123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttps://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供727回 / 365日(平均13.9回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • 「訴訟弁護士入門―民事事件の受任から解決まで」
  • 今月下旬発行の近刊で、民事事件の受任から解決まで解説した、訴訟弁護士入門書です。 訴訟に関わる弁理士や、付記弁理士試験を受験される方にも役立つ内容では、と思っています。 訴訟弁護士入門3,240円Amazon約20年にわたる筆者らの訴訟経験をもとに、訴訟活動に必要な知恵と技術をQ&A方式で丁寧に解説。事情聴取メモから訴状、和解条項まで書式例を豊富に掲載。 [続きを読む]
  • 「対中制裁では解消しない、中国・知財強国の怖さ」
  • 今日の日経ビジネスオンラインに「対中制裁では解消しない、中国・知財強国の怖さ」という記事が開催されています。日経ビジネスに知財の記事が載るのは珍しいです。 中国が技術移転を事実上強要していること、ライセンス情報を開示させる点など、いくつかの問題点指摘はその通りかと思います。 しかし、(1)中国特許庁が内国人と外国人で新規性の基準を変えてダブルスタンダードであるとか、(2)民間から出向した審査官が公 [続きを読む]
  • IPソリューションズ・アップデート 2018
  • クラリベイト・アナリティクス・ジャパン(旧トムソンロイター)のセミナーです。 データベースの機能紹介の他、研究開発戦略を支援するための戦略的な他社競合分析などの話があります。 http://info.clarivate.jp/UpdateSeminar_IPS2018〜第4次産業革命時代に求められる知財戦略および情報活用〜IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、ビッグデータ、ロボットなどの技術革新によって、グローバルで第4次産業革命といわれる [続きを読む]
  • 「Q&A 特許法」
  • 大阪弁護士会知的財産委員会による特許法の解説書です。「知財ぷりずむ」誌の連載を一冊にまとめ、加筆したとのことです。 均等論については、当初の連載時より各要件に関する詳細な判例や研究が進んだため、その後の連載で詳細に検討するなど、連載記事を法令の改正等の時代の変化に応じて書き改めて、まとめたとのことです。 Q&A 特許法3,240円Amazon━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━実務経験に富 [続きを読む]
  • 2018年日本弁理士クラブ旅行会
  • 今日の午後は日本弁理士クラブ旅行会で、箱根湯本に来ています。吉池旅館という老舗の旅館に泊まります。見事な庭園と、大浴場、露天風呂があります。涼しくなり、温泉に入るにはちょうど良かった。小田原駅。この本を読みながら、総武線、東海道線、箱根登山鉄道を乗り継いで到着です。 [続きを読む]
  • 意匠分野における米国特許商標庁との協力関係を強化
  • 昨日、経済産業省が、意匠分野における米国特許商標庁との協力関係を強化すると発表しました。 不競法の形態模倣でもデザインは保護されますが、保護はデッドコピーに限られ、期間も3年と短いです。一方、公示の手段もないことから第三者にとっては、突然デッドコピーだと言いがかりをつけられ、訴えられるリスクがあります。 著作権は、(改正後は)保護期間が70年と長く、依拠が要件となることから、工業製品の保護にはなじ [続きを読む]
  • 日産新型リーフを発表前にツイート 書類送検
  • 日産自動車の取引先である部品メーカー従業員が、工場内の検査ラインにある新型リーフを撮影し、不正競争防止法で告訴されたという事件です。 新型車の写真が社外秘なのは当たり前で、何ともトホホな事件です。弁理士もお客さんの研究所等を訪問する機会の少なくない職業ですが、訪問先で写真を撮ることはありません。 この元従業員は、嬉しくてアップしてしまったのでしょうか。 もっとも、研究所・工場内ではカメラ等の使用を禁 [続きを読む]
  • Law&Technology80号 目次
  • 本日、Law&Technology80号の目次が公開されました。 今月は座談会が仮想通貨ですが、それ以外は特許関係が多くなっています。他に、データ保護や独禁法など、行為規制系の内容もあります。 https://www.vplab.org/lt/LT80_index.pdfLaw&Technology80号 2018年7月発行 〔座談会〕仮想通貨・ICOをめぐる法規制 1《出席者》京都大学教授 岩下直行JapanDigitalDesign株式会社代表取締役CEO・イノベーションラボ所長 上原高 [続きを読む]
  • 天才少年「その後の人生」
  • 1週間ほど前ですがYahoo!に、天才少年「その後の人生」という記事がありました。面白い内容です。1人目は千葉大学へ飛び入学した方、2人目は15歳で司法試験に合格した方、3人目は6歳で童話を完成させた方、4人目は日本漢字能力検定の1級に11歳で合格した方です。 数学・物理の成績が優秀で飛び級入学した方は、現在はトラックドライバーをしているとのこと。15歳で司法試験に合格した方は、ITの会社を起業したものの、現 [続きを読む]
  • AIPPI「インド特許の実務・手続きに関する制度改正」
  • AIPPI・JAPANのイン特許セミナーです。 インド特許庁における最新の取り組みや、制度改正の状況、権利化や権利維持に関する最新事情などを中心に講演があります。 https://www.aippi.or.jp/seminar/view/4317AIPPI・JAPANセミナー「インド特許の実務・手続きに関する制度改正」当協会では、インドのKAN AND KRISHME法律事務所よりSharad Vadehra 氏をお迎えして下記によりセミナーを開催致します。インド特許庁における [続きを読む]
  • 知財管理 2018年6月号 目次
  • 知財管理 2018年6月号の目次が公表されました。 今月は特許情報関係はありませんが、インド、ASEAN、米国、ポーランド、シンガポールなど、国際色豊かな内容です。 http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokujinew.html知財管理 2018年6月号 目次VOL.68 NO.6(NO.810)INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENTビッグデータの利活用におけるパーソナルデータ取扱い上の法的留意点 鈴木 優/村上 諭志 719インド・AS [続きを読む]
  • 「Japio中小企業等特許先行技術調査助成事業」の運用変更
  • 6/1より、Japio中小企業等特許先行技術調査助成事業の運用が変更されました。同一依頼者(同一企業)からの依頼は、年間5件までとなりました。 なお、この事業と似た審査請求前の分析(調査)を発明推進協会も行っています。http://ip-bunseki.go.jp/topNaviColumn_02/list.html平成30年度中小企業等特許情報分析活用支援事業 審査請求段階 http://www.japio.or.jp/service/service01.htmlサービスのご案内運用変更に伴う、注 [続きを読む]
  • 平成30年度弁理士試験短答式筆記試験合格発表
  • 本日、平成30年度弁理士試験短答式筆記試験合格発表がありました。合格された620名の方、おめでとうございます。 昨年の短答式合格者は287名、一昨年は557名でした。受験者の減少が続いているのに、合格者が大幅に増えたのは、易化したということになります。 昨年、合格できなかった方の一部は不運で、今年合格された方の一部は幸運だったことになりますが、試験の運用上、このような振れの大きい結果で良いのか、という疑問は感 [続きを読む]
  • 「仲裁とADR Vol.13」
  • 仲裁とADRに関する近刊です。 標準必須特許等が交錯する時代を迎えて、仲裁等の重要性が増していると言われますが、仲裁は他の分野のほうが活用されてると言えそうです。 この書籍では、医療福祉、自治会、生命保険、交通事故などの分野について解説されています。 仲裁とADR Vol.133,024円Amazonhttps://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=5949656仲裁ADR法学会の学会誌第13号2017年の学会で行われたシンポジウム「 [続きを読む]
  • 「ハーバード・ビジネス・レビュー2018年7月号」
  • 今月のハーナードビジネスレビューは、人事が特集です。アジャイルというのは聞きなれない単語ですが、素早い、俊敏という意味とのことです。 企業の経営というと、戦略、マーケティング、アカウンティングなどが注目されますが、実際に経営してみると、人事が最重要と感じます。 大手企業の場合はある程度人材を採れる、と言っても、今は好景気と若年層の減少で人手不足ですが、特許事務所やベンチャー企業の場合、優秀な人を採 [続きを読む]
  • 自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)
  • 昨日、特許庁から発信された注意書きです。 本日、平成30年6月9日に施行された改正商標法により、もとの出願が手数料未納により却下されたときは、分割出願の出願日はもとの出願の出願日には遡及しないことになった件です。 U氏の未納出願対策ですが、遅きに失した感は否めません。 http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/shutsugan/tanin_shutsugan_180608.htm自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)平成 [続きを読む]
  • 「改訂8版 化学・バイオ特許の出願戦略」
  • 化学・バイオ特許の出願戦略の第8版です。 化学・バイオ分野における戦略的な明細書の書き方・あり方を、多数の裁判例を基に詳述しています。第8版では、最新の裁判例が追加されているものと思います。 改訂8版 化学・バイオ特許の出願戦略6,480円Amazon━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━化学・バイオ分野における戦略的な明細書の書き方・あり方を、多数の裁判例を基に詳述 [続きを読む]
  • JDreamⅢ新機能紹介セミナー2018の紹介資料
  • ジー・サーチさんのホームページに、5月に開催されたJDreamⅢ新機能紹介セミナー2018の紹介資料が公開されています。 JDreamⅢも、企業さん向けプランは固定料金制となったため、分析機能を強化しています。 一方、調査会社などリサーチ会社向けプランは従量制のままです。こちらについても、分析を行いやすい料金プランを提供して欲しいですね。 http://jdream3.com/news/index.html#201806042018年6月4日JDreamⅢ新機能紹介セミ [続きを読む]
  • 平成30年3月分 特許出願等統計速報
  • 昨日、平成30年3月分 特許出願等統計速報が公表されました。3月の特許・実案出願数は、前年3月比で3.3%減少しています。 営業日が1日少なかったため、という理解もできますが、今年の1月、2月も前年同月比で減少しています。 日本市場のマーケットとしての魅力や研究開発力の低下により、出願数が減っているという見方もできるかもしれません。 特許異議件数も、今年の3月は減っています。40%減は偶然でしょうが、出願 [続きを読む]