ねこ先生 さん プロフィール

  •  
ねこ先生さん: ねこ先生のブログ
ハンドル名ねこ先生 さん
ブログタイトルねこ先生のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kids-seminar/
サイト紹介文勉強に対する考え方やアドバイス及び学習コンテンツを提供しています。家庭学習のお役にたてれば幸いです。
自由文通信教育「きっずゼミ」http://kids-seminar.comを主宰しています。これまで会員にFAXで配信してきたmessageを一般の方にも読んでいただこうと、今回ブログを開設しました。何か参考にしていただければ幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2011/03/09 02:26

ねこ先生 さんのブログ記事

  • 勉強の要点
  • 「多岐亡羊」という言葉がありますが、これはこういった故事に由来しています。中国の春秋戦国時代の思想家の一人に個人主義をとなえた楊朱という人がいます。あるときその楊朱の隣の家で、羊が一匹いなくなった。一家総出で羊を探し、それでも足らずに楊朱の家に下男を借りにきた。 やがて彼らが帰ってきたので、楊朱が見つかったかとたずねると、「わかれ道に、またわかれ道がありましてね。どこへ行ったのか見当たらないのです [続きを読む]
  • 不定詞(5)<まとめ>
  • ■ 不定詞の3用法 ・ 不定詞 ― <to+動詞の原形>※ 形は<to+動詞の原形>でどれも同じであるが、文の中の働きによって、表す意味がちがう。 ■ how to 〜 ・ how to+動詞の原形   「〜しかた、〜する方法」    I don't know how to write a lettter in English.    (私は英語での手紙の書き方を知りません) 学習習慣をつけるなら毎日添削「きっずゼミ」http://kids-seminar.com/lp/ に [続きを読む]
  • 不定詞(4)
  • ■ 疑問詞+不定詞 ・ <疑問詞 how+to+動詞の原形>  →「どのようにして〜したらよいか」    how to 〜  〜しかた   ※ 「どのようにして〜したらよいか」   → 「〜しかた、〜する方法」    I will learn how to swim.    (私は泳ぎ方を習うつもりです)    I want to learn how to drive a car.    (私は車の運転のしかたを習いたい)    Do you know how to m [続きを読む]
  • 不定詞(3)
  • ■ 不定詞の形容詞的用法(〜するための) ・ 不定詞―<to+動詞の原形>    to+動詞の原形 〜するための、〜すべき (形容詞的用法)     a book to read  (読むための 本) ・ うしろから名詞を修飾する。    They have a lot of work to do.    (彼らにはする〔べき〕仕事がたくさんあります)    I have some pictures to give you.    (あなたにあげる〔ための〕 [続きを読む]
  • 不定詞(2)
  • ■ 不定詞の副詞的用法 ・ 不定詞―<to+動詞の原形>(1) 〜するために    to+動詞の原形 〜するために (副詞的用法)  ・ 動詞を修飾し、「〜するために」と、動作の目的を表す。    I went to the store to buy flowers.    (私は花を買うために店へ行きました) (2) 〜して     to+動詞の原形 〜して (副詞的用法)  ・ 感情を表す形容詞 glad, happy, sorry などのあと [続きを読む]
  • 不定詞(1)
  • ■ 不定詞の名詞的用法(〜すること) ・ 不定詞―<to+動詞の原形>(1) want to 〜     want to+動詞の原形 〜したい  ※ want (欲する)→ want to 〜 (〜することを欲する)=「〜したい」     I want to see your pictures.    (私はあなたの写真が見たい)    Do you want to be a doctor ?    (あなたは医者になりたいですか) (2) like to 〜     like to+動 [続きを読む]
  • 古典の読解(3)
  • ■ 古典の文法(1) 係り結びの法則 次のような助詞(係り助詞)があると、文末を終止形以外の活用形で結ぶきまりのことをいう。(2) 助動詞 口語にはない助動詞がある。 (例) いざ行かむ → さあ行こう     秋は来ぬ → 秋が来た     男ありけり → 男がいた (3) 注意すべき助詞の用法 〇 「の」が「が」のかわりに主語を示すことがある。 (例) 雪のおもしろう降りたりし朝。     父 [続きを読む]
  • ピグマリオン効果
  • 心理学用語に「ピグマリオン効果」というのがあります。 「ピグマリオンという王様が美女の石像を、生ける美女のように大事にしていると、愛の女神がその石像に命をふきこんだ」というギリシャ神話からつけられた心理学用語で『人は相手から期待されると自然とそのようになる』という心理作用があるそうです。 この象徴的な例として、アメリカの教育心理学者ローゼンタールらが行った実験があります。 それは、小学生に知能テスト [続きを読む]
  • 古典の読解(2)
  • ■ 重要な古語   あはれ=しみじみとした趣   あやし=不思議だ いやしい   ありがたし=珍しい   いと=非常に たいそう   いみじ=はなはだしい   うつくし=かわいらしい   かなし=いとおしい   つきづきし=似つかわしい   つとめて=早朝 その翌朝   めでたし=りっぱである   やがて=そのまま すぐに   ゆかし=知りたい 見たい   ゐる=存在する すわる   をかし=趣が [続きを読む]
  • 古典の読解(1)
  • ■ 古典とは 江戸時代以前に文語によって書かれた作品で、現代まで価値を失わず、受け継がれてきたものをいう。 ■ 歴史的仮名づかいと現代仮名づかい 古文には歴史的仮名づかいが使われている。歴史的仮名づかいとは、平安時代の発音に基づいた仮名づかいで、現代仮名づかいとは異なる。 他に、助詞の「む」は、読むときは「ん」と読む「よき友に会はむ(ン)」など、歴史的仮名づかいには独特の表記がある。 学習習慣をつ [続きを読む]
  • 塾や家庭教師で成績が上がらない理由
  • 「学びて思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し」「罔」は「あみ」の意味で、ここでは網をかぶせたように道理に暗いことを言います。いくら教えを受けても、自分で深く考えることをしなければ、真の学問は身に付かないという意味です。『論語・為政』に見える孔子の言葉で、この後に「思いて学ばざれば則ち殆し」と続き、学問には受動的に他から学ぶ姿勢と、能動的に思索する姿勢のバランスが大切であることを説いています。 しか [続きを読む]
  • 感嘆文
  • ■ 感嘆文・ 「なんて〜だろう」と驚きや感心したことを言い表す文 ■ How で始まる感嘆文    How+形容詞(副詞)+主語+動詞!     Tom is very tall.    (トムはとても背が高い)          ↓    How tall Tom is !  感嘆文     (トムはなんて背が高いのでしょう)     He runs very fast !    (彼はとて速く走ります)          ↓    How fast he [続きを読む]
  • 方程式と一次関数(2)
  • ■ 連立二元一次方程式の解とグラフ■ 一次関数の利用 変化する量が1つで変化の割合が一定なとき、関係式はその変化する量の一次関数で表される。 グラフから変化のようすを判断し、式に書いて特徴をはっきりさせ、式より変数、関数の必要な値を求めることができる。? χを1つきめたときに、y がただ1つできる場合、y をχの関数といい、1対1で対応する場合が一次関数である。 学習習慣をつけるなら毎日添削「きっ [続きを読む]
  • 宿題と自主学習
  • 保護者の方と話していると「うちの子は宿題もやりかねているのに‥」とか「宿題で手いっぱい。」と言われる方がいます。宿題の内容を聞いてみると30分もあればこなせる内容です。先生にもよりますが、通常学校で出される宿題は、多くても低学年では20〜30分、高学年で40〜50分もあればこなせるはずです。それに長時間かかっているのはなぜでしょう。 よく「集中力」と「ながら勉強」が挙げられますが、根本原因は、学力が当該学年 [続きを読む]
  • 論説文の読解(1)
  • ■ 論説文とは 論説文とは、ある考えや主張を、根拠をもって筋道をたてて述べた文章のことをいう。学問的な研究の成果を述べた論文、新聞・雑誌の社説などがある。 ■ 論説文の読み方(1) 構成をつかむ 〇 段落の要点をとらえ、組み立てをつかむ。   <論説文の構成> ※ 主にこの形が多い       書き出しの部分。  序論  問題点を示し、それを取り上げた理由、研究の意義、       議論の重要性など [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダムに代わる人類革新
  • 日本のアニメの歴史を塗り替えた作品に「機動戦士ガンダム」というのがあります。1979 年にテレビアニメとして登場して以来、その人気に後押しされるかたちで次々とシリーズ作品が作られ、関連商品は毎年700 億円から800億円 を売り上げています。その人気は衰えること無く、子供から大人まで幅広いファン層をかかえていています。先月も、NHKでも著名人がガンダムについて語り合う討論番組を放送していました。かく言う私も、1作 [続きを読む]