kyonkyon さん プロフィール

  •  
kyonkyonさん: 青春18ステッキバァーバの一人旅
ハンドル名kyonkyon さん
ブログタイトル青春18ステッキバァーバの一人旅
ブログURLhttps://ameblo.jp/anne7dayslif/
サイト紹介文定年後に遣りたいことが沢山あった。 各駅停車の車窓旅、城廻、駅弁、駅スタンプ。夢の実現に出かけよう
自由文若き日、年を取るのが楽しみだった。あたしは、小金も暇もある元気なはつらつバアさんになるはずだった。
定年退職したら、遣りたいことが沢山あったのに、途中で、倒れて半身麻痺に。お金もなければ、体の自由もない。それでも、鉄道の旅に出かけたい。いざ、夢の実現へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/03/08 01:21

kyonkyon さんのブログ記事

  • 恋せよバアバ
  •  昨日ばあちゃんちへ行ったときに、食卓横のホワイトボードに貼ってある人生訓のようなもの見つけました。 「人生が色づく言葉」と題してカキクケコで書かれていました。老人向けの人生訓です。おばあちゃんに聞きましたが、どこで貰ってきたものか覚えていませんでした。ハート模様の枠でA4サイズの用紙に打ち出されたそれは、どこかに貼っておくように作られたもののようですが著名がなく、発信者名が書かれていません。これ [続きを読む]
  • 貧乏とは何か
  •  貧乏とは何か? それは、人によって違う概念かもしれません。 学生の頃社会学で、「貧乏とは他者との比較な中で起こる」と、教わったときになるほどなあと思いました。周りが皆農業に従事していて、電化製品など誰も何一つもっていなくても食うに困らない生活の中で幸せを享受できていれば、誰も貧乏ではないわけです。ところがそこへ違う文化の情報が入ってきて、テレビや冷蔵庫のある暮らしがしたいと望みそれを手に入れた [続きを読む]
  • 今日から貧乏生活始めます
  •  いよいよもって、私の生活はヤバイ。 私の人生の最大のマサカは、病に倒れて住宅ローンを残したままリタイヤしたことでした。 定年までの残り3年で70過ぎても支払い続けなければならない住宅ローンはやっつけられるはずでした。私もツレも定年過ぎても会社に請われて働き続けられるであろうから、余裕のある老後を迎えられるはずだったのです。 だが、がんばって復職しても、身体がついていかずに、リタイヤしてしまいま [続きを読む]
  • 念願のクエを食す
  •  一月前に突然娘から、11月に帰るとメールがありました。例によって、いつ帰るのか、何時につくのか何拍できるのかさっぱりわかりませんでした。どうせ、毎日が休日のバアバの生活ですからいかようにも合わせられますので、驚きゃしません。 ただ、「どっか、行きたい」と、返信しました。「どこ行きたいの?」の、返信で旅行決定です。「富山湾。山が見えるよね、あの山なんていうのかなあ?夕日が日本三大夕日に入っている [続きを読む]
  • 寂しさは突然に
  • 11月20日(月) 久々に旅行へ行ってきました。念願の本物の天然物のクエを食べられて、久々にブログネタができたはずでしたが、今私の心を占めているのは、どうもならない程の寂寥感です。 今日のお昼前に、東京から帰ってきていて昨日和歌山への日帰り旅で一日一緒に遊んでくれた娘が帰って行きました。帰り際に玄関で、「じゃあ、今度はお正月だね」と、言うと「お正月かどうかわからないけどね」との返事が返ってきました [続きを読む]
  • ぐうたらを許されて
  • 11月6日(月) 65歳を過ぎて高齢期と呼ばれるバアバがこんな生活をしていていいのかと悩まねばならない程、私はぐうたらです。毎日0時を過ぎると配信されてくるトランプゲームをクリアしないベッドには入れない。その前にツレが私のために録画てくれているイルイル韓ドラが5本もあるので夕食後にそれをやっつけてからのゲームになるのでたいていは2時を過ぎてからの入床になります。ベッドに入ってからは漫画で眠るのが明 [続きを読む]
  • 月目標クリア
  • 11月5日(日) 介護保険のお世話になっている私には、自立を目指すべく生活目標なるものがあります。貴重な公的財源を使わせていただいていて、漫然と楽して暮らしていてはいけないのです。 理学療法士さんに設定してもらったのが、月に一度は映画を見に行くことで、ケアマネさんと事業所の担当者会議で、設定したのが、毎日1000歩を歩くことです。どちらも、活動範囲を狭めず、歩行力を維持して体力を向上させよと言うこと [続きを読む]
  • 死ぬ想定で整理整頓
  • 10月25日(水) 私の部屋はすさまじく散らかっています。7畳しかない洋間にベッドを置いて、L字に机を設置し、その上に2台のパソコンとプリンター(これで壁の3方向はふさがれている)。机の上は、いくら片づけてもDVDやノート、辞書に雑誌に書き散らかした原稿用紙で山盛りです。残る一方向の壁に箪笥が一竿。机の片袖の背面に作り付けのワードローブとその隣にはめ込み式に作った洋服ダンス。季節ごとに洋服を入れ替えること [続きを読む]
  • モンスターがブログにやってくる
  • HAPPY HALLOWEEN あたしの苦手なものは整理整頓と掃除ですかね。これはものではなく、苦手なことですね。あたしの苦手なものは酔っ払いに、大声を出す人、怒る人です。昔から、お化けや幽霊より生きてる人間のほうが怖いと思ってきました。お化けに会ったことないですけどね。 [続きを読む]
  • 半身が痛い
  • 10月24日(火) 麻痺して動かない私の半身ですが、痛みのないことが救いでした。麻痺にもタイプがあり、同じ弛緩性麻痺でも状況は人様々です。中には麻痺側が常時しびれているとか、傷みがあるとかいう方がおられ、自分は傷みがないことを感謝していました。全くないかというとそうではなく、麻痺側の肩甲骨から肩首にかけて最初からずーっと傷みがあるのですが、我慢できない傷みではないので、「私はどこも痛くないので助か [続きを読む]
  • 雨が降れば
  • 10月22日(日) 今日は一日雨です。雨が降れば、今日は一日外に出られないし、思う存分ぐうたらできるぞと、晴耕雨読な日々を楽しんでいたのですが、今日は散歩に行けないと困るわが家の柴ワンコ同様、雨の晴れ間を待っていました。 雨の晴れ間があったら、外に出て、一日1000歩のノルマをこなしたかったのです。 一日1000歩を続けていれば、そのうちに自然と毎日歩ける歩数が増えてくるのではないかと、自分に期 [続きを読む]
  • 介護サービス担当者会議
  •  10月21日(土) 介護保険では、介護支援計画書作成において、作成前に本人を交えて、ケアマネとサービスを提供する事業所の担当者とのサービス担当者会議を開き、本人を主体としたサービス計画書を作成することになっています。だが実際にそれを行っているところは、あまりありません。ケアプラン更新の度に行うことになっているのですが、まず、ケアプランが更新されることがそれ程ありません。 初めて介護保険サービスを [続きを読む]
  • ばあちゃんのドタキャン
  • 10月20日(金) ドタキャンする人というのは、癖のようにドタキャンしますね。かつて曲馬の飲み会などで出欠を取っていても、平気でドタキャンする人がいて、その子が参加することになっている時には、お店への予約人数を一人減らしておくようにしていました。もしかすれば当日一人増えるかもしれませんがと、申し込んでおくのです。 仕事のできる真面目なかわいい看護師でした。が、信用ならない誘いたくない嫌な子でした。 [続きを読む]
  • 要支援と要介護
  •  介護保険要支援と要介護では介護サービスの何がどう違うのか。 先ずは、管轄が違います。介護保険でサービスを利用するには、ケアプランと呼ばれている介護支援計画書の提出が必須です。どのような状況だから何を目標にどの介護サービスや家族支援などを受けてどのように日常生活を送るのか、という計画書の提出が必要なのです。自分で作成することもできますが、これを自分で作成している人はまずいません。これを作成し、介 [続きを読む]
  • 介護保険区分変更申請結果
  • 10月14日(土) 待ちに待っていた高齢介護課からの封書が届きました。 認定結果がどうなったのか、ドキドキしながら開封して書類を見ましたが、いつもの場所に認定結果が書いてありません。要介護Ⅱとも要支援Ⅱとも書いてありません。 どういうこと?仕方なく文章を読んでいくと、却下という文字に行き当たりました。ああ、そういうことか、認定調査結果ではなく、区分変更申請は却下されたということね。ということは・ [続きを読む]
  • 介護認定区分変更申請中のサービスの利用
  •  介護認定期間が8月末で終わり、更新後の認定が要介護Ⅱから要支援Ⅱまで結果が上がって通知が来ましたので、これはまずいかなと、ケアマネさんが区分変更申請手続きをしてくれたのが八月中旬のことでした。 間もなく、再調査して下さるケアマネさんから連絡があって、9月1日に再認定調査を受けました。交付されていた9月1日からの介護認定証は、その時に返却しました。 つまり認定結果が出るまで私は未介護認定状態なの [続きを読む]
  • 介護認定区分変更申請中
  •  今日は日曜日、三連休が雨予報だったので、朝雨は降っていなかったのですが、教会へは出かけられませんでした。 雨が降る前に選挙に行くことだけが今日の仕事です。介護認定の区分変更申請のことを書いては下書き登録して書き切れずにUPできていませんでしたので、今日こそは書き切ろうと思います。 私の介護認定は8月末が期限でした。更新手続きをケアマネさんにしてもらって、いつものごとく担当のケアマネさんが認定調査 [続きを読む]
  • 人生百年
  • 人生百年を覚悟して生きねばならない時代です。88歳の家のばあちゃんにもそう言っています。「百歳まで元気で頑張ってね」と。以前は「恐ろしいこと言わんといて」と、いうレスポンスでしたが、3日前にお寿司屋さんへ二人で一杯呑みとご飯に行ったときに「百歳になったら皆でお祝いするのを楽しみにしているからね頑張ってや」と言ったら、「盛大にしてや」と、笑顔が返ってきました。 昨日テレビでは近畿圏の百歳以上の人口 [続きを読む]
  • 晩夏の青息
  •  何にもやる気が起こらない。という状況は以外に辛いものでして、そこから抜け出すべく、ブログの中に一つ大きなため息を吐き出して、何とか元気に日々を送れないものかと考えてみました。 やる気の起らない日々はもうずーっと続いていて、夏の暑さのせいにしていました。 兎に角この暑さを乗り越えられればそれでいいと。玄関先の草木も枯らさずに、暑さにばてることもなく乗り切りました。朝晩に涼しさも感じ虫の声が聞こえ [続きを読む]
  • ぐうたらでちょっぴり幸せな日々
  •  電動車椅子を電車に乗せて教会へ行く予定でしたが、身体が動かず、目覚めてもベッドから出られませんでした。動かないのは身体なのか心なのか?結局私はぐうたら人間なのだと思う。行こうと思えば今からでも間に合うのにぐうたらを選んでブログに向かっています。 ぐうたらでちょっぴり幸せな日常が戻りました。つまり、息子夫婦が働きに出て、バアバは晩御飯を作っている暮らしです。何を作ろうかと買い物を考える他は何をし [続きを読む]
  • 先細りを吹っ飛ばせ
  •  大方の高齢者の生活は先細っていきます。90歳過ぎても生涯現役を貫かれ、医師として現場に立ち続け、公演や執筆活動で医療に貢献し続けたどころか、日本の医療問題の先駆者であり続けた日野原重明先生のような方は例外中の例外だと考えます。 うちのおばあちゃんには私の嫌いな口癖があります。「年は取りたくない」年を取って体の不調なところがでて、できなくなっていくことが増えること、物忘れが増えてきたこと、気力が [続きを読む]
  • なんちゃって一人暮らし
  •  8月13日(日)から息子夫婦の店がお盆休みに入りました。昨日(8月15日)は、お嫁ちゃんのお母さんがお孫さんを二人連れて来阪され、私のお誕生日会の食事にお付き合いをしてくれました。 食事の後息子夫婦は三人を連れてそのままUSJ近くのホテルで一緒に宿泊です。息子夫婦は明日にはいったん帰宅しますが、翌日から二人で旅行に出かけます。やっと二人きりの夏休みというところでしょうか。お店は19日土曜日からの [続きを読む]
  • ただ生きてる
  •  最近はただ生きてるだけの日々を過ごしています。暑くて、身体が重くて動かすのが大変で、何もする気が起きません。エアコンで室温を管理し、ベッドに寝転んで漫画や本を読むとか、パソコンでゲームをするとか、クロスワードパズルを解くとかで室内で遊び過ごしています。こうなると自分はただ息をしているだけの生きる価値のない人間に思えてくるのが私の悪い癖です。それでも賄ばあさんはしていて、時間になると階下に降りて [続きを読む]
  • 旅する半身麻痺
  • 7月14日(金) 私の通うディケア利用者は、ざっと見て8割以上が脳卒中後遺症の方です。乗り合わせる送迎者の7人全員が後遺症の半身麻痺の方ということもあります。 その中でも気の合う仲間がいます。年齢が近いせいでしょうかよくお話しするSさんは一歳上の67歳、Tさんはたぶん70代前半。 SさんもTさんも右麻痺ですが麻痺側の手も動きます。両手を使ってバックからの物の出し入れができるのを羨ましく見ています。です [続きを読む]
  • 船越さんも悪くないですよね
  • 7月11日(火) 芸能人の離婚騒動なんかに心ざわつかせている私はほんとに馬鹿者です。 本日のディケアの迎えの車に同乗したSさんが車に乗ると直ぐに「これってホントにおもしろいわね」と、車の中に笑い声を響かせました。流れているラジオのパーソナリティが、松居さんのことを話題にしていたからです。「ドラマ観るよりずっとおもしろいわ」芸能人夫婦ですからね、離婚調停という幸せならざることを、世間の人々に面白がら [続きを読む]