コンさる さん プロフィール

  •  
コンさるさん: コンさるブログ
ハンドル名コンさる さん
ブログタイトルコンさるブログ
ブログURLhttp://consul.nojima.co.jp/
サイト紹介文ノジマのイメージキャラクター「コンさる君」のブログです。
自由文デジタル家電専門店「ノジマ」のイメージキャラクター・家電コンサルタントの「コンさる」が送るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/03/07 18:46

コンさる さんのブログ記事

  • この本必読です
  • 最高に面白く、泣けました。一応、ミステリーです。ミステリー特有の、物語が複数展開しながら進み、最後に繋がり、謎が解けます。これ以上書くと、面白味が失せますので、今日のブログはこの辺でさようならです。 [続きを読む]
  • 30年の軌跡
  • なでしこリーグが発足し、今季で30年だそうです。30年前、コンさるは未だ生まれていません。>嘘だ!ノジマステラが発足し、今季で7年目です。その時、コンさるは生まれてました。光陰矢の如しと言うように、あっと言う間に、7つ歳をとりました。「あの時君は若かった」昭和世代しか通じないフレーズですかね。歴史が浅いので、ステラ関係の記事は少なく、2部優勝とレジェンド「野田朱美」監督の記事しか見当たりません。次の40周年 [続きを読む]
  • なおみに釘付け
  • なおみのキャラにすっかり釘付けになりました。この人、アスリートなのと思ってしまうキャラクターです。先ずはコミュニケーション能力の高さ、次にオン(試合中)とオフ(試合後)の切り替え。ひょっとしたら、試合中もオフかも知れません。(失礼)まだまだあります。心からの笑顔(たまに困った顔)と子供のような無邪気さ。取り憑かれます。たどたどしい日本語なので、コミュニケーション能力を疑っている人もいるかも知れませんが、ち [続きを読む]
  • 戦国時代
  • なでしこリーグ2部の2位争いが熾烈です。暫定ながら、9月8日の公式戦終了後の順位で2位と8位の勝点差が3です。サポーターにとっては、1試合1試合、ハラドキでありながらも、愛するチームを応援するモチベーションは高い事でしょう。なでしこリーグ1部も優勝争いが熾烈です。ノジマステラも再開2連戦が上位チームとの戦い、これで勝点2以上を獲れれば、優勝の可能性が出てきます。あくまで、可能性ですが。(自虐)一方、Jリーグを見 [続きを読む]
  • 勝利の女神ももちゃん
  • ももちゃん、ユニ無く、裸!?逆転勝利の瞬間です。ピッチの選手が両手を挙げ、ベンチの方に走り出しました。サンズの皆さんの応援もスタンドと一体感あり、素晴らしかったです。第4Q、残り時間2秒から、41メートルのフィールドゴールを決め、大逆転勝利!ステラでなくて、ライズです。感動の幕切れでした。今日は久々に妻のももちゃんを連れて、ギオンスにライズの応援に行って来ました。そのかいあり、強豪オービックさんに競合 [続きを読む]
  • 皆んな知ってる?
  • 最近、横浜みなとみらい地区でオイラの顔がよく出ています。オイラの勤務先のノジマの広告ですけど、出演料を全く頂いておりません。というか、肖像使用の許可申請もありません。(笑)オイラの地盤である相模原市域でも展開して欲しいな。だって、ノジマの発祥の地ですもの。真ん中の写真、一人の女性がオイラをじっと見つめており、ちと恥ずかしいでござる。(急にサル語になる)それ、ステラで解決スポーツの感動、ステラで解決可愛 [続きを読む]
  • ももちゃんブランド
  • 皆さんに可愛がって頂いている「ももちゃん」グッズが欲しいと沢山のご要望を頂き、第一弾として、Tシャツ(写真)とシールを作成致しました。実際の色味はもう少し明るくピンクがかってます。8月11日に串川祭りで田中陽子選手、田中里穂選手、池上選手、北方選手が販売員として先行販売致します。(笑)サポーターの皆様、お待ちしております。勿論、ネットでは絶賛発売中です。又、クラブハウスでも販売中ですので、現物をご覧頂け [続きを読む]
  • ステラ展
  • 皆さん、ユニコンプラザで開催中のステラ展、ご覧になられましたか。入口でコンさるがお迎えしております。暑い日が続きますが、エアコン付きですよ。想定以上に迫力ある試合中のでっかい写真が飾ってあります。帰りはまるうさんに寄って、美味しい明石焼きをご賞味下さい。勿論、自費で。場所は相模大野駅近接のボーノさんの中にあります。パートナーシップ契約を締結している相模女子大学さんのご好意で展示させて頂いております [続きを読む]
  • ポストワールドカップ
  • おめでとうクロアチア&モドリッチ!4年に一度のサッカーの祭典が幕を閉じ、日常が戻ってきました。プレースキックからの得点、PKが過去最高に多く、そして、パスサッカーが苦しみ、高速カウンターが成果を上げました。VARの導入もあり、世界のサッカーは大きく変わりつつあります。では、日本のサッカーはどうなるのか、女子サッカーは、アカデミーは。指導者は大変かと思います。想像するに、個の育成はパスコントロール、チーム [続きを読む]
  • 深夜のバスセンター
  • 久々に素晴らしい本に出会いました。舞台は新潟のバスセンター、主人公は深夜バスの運転手、その人生を通じて、愛とは?、家族とは?を問う話題作です。映画化もされました。コンさるの人生とは外形は違いますが、内心被るものがあり、感動と涙を頂きました。ご一読をお勧め致します。このバスセンターのカレーはB級グルメとしても有名で、ご存知の方も多いのではと思います。最近、バスセンターからの乗客を追うバライティー番組 [続きを読む]
  • ベイスターズ応援女子会
  • 平日だというのに、何だ、この大勢の人は。とばかりに、浜スタへ、横浜ベイの応援にステラ女子会で行って来ました。男性陣は写真に写らなかった、いや、写さなかっただけです。試合は勝利の男神コンさるのお陰で、逆転勝利、久々に山崎ダンスを踊り、最高でした。この勢いを、今週末の仙台に持って行きます。勝利至上主義は良くないけど、勝利の味は格別ですね。ステラの試合も2万人とは言いませんので、せめて、2千人は来てくれま [続きを読む]
  • 早慶サッカー(女子)定期戦
  • 伝統の早慶戦に等々力競技場に行って来ました。結果は女子が3-2で早稲田、男子も2-1で早稲田が勝利しました。女子の早稲田は2得点がPKによるもの、男子の早稲田の2得点は何れも、コーナーキックからの、豪快なヘディングシュートでした。男子の入場者数は約17千人で、両校による応援合戦がJリーグ以上に盛り上がってました。女子は発表がありませんでしたが、2千人を欠けていたと思います。この差は何だと、衝撃を受けましたが、試 [続きを読む]
  • ドイツ敗退の教訓
  • まさかの、1次リーグ最下位敗退。誰が予想できたでしょう。世界では絶対王者のドイツ、何故負けたのか。にわか評論家のコンさるが、勝手に解説致します。サッカーで勝つにはポゼッション力、パス能力、シュート数等が良いに越した事はありませんが、それだけでは勝てません。勝つ為のサッカーをしなければなりません。そんな簡単の事は皆さんはご存知かと思います。では、勝つ為にどうするか。相手によって、戦い方を変えるという [続きを読む]
  • 皆んなで勝ち取った勝利
  • 写真は小田急センチュリーでのPVです。僕は標題の言葉が大好きです。ワールドカップvsコロンビア戦後、MVP級の活躍をした長友選手の言葉です。サッカーはチームスポーツでFW一人で点は獲れません。ボールを繋いで、ゴールが決まります。でも、これはピッチ内の事、この他に、ベンチスタートの選手のサポート、コーチングスタッフの指導育成、サポーターの共に闘う応援。これも、うちはだけの世界、試合を運営するスタッフがいて、 [続きを読む]
  • リスペクト
  • 先日のギオンスでのホームゲーム、後片付けをして頂いていたエゼクトレ(ボランティア)に対し、相手チームの実行委員がご苦労様の声掛けをして下さり、エゼクトレのお一人がえらく感動されておりました。試合を開催するには運営が必要で、その中心がボランティアであると云う事を、身をもって感じておられるから、リスペクトしているのです。この方も試合の準備をボランティアと一緒にされている方です。一方、アスリートファースト [続きを読む]
  • 福島開催
  • 今週末、なでしこリーグカップ第5節、対仙台戦のノジマのホームゲームを福島県いわき市で開催致します。この紙面でも、何度か書きましたが、ノジマステラは東北大震災を一つのきっかけとして、誕生致しました。誕生時は海のものとも、山のものとも、分からないクラブでしたが、将来、成長出来たら、やはり東北大震災をきっかけに誕生した仙台さんと、なでしこリーグのチームが無くなった福島県民の皆様の前で試合が出来たらと、ク [続きを読む]
  • さようなら秀樹
  • YMCAの合唱、秀樹!元気!の掛け声、そして、ハウスバーモントカレーのCMソングが聞こえてくる。コンさるの青春であった。秀樹とともに20代を過ごした。そして、今でも、カレーといえば、ハウスバーモントカレーである。昨夜、秀樹を思い浮かべながら料理し食べた。家庭のカレーはリンゴとハチミツのこのカレーが体に染み付いている。病気の事は知っていた。大変、子煩悩であった。そして、横浜ベイスターズを応援して頂いた。いつか [続きを読む]
  • エゼクトレ
  • 写真は豊中市出身の松原選手の豊中市の広報誌への寄稿エッセイです。いい事書いてあります。若干数がクラブハウスにありますので、欲しい方はスタッフにお声掛け下さい。尚、下記の本文と前掲の写真・前文は関係ありません。さて、本文です。ステラではボランティアの事をエゼクトレと呼称しております。イタリア語で出演者と云う意味です。そのエゼクトレの中でも、中心を占めるのが現役も含むシニア世代です。特に公式戦の前日準 [続きを読む]
  • ニューハーフショー
  • 先日、同級会で、はとバスツアーに参加、新宿のニューハーフショーを体験致しました。ニューハーフの皆さんは自分が選んだ道に進んで、輝いておりました。そして、皆さん、お綺麗でした。タイでショーを見た事ありましたが、日本では初体験でした。元々の女性もいらっしゃると聞いたので、ハーフですかと聞いたら、日本人だと云う答えが返り、一同、爆笑でした。そして、愚問でした。たまたま、某放送局の取材があり、その番組のコ [続きを読む]
  • w勝利!
  • SC相模原さんとの共催試合は両チーム共に無失点勝利し、サポーターの力を改めて、再認識致しました。コンさるはと云うと、ステラの勝利を引っ提げて、勝利の念をSC相模原さんのゴール裏に届けるべく、久々にゴール裏で飛び跳ねて、応援致しました。いやー、楽しかったな。SC相模原さんのチャントは歌い易く、乗り易く、良かったです。そして、ゴール裏芝生席はお子様の安全な遊び場所で、家族サポーターにとっては有難いですね。ス [続きを読む]
  • 鎮魂と希望の光
  • 遠征で神戸は新長田に来ております。そこで、あっと驚くモニュメントに遭遇、何と関西で超有名な彫刻家「吉本豊」氏の作品ではありませんか。関西で吉本といえば、吉本興業・・・いや違います。この吉本氏、ステラGKコーチ吉本さんのお父さんです。知ってて来たんだけど。神戸地震の被災者の慰霊と復興を祈念した石像で、題名は表題の「鎮魂と希望の光」です。バイオリンとフルートを演奏しています。NFPにも欲しいですね。題名は [続きを読む]
  • サポーター論
  • 知り合いのアルビサポーターが4連敗を息子の前で愚痴っていると、息子が神対応のコメントをしたそうです。以下に紹介します。「J2だろうがJ1だろうが、サッカーを楽しめばいいんだよ。だって、結局観に行くんでしょ?地元にサッカーがあるのが大事なんだから。」「勝つ試合を見たければそういうチームを応援すればいいんじゃない?でも違うじゃん。」「欧州のサポーターなんて、1部だろうと2部だろうと、地元のクラブを長い目で見 [続きを読む]