123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttps://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供698回 / 365日(平均13.4回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • 日大・内田前監督ら立件見送りへ
  • 警視庁の捜査の結果、日本大学アメフト部の内田前監督と井上前コーチは、起訴を求めない意見書を付した上で、傷害容疑で書類送検する方針となりました。悪質タックルを命じた事実がなく、立件できないとのこと。 当初から、内田氏と井上氏は、一貫して「(信じてもらえないかもしれないが)反則行為は指示していない」と主張していました。 宮川選手は、監督らからプレッシャーを与えられ試合中にQBを負傷させなければならないと [続きを読む]
  • PATECH PDF版「知的財産法文集/産業財産権四法対照」
  • PATECH企画から、PDF版「知的財産法文集/産業財産権四法対照」が発売されています。 今はWEBで法令を見られますので、知的財産法文集については、あまり買う方がいないように思いますが、産業財産権四法対照については、学習に便利かと思います。 http://www.patech.co.jp/digitalannai.htm平成31年度弁理士試験対応 知的財産法文集   通常定価(本体価格2,400円+税) 読者感謝価格(本体価格1,000円+税) 〈平成30年 [続きを読む]
  • 山口大・早稲田大「知的財産セミナー」
  • 山口大・早稲田大共催の知的財産セミナーです。山口大学は知財教育に力を入れていることが、良く知られています。 テーマは著作権の追求権と、特許の最新判例です。登壇者は高林教授のお弟子さんのようです。 良いテーマなのですが、年末の忙しい時期の金曜日に山口大学で開催と、参加しにくいものとなっています。その点が残念なところです。 https://rclip.jp/2018/11/05/20181214seminar/山口大学知的財産センターと早稲田大学 [続きを読む]
  • 新しい神奈川県立川崎図書館へ
  • 今日は調べもののため、新しくリニューアルされた神奈川県立川崎図書館に来ています。場所は、溝の口の神奈川サイエンスパーク(KSP)内です。以前の古い建物と違って、とてもきれいになりました。また、書籍に防犯タグが付いたのでしょう。入館者の荷物をコインロッカーに預ける必要がなくなりました。ただし、日曜日はKSPが休館日のため、神奈川県立川崎図書館も休館となります。代わりに月曜日が開館日となりました。 [続きを読む]
  • 平成30年度弁理士試験最終合格者統計
  • 本日、平成30年度弁理士試験最終合格者統計が公表されました。 合格者の属性は、女性の比率が25.8%と、昨年よりも若干減った以外、あまり代わり映えしません。今年は短答式が受かりやすかったこともあり、短答式から口述式まで一気に合格された方が増えたようです。 http://www.jpo.go.jp/oshirase/benrishi/shiken/h30toukei/index.html平成30年度弁理士試験最終合格者統計(PDF:88KB)※ 各統計の( )内は、前年度数値です。 [続きを読む]
  • 知財管理 2018年11月号 目次
  • 知財管理 2018年11月号 目次が公表されました。 ミニ特集:第4次産業革命(その3) IoT時代の知財戦略とのことです。 そろそろ「第4次産業革命」に踊らされるのは終わりにして、他の分野にも目を向けた方が良いように感じますが。材料、生命化学、医療、航空宇宙、原子力も含めた発電技術の改善など、IoTやAI以外にも重要な分野が多々あるはずです。 並行輸入と商標権侵害に関する判例解説、「品質管理性の要件」におけるグ [続きを読む]
  • 「平成30年改正知的財産権法文集平成31年1月1日施行版」
  • 本日発売の発明推進協会「平成30年改正知的財産権法文集平成31年1月1日施行版」です。 「不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年法律第33号)」や「著作権法の一部を改正する法律(平成30年法律第30号)」など、特許法をはじめとする知的財産権に関する法律全般を掲載しています。 なお、未施行の法律は、施行のものと区別するため点線で囲み、その情報を掲載しています。 https://www.hanketsu.jiii.or.jp/store/top_f. [続きを読む]
  • 平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト
  • 平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキストが公表されました。今年は早めの公表です。 審査基準、特許分類、PCT、IoT、AI、ブロックチェーンなど幅広い内容で、知財経験の少ない方が勉強するには良い内容と思います。 http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/h30_jitsumusya_txt.htm平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキストは、下記のとおり [続きを読む]
  • 平成30年度 検索エキスパート研修[意匠]
  • INPITの検索エキスパート研修[意匠]編になります。 3日間で、製品デザインの意匠権による有効な保護、権利化後の権利範囲を適切に捉えることができる人材の育成を目的とした、意匠調査研修を行うとのことです。 意匠調査に関する研修は少ないので、価値があると思います。 http://www.inpit.go.jp/jinzai/kensyu/expert/design/30kenshu.design.html平成30年度 検索エキスパート研修[意匠]の受講者募集について平成30年10月2 [続きを読む]
  • 特許検索競技大会2018 フィードバックセミナー
  • 特許検索競技大会2018 フィードバックセミナーは以下の日程で開催されます。大会に参加していない方も、セミナーを受講できます。 https://www.ipcc.or.jp/contest/feedback/開催案内 (アドバンストコースのみの開催となります)東京会場日時平成30年12月5日(水)○アドバンストコース   13:00〜予定 ※アドバンストコースセミナーの冒頭に成績優秀者の表彰式を行います。※アドバンストコースセミナー終了後、参加者交流会 [続きを読む]
  • クラリベイト・アナリティクスが、図形商標検索のTrademarkVisionを買収
  • 先月、クラリベイト・アナリティクスが、図形商標検索のTrademarkVisionを買収しました。図解商標のAI検索を強化するためとのことです。 逆に言うと、AIは六面図の意匠認識や、特許請求項の意味解析ができるレベルには達していないとを示唆しています。 図形商標のサーチは、図形分類を使う方法から、AIを使う方法へシフトして行くように思われます。 https://clarivate.jp/news-releases/2018-10-31-clarivate-analytics-acceler [続きを読む]
  • 2018年稲門弁理士クラブ旅行会
  • 昨晩から、東門弁理士クラブ旅行会で、栃木県の鬼怒川温泉に来ていました。現在は東京へ帰る途中でです。今日は鬼怒川の川下り。その後、鬼怒川ロープウェイで神社とお猿を見学。帰りは新今市駅の乗り換え時に、SLの転回を見ることができました。 [続きを読む]
  • 「ハーバードビジネスレビュー 2018年12月号」
  • 明日発売のハーバードビジネスレビューの特集は、「 好奇心 組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる」です。好奇心が、組織の潜在力を引き出すというのは、おそらくその通りでしょう。 ところで、ユニクロの柳井会長は、日本人は好奇心が足りないと言っているようです。しかし、昔から日本人は、外国の技術や文化を取り入れ、日本流にアレンジして、より良いものを作り出してきました。好奇心がなければ、外国の技術文化を取 [続きを読む]
  • AI検索の比較(六車技術士事務所)
  • 特許情報フェア2018でAIを用いた検索システムがいくつか展示されていましたが、そのレビューを技術士の六車先生が書かれています。 六車氏は日立で概念検索の開発に従事された方です。それがShareresearchにも引き継がれました。会社名がイニシャルで伏せられていますが、わかる方には、どの会社なのかすぐにわかるのではと思います。 人工知能(AI)とは言っていますが、以下である会社の方が言っているように「流行りの言い方を [続きを読む]
  • 平成30年度弁理士試験合格発表
  • 本日、平成30年度弁理士試験合格発表がありました。合格者数は260名で、昨年の255名とほぼ同じです。合格された方、おめでとうございます。これからがスタートです。 http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/h30_benrishi_goukaku.htm平成30年度弁理士試験合格発表PDF形式でご覧になる方は平成30年度弁理士試験合格発表のPDF版(PDF:106KB)を御覧ください。平成30年度弁理士試験の合格者(受験番号)は次のとおりで [続きを読む]
  • 「特許実務者・研究開発者のためのAI機械翻訳の最前線」
  • 特許翻訳に関する近刊です。特許・文献用翻訳エンジンとして現状のベストエンジンとしてNICT NMTを選定し、この選定エンジンに本書で展開する拡張手掛かり句分析を加え、同時に並列翻訳可能としたNeural Translatorの概要と、それを用いた4社から提供されている商用サービスの詳細とそれらのトライアル利用方法を紹介しているとのことです。 なお、特許情報フェアでも、AIを使った機械翻訳や類似特許検索のチューニングが多く [続きを読む]
  • 特許・情報フェア2018見学
  • 本日の午後、特許・情報フェア2018を見学してきました。2004年以降、毎年見学していますので、15年連続になります。 ただ、入り口のブースは今年も日立さんとJPDSさんですが、配置が14年間変わっていないように思えます。フェアの内容も特許の分析、機械翻訳、AIを使った検索(補助機能)が新しいものの、出展の内容は10年前とそれほど変わっていません。変わったのはパトリスがなくなったくらい。 特許調査・検索ツールの展示会 [続きを読む]
  • クラリベイトと日立が新サービスの開始で合意
  • 今日から、特許・情報フェアが開幕しましたが、クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立が、DWPIデータを日立のShareresearchで活用することに合意したそうです。 DPWIは人手で英文抄録を作成しており、そのコストを回収したいクラリベイトと、Shareresearchの外国機能を強化したい日立の思惑が一致したものと思われます。Shareresearchは、日本語、英語以外のデータが手薄でした。 https://clarivate.jp/news-releases/201 [続きを読む]