもめはかもめ
  •      かもめはかもめ ̄〜♪誰かの歌にあったね・・・そう、犬にはなれない・・・のだ餌ずけがされているのか、ずうずうしいのか、人が近くによっても逃げないで堂々と崖っぷちにとまっている        高所恐怖症のカモメっているのかしら・・・       この崖っぷちは浸食されて先っぽは命の保証なし大西洋に開けるナザレの浜・・あの崖の上からのスナップでしたこの崖の向こう側は、30mの大波が出てアメリカ [続きを読む]
  • 伝統は焼けず
  • 火事や日照りで散々のポルトガルhttp://sicnoticias.sapo.pt/programas/reportagemespecial/2017-11-21-Estamos-vivosま
    だトラウマから立ち直れない人や、自営業の人はどこから手を付けていいのか・・・http://sicnoticia
    s.sapo.pt/programas/reportagemespecial/2017-11-25-Reportagem-da-SIC-percorreu-o-IP2-e-registou-testemunhos-sobre-a-seca-no-pais#
    日照りの被害も大変です。うちのファームの木もほとんど全滅でも、ポル [続きを読む]
  • Long天国へ
  • うちの大事な家族の一員、LONGが、先ほど永眠・・・朝はよたよたと散歩に行ったのに先週の初めまではさんぽも行けたのに、だんだん歩けなくなって・・・心臓の問題だって・・・いつも海に一緒に行っていたのに・・・先ほど息子にメイルしたらすぐに電話がかかってきて・・彼もショック                    。。。。あっという間・・     2008年12月18日生まれ LONG [続きを読む]
  • ポルトガル カラカラ!!
  • ポルトガル日干し!10月の山火事 それが、世界の天気にどんな影響を与えたかニュースのサ
    イトからアップ 驚くべき山火事の影響https://www.msn.com/pt-pt/noticias/tecnologia/v%C3%ADdeo-da-nasa-mostra-efeit
    os-do-furac%C3%A3o-ophelia-nos-inc%C3%AAndios-de-outubro/vi-BBFdkkKポルトガルの山火事が、アフリカの砂漠の熱気
    をも動かす雨雲は北へ北へと逃げてゆく南のアレンテージョ地方は、普段の年でも砂漠化してい
    るのに [続きを読む]
  • お握りが好き
  • お握りはおふくろの味 日本の味いつも息子は自分の大学のある南に帰る前には、10個ほどのお握りを持ち帰る。サンドより好きだと。カステロブランコのファームに行くときも、旅行も,いつもお握り持参昨日今日と、相方のワークショップへの差し入れもお握り中身はツナ。ベジタリアンには細切り昆布。海苔なしでゴマまぶし20個作ったのに、あっという間になくなった日本のお米とはちょっと違うけれど、適度に粘り気のあるカロリ [続きを読む]
  • 新人類 異星人
  • ここ何年か、ポルトガルの新人類が変わってきた。なぜか東にあこがれる人種も増えてきて、インドの行者のような恰好や、ネパールかミャンマーまがいの格好をする人種も現れ始めた。ヨガもブーム ベジタリアンもマントラを唱え、メディテーション・・手を合わせお辞儀をする髪の毛はポニーテールか、お団子・・・裸足にゴムぞうり 東のヒッピー性格はいたって穏やか。ポルトガルの真ん中あたりのダム湖に聖地があるとか・・自給自 [続きを読む]
  • 昔探し
  • 手仕事大好き暇ができると大好きなアンティークレースで何か作っています忘れられたものでも、ゴミと言われても、私にとっては宝物        来年は陽の目を見せてあげたいな・・・                 [続きを読む]
  • 秋の盛り合わせ
  • 花屋で自分でお花を買うことは、あまりないけれど、野原から摘んでくる花々や木の実を飾るのは好きファームの周りの野原から 秋の盛り合わせイベリコ豚も大好きなドングリ・・茶色くなったらローストして食べると美味しいよ!             あと10日は雨が降らないそうだ              どうぞ恵みの雨がやってきますように・・ [続きを読む]
  • ポルトガルの電力
  • ポルトガルの消費電力の70%は再生可能エネルギーそのうち60%は風力発電他にソーラーやバイオマスがある火力発電や水力発電もあるが原発はないリスボン近くでも、昔の風車小屋があったあたり、大西洋の風をうけて風力発電         リスボンを抜けたあたりにも火力発電     大きなソーラー発電所も沢山あるけれど、これはハイウエーの小さなもの日本から原子力の専門家を招いて、原発を造り電力を売ることも考え [続きを読む]
  • できちゃった婚??納得婚?
  • 最近のポルトガル結婚式をあげず、一緒に住んでいるカップルが多い(男女、男男、女女)カトリックの場合、一度教会で式を挙げたカップルは、2度目の教会での結婚式はできないためなのか、あんな制度馬鹿らしいと思うのか・・最近は離婚率が高いためなのか結婚後もFBなどで、新しい相手を見つけて「さようならコース」もあり泥沼の中、残された子供はかわいそう・・ある修道院の教会で、であった結婚式1歳ぐらいの子供を抱えた [続きを読む]