ジョニー さん プロフィール

  •  
ジョニーさん: フィルムで撮るモノクロ写真と暗室作業の記録
ハンドル名ジョニー さん
ブログタイトルフィルムで撮るモノクロ写真と暗室作業の記録
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/johnny999bkk
サイト紹介文FOCOMAT 1cを使用して時々プリント作業しています。 暗室用品マニアでもあります。
自由文写真撮るより暗室でプリント作業しているのが好きですね。
引伸ばし機は国産のものでしたら殆んど使用しました。
Leica M6にSummicron35mmf2を付けっぱなしにして使っています。
カメラはその他マミヤ645PRO、ROLLEI35S、EOS1N、NIKON F2、F3を所有していますが殆んど使っておりません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/03/08 16:04

ジョニー さんのブログ記事

  • ☆★Mamiya-Sekor C 150mm F3.5N&Mamiya-Sekor C 210mm F4N 購入!!!
  • 今日も一日中雨の中で仕事だった。そういうわけで何の罪悪感も無く飲酒している。前回のチェコ旅行で失敗したことは望遠系のレンズを持って行かなかったことだった。持って行った中で最も長いものがローライコードの75?レンズだ。6x6フォーマットでは75?は標準レンズ(35mm換算で50mm相当)だ。これで撮影したものをトリミングしてプリントしたわけだから6x7のバケペンには165?あたりのレンズがあれば丁度良かった。そんな [続きを読む]
  • ☆★2代目バックパック購入&インド旅行の計画に悩む・・・
  • 雨の日は仕事が大変だってことで飲むことにしている・・飲まないとやってられないからな土日祝日雨の日は必ず飲酒するってことだ先日プラハのホテルに20年以上愛用していた赤色のバックパックを忘れてきた。ここ数年の旅行はスーツケースを使用しているのでバックパックは必需品ではない。次回のインド旅行ではデリーのホテルにスーツケースを置きっ放しでアーグラーで1泊する予定なのでバックパックが必要なわけだ。そういうわ [続きを読む]
  • ☆★インド旅行2019・・・準備編、、、VISA取得
  • 今日飲まなければ週に4日の禁酒を達成できることになる。こんなに飲まないでいるのは2年近く前のブログに書いたがアルコール依存症の離脱症状が出た時以来だ。今回は不思議なことに夜PCを操作していても息苦しさを感じることは無い。明日は飲み会なので記憶喪失になるくらい飲むことになるのは間違いない。酒飲むときくらいは徹底的に酔っぱらいたい。ここ2年近く徹底的に酔っぱらうってことを毎日やってたわけだから体に良い [続きを読む]
  • ☆★インド旅行2019・・・準備編、、、鉄道チケットの予約
  • 5月にタイに行った直後、年末年始の航空券料金を調べた。休みは5日間・・・確定ではないが例年通りならそうなる。5日間だとアジア以外は無理だな。条件としては日本を午前中に出発してその日のうちに到着可能なところかつ現地滞在時間72時間以上可能なところ・・・だ。オマケにマイルを貯めている都合上、スカイチームのエアラインが就航しているところ・・・第1希望はスリランカ、第2希望はインド、第3希望でミャンマーだ [続きを読む]
  • ☆★旅行に持って行くカメラの再検討・・・
  • 健康診断の結果が出た。まっ、思っていたほど悪くは無かった・・・良かったわけではない。胃内視鏡検査の結果は逆流性食道炎だそうな。みぞおちの違和感はこれが原因だったのだろう。ガンではないってことであの世に行くのはまだ先のようだ。年末の旅行に向け体調は万全にしておきたい。万全の体調とは大酒飲んでも問題ない・・・ということだ。そういうわけで週3日を目標に禁酒日を設けることにした。今までたった1日でも酒を飲 [続きを読む]
  • ☆★プラハで撮影したフィルムの現像及びプリント作業・・・疲れたよ
  • 旅行で撮影したフィルムを現像することは楽しみなことではあるのだが面倒臭いと思うときもある。やはり作業するわけだから、それなりの労力を伴うわけだ。これが旅行のフィルムじゃなければ数ヶ月放置するのだが、わざわざチェコまで行って撮影したものが気になって仕方がない。そんなわけで俺にしては珍しく短い期間でフィルム現像からプリント作業まで行った。バケペンとローライコードで使用したフィルムはTRI-XとHP-5だ。 [続きを読む]
  • ☆★なんと中国でLINE、Messenger、G-mailが使用可能なAISの海外sim
  • 何だか販促のようなタイトルになってしまったな。今回の旅行で大変役立ったものがこのSIMカードだ。このSIMはアジア、欧米、オセアニア等々70ヵ国で使用可能とのことだ。現在アマゾンで3400円で販売されている。アマゾンのWEB上の説明書きでは中国は記載されていないのだが最近中国でも使用可能となったらしい。当然先日の旅行では中国で使用可能とは知らずにパリとチェコで使用することを目的に購入した。旅行開始1週間以上前 [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その8
  • 8/14つづきエアポートバスに乗車するためにバス乗り場へ向かう。バスの表示に従って行けばバスの券売機のある場所に到着する。LE-BUS DIRECTLINE 1~4まであり凱旋門へ行くのはLINE2だ。正確には凱旋門を経由してエッフェル塔が終点となっている。券売機は現金は使用不可でカードのみだった。LINE2は片道18?往復で31?。勿論往復を購入した。時刻表などは無く30分間隔で発車するとのこと。・・ってことはタイミング悪く前の [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その7
  • 8/14午前4時前に起床し風呂に入った。こればかりは習慣で寝起きは熱い風呂に入らないと目が覚めない。04:30にMOZIOで空港までの送迎を手配してある。ホテル前で待っているとのことだ。04:20にチェックアウトするためにレセプションに行く。こんな時間でもスタッフは居眠りしないでカウンターに座っていた。おっ、凄いな。どこぞの国とは大違いだ。チェックアウトの手続きはすぐに済んだがCity Tax 30コルナを請求された。請 [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その6
  • 8/13午前6時ごろ目が覚める。プラハ観光も本日で最後だ。しかし身体中痛い。筋肉痛だ。もっと寝ていたい。ヤケクソで起きた。朝食は7時からだ。朝食ビュッフェで野菜を気持ち悪くなるくらい食べた。部屋に戻り風呂に入ったりして08:30位にホテルを出た。昨日見学できなかったプラハ城の聖ヴィート大聖堂を見学するためだ。昨日と同じ道・・・坂や階段を昇って第一の広場を目指す。もう筋肉痛どころか片側の足関節の内側 [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その5
  • 8/12 つづきたった1週間前の記憶が怪しくなってきているがデジカメ画像のプロパティを見れば何時にどこに行ったか辿ることができるのは便利だよな。Foto Skoda・・・プラハのカメラ屋だ。間口はこの程度だが奥行きがありかなり大きな店舗だ。新品も中古も扱っている。記念に旧東ヨーロッパ製のカメラを購入しようかと考えていた。PENTACON Six なんかが欲しいなあと一応候補はあった。旧東ドイツのカメラだ。店内には3台 [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その4
  • 前日19時に就寝し午前0時に一度目が覚めた。その後無理矢理寝続けて午前5時に起きた。朝食は午前7時からだ。それまで街中を少し散歩しよう。外に出ると肌寒かった。まずはカレル橋に向かう。こんな朝早く散歩している人が大勢いた。早起きして散歩している人とオールナイトでこの時間まで飲んでいた人半々くらいだろうか。奇声を発している馬鹿ファランも数名いたw・・・皆旅行者だろうな。早朝のプラハを散策し [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その3
  • 8/11つづきホテルに到着した時には気にもしなかったがホテル前の通りは大勢の人だらけ。1日中この状態だ。それもそのはず。この通りは殆どの旅行者が訪れるカレル橋からまっすぐ伸びた通りだ。↑先に見えている塔はカレル橋の橋塔。さて、まずは両替に行かなければということで「EXCHANGE」というそのまま「両替」が店名になっている両替屋へ向かう。ネットで事前に調べた範囲ではここが一番レートが良いらしい。ち [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行2018・・・その2
  • 8/11つづき14時前位にプラハへ到着。予定より2時間遅れってことだな。入国手続き等は無くスーツケースをピックアップし出口へ向かう。ホテルまでの送迎はMOZIOというサイトで申し込んでいた。ガイドブックの情報では空港から市内のホテルまで2500円〜3500円とのことだった。MOZIOで申し込むと2080円。ドライバー氏が名前を書いたボードを持って出口付近で待っているとのことだ。出口まで来ると名前が表示されているタブレッ [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行 2018・・・その1
  • 人生初のヨーロッパ旅行に選んだのはチェコのプラハだ。特に思い入れがあるとかではないが芸術の街ということで写真を趣味にしているものとしては一度は行っておきたいというのが選択した理由だ。中国東方航空で羽田〜上海〜パリ〜プラハというコースで羽田〜上海は中国東方航空、上海〜パリは共同運航便でエールフランス、パリ〜プラハはチェコ航空。8/10夕方羽田を出発。上海で乗り継ぎ3時間。普段あまり読書はしないが今回 [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行・・・持って行くカメラでギリギリまで悩んでいるよ
  • 体調は最悪だ。みぞおちの鈍痛は肝臓がイカレているせいかもしれない。深酒した日に限って夜間腹痛で2時ごろ目が覚める。明け方5時ごろ目を覚ますときには腹痛は治まっている。恐らく肝臓がアルコールを代謝するときに痛みが出るのだろう。試しに今週に入って酒を止めてみた。やはり夜間の腹痛は起きなかった。常時みぞおちの違和感は続いているがアルコール度数の高い酒は暫く止めておこう。ビールの美味い国に行くのだからビ [続きを読む]
  • ☆★バケペンのレンズ購入!!ASAHI Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm f3.5
  • 半端じゃない暑さだな。バイクで外回りしている身としては早く涼しくなって欲しいがまだまだ先だろうな。なんだか苦行のような人生になっているよww日中苦労した日の晩飯は豪勢にと決めている。それがあるから耐えていられるのだろう。チェコ旅行まで1週間となった。先日ゲットしたヨーロッパで使用可能なタイのSIMを使用してみた。現地で使用できなかったじゃシャレにならないからな。このSIMはタイのAISのSIMだが国際 [続きを読む]
  • ☆★芸術の街プラハ旅行・・・準備編
  • 本日の最高気温30℃。バイクで走っていると涼しく感じた。今までが暑すぎたんだよな。30℃で涼しいわけがない。チェコ旅行まで2週間になった。20年以上前のバックパッカー時代の旅行では考えられなかったが今ではスマホが必需品だ。プラハの空港で現地simは手に入るのだが今回はパリ経由だ。プラハの空港で確実にsimが手に入るとも限らないしパリでもネットを使いたい。・・・ってことで予め手に入れることにした。タイのAIS [続きを読む]
  • ☆★バケペンのモルトプレーン交換
  • 3か月以上前から鳩尾(みぞおち)に鈍痛があり絶対胃がんだと思っていたが先日の内視鏡検査で胃は何でもないということになった。鳩尾の鈍痛は今でも続いているわけで他の疾患を疑わなければならない。心臓が膵臓の問題だと思っている。毎日大量飲酒しているから膵臓ということは十分考えられる。まっ、そんなことはどうでも良くなっているのは内視鏡検査でのダメージを引きずってしまっているからだ。当初鼻孔から内視鏡を入れ [続きを読む]
  • ☆★オリンピックを夢見た一瞬・・・その4 完
  • コックスとしてのデビュー戦を迎えた。他のクルーは俺がシングルスカルで新人戦に出場したときにナックルフォアでデビューしているから初めてではない。戸田の漕艇場に出漕するのは3回目になる。軽く試漕してからスタート位置につけた。6艇でのレースだ。スターターが「●●高校用意はいいか?」と6艇に順に問いかける。「K高校用意はいいか?」と言われたときに横風で俺の艇の向きが変わった。「オー!」と返事をしている時に向 [続きを読む]
  • ☆★オリンピックを夢見た一瞬・・・その3
  • つづきナックルフォアのコックスをやるようになってから数週間経ったある日たまたまだか前もって予定していたのか今となっては知る由もないが練習場所(中川)が同じだったY高校の漕艇部と競漕することになった。相手も同じ1年生クルーだ。中川の橋から橋間のおよそ1キロ。2艇並んでから先輩の合図でスタートした。「1本、2本、3本、、キャッチ!ソー!キャッチ!ソー・・・」スタートの掛け声はこんな感じだ。スタート時にスパ [続きを読む]
  • ☆★オリンピックを夢見た一瞬・・・その2
  • つづきコックスとして初乗艇した。他のクルーは俺がシングルスカルを始める前からこのナックルフォアを漕いでいるわけで経験値は俺よりも上なわけだ。掛け声は大体分かっていた。覚えなければならないのはピッチ計の使い方だ。シングルスカルは一人で漕いでいるわけだからピッチ計なんか使用することは無い。1分間に何回漕いでいるかピッチを計ってそれを「ピッチ35」などと伝える。ピッチを37にしたいときは「2枚上げよう、 [続きを読む]
  • ☆★オリンピックを夢見た一瞬・・・その1
  • 一応最初に書いておくが・・・オリンピックを夢見たというのは実績が伴って夢見た場合と何の実績も根拠も無く単に夢見た場合があるわけだがこの話は言うまでも無く後者だ・・・ボート部に入部俺が入学した高校はボート部の強豪校というイメージがあった。それは以前に書いた通り昭和30年代に国体優勝したからであって俺が入学した昭和60年代は県大会の決勝にも進めないようなレベルだった。入部したのはいいのだが体の小さな俺 [続きを読む]
  • ☆★初めてビールを美味いと思った日・・・
  • 高1の時、ボート部の練習帰りにババ屋だかジジ屋と呼ばれていた駄菓子屋でチェリオを飲むのが楽しみだった。緑だったり赤だったり毒々しい色をしていたチェリオ。キンキンに冷えた瓶入りのチェリオの蓋を栓抜きで開ける時は正に至福の時だった。チェリオを飲んでいた間は良かったが・・・ある日、駄菓子屋の先にある酒屋の前の自動販売機で缶ビールを買ってしまった。俺の実家は飲酒に関しては大変寛容だった。両親共に東北出 [続きを読む]