123 さん プロフィール

  •  
123さん: 知的財産と調査
ハンドル名123 さん
ブログタイトル知的財産と調査
ブログURLhttps://ameblo.jp/123search/
サイト紹介文特許調査を専門とする弁理士による、知的財産や特許調査に関する雑感です。
自由文独立開業し主に特許調査を担当しています。
2004年頃から、先行技術調査、無効資料調査、侵害予防調査、外国特許調査、文献調査、パテントマップ作成など、調査を専門にして来ました。
今後は、鑑定や無効審判、訴訟、特許の分析・価値評価などより高度な仕事にも取り組んで行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供746回 / 365日(平均14.3回/週) - 参加 2011/03/07 15:26

123 さんのブログ記事

  • 平成29年度特定侵害訴訟代理業務試験 採点実感・官報掲載
  • 本日、平成29年度特定侵害訴訟代理業務試験(付記試験)の採点実感が公表されました。http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/shingai_h29_mondai.htm採点実感事例問題1(PDF:162KB)事例問題2(PDF:142KB)※試験問題、論点及び採点実感について、試験委員及び事務局への個々の問い合わせには、一切応じませんので、御了承ください。 昨年の特定侵害訴訟代理業務試験は合格率が低く、難しかったと言われています。 [続きを読む]
  • 営業秘密・知財戦略相談窓口の支援事例
  • INPITさんのホームページに、営業秘密・知財戦略相談窓口の支援事例が掲載されました。中小企業9社の、営業秘密管理や知財戦略が開示されています。 なかなか、勉強になります。 https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/service/jirei.html支援事例のご紹介ここでは、本窓口に寄せられた相談に知的財産戦略アドバイザー(以下、知財AD)がどのような支援をしてきたかを紹介します。これ以外にも様々な支援をしてまいりましたので、 [続きを読む]
  • 「技術と法律 (技術書典シリーズ(NextPublishing))」
  • テクノロジーの最新テーマを法律の側面から専門家が解説した寄稿集です。IoTやパーソナルデータの収集など身近なテーマから、民事訴訟におけるソースコードの取り扱いなどについても気鋭の専門家が論じているとのことです。 知的財産マネジメント研究会(Smips)メンバーが中心となって、執筆したようです。 技術と法律 (技術書典シリーズ(NextPublishing)) Amazon【最新テクノロジーの論点を法律の側面から解説! 】本書はテクノ [続きを読む]
  • 産構審 第12回弁理士制度小委員会 議事要旨
  • 昨日、産業構造審議会の第12回弁理士制度小委員会 議事要旨が公表されました。 弁理士の標榜業務に、標準化とデータ保護が加わるのに伴い、弁理士の能力の向上、マッチング機能の強化及び報酬体系の改善について検討されることになったようです。 http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/dai12_newbenrisi_giji.htm4. 議事内容 弁理士による標準・データに係る中小企業支援の在り方について事務局より、資料3に沿って、 [続きを読む]
  • 北大サマーセミナー2018の日程
  • 北大サマーセミナー2018の日程が公開されました。今年は特許法の年で、8/16(木)〜19(日)開催になります。 自分が弁理士会の委員会でお世話になっている、弁護士の先生も講師として登壇されます。今年も楽しみな内容です。 http://www.juris.hokudai.ac.jp/riilp/news/summer-seminer2018/2018年1月12日 サマーセミナー2018の日程 ?2018年度開催のサマーセミナーの日程等が確定いたしました。日 時 講 師テーマ2018年8月16日( [続きを読む]
  • 知財管理 2018年1月号 目次
  • 知財管理 2018年1月号 目次が公開されました。 特許情報関係では、情報検索委員会による「米国における企業の審判活用実態と特許訴訟戦略の分析」があります。 その他に、「無効審判事件分析による情報提供制度の有効な活用方法の検討」、「付与後レビュー(PGR)と当事者系レビュー(IPR)の概要と相違点について」も、調査関連記事です。 「『裁定制度』の在り方に関する一考察」や「用途発明」も興味深い内容です。 http://www [続きを読む]
  • 「ケータイ弁理士I/Ⅱ/Ⅲ」
  • LECで弁理士試験講座を担当している、佐藤先生執筆の参考書です。Ⅰ、Ⅱ、Ⅲがあり、来月発刊されます。自分も佐藤先生の講座を受講したことがあります。 「1課見開き完結、左頁に箇条書きの暗記解説+右頁に○×過去問で知識の定着を図る。暗記シート付き。」とのことです。 ところで、弁理士など国家資格を取ればゴールで、その後は安泰と誤解されている方もいます。しかし、資格を取れば、その後は有資格者同士の競争が待ってい [続きを読む]
  • 米国特許、IBMが25年連続首位
  • 米国特許出願数ですが、IBMが25年連続首位とのことです。 特許不要論、技術が普及すると特許を取ってもクロスライセンスに持ち込まれるだけ、などと言う方もいます。しかし、クラウドやサイバーセキュリティは黎明期の技術ではなく、年間9000件以上の出願をする理由を説明できません。 やはり、新たな技術を開発したら、独占権は抑えておき、必要に応じて許諾するという仕組みは必要なのでしょう。現に、昨年の中国特許出願数は13 [続きを読む]
  • 「判例付き 知的財産権六法2018 平成30年版」
  • 判例付き知的財産権六法の2018年版です。 参照条文を付し、準用条文の見出しを条文中に注記しています。また、巻末に約600件の判例要旨を、体系的に配列してます。 弁理士受験生で旧版を使用している方も多いと思います。 判例付き 知的財産権六法2018 平成30年版3,024円Amazon学習・実務での使いやすさに徹した「判例付き」法文集。特許・実新・意匠・商標・不競・著作権の各基本法令は、大きな活字で、参照条文を付し、準用条文 [続きを読む]
  • 最高裁の長官交代
  • 昨日、最高裁判所長官が交代しました。前長官の定年退官によるものです。 新任の長官は、元最高裁事務局長、元大阪高裁長官、前最高裁判事の大谷氏です。最高裁事務局長経験者や、東京/大阪高裁長官経験者が、最高裁長官に就任するのは、順当なコースのようです。裁判員裁判の制度設計に携わるなど、ミスター裁判員だそうです。 新たに最高裁判事へ任官された深山判事は裁判官出身、宮崎判事は弁護士出身とのこと。前回学者出身 [続きを読む]
  • 貴乃花親方の一連行動、一般企業なら法律違反
  • 今月4日に、日本相撲協会の評議員会が、貴乃花親方解任を承認したことに対し、横綱の日馬富士、白鳳よりも被害者の親方の処分が重いのはおかしいという声が、一般から挙がっています。 本当におかしな処分なのでしょうか。 日本相撲協会には副理事長はおらず、巡業部長は理事長の次の次、No.3の地位にあるそうです。会社で言えば、代表権のない副社長か専務に相当します。 副社長が社長からの電話にも出ず、自分の出身部門の利益 [続きを読む]
  • 知的財産管理技能検定の書籍2018
  • 今年の知的財産管理技能検定に向け、2018年版の書籍も揃ってきました。 協会と提携するアップロードのテキスト・問題集もありますが、この分野ではTACが強いようですね。 3級は、知財部や特許事務所の新人さんが勉強するにも、ちょうど良いレベルと思います。いきなり弁理士試験の高額な講座へ申し込み、弁理士の勉強をするのは、内容・時間・金銭のハードルが高く、お勧めできません。 知的財産管理技能検定 2級厳選過去問題集( [続きを読む]
  • 「改訂増補版 弁護士が弁護士のために説く債権法改正」
  • 弁護士が弁護士のために説く債権法改正の解説書、改訂増補版です。 一般向けの解説書よりも難しいのでしょうか。それとも、法学者が書かれた書籍よりも、実務的ということなのでしょうか。 改訂増補版 弁護士が弁護士のために説く債権法改正3,456円Amazon内容紹介契約法にとどまらず、民法総則や不法行為といった民法の他の分野はもちろん、商法、金融商品取引法、消費者契約法といった周辺分野へも幅広く影響する今回の債権法改 [続きを読む]
  • 平成30年(2018年)特許庁長官 年頭所感
  • 一昨日から、特許庁長官 宗像 直子氏の年頭所感が公開されています。 キーワードは、中小企業、第4次産業革命、新興国、AIなどの新しい技術を特許行政に活用と、前長官時代の施策を引き継いだものになっています。 中小企業向け特許出願手数料の減額は、「現行の中小企業向け特許料金の軽減制度は赤字企業などが対象ですが、むしろ黒字企業の方が、研究開発に投資し、実際に様々な販路を開拓しているため」とのことです。なるほど [続きを読む]
  • 日本弁理士会 技術標準委員会主催ワークショップ
  • 日本弁理士会 技術標準委員会主催の無料ワークショップ(セミナー)です。2/13(火)の16時より開催です。 自社のユニークな技術を差別化しつ標準使い市場を創ること、技術標準を用いて自社の市場創造と拡大し、さらに知財権も使って儲けを生み出し大きくする方法について、講義、検討するとのことです。 http://www.jpaa.or.jp/cms/wp-content/uploads/2017/12/jpaaworkshop180213.pdf日本弁理士会 技術標準委員会主催ワークショッ [続きを読む]
  • M&A3000件超、11年ぶり最多 17年の日本企業
  • 年末の日経新聞によれば、2017年に日本企業の関わったM&A(合併・買収)件数が過去最多となったそうです。様々なところで、日本企業もM&Aに舵を切った、選択と集中が重要などと言われます。特許情報の解析に関しても、M&Aのための分析などがもてはやされる傾向にあります。 では、どの位M&Aが増えたのでしょうか。以下の記事では、12月27日時点で日本企業が関係するM&Aは3016件で前年より14%増、日本企業による海外企業の [続きを読む]
  • 拒絶理由通知書(商標)のレイアウト変更
  • 本日より特許庁ホームページのレイアウトも変わりましたが、商標の拒絶理由通知書レイアウトも変更になりました。 拒絶理由通知書に、適用された拒絶理由の各条項を示す見出しを設けたほか、条項ごとに記載される拒絶理由本文に、拒絶理由の内容を端的に表した見出しを記載されるとのことです。 http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/kyozetsu_layoutchange_300104.htm拒絶理由通知書(商標)のレイアウト変更のお知らせ平成 [続きを読む]
  • 平成30年-日本弁理士会会長-新年のご挨拶
  • 平成30年-日本弁理士会会長-新年のご挨拶がさっそく掲載されています。 一般向けして、知財広め隊と広報戦略の話があります。 知財広め隊を引き続き継続するほか、広報を強化するため、外部のアンケート結果などが勘案された提案をするなどするとのことです。 ただし、弁理士会の知名度が上がっても、個々の弁理士の仕事が増えるとは限りません。弁理士会の広報戦略が、弁理士業務拡大へ繋がるのか、検証は必要でしょう。 平成30 [続きを読む]
  • 2018年初詣
  • 今年の初詣は、地元千葉県の成田山新勝寺へ。成田山へ行ったのは、2013年以来、5年ぶりです。https://ameblo.jp/123search/entry-11441261189.html 初詣そのものよりも、新しく買った単焦点レンズの性能を確かめるために行った、という感じです。以下のように開放では後(前)が見えないほどのボケです。 念のため、20-300mmの10倍ズームも持参したのですが、35mmと58mmの単焦点、18-35mmの広角レンズだけで足り、10倍ズームの出 [続きを読む]
  • 「ビジネス法体系 知的財産法」「ビジネス法体系 企業取引法」
  • 以下は、どちらもレクシス・ネクシスで出版された書籍ですが、第一法規より、再度刊行されます。 レクシス・ネクシスが雑誌以外の法律書から撤退したためです。著者の先生にとっては大変な出来事だったと思いますが、読者にとってはうれしい話です。 第一法規の英断に感謝します。 ビジネス法体系 知的財産法5,400円Amazon内容紹介企業の法務担当者が、企業のビジネス活動を規定・規制する法令の関係性やビジネスへの影響度がつ [続きを読む]