kyonkyon さん プロフィール

  •  
kyonkyonさん: 青春18ステッキバァーバの一人旅
ハンドル名kyonkyon さん
ブログタイトル青春18ステッキバァーバの一人旅
ブログURLhttps://ameblo.jp/anne7dayslif/
サイト紹介文定年後に遣りたいことが沢山あった。 各駅停車の車窓旅、城廻、駅弁、駅スタンプ。夢の実現に出かけよう
自由文若き日、年を取るのが楽しみだった。あたしは、小金も暇もある元気なはつらつバアさんになるはずだった。
定年退職したら、遣りたいことが沢山あったのに、途中で、倒れて半身麻痺に。お金もなければ、体の自由もない。それでも、鉄道の旅に出かけたい。いざ、夢の実現へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/03/08 01:21

kyonkyon さんのブログ記事

  • 毎日が遊び
  • 4月19日(木) 毎日が遊びのぐうたらなバアバの一日は、7:45分のアラームを止めて、9時頃起床。先ずは、這い出たベッド横の、PCが乗った机に向かうことから始まります。 PCのトランプゲームから始まって、私が毎日している遊び道具は全部、机周りにあります。外に出る必要もなく、飽きることなく、夕方のご飯づくりまで遊んでいられるのですが、月・木曜日は、スーパーへの買い物日です。電動車椅子で、駅前のショッピ [続きを読む]
  • 生きるということ
  • 「生きるということは簡単なことだ。一日一日を積み重ねていけばいいことなのだから」とは、私の大好きな韓ドラの中のあるおじいさんのセリフです。 その一日をいかに過ごし積み重ねるのかが問題なのだと考えます。 いや、違う。そこに問題があると考えるのが、私の思考の悪い癖なのです。おじいさんは、問題があるとは言っていません。ただ、一日一日を積み重ねていけばいいと言っているのです。 一日を自分のできること、 [続きを読む]
  • 『氷菓』を読む
  • 4月12日(木) DVDで観た『氷菓』のメッセージに心射られるものがあり、原作が気になって、早速購入していた『氷菓』を読みました。朝9時に目が覚めて、そのままベットの中で、読んでいました。面白くて、わくわくしてしてまた眠ってしまうということがありませんでした。 主人公の折木捧太郎君が映画より魅力的というか面白いのです。彼の思考がなんとも愉快なのです。次に来る展開は映画で観て分かっていて、ミステリーを [続きを読む]
  • 女性不浄説にバアバの一喝
  •  大相撲の土俵に女性が救命行為のために上がったのに対し、女性は土俵から降りて下さいとの場内アナウンスがなされたことで、土俵が伝統的に女人禁制だとしてもそれはないだろうとの批判が出て、テレビがそのことで連日賑わしく不快です。 客、おそらく伝統も重んじたいフアンの男性客が、女は下りろと騒いだために、それを沈めんとする若き行事のとっさの判断で行ったことだとか。若き行事が臨機応変のとっさの判断を誤ったの [続きを読む]
  • 人生灰色それもまたよし
  •  DVD『氷菓』を観たのは、6日(金)のことです。その氷菓からのメッセージが頭をはなれません。 新作DVDは2日で返却しないといけませんから、慌しくて嫌なのですが、山崎賢人さんフアンを自認するなら観なければと思い、広瀬アリスさんはどういう女優さんなのか観てみたいとも思って借りました。 青春と言えばバラ色、バラ色と言えば青春だが、自分は灰色だという高校生が主役ですから画面も賢人君も暗い。テンポはのったり、 [続きを読む]
  • ささやかな楽しみを集めて
  • 4月5日(木) 私よ泣いてはならない たとえ今日という日が意味なく生きたと思えても、私よ泣くな 80歳を過ぎて独居で笑顔で頑張っているディケアの仲間たちに申し訳ない 来年は90歳の義母をなんとする 私が泣いていてはならない  鉢植えの桜が愛らしい、30センチにも満たない丈で大木と変わらない大きさの花を咲かせています。 せめてもの楽しみに3日間の夢を持ち続けています。宝くじが夢なんて寂しいことを言う [続きを読む]
  • テレビでハングル
  • 4月4日(水)晴 新年度のテレビでハングルが始まりました。大好きな韓ドラを字幕なしで観られたら楽しかろうと今までにも2度もテキストを購入してチャレンジしたことがありましたが、どの年もついていけずに数ヶ月でやめています。2年目は解らなくて聞き流すだけでも続けようと思いましたが、ダメでした。 今年こそはとにかく最後まで視聴し続けることが目標です。韓国には始めればゴールまで半分ということわざがあるとか [続きを読む]
  • ビールでダイエット?
  • 4月3日(火) 月初めのリハビリディケアは、体重測定があります。また1kg増えて、70kgになりました。やばいです。数年前にも70kgを越してしまい恐ろしくなり、苦労して1年以上かけて、どうにか65kgまで戻したのですが、それを維持するのも大変でした。常にダイエット状態ですから、気を抜いて好きなだけ食べられませんので・・・。ですが、毎日体重を計るのも、食べたものを記録するのも面倒くさくなって、あれよ [続きを読む]
  • ぐうたらの材料
  • 4月2日(月)晴 半身麻痺という半身が鉛のように重い自由に動かぬ体を抱えて、心軽やかに生きるには、ぐうたらを良しと肯定してぐうたら生活を楽しむことにあると思っています。 その私のぐうたらな日々の材料は、PCの無料配信されているトランプゲーム・漫画・ドラマ鑑賞です。 生きてる意味など問わなきゃいいのに、時々、生きる意味を失ってなお生きている空虚を埋めてくれるのが私の場合は、創作されたドラマの映像とい [続きを読む]
  • 桜が咲いた
  • 4月1日(日) 大阪は、もう1週間ほど前から桜は満開ですが、本当に咲くのかと心配だった鉢植えの桜が咲きました。毎月届けてもらっている寄せ植え鉢の先月の鉢が桜でした。2株のサクラソウと小さな桜の木が1本。蕾らしきものがついていましたが本当に咲くか、いや咲かせられるか不安だったのです。何しろ私がコンテナを並べている玄関から門扉までの場所には全く日が当たらないのです。露にあてず風通しの良い日当たりの良 [続きを読む]
  • うつの奈落から
  • 3月31日(土)  落ちてた奈落から脱出できたのかもしれません。憑き物のように背中に張り付き、そこから湧き上がってきていた希死念慮が剥がれ落ちています。 何故こんなに簡単に?と思うくらい昨日までまとわりついていた苦痛が嘘のようです。それはたぶん、言ってはならないと思っていた言葉を、ブログの中でさえ吐き出してはいけないと思っていた言葉を書いて、人目に付くと分かっているところへUPしてしまったからです。 [続きを読む]
  • ついにうつの奈落へ
  • 3月30日(金) 私、基本的にうつな人です。だましだまし暮していてこのところ落ちることなく過ごせていたのですがついにギブアップです。 うつうつしていても仕方がないと、昨日は電動車椅子散歩で、桜を観に行って来ました。良い気分転換になりましたが、だましだましの生活も、もう限界で、いっそのこと落ちてしまえと自分をだますのをやめて落ちてきました。 うつの奈落に落ちると何が困るかというと、死にたくもないのに [続きを読む]
  • レンタルビデオショップが消えて行く?
  • 3月25日(日) 観たい映画があるのですが、それが11:20開始と、18:00開始の一日2本にフェードアウトしかけていて、早くいかねばと焦っています。しかし、夕方からは出かけられないし、午前の開始も、私には都合が悪いのです。日曜日に隣町まで行けるのなら、教会へ行きなよと心の声がするので、日曜日の礼拝時間に映画を見に行くのは、心苦しいのです。そんなんで、今日は新巻の漫画を読んで、ごろごろしていました [続きを読む]
  • ずる休みでガス抜き
  •  3月24日(土) リハビリは休まないようにしようと思っているのにまた休んでしまいました。目覚めたらひどく疲れていて、脚が痛くてたまりませんでした。昨日の行動振り返っても、それ程疲れることをしたようには思えません。休んでやりたいことはありました。映画『空海』を観に行くとか、家の近くのゲオでレンタルできなくなった韓ドラ作品を借りるために、隣駅前のレンタルショップの会員に再加入して借りてくるとかです [続きを読む]
  • ばあちゃんチで昼呑み
  • 3月23日(金)   おばあちゃんのラブコールに応え、孫息子夫婦との夕食会設定のために、おばあちゃんチへ行ってきました。サロンがお休みの日は病院へ行っていることが多いので、事前に電話をしていきました。 鍵のかかっていない玄関、声をかけても反応がないので、「泥棒が入りますよ」と、中へ。電子レンジ音がして、何かがはじける音がしています。「冷蔵庫の中で、こんなことになってるわ」と、テーブルに持ってきたの [続きを読む]
  • 映画『曇天に笑う』の福士蒼汰に、いいね!
  • 3月22日(木) 楽しみにしていた『曇天に笑う』を観に行って来ました。大好きな漫画が実写化されると知ったときは楽しみができたと嬉しかったのですが、PR映像で主人公天火が福士蒼汰さんと知って、「やめてくれー」って、夕食時間に家族相手に絶叫してました。 私、映画やテレビドラマが大好きですが、それ以上に、女優さんも男優さんも俳優さんが大好きなんです。福士蒼汰さんはその大好きな俳優枠に入ってこない人でした。『 [続きを読む]
  • おばあちゃんのラブコール
  • 3月20日(火) 珍しく、ばあちゃんから電話がありました。何の約束もありませんので、用件が分かりません。「おばあちゃん元気?どうしたの?」と、訊くとばあちゃんの愚痴が始まりました。 私が思うに、おしゃべりしたいお年寄りには2タイプあります。自慢話したい人と、愚痴を言いたい人。あっ、説教タイプもいますね。うちのばあちゃんは愚痴りたい人です。たまにばあちゃんチに行くと居てる間愚痴を聞かされますが、電話 [続きを読む]
  • ]JR全線乗りつくしの旅日記:オーベルジュ氷見
  •  オーベルジュというのは、美味しい料理を食べさせてくれることを主眼にした宿だ。オーベルジュ氷見の寒ぶりしゃぶコースは、☆3つだった。☆5つ中の3つで、4つも3つ半もあげられなかった。期待に反して満足度、6割だった、ごめんね。 お刺身を口にしたときはそのおいしさに歓喜した。これが寒ブリかと、驚いた。今まで食べたことのない濃厚なブリのうまみが詰まっていた。氷見番屋街の回転寿司店で、寒ブリを食べたとき [続きを読む]
  • リハビリに復活
  • 3月17日(土) 2週間ぶりでリハビリに行ってきました。火・土曜日の週2回のリハビリですが、先週の土曜日は教会へ行きたいので前日のリハビリは休みました。そうしなければ、教会へ行く体力がなくなるからです。今週の火曜日は、おばあちゃんとバス旅行の予定でしたからお休みでした。寝坊して、バス旅行はドタキャンしてしまいましたが・・。できた時間で、これで念願のがっつり引きこもりができると、リハビリを休んでいた [続きを読む]
  • ドラマBGに健太郎君出演で歓喜
  •  昨日ドラマBGの最終回で健太郎君を見つけ、嬉しさに大騒ぎしてしまいました。最終回がもう終わったなと思ってみていると出演者名が流れ、「健太郎」と、出たではありませんか。出てないし、私が健太郎君を観逃がすはずがないと思ったその時に健太郎君が現れました。健太郎君が、BGのスタッフと一緒に走っています。どういうこと?「健太郎君が出てる、でもこのタイミングで出してもらっても・・」と声を上げ、アップになった健 [続きを読む]
  • 引きこもりも限界です
  • 3月15日(木) 念願の引き籠りをしています。一日1回、お弁当やおやつ,DVDの調達で電動車いすで、出る以外に部屋に引きこもっています。引きこもって、何をしたいかというと、JR全線乗りつくしの旅日記を仕上げて、ブログに収め、次の計画を立てて、旅に出たいのですが、思うように進みません。量が多すぎてうまく簡潔に書けないのです。綴った思いを捨てて、サクッとポイントだけ書いて先に進めばいいのにそれができません。火 [続きを読む]
  • 映画『北の桜守』
  •  『北の桜守』、いい映画でした。どんな風にいい映画かを話すより先に、親や義理の親の介護にお疲れの方は、休憩をを貰うつもりでこの映画を観に行きましょう。と、介護中の方や、介護職の方にぜひ見て頂きたいとお勧め致します。帰ってきた息子夫婦に見てきたことを話すと、「言わないで、観に行くから」と、お嫁ちゃん。「おもしろかった?」と、息子。どちらかが観たい映画があれば、必ず二人で観に行く仲良し夫婦ですが、今 [続きを読む]
  • 空っぽの信仰心
  •  3月11日日曜日に教会へ行ってきました。せめても月に一度は教会へ行くことをノルマにしているのは、神様との交わりの時間を持たなければ、信仰心が枯渇していくからです。 今日の聖書の箇所は、マタイによる福音書、9章:27〜31でした。イエス様が様々な奇跡を示されている箇所の一つで、二人の盲人が、「私たちをあわれんでください」と、叫んでイエス様に近づくと、「わたしにそれができると信じるか」と、イエス様 [続きを読む]
  • JR全線乗りつくし旅日記:和倉温泉からバスで氷見へ
  •  半身麻痺で要介護者の母と、どこへ行くにも山登りの装備で歩く娘の二人旅。人身事故で予定のサンダーバードに乗るにも大変だったが、一時間遅れで、どうにか和倉温泉まで到着。駅舎を出ると沢山のバスが止まっている。宿からの送迎バスだ。和倉温泉からはバスだと聞いていたので「なんという宿?」と訊く。「宿のバスじゃない」と、娘が走る。「どこ行くのよ?」見失うのが怖いので背中に声をかける。「バス乗り場」どこにある [続きを読む]
  • JR全線乗りつくし旅日記:アクシデントにめげずに氷見へ
  •  娘と朝6時にリビング集合で朝ご飯の約束をしていた。お正月に娘に食べさせたくて取り寄せたのに、昨晩も食べさせられなかったウニ丼を食べさせたくて、私は5時半に起きてリビングへ。約束の時間に起きてきた娘に花嫁のれん号の切符が必要なことを伝える。「そうお?」と、娘は懐疑的な返答をする。「調べたら特急だったから、特急券がいる」 「そうなんや」「金沢で買いに走ってね」「うん」 私は座席指定も欲しいが一先ずこ [続きを読む]