123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttps://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供728回 / 365日(平均14.0回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • 水天宮前・人形町の乗り換え
  • 昨日、INFOSTAのOUG特許分科会へ出席してきました。 その際、3月より乗換駅となった水天宮前・人形町の乗り換えルートを使ってみました。なお同日に、筑地と新富町も乗り換え駅となっています。https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20180215_12.pdfまず、水天宮前駅の出口へ。 水天宮前から人形町まで190mほどあります。 地上へ出て、150mとほど歩くと人形町駅へ。こんな景色です。 その後、OUG特許分科会の会場、 [続きを読む]
  • 高部知財高裁所長のごあいさつ
  • 知財高裁ホームページに、新たに所長へ就任した?部判事の挨拶文が載っています。 個別事件について納得のいく解決をするのみならず,企業活動の指針ともなるような審理判断を心がける、経済活動のローバル化により国境を越えた知財紛争も増えており、日本の知財高裁のプレゼンスを示し、国際社会からも信頼されるような裁判所を目指すということが書かれています。 かつて?部判事が福井地裁の所長に就任された際には、「女性と [続きを読む]
  • INPIT 三木俊克理事長インタビュー
  • 毎日新聞にINPIT 三木俊克理事長インタビューが掲載されています。 知財情報提供、教育だけでなく、営業秘密、近畿統括本部、タイムスタンプのトークン保管など、新たな取り組みについても説明されています。 INPITの位置づけも、14年前の設立時とは、大きく変わっているように思えます。 三木理事長は、知財教育で有名な山口大副学長出身なのですね。 https://mainichi.jp/articles/20180507/org/00m/010/026000c中小企業の知的 [続きを読む]
  • 弁理士協同組合「審決取消訴訟(特許)研修会」
  • 日本弁理士協同組合の研修です。今月より知財高裁所長に就任した?部判事の研修です。 侵害訴訟に比べ、特許の審決取消訴訟は弁理士が関与する機会が、そこそこある仕事とです。?部判事の説明はわかりやすく、勉強になると思います。 http://www.benrishi-k.gr.jp/news/shinketsu.htm<日本弁理士協同組合 研修会開催のご案内>「審決取消訴訟(特許)研修会」開催のご案内【?部眞規子判事講演】(2018/5/1 NEW!)  好評であっ [続きを読む]
  • 「ハーバード・ビジネス・レビュー 2018年6月号」
  • 本日発売のハーバード・ビジネス・レビュー 2018年6月号では、「職場の孤独 企業に広がる“病”にどう対処するか」が特集されています。 マーケティングや経営戦略などとは毛色の異なる内容です。 実際に事務所や会社を経営していて課題となるのは、かっこいい経営戦略やマーケティングの話よりも、人材の採用・育成、資金繰りといった泥臭い部分です。 従業員のメンタル管理も、重要なテーマと思います。 DIAMONDハーバード・ビジ [続きを読む]
  • 「図解特許協力条約第6版」
  • 図解特許協力条約第6版が出版されました。弁理士受験生に人気の書籍です。 第6版では、PCT規則の改正に対応するよう内容を書き改めたとのことです。 https://www.hanketsu.jiii.or.jp/store/top_f.jsp書籍名図解特許協力条約第6版 著者等荒木好文 堤卓 ISBN978‐4‐8271‐1307‐5 発行年2018年5月 頁数200 価格2,160 円 近年、国際的にも特許制度に関する環境も整備されつつあります。その中でも、特許の国際的手続に関 [続きを読む]
  • 国際知財司法シンポジウム2018
  • 知財高裁と特許庁でアナウンスの通り、10/30(水)と11/1(木)の2日間、国際知財司法シンポジウム2018が開催されます。 昨年の国際司法シンポジウムは日中韓・ASEAN諸国が対象でしたが、今年は一転、日米欧となります。 日本、アメリカ、イギリス、ドイツ及びフランスの裁判官及び弁護士、日本特許庁、米国特許商標庁及び欧州特許庁の審判官等の登壇するとのことです。 http://www.ip.courts.go.jp/documents/thesis/2018_IP_simpo [続きを読む]
  • 「PCTの活用と実務」
  • 発明推進協会の新刊です。ほぼ毎年改正されるPCT規則について、わかりやすく解説したとのことです。 事実上、同じく下道先生が執筆された「出願人のための特許協力条約(PCT)」の続編と思われます。新たに浅見先生が執筆者に加わっています。 https://www.hanketsu.jiii.or.jp/store/top_f.jsp書籍名PCTの活用と実務 著者等下道晶久 浅見節子 ISBN978‐4‐8271‐1308‐2 発行年2018年5月 頁数656 価格4,320 円 特許協力条 [続きを読む]
  • 平成30年度知的財産権制度説明会(初心者向け)
  • 昨日より、平成30年度知的財産権制度説明会(初心者向け)の申込が始まりました。 知財部や特許事務所の新人等にも役立つ内容と思います。 全国47都道府県で開催されます。無料です。 http://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/ibento2/chizai_setumeikai.htm知的財産権制度説明会-知的財産権について学べます(参加費・テキスト無料)-平成30年度知的財産権制度説明会(初心者向け):参加募集中平成30年度初心者向け説明会の参加 [続きを読む]
  • 北大サマーセミナー2018 受付開始
  • 北大サマーセミナー2018受付開始の受付が開始されました。 既に日程と内容が公表されていました。今年は特許法に関するセミナーです。知財高裁を退官されたばかりですが、清水先生の講義が初日の午前にあります。 弁理士継続研修の単位も認定されます。 http://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/event/summer-seminer2018/開催 2018年8月16日(木)10:00〜2018年8月19日(日)16:30サマーセミナー2018平成30年度 北海道大学サマー [続きを読む]
  • 第9回日中韓デザインフォーラム
  • 特許庁主催、日本商工会議所、東京商工会議所、日本弁理士会後援予定の国際デザインフォーラムです。 各国特許庁職員による意匠制度の解説もありますが、マツダ、良品計画、ハイアールなど、物品を製造販売する企業さんの講演が中心です。 意匠に関するセミナーは多くありませんが、大変参考になる内容と思います。 http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180507003/20180507003.html第9回日中韓デザインフォーラムを開催します [続きを読む]
  • メルマガ「知的財産と調査 第41号」
  • 本日、メルマガの第41号を発行しました。 Japio YEAR BOOK 2017、平成30年度中小企業等特許情報分析活用支援事業、知財の書籍情報を採り上げています。 http://archives.mag2.com/0001621127/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━平成30年5月7日            知的財産と調査                            第41号━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [続きを読む]
  • 中小企業のイノベーションを促進するための特許情報分析レポート
  • 特許庁のホームページに、「中小企業のイノベーションを促進するための特許情報分析ツールをご紹介します!」という記事が掲載されています。 てっきり特許分析ツール(ソフト)の案内かと思いましたが、デロイト・トーマツが作成したレポートの紹介でした。 提携先やM&A候補を見つけるためのマッチングレポートです。 http://www.jpo.go.jp/torikumi/chushou/bunseki_innovation.htm中小企業のイノベーションを促進するための特 [続きを読む]
  • 日本商標協会 平成30年度実務研修会(海外編)
  • 日本商標協会の実務研修海外編です。商標協会会員以外も申込可能です。 簡潔にまとまっているので、弁理士協同組合のChiZaIProホームページを引用させて頂きます。 http://chizaipro.com/?p=681#more-681「実務研修会(海外編)」全7回日 程:平成30年6月14日(木)〜7月26日(木) 全7回第1回総 論 平成30年6月14日(木)14:30〜17:30※第2回欧 州 平成30年6月19日(火)13:30〜16:30第 [続きを読む]
  • 特選街 2018年 6月号
  • 今月発売のの特選街2018年では、ミラーレス一眼、一眼レフ、Q&A、インタスグラムなど、デジカメが特集されています。 ライバル紙の家電批評は、デジカメ関係の記事があてにならない場合も少なくありませんが、特選街のデジカメ特集は、比較的的を射ているものが多いと感じます。 なかなか面白い内容でした。 特選街 2018年 6月号680円Amazon内容紹介 スマホカメラはどこまでデキる?「一眼vsコンデジvsスマホ」写りと使い勝手をマ [続きを読む]
  • 2018年知財高裁所長の交代
  • 知財高裁所長ですが、5/4に清水所長が定年となり、後任に?部判事が就任しました。奇しくも、知財高裁所長と特許庁長官が同時に女性となりました。 https://www.asahi.com/articles/DA3S13480538.html最高裁人事(5日付)知財高裁所長(知財高裁部総括判事)高部真規子▽知財高裁部総括判事(大津地家裁所長)大鷹一郎▽大津地家裁所長(福岡高裁宮崎支部部総括判事)西川知一郎▽福岡高裁宮崎支部部総括判事(大阪高裁判事)高 [続きを読む]
  • 「弁護士・法務人材 就職・転職のすべて」
  • 弁護士・法務人材 就職・転職に関する近刊です。 法律事務所を「大手」「外資系」「中堅企業法務系」「一般民事系」に類型化し、類型ごとの離職率や転職先などを具体的数値で解析し、企業内法務の業務内容の分析方法や法務組織の分析手法などを詳細に解説するとのことです。 弁理士や知財人材にも参考になる内容でしょうか。 弁護士・法務人材 就職・転職のすべて3,240円Amazon内容紹介法律事務所への就職・転職、企業内の法務部 [続きを読む]
  • チバニアンと小湊鉄道
  • 先日、木更津のアウトレットへ行った帰りに、小湊鉄道を撮影してきました。その帰りに道で、偶然チバニアンもありましたので、見学してきました。 「チバニアン」については、「そだねー」と同じく、何件か商標出願がありましたが、現在はブームも下火になりつつあります。そだねーもすぐに飽きられるでしょう。 アウトレットは増築中でした。場内には子供用の列車も。隣に観覧車があります。 以下は小湊鉄道。ニコンフォトツアー [続きを読む]
  • 発明推進協会「特許情報を経営に活かす12選」
  • 発明推進協会さんのホームページに、「特許情報を経営に活かす12選」というPDFパンフレットが掲載されています。 中小企業等特許情報分析活用支援事業に関して、その支援結果をまとめたものです。12社(機関)の実例が採り上げられています。http://ip-bunseki.go.jp/file/select12.pdf 弊社(IPRC)も、平成30年度の中小企業等特許情報分析活用支援事業に、引き続き参画する予定です。http://ip-bunseki.go.jp/topNaviColumn_ [続きを読む]
  • 平成30年度 INPIT 知財活用支援セミナー
  • 平成30年度 INPIT 知財活用支援セミナーの第一回日程が公表されています。5/29に東京で開催されます。 知的財産面から見た、海外でのビジネスを円滑に進めるための留意点と、営業秘密保護について解説があります。 https://faq.inpit.go.jp/gippd/seminar/ ○INPIT主催セミナー(海外知的財産活用講座)につきまして 我が国中小企業の新興国を中心とした海外進出が活発化している中、進出先において技術・情報の流出や知的財産権 [続きを読む]
  • 平成30年度 INPIT 営業秘密・知財戦略セミナー
  • 平成30年度 INPIT 営業秘密・知財戦略セミナーについて、第一回目の日程が公表されました。 6/12(火)東京です。その後、地方でも開催されると思われます。 https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/seminar/ 近年、重要な技術情報が第三者へ漏洩する技術流出が問題となっており、大企業に限らず中小企業においても大きな経営リスクとなっています。 たとえば、貴社が保有する金型図面や金型加工データ等が他社に流出した場合、そっ [続きを読む]
  • 「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」
  • 先月4/20ですが、日本弁理士会は、知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議における「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策」の決定を歓迎する表明を行いました。https://www.jpaa.or.jp/new/statement20180420/日本弁理士会は、近年、漫画やアニメ等を違法に掲載したインターネット上の海賊版サイトにより、著作権を主とする知的財産権の被害が急速に拡大している状況において、このたび政府により「知的財産戦略本部会合 [続きを読む]
  • 業界展望台 なぜ今「知財戦略」が必要か−4月18日は「発明の日」
  • 日刊工業新聞が、発明の日にちなんで、業界展望台 なぜ今「知財戦略」が必要かという連載を行っています。今日が最終回です。 「特許庁の促進政策」では宗像長官が、「中小の知財活動化を支援」では日本弁理士会会長がインタビューに応じています。 どなたでも見ることができます。なかなか面白い連載です。 「オープンイノベーションで日本の競争力は復活するのか」という鮫島先生の指摘も、もっともと思います。https://www.nik [続きを読む]