HIKO さん プロフィール

  •  
HIKOさん: みっくすトレード 〜愚者からの手紙〜
ハンドル名HIKO さん
ブログタイトルみっくすトレード 〜愚者からの手紙〜
ブログURLhttps://mikutra.site
サイト紹介文自営業者がインデックスファンドやCFDを駆使し、失った500万を取り戻す!
自由文以前はEAと裁量トレードを組み合わせたFX情報系サイトを運営していましたが、現在は500万の損失を出しています。
ここから如何にして這い上がるかがブログのテーマです。
私のような愚者を生み出さないために、役立つ投資情報を発信致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 28日(平均5.5回/週) - 参加 2011/03/06 17:27

HIKO さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • バイオ銘柄の悪夢
  • 一昨年大フィーバーしたバイオ関連銘柄。 果たして今はどの様な状況なのだろうか? 今回は、かつてバイオの花形とも言われた『そーせい(4565)』について語りたい。 初めにバイオ銘柄は個人的には大好きなジャンルである。 もともと医療系には興味があるため、他銘柄よりも多少は詳しい自信もあるし、iPS細胞や最先端の医療を考えるだけで夢が膨らみ楽しくなってしまう。 そして何を隠そう、実際に私は今回取り上げる『そーせい(456 [続きを読む]
  • Simplicity2でAdSenseの認証ができない
  • 当ブログはWordPressのSimplicity2と言うテーマを使用しているのだが、ヘッダーに入れるAdSenseの認証コードが上手く反映されず四苦八苦してしまった。 現在は一応解決しているので、私と同様の症状に悩まされている方々は、下記の方法を試して頂きたい。既にご存知かと思われるが、私は投資の失敗により500万以上の損失を出してしまったのだが、少しでも収入の足しになるようにとアドセンスの導入を決意した。 事前手続きは順 [続きを読む]
  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の信託報酬が改定
  • 限界にチャレンジするeMAXIS Slimシリーズがまたやってくれた。2018/04/11から人気の高い『eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)』の信託報酬が年0.209%(税抜)から年0.16%(税抜)に引下げられた。 ライバルのニッセイが年0.21前後なので、今回の改定はかなり思い切った物と言えよう。素晴らしい!現在の私は、eMAXISシリーズにはお世話になっているものの、バランス型は使用していない。 今後も使う予定はないのだが、信託報酬が高 [続きを読む]
  • 米英仏、シリアへ攻撃。株価の影響は? 2
  • 前日の記事の続編である。米英仏、シリアへ攻撃。株価の影響は? 1本日の10時に衝撃的なニュースが入って来た。 化学兵器関連の施設に巡航ミサイル『トマホーク』による精密攻撃を行ったようだ。 我々にとって最も重要なファクターである週明けの株価は一体どうなるのだろうか?mikutra.site2018.04.14市場が織り込み済みだったせいか、週明け月曜日の相場はほぼ無風と言っても良い安定した状態だった。 以外だったのが日本株にも [続きを読む]
  • 米英仏、シリアへ攻撃。株価の影響は? 1
  • 本日の10時に衝撃的なニュースが入って来た。化学兵器関連の施設に巡航ミサイル『トマホーク』による精密攻撃を行ったようだ。 我々にとって最も重要なファクターである週明けの株価は一体どうなるのだろうか?私が思うに、相場は既に織り込み済みであるため、余程悪化しない限りニューヨーク市場は大して下がらないだろう。 お忘れの方も多いと思うが、実は去年の4月にもアメリカはシリアに空爆を行っており、その際も大して株価 [続きを読む]
  • 景気ウォッチャー調査 2018年4月
  • 4月9日に内閣府から景気ウォッチャー調査の結果が公表された。結論から述べると、現状判断DI(季節調整値)は48.9で前月から0.3ポイント上昇し、4ヵ月ぶりの改善となったが、景気の先行き判断DI(季節調整値)は1.8ポイント低下し、5ヶ月連続で悪化した。 政府曰く、『緩やかな回復基調が続いている。』だそうだ。(聞き飽きた。)一応、現状判断DIが上昇したので現状は悪くはない。 悪くはないのだが、私個人の意見としては、今までの落 [続きを読む]
  • 原油の今後、2018年4月
  • 私が500万の損失を出した銘柄、それが原油である! 今更原油について語るのはおこがましい気がするが、あえて記事にしようと思う。原油週足 明らかな上昇トレンドが発生している。 下がった場合でも抵抗線で持ち直している。 まずはじめに断っておくが、原油の値動きは極めて荒い。殺人通貨として名高い、ポンド円以上に難しい銘柄と言えよう。 最近は落ち着いているが、1日で数パーセント上下する日も多いため、初心者には全く推 [続きを読む]
  • 日本株の今後、2018年4月
  • 以前記事にしたが、現在の私は基本的に日本株の売買は行っていない。 だが、15年以上も日本株に投資をしてきた経験があるので、日本株についてもコーナーを設けた次第である。さて、日本株の今後だが、『アメリカ様次第』である。身も蓋もない書き方になってしまうが、これ以外に言いようがない。 日本株は時差の関係上、とにかくアメリカの影響を受けやすい。 特に最近は神経質になっており、前日の小さなニュースで円高に振れて [続きを読む]
  • ダウの今後、貿易戦争への警戒
  • 先月から『貿易戦争への警戒』により、ダウや日経銘柄が乱高下している。 不安になっている投資家も多いと思うが、私は全く問題視していない。下記のチャートをご覧頂ければお分かりになると思うが、ダウのチャートは常に右肩上がりであり、多少のアップダウンはあるものの、大抵の場合は抵抗線で跳ね返されている。 貿易戦争の懸念も多少は残るが、アメリカの実経済は良好であり、悲観する必要はないと思っている。ただし、チャー [続きを読む]
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価
  • eMAXIS Slimシリーズから、素晴らしいファンドが誕生した。 その名も、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』である。概要名前の通り、『日本を除く全世界の株式』に投資をするファンドである。 肝心の信託報酬は、驚異の年0.142%(税抜)という破格設定だ。 他のファンドと比べても大変オトクと言える。 無論、ノーロードである。 日本の銘柄にはほとんど興味のない方、日本だけは別のファンドで運用したいには方には最適なファ [続きを読む]
  • WealthNavi(ウェルスナビ)を実際に使ってみた評価
  • WealthNavi(ウェルスナビ)は日本国内で最もメジャーなロボアド(ロボアドバイザー)である。ロボアドは一昨年から急に話題に上がりだしたので興味を持っている方も多いのではないだろうか?今回は私が唯一使用したことがあるロボアド、『WealthNavi』について簡単にレビューを行ないたいと思う。私は10ヶ月という短い期間しか使っていないのだが、手数料を含め約5%の利益を上げることが出来た。簡単なアンケート形式の質問で許容リ [続きを読む]
  • 2018年3月末の損益報告
  • 2018年3月末の時点で、私が保有している銘柄は下記のようになっている。CFDで運用している『SP500』と投資信託の『eMAXIS Slim新興国株式』の保有枚数が多くなっているが、これは損失確定前から運用している銘柄である。なお、『eMAXIS』と『ひふみプラス』は月に1回、タイミングをみて積立買い付けを行っている。この積立買い付けは自動ではなく手動買い付けである。詳細は別途コーナーに記載する。保有銘柄枚数利益(円)損益(%)SP [続きを読む]
  • アクティブファンドのススメ
  • 世間ではインデックスファンドが持て囃されているが、アクティブファンドもまだまだ魅力的な投資先である。特に国内の場合、レオス・キャピタルワークスの『ひふみ投信(ひふみプラス)』や、SBIの『SBI小型成長株ファンド ジェイクール』が有名である。今回はこの2製品について簡単に解説してみよう。なお、両者ともノーロードなので売買手数料は発生しない。ひふみ投信(ひふみプラス)昨年放送された『カンブリア宮殿』でブレイク [続きを読む]
  • 投資信託の選び方 3つのポイント
  • 信託報酬が安い物を選べば良いノーロードかつ、インデックスファンドであれば0.3%以下、アクティブファンドであれば1%程度が理想だ。ピンとこないかも知れないが、たった1%以下の違いでも長期運用を前提とする投資信託では将来受け取る金額に結構な影響を及ぼすので、時間があるときにでも各人で計算してみる事を推奨する。一昔前は信託報酬5%以上の悪質なファンドが幅を利かせていたので、『投資信託=詐欺』と思われている方も未 [続きを読む]
  • 何故『S&P500』なのか?
  • 私の主な投資先は、日経255でもダウでもなく、『S&P500』だ。S&P500(Standard & Poor’s 500 Stock Index)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数である。よくニュースで耳に挟むダウ平均株価は30銘柄を元に算出されているのだが、S&P500の場合は名前の通り500銘柄を元に算出されている。実はS&P500以外にも、S&P100やS&P1500という指数もあるのだが、マイナーなので殆ど話題には上がら [続きを読む]
  • 日本株と米国株のパフォーマンス
  • 結論から申し上げると、米国株の圧勝である。当ブログをご覧になっている方は上級者が多いようなので、大失態を犯したばかりの私が説明するの差し出がましいと思うが、一応簡単に解説しておこうと思う。下記は、日経平均と米国株価指数のダウを比較した10年チャートである。これを見て日本株に投資したいと思われる方は、余程変わった考えを持っている物と思われる。日経平均のチャートはお世辞にも綺麗とは言えず停滞期も長いが、 [続きを読む]
  • 個別銘柄に投資をしない理由
  • 失われた500万を取り戻すため、少し前の私であれば躊躇なく個別銘柄に投資していた所だが、現在は全て株価指数と投資信託の売買を行っている。まずは、今後の運用方針を御覧頂きたい。今後の運用方針無茶なトレードにより、500万以上もの損失を出した結果、大きくトレード手法を変更する必要が出てきた。私の敗因は下記の3項目である...mikutra.site2018-03-26 07:43個別銘柄を持たない理由だが、『難しい。』の一言に尽きる。敏腕 [続きを読む]
  • 今後の運用方針
  • 無茶なトレードにより、500万以上もの損失を出した結果、大きくトレード手法を変更する必要が出てきた。私の敗因は下記の3項目である。相場での敗因 1『ハイレバ』当コンテンツをご覧になる前に、『当サイトについて』をお読みいただきたい。mikutra.site2018-03-24 19:23相場での敗因 2 『無計画』敗因その2は、『計画性のなさ』である。アベノミクスや、永遠と上昇を続けるダウのチャートを眺めているうちに、何を買っても儲かる [続きを読む]
  • 相場での敗因 3『メンタル』
  • 敗因その2は、『メンタルの弱さ』である。敗因その1『ハイレバ』、その2『計画性のなさ』は、全て私の『メンタルの弱さ』が招いた結果と言えよう。普段であれば最低100pipsの利益を狙うのだが、損失を出す前後のトレードは、トレード数が異様に増え、恐怖心から微益撤退を繰り返していた。一言で現すと、ポジポジ病によるスキャルピングである。スキャルピング事態は有効な手法なので否定するつもりはないのだが、損切りポイントと [続きを読む]
  • 相場での敗因 2 『無計画』
  • 敗因その2は、『計画性のなさ』である。アベノミクスや、永遠と上昇を続けるダウのチャートを眺めているうちに、何を買っても儲かる相場が続くと錯覚していたのだ。実は、私の投資歴は案外長く、2005年頃から国内株式の物色を始め、2010年頃にはFXに手を出していた。その間、ライブドアショックやリーマンショックを経験したが、運良く退場は免れていたので、気持ちが大きくなり油断していたのだと思う。今だから言える事だが、『 [続きを読む]
  • 相場での敗因 1『ハイレバ』
  • 当コンテンツをご覧になる前に、『当サイトについて』をお読みいただきたい。私がたった3ヶ月で500万の損失を叩き出した1番の原因は『ハイレバ』である。ハイレバ(ハイレバレッジ)についての詳細は割愛させて頂くが、ハイレバによる売買は少ない金額で大きなリターンが期待できる分、損切りのタイミングを誤ってしまうと大半の資産を溶かしてしまう諸刃の剣である。少し前の私は、CFDを主なトレード先としていて、偶然にも連戦連勝 [続きを読む]
  • 過去の記事 …