吉村ゆかり さん プロフィール

  •  
吉村ゆかりさん: 地唄舞 吉村ゆかり 粋・はんなり日記
ハンドル名吉村ゆかり さん
ブログタイトル地唄舞 吉村ゆかり 粋・はんなり日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/riekyoto/
サイト紹介文着物と小物、美人画、日々のことについて綴っています。
自由文着物と小物、美人画、日々のことについて綴っています。
絞りの帯http://ameblo.jp/riekyoto/entry-10822049212.html
帯留コレクションhttp://ameblo.jp/riekyoto/entry-10803664106.html
和装バッグhttp://ameblo.jp/riekyoto/entry-10786163745.html
文扇堂さんのお扇子
http://ameblo.jp/riekyoto/entry-10798415391.html
鏑木清方「築地明石町」の不思議http://ameblo.jp/riekyoto/entry-10803711991.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2011/03/13 08:42

吉村ゆかり さんのブログ記事

  • 美しい贈り物
  • それはそれは美しい贈り物を頂きました。ゑり萬さんの小風呂敷。名前入りなのも嬉しいです。美しすぎてもったいなくて使えません。暫くは箱を開けては「にんまり??」したいと思います。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 気品
  • 菊の花って何て気品があるのでしょう…???床の間を見る度にその佇まいの美しさに心が洗われます。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 感動で胸がいっぱいに…
  • 平成中村座昼の部を観劇しました。幕開けは「源平布引滝 実盛物語」実盛を勘九郎さんが太郎吉をご子息長三郎君が演じました。勘九郎さんが19歳の時から応援させて頂いているのですが、勘九郎さんはいったいどんな方と結婚してどんなお子さんが生まれるのだろうと色々と想像を巡らせていた頃が懐かしく思い出されます。ああ、こんな日が来るなんて…感動で胸がいっぱいになりました。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を [続きを読む]
  • 定九郎フリーク
  • 来年は亥年ですね。歌舞伎で亥といえば真っ先に思い出すのが「仮名手本忠臣蔵」五段目「山崎街道の場」に 出てくる斧定九郎。定九郎は猪と間違えて勘平に撃ち殺されるから猪といったら定九郎なのです。私が歌舞伎に興味を持つきっかけとなったのは歌舞伎ファンの会社の元上司が定九郎がそれはそれはカッコ良くて大好きだそうでよく定九郎の話をしてくれたことから。猪と間違えて撃たれた定九郎がカッコ良いっていったいどういうこ [続きを読む]
  • 玄関インテリア
  • 上質な棚に一輪の花を生けた花器をたった一つだけ飾るなどシンプルなインテリアに憧れますが、空間があると落ち着かない私は色々なものをゴチャゴチャ飾るのが好きです。画像は玄関のインテリア。ちょっと飾りすぎた(笑)感はありますが、並べているのはお気に入りのものばかり。帰宅する度に癒されそうです? 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukariji [続きを読む]
  • 床の間
  • 床の間にも菊の花を飾りました。短檠も菊の柄です。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 帯フェチ
  • 秋も深まり、着物を着るのが楽しい季節ですね。画像の帯は全て古着屋さんで安価で購入したお気に入りのもの。好みのものを見つけては少しずつ買い集めました。帯が大好きなので、地味な色目の着物に華やかな帯を色々と組み合わせを変えて締めるのが好きです。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 菊の花が大好きで、菊畑みたいにしたくて、家の所々に飾っています。満開になるのが待ち遠しいです。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 素敵な花器
  • 数年前、友人から贈られた福井県で活動されている新藤聡子さんの花器。とてもシンプルな花器ですが、どんなお花を生けても様になるのです。5月に五月梅を今年のお正月には南天を今回は枝モノを生け(というよりただ入れただけ??)、部屋のコーナーに置いたら、忽ちお洒落な空間に!このシンプルな花器にどんな魔法があるのでしょう?とても不思議ですが、こういうものが本当に良い器というのでしょうね。 吉村ゆかり地唄舞教室粋 [続きを読む]
  • 育毛シャンプーの効果
  • 昔から酷いクセ毛で美しい髪とは無縁の私ですが、年齢的に髪の量が気になるようになり、数年前から育毛効果のあるシャンプーを使っています。最初に使用したのは「haru」(写真右)。抜け毛が少なくなり、髪にボリュームが生れ、さすが育毛効果のあるシャンプーだと驚いたのですが、使っているうちに次第に髪がパサつくようになり、まとまりが悪く感じるように。そこで今度はシャンプー解析ドットコムで品質第1位に選ばれた「バイタ [続きを読む]
  • 炬燵開き
  • 秋が深まり、朝晩、冷え込むようになりましたね。11月は旧暦の10月、亥の月になります。亥の月亥の日は炬燵開きと言われ、この日に炬燵を出すと良いと伝えられていました。なぜなら、亥(イノシシ)は、火(火難)を免れるという信仰があり、そこから亥の月の亥の日に火(暖房器具)を使い始めれば、その冬は火事にならないと信じられていたためのようです。調べてみましたら今年の亥の月亥の日は11月3日、11月15日、11月2 [続きを読む]
  • 美しい版下絵
  • 菊の美しい季節です。菊を描いた作品の中で、好きな作品は歌川貞景「五行之内 花壇の土」版下絵 咲き競う大輪の菊と女性の後ろ姿という構図が印象的で、また、所々に差された紅が墨絵の美しさを一層際立たせており、地味派手好きな私としては惹かれてやまない作品です。ただ、これは浮世絵として完成した作品ではなくて、版下絵なのです。浮世絵は版画ですので絵師(下絵を描く)、彫師(下絵のとおりに版木を彫る)、摺師(版木に色を [続きを読む]
  • 昔ながらの芝居小屋
  • 本日は平成中村座初日ですね。中村座に因んで鏑木清方「明治風俗十二ヶ月 平土間(11月)」 昔ながらの芝居小屋が描かれた作品です。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 菊の帯
  • 菊が美しい季節ですね。画像の帯は叔母からもらった訪問着を名古屋帯に作り変えたもの。私の手元に来た時は地色が薄くなり、そのままでは着物として着るのは難しい状態でした。染め替えも検討したのですが、着物、胴裏共に生地が相当弱っていて無理とのこと。柄がとても気に入っていた私は諦められず、色々考えた結果、作り名古屋帯にすることにしました。美しい菊の帯として甦り、とても嬉しいです。 吉村ゆかり地唄舞教室粋には [続きを読む]
  • 名取試験
  • 先週の日曜日は上方舞吉村流の名取試験でした。私の教室から名取1名、准名取2名が受験し、無事合格し、吉村ゆりな、ゆか純乃、ゆづき の御名前をお許し頂きました。准名取2名の生徒さんにとっては初めての試験。3月からこの日のために稽古を重ね、10月に入ってからは特訓に次ぐ特訓!猛特訓!!お仕事もお忙しいのに皆さんよく頑張って付いて来てくれたと思います。無事合格し、ほっとしております。でも何より生徒さん達が [続きを読む]
  • お茶会あるある
  • 「日日是好日」の小説でも映画でも御茶会の時の正客の譲り合いの場面は「御茶会あるある」で笑ってしまう場面ですが、思い出したことが。数年前、高台寺の冬の夜の茶会「夜咄の茶会」に参加した時のこと。この「夜咄の茶会」は本格的なものではなく、京都の観光者を対象とした簡易的なもので数年前、京都旅行の折りに参加したのですが、何と!正客と次客の席に若い男女のカップルがイチャイチャしながら座ったのでビックリ!彼らは [続きを読む]
  • 映画「日日是好日」
  • 映画「日日是好日」を観て来ました。原作を読んだ時、武田先生の役は草村礼子さんのイメージだったのですが(映画「Shall we ダンス?」のダンスの先生がとても素敵だったので。)、映画を拝見して武田先生役の樹木希林さんの生徒のお点前を見つめる厳しくも温かい眼差しが本当に素敵で、言葉はなくてもこんな風に人から思われたら幸せだろうなあと思うと、心にじんわりと灯りが点ったような温かい気持ちになり涙が出て来ました。色 [続きを読む]
  • 来年の京都手帖
  • 来年のスケジュール帳、「京都手帖」を取り寄せました。京都限定版の表紙は「雪持笹」。まさに私好みの地味派手な素敵な柄??京都手帖を使い始めてもう何年になるでしょうか。大きさといい、カバーのポケットといい、中身のデザインといい、使いやすすぎて手離せません。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • TABIストラップ
  • いつもお家元のお稽古場で仲良くして頂いている弟子仲間の方から、可愛い足袋の形をしたスマホストラップ、その名も「TABIストラップ」を頂きました。こんなに小さいのにコハゼも付いています??そしてとても優秀なのが、足袋ストラップの足裏部分がスマホクリーナーになっていること!いつもスマホの汚れが気になっていたのですが、これですぐに拭くことができます??大好きな麻の葉柄なのも嬉しい??でも何よりとっても嬉しか [続きを読む]
  • お金では簡単に手に入らないもの
  • 京都在住の原依子さんの器のファンで、東京での作品展を楽しみにしていたところ、今月末に日本橋三越で開かれると知りました。しかし、作品が購入できる予約券が完売したとのこと…??いつか手にできる日を夢みて。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • はんなり着物美人(?)の足元
  • グリーンの着物に合わせてグリーンの草履を選びました。こうして足元のみの写真を見ると、はんなり着物美人の足元みたいに見えるから不思議(実際ははんなり着物美人とは程遠いですが(^^;)こういう雰囲気って洋服姿の足元では到底出せないもの。改めて着物の魅力を感じました。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 美しい卓上カレンダー
  • もう10月も終わり。早いもので今年もあと2ヶ月ですね。今年から使い始めた「とらや」の卓上カレンダーもあと少し。「とらや」のカレンダーは江戸時代のお菓子の見本帳(デザイン帳)から選んだという絵図がとても美しく、その上、コンパクトで場所を取らないところも気に入っています。昨日、銀座へ出たので来年の「とらや」カレンダーを購入。来年も楽しみに使おうと思います? 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞っ [続きを読む]
  • 今宵は十三夜
  • 今宵は十三夜。「十三夜に曇り無し」といわれるように、よく晴れた夜空を左が少し欠けた十三夜の月が煌々と照らしています。その美しさはまさに「後の名月」です。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 十三夜
  • 今月21日は「十三夜」です。十五夜(中秋の名月)から約1ヶ月後に巡って来る十三夜は中秋の名月の後なので「後(のち)の月」とも言われています。十三夜は十五夜に次ぐ美しい月ということで昔から大切にされており、十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれています。十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、満月ではなく、左の方が少し欠けている [続きを読む]