altjp さん プロフィール

  •  
altjpさん: カオパネ探検隊
ハンドル名altjp さん
ブログタイトルカオパネ探検隊
ブログURLhttp://www.kaopane.com/
サイト紹介文各地の観光地・ランドマーク等で置いてある 顔出しパネルと呼ばれるパネルを紹介したサイトです。
自由文カオパネ探検家を募集しています。
探検隊登録は自由にできますので我こそはという方はぜひ探検隊に入隊してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/03/10 17:29

altjp さんのブログ記事

  • お掃除カップルとおいらん
  • このお店は数年に1度なのか暫くすると変わっています。以前の顔出しパネルと取って変わったようですので、以前のパネルは存在していません。以前のものより露出度多めは周辺への配慮からなのかマイルドになり、外国人向けにターゲットを向けているのかと思いきや実はアダルティな要素を持っている方向性に移行してきているようです。イラストは秋葉原という場所柄アニメーション系やマンガ系を描くイラストレーターさんが描いたも [続きを読む]
  • ピーランダー・ジー イエロー (Peelander-Z Yellow)
  • 手持ちタイプのカオパネです。Peelander というバンドグループのyellowです。黄色担当であり、イエローなクリエイターでもあります。別の写真にはその本人が顔出ししてしまっています。オースティンのカップル、釣り野郎と魚のカオパネ画像を自ら入って提供してくれるアグレッシブな方です。場所は東京になっていますが、6/23〜24までです。全米各地のライブハウスにも出没する予定らしいのでライブ観賞ついでに顔出しの機会があっ [続きを読む]
  • 釣り野郎と魚(fisherman and fishes)
  • アメリカから再び現れました。米国人らしからぬ遠近感や立体感のない絵柄です。その割には店名はしっかり描かれているし、額もしっかりしているのでプロがわざと描いたか絵は素人に任せ店名だけはプロが描いたか・・・ま、どちらにせよ顔を出している方々を含めて手描きであるという事も加味してすっとんきょうな感じになっています。顔を出している2人のうち1人の方は以前のTrader Joe's(トレーダージョー)の顔出しパネルにも出演 [続きを読む]
  • コンピューターおばあちゃん
  • 思わずコンピューターおばあちゃん♪コンピューターおばあちゃん♪イェーイ、イェーイ、ぼくは大好きさー♪という歌詞が頭の中に流れてきます。と思ったら場内にも流れていました。小さい頃に見て(聴いて)かなり何故?という疑問とインパクトを感じた歌です。そんな顔出しできるパネルが杉並アニメーションミュージアムにありました。内側にコンピュータを操作するおばあちゃんの絵の所から顔をハメます。このおばあちゃん実はツ [続きを読む]
  • おヒゲのインド人
  • 中央線中野から下りで次の駅、高円寺にもありました。だれでもヒゲ面になれます。ヒゲの人はヒゲonヒゲです。よく見るとヒゲは別途付けられていて、後で付けられたのか、それとも最初からあったのかは不明ですがヒゲマニアならずとも面白い顔出しパネルです。長い間雨風に晒されてしまったのか、手描きで描かれているため若干色あせていますが、それも味になって良い感じです。このような感じのカオパネは町が小綺麗になっていくと [続きを読む]
  • ブロードウェイのキャラクター
  • ブロードウェイといってもアメリカでなく中野です。このカオパネは結構有名なもので、ちょくちょくネットで出現しているのでカオパネの存在を知らない人でも目にした事があるかもしれません。中野ブロードウェイのマスコットキャラクターのようですが詳しい事は良くわかりません。このキャラクター「音符」と中野の頭文字「N」がモチーフなんじゃないかと勝手に解釈しています。JR中野駅から北へまっすぐ行くと中野ブロードウェイ [続きを読む]
  • シャレ乙な奴
  • 普段夜間くらいしか通らなかった場所なので気づきもしなかったですがたまたま野暮用で昼間通ったら存在していたカオパネです。お店が開いている時だけ出しているパネルのようです。プロのイラストレーターさんが描いたものでしょうか。端っこの方が微妙にめくれていますが、オシャレな感じで、自転車屋さんの店先に立っていました。パネルを撮っていた時ちょうど外国人が自転車の修理にやってきていました。このお店、看板系が好き [続きを読む]
  • おさかなたち
  • 勝浦に生息する魚が階段を下りて見ることができる「かつうら海中公園・海中展望塔」にありました。写真でも分かるとおり海面を見渡せる上の階にあります。勝浦の魚になってパシャっとどうでしょう。その塔から海面下に降りる事ができ勝浦の魚が見渡せて、おもしろい天然の水族館のようになっています。レアな魚も出現するかも? [続きを読む]
  • 電車の運転席から
  • 電車の運転手や車掌になった感じになるパネルです。豊洲駅で見つけました。見た目にはシンプルです。改札から入った所なので撮るには入場料は必要です。このようなパネルは他の駅にもありそうですね。 [続きを読む]
  • パパはメキシコ人
  • 川崎市民ミュージアム「 みうらじゅんフェス」(企画展)の展示の中に顔出しパネルがありました。マイブーム、ゆるキャラという命名者ということもあり、サブカル界の巨匠の目はやはり違います!やっぱりカオパネは存在しました!(3月25日までの特別展示になっていますので、この機会に行ってみてください。) [続きを読む]
  • オースティンのカップル
  • アメリカ、オースティンのTrader Joe's(トレーダージョー)というスーパーマーケットにあったカオパネです。この系列のスーパーはこの界隈に3件ありますが、このカオパネはそのうちの1軒にしかないようです。アメリカ本土もまだまだ健在です(笑プリント出力が多い昨今、手描きが好印象です。コレを写真に撮ってインスタにアップしましょうとかいう宣伝でしょうか。 [続きを読む]
  • オースティンのカップル
  • アメリカ、オースティンのTrader Joe's(トレーダージョー)というスーパーマーケットにあったカオパネです。この系列のスーパーはこの界隈に3件ありますが、このカオパネはそのうちの1軒にしかないようです。アメリカ本土のカオパネもまだまだ健在です(笑プリント出力が多い昨今、手描きが好印象です。コレを写真に撮ってインスタにアップしましょうとかいう感じでしょうか。今っぽいです。しかし、ハメてる顔こわい。 [続きを読む]
  • 熱海温泉あつお
  • 静岡はカオパネ比率が非常に高い県です。意外に横に広い県ですが伊豆から浜松まで幅広くカオパネが存在しています。昔から温泉観光として名高い熱海からの顔出しパネルです。すっかり投稿するのを忘れてしまい。今になってしまいました。おじさんの妖精キャラクターらしいです。あつおグッズ展開も行っているようです。カオパネ写真いつでも募集しています。このサイトだけでなくアート地域活性化委員会 facebbok [続きを読む]
  • 台北愛情萬歳故事館
  • 久々の海外、今度は台湾のカオパネです。結婚カップルを対象にした写真館の前にあったカオパネです。迪化街という昔からある商店街、問屋街にある写真館です。カオパネ自体は男女の民族衣装を着たカップルを簡略化したイラストです。そのイラストを大判プリントにしてパネルにしたシンプルな作りです。これは台湾観光中の友人から送られたカオパネです。写真でしたらいつでも募集しています。こちらへご連絡くださ [続きを読む]
  • 熱海海上花火大会
  • 熱海のカオパネの名所「平和通り名店街」にあるカオパネです。右側に見切れているのが結構前に投稿した「金色夜叉 貫一・お宮」のカオパネです。この商店街、カオパネ数が増えているみたいです。野外に置いてあるものの屋根がある所に設置してあり少々の風雨ではヘタれない作りになっています。 [続きを読む]
  • アグリス浜名湖
  • いちご狩りができる場所に置いてあったカオパネです。30年以上もいちご狩りをやられているようですが、カオパネはまだ新しいです。同県(静岡県)でのいちごカオパネ2枚目となります。1枚目はフルーツパークでした。型も同じようです。同じ会社が作ったのでしょうか。。。 [続きを読む]
  • 舘山寺園
  • うなぎ専門のお食事処にあるカオパネです。ゆるキャラ2015グランプリ「出世大名 家康くん」と同じ制作者が描いたのでしょうか「出世法師 直虎ちゃん」というゆるキャラ等々のカオパネのようです。浜松名産をごっそりと詰め込んでいますね。 [続きを読む]
  • 井伊直虎 大河ドラマ館
  • 2017年、大河ドラマ「女城主 直虎」のゆかりの地である浜松市「大河ドラマ館」にあるカオパネです。プロのイラストレータに書いてもらったのでしょうか。まとまりのあるカオパネですが全体が四角なのでもっと冒険しても良い(井伊)ように思えます。このドラマ館は2018年1月14日(日)まで開館しています。 [続きを読む]
  • PPAP CAFE ソラマチ
  • 2016年の「いわずもがな」なカオパネを東京スカイツリー(ソラマチ)で発見!これってもうちょっと露出が早ければ流行語大賞取れたのでは?という勢いがありますが当パネルはどうかというとインスタのインターフェイルをパロったのか、かなり地味な仕上がりになっており下や左の看板でようやく内容が把握できる少し残念な様相を感じざるを得ないのは自分だけでしょうか。キャラがキャラだけにもう少しアピール度が [続きを読む]