123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttps://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供706回 / 365日(平均13.5回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • <海賊版誘導>「リーチサイト」規制へ 運営者らに罰則
  • 海賊版へ誘導する「リーチサイト」が規制され、 運営者らに罰則が設けられるようです。文化庁の審議会が検討しているとのこと。 差し止め請求の対象は「海賊版に誘導するリンクを張る行為」で、リンク提供者だけでなく、削除できるのに放置したサイト運営者も含まれるそうです。憲法が保障する表現の自由を侵害しないよう、リンク先が海賊版であることを知っているか、知ることができたと認められる場合に限定するとのこと。 その [続きを読む]
  • 日本知財学会 第16回年次学術研究発表会 受付開始
  • 日本知財学会の第16回年次学術研究発表会受付が開始されています。 今年は、12/1(土)、2(日)大阪工業大学で開催です。第4次産業革命がテーマですが、AIの限界も露呈しており、手垢の付いたテーマになってきたと感じます。 https://www.ipaj.org/workshop/2018/workshop_2018.htmlテーマ:第4次産業革命時代の価値創造をもたらす知財経営    〜地域大阪から発信するイノベーション戦略〜 世界が本格的な第4次産業革命を迎え、 [続きを読む]
  • 「2019年版 弁理士試験 体系別短答過去問」
  • 毎年発売されている、LECの弁理士短答式過去問集です。 過去問だけ勉強していても十分ではありませんが、条文と逐条解説だけ読んでいても、退屈になり学習が進みません。 過去問は短答模試等よりも良問が多いので、過去問をやりながら、条文や逐条解説を確認する勉強法が良いのではと思います。 2019年版 弁理士試験 体系別短答過去問 特許法・実用新案法・意匠法・商標法【過去10年分収...4,428円Amazon 2019年版 弁理士試験 体 [続きを読む]
  • 産構審 第25回特許制度小委員会 配付資料
  • 明日開催の産業構造審議会 第25回特許制度小委員会 配付資料が公表されています。 資料1 知財紛争処理システムの現状では、特許法における証拠収集手続の特例と、損害賠償算定方法の改正経緯について、その改正が時系列で解説されています。 我が国の損害賠償額が低いという前提で議論がされているようですが、先週、日経BP XTCEHに鮫島先生の記事がありましたが、我が国の損害賠償額は極端に低い訳ではありません。 損害額を引 [続きを読む]
  • 知財管理 2018年10月号 目次
  • 知財管理 2018年10月号の目次が公表されました。第4次産業革命が特集されています。 特許情報関係では、今更聞けないシリーズに「海外特許を用いたパテントマップ分析の主な注意点」という記事があります。どのような注意点があるのでしょうか。読んでみたい記事です。 http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokuji1810.htmlミニ特集:第4次産業革命(その2)特許出願戦略第4次産業革命における米国IT/もの作り [続きを読む]
  • 竹書房の海賊版漫画に関するインタビュー
  • 「ポプテピピック」などの人気作品を刊行している竹書房が、漫画村など海賊版対策に関するインタビューに応じています。 竹書房は中小企業のため、漫画村等の被害があと1年続いたら、会社が潰れていただろうとのことです。 ブロッキングが正しい手段かはなんとも言えないが、なんからかの対策を打ってほしいところで、実行に向かって動いていたのは有難いとのことです。 現在はブロッキングの必要はなくなっているようです。です [続きを読む]
  • 最近届いた本
  • 最近、以下の書籍をまとめ買いしました。 弁理士協同組合のe-honサービスと、民事法研究会の直販です。お陰様で割引価格で購入できました。 今は、「弁護士の情報戦略」を読んでいます。すぐに読める薄めの本ですが、著者の視点、考え方が常識外れなのではなく、世の中の真髄を突いており、非常に面白いです。 [続きを読む]
  • Orbis Intellectual Property データベース
  • IP ForceにWeb広告が載っていた知財データベースです。 Orbis Intellectual Propertyは、グローバルの企業情報と特許情報を結合したはじめてのデータベースとのことです。全世界の特許情報と全世界の上場・非上場企業情報を統合させることで、ビジネスの効果的な意思決定を促進させる情報提供を実現したそうです。 このデータベースは、新規性調査やFTO(侵害予防)調査にも使えるとのことですが、きめ細かい検索を十分に行えるの [続きを読む]
  • 特許訴訟の損害賠償額を上げるべきか?
  • 日経 XTECHに、弁護士の鮫島先生が、特許の損害賠償額について、寄稿しています。 下位平均値に着目すると、日本は欧州(ドイツと英国)と中国、韓国の3地域の3〜7倍程度の損害賠償額が認容されており、決して賠償額は低くないとのことです。 記事にもあるように、企業は原告にも、被告にもなり得るのですから、特許権者の損害賠償額を引き上げたところで、企業活動が活発化するとは思えません。 それに、特許の損害賠償額が50 [続きを読む]
  • 平成30年度弁理士試験論文式筆記試験合格者統計
  • 先週ですが、平成30年度弁理士試験論文式筆記試験合格者統計が公表されました。http://www.jpo.go.jp/oshirase/benrishi/shiken/h30toukei/pdf/h30_ronbun_goukakusha.pdf 論文式の合格率は23.9%と昨年の24.2%とほぼ同じでした。見かけ上、合格率に差はありません。 しかし、今年は短答式の合格率が20.1%と高く、論文式受験者(1070人)のうち、約60%が短答式非免除組(620人)です。短答式免除は2回ありますので(3回受験可)、 [続きを読む]
  • 築地市場閉場
  • 昨日の11時で、築地市場が閉場しました。これから解体されますので、昨日の午後、写真を撮りに行ってきました。 中には入れませんでしたので、外からの撮影です。 ねずみが1万匹いるなどと言われますが、築地市場の中は、ボロボロという感じです。 この設備ならば、もっと早く移転すべきだったのではないでしょうか。 すしざんまいでは、おなじみのマグロ解体ショーが。 場外のお寿司屋さん、物販店は、築地にそのまま残ります。 [続きを読む]
  • 弁理なアイディア展
  • 日本弁理士会による一般向け展示会です。 弁理士の業務はB2Cでなく、B2Bです。 予算を割いて一般向けのイベントをやることに、どの程度意味があるのか疑問も感じますが、10/14(日)と15(月)に、丸の内のKITTEで楽しいイベントが開催されます。 https://www.jpaa.or.jp/lp/nbk-event/「弁理士って何?」に、楽しい体験でこたえます。あのヒット商品や生活の中から生まれた便利グッズ、おもしろ発明家による傑作などを展示する、日本 [続きを読む]
  • 「弁護士の情報戦略─『新説』創造力が信用を生み出す」
  • 民事法研究会の新刊です。弁護士の情報戦略というタイトルですが、ビッグデータやIoTを活用した戦略の話ではありません。 著者が実践してきた新説を例にして、弁護士技術、法律、事務所経営、人間力など多岐にわたる分野の情報戦略のあり方を明示した書籍とのことです。 なーんだと思われるかもしれませんが、AIやIoTは手段であって、目的でも戦略でもありません。目的を達成するための方向性や方法を考えるのが戦略です。 以前、 [続きを読む]
  • 知的財産権活用企業事例集2018
  • 特許庁の知的財産権活用企業事例集2018です。 知的財産権を取得することで、市場を獲得・拡大した中小企業の52事例を紹介した事例集で、各企業が、何をきっかけに、どう取り組み、どのような成果を得たのかを分かりやすくまとめたといのことです。 http://www.jpo.go.jp/torikumi/chushou/kigyou_jireii2018.htm「知的財産権活用企業事例集2018」について知的財産権活用企業事例集2018〜知恵と知財でがんばる中小企業52〜特許庁は [続きを読む]
  • FOPISERの研修受講と、J-PlatPatの機能強化
  • 今日の午後は、弁理士会館で外国特許データベースFOPISERの研修を受けていました。 講師は特許庁特許情報室の方で、今後のJ-PlatPatの機能強化についても説明がありました。 具体的には、J-PlatPatの機能改善について以下のサイトに記載されています。タイムラグの改善や使いやすさの改善については、非常に歓迎できる話と思います。 「詳細については」のPDFを見てみると、J-PlatPatは来年5月の改修で、csvリスト出力にも対応す [続きを読む]