TAIYO さん プロフィール

  •  
TAIYOさん: 洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記 
ハンドル名TAIYO さん
ブログタイトル洋画家 美崎太洋の遊画遊彩記 
ブログURLhttp://taiyoart.exblog.jp/
サイト紹介文美崎太洋の遊画遊彩記と絵画、写真、陶、書、絵手紙等の展覧会情報。音楽、能狂言、神楽、舞踊等の情報。
自由文海の風景、山の風景、花、沖縄など油彩で描いている。
毎年、海の日から個展を開催。(現在21回)
日本の海洋画展 出品。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/03/13 22:58

TAIYO さんのブログ記事

  • 美崎太洋2018CALENDAR
  • 今日は僕の2018年のカレンダーが届いた。7月の第23回美崎太洋個展8月の第32回日本の海洋画展も終わり9月からは伊勢湾に浮かぶ答志島、神島の絵に没頭。合間に23回個展の出品作の中から9枚選びイラストレーターで制作、入稿したものだ。色校正もしないで一発勝負!やった〜! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 中島悦子 油彩画展に行く。
  • 今日は久々に鎌倉は小町通りにあるギャラリー・ユーに行った。祭り・鳥居・季節 と題して中島悦子さんが油彩画展を開催しているのだ。僕は中島さんが描く祭りシリーズが好きで、この日を楽しみにしていた。たくさんの祭りの絵を一堂に拝見したのは今回が初めてだが 期待どおり色彩豊かで人物の表情なども温かく、なんとも言えないうれしい祭りのひととき温もりのある画面を迷いなく生み出していた。祭りシリーズのほか、... [続きを読む]
  • 眞月美雨写真展 桃源郷 オープニング
  • 昨日は銀座ニコンサロンで開催の眞月美雨さんの写真展 桃源郷を拝見する。美雨さんは昔ながらの二眼レフ(6×6)を駆使して中国は四川省、雲南省、貴州省、などの少数民族の文化や暮らしを取材したようだ。厳しいだろうが自然とともに暮らす人々の生活がモノクロフィルムの階調にソフトで温かな表現となって写し出されていた。僕も1999年、雲南省の少数民族の村をたずねた事がありその時、僕の子供... [続きを読む]
  • 日本の海洋画展・画集
  • 一般社団法人 全日本海員福祉センターが主宰する日本の海洋画展僕は2014年の第29回展から出品させていただいているのだがこの展覧会は、開催以前にはにはもう、出品作家に画集が届けられると言う速さ。素晴らしいスタッフ力だ。絵画の運搬、写真撮影、デザイン、校正、印刷などそれぞれの工程には、さまざまな細かいやるべきことがたくさんあると思うのだが完璧に満足いく画集となっている。僕は絵を... [続きを読む]
  • 絵の具
  • 昨日、今日と同じような色調の海の絵を二枚描いた。下の絵の具の写真をご覧のようにブルー系だ。僕の絵は、チューブから出したそのまんまの色を塗ることが結構多い。混色すると彩度が落ちるからだ。そんなことで中間色も好きな色を買うようにしている。それでも微妙な色合いが必要な時はもちろん混色をする。特にグリーンは色を作らないとどうにもならない。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 美崎太洋個展と日本の海洋画展
  • 暑い夏と海が大好きなTAIYOにとってふさわしい真夏の二つの展覧会美崎太洋個展毎年 海の日からの開催(銀座アートスペース)2013年個展2014年個展2016年個展2017年個展2017年個展日本の海洋画展 毎年 東京(8月)と黒崎市(9月)で開催2017年 日本の海洋画展2017年 日本の海洋画展 池袋芸術劇場ギャラリー(5F)... [続きを読む]
  • 答志島漁港を描く。
  • 今日は答志島(8月9日取材)の答志漁港を描き初める。昨日は描きかけの和具漁港に2回目の加筆をしたのだが今日の答志漁港は、初めて描く。ただいま4作品、同時進行で描いているのだがどの作品も仕上げはいつのことになるのか分からない。気分次第だ!答志漁港(取材日8/9日)この右手の方にある港の食堂で鰆のさしみ定食を地元の人達にまじって食べた。刺身はもちろん極ウマだが、おばあち... [続きを読む]
  • 和具漁港
  • 今日は8月の9日から11まで取材をした伊勢湾に浮かぶ島のひとつ答志島の「和具漁港」の絵に加筆した。この絵は山の中腹からの眺望である。船着場からなだらかな車道を登って行くと道はだんだん急となり寺と神社が立つ山の中腹の分かれ道に着く。美多羅志神社の脇から細い山道をくねくねと岩屋山古墳まで登ると少し開けた所に見晴らし台がある。そこからは、こじんまりとした町並みと、港全体が見渡せ、絶好の写生地だ!... [続きを読む]