護国寺 さん プロフィール

  •  
護国寺さん: 青年僧侶のシャカリキ奮闘記
ハンドル名護国寺 さん
ブログタイトル青年僧侶のシャカリキ奮闘記
ブログURLhttps://ameblo.jp/gokokuji5594/
サイト紹介文京都市山科区にある、日蓮宗 護国寺のブログです。
自由文日蓮宗の関西六檀林のひとつ、山科檀林旧跡の護国寺。
http://www.yamasina-gokokuji.jp/
HPもご覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/03/14 20:08

護国寺 さんのブログ記事

  • 満員御礼の信行会
  • 昨日5月20日、私が住職を務める本光院で 信行会を開催しました 昨年の3月に住職に就任して以来、 コツコツと寺観の整備、毎月の寺報の発行、 御首題・ご朱印の刷新をして参りましたが、 この度、初めて信行会を開催させて頂く事となりました するとなんと 思いもかけぬ34人ものご参加があり 素直に喜んでおります お寺と言いますとお葬式と法事だけをイメージしがちでございますが、 本来は生きている私たちがどのようにすれば [続きを読む]
  • 伝統あるお寺で高座説教
  • 昨日5月13日、松ヶ崎の涌泉寺で、大きな法要がありました 涌泉寺は松ヶ崎檀林の旧跡で、 妙泉寺と本涌寺が合併して本年100年目を迎える節目の年(詳細は涌泉寺の公式HPをご覧下さい) 御開山は華洛弘通の大導師、龍華樹院日像上人 日蓮大聖人がご臨終の際、 帝都弘通を委嘱され、 三度都を追われる迫害にあわれますが、 後醍醐天皇から綸旨を賜り、 日蓮宗の弘通を公許されました 今年は日像上人がお生まれになられて、 750年とい [続きを読む]
  • 伊豆法難
  • 本日5月12日は、日蓮大聖人が伊豆へ流罪となれた伊豆法難の聖日日蓮大聖人が鎌倉の由比ヶ浜から、 船で伊豆へ流される時、お弟子の日朗(にちろう)上人との 涙の物語が今でも伝わっています・・・。・・・・・・「お、お師匠さま〜!」「ええい、小僧!船から離れろ!」「お願いです!この私も一緒に伊豆にお流し下さい!」「聞き分けのない奴じゃ、こうしてやる!」 バキッ!辺りに鈍い音が響きました。役人が船の櫂で小僧さ [続きを読む]
  • ご主人の涙
  • 昨日、月回向(お経参り)に伺いました その方の仏壇には、 毎月たくさんのお供えが並んでいます おいしそうな御菓子や、旬の果物、 亡くなった奥さんが好きだった食べ物など、 所狭しとお供えされてあるのです 奥さんに先立たれて一年半ほどになられますが、 その時にお寺を尋ねられ、 毎月の月回向(お経参り)をご依頼され、 檀家さんとなられたのが始まりです(。-人-。) ご主人はとても心優しい方で、 色々な方へ、きめ細かい贈 [続きを読む]
  • 長男へ…ゴメンね。
  • 本日5月5日は子供の日でしたね ということでこんな手記をご紹介します 【甘えていると思っていた長男の言葉の真意に感動】 次男が生まれた時、早生まれの長男はまだ2才になっていなかった。 おむつも取れていないし、買い物に行くときはまだベビーカー。住んでいた団地は、エレベーター無しの3階。こちらの都合で、どんなに小さくても「もうお兄ちゃんなんだから」が口癖になってしまった。夜は長男と次男に挟まれて川の字で横 [続きを読む]
  • 5月信行会のご案内
  • 今月の行事案内です 信行会5月20日(日)14時〜15時30分くらいまで 今月は開催場所を護国寺ではなく、 本光院(左京区北門前街481)で開催したいと思います。 昔から〜仏法は聴聞に極まれり〜と言いますように、どんなにあいりがたい教え、どんなに素晴らしい教えでも、それを耳にしなければ何の意味もありません。そこで今回は「命の時間」と題し、仏教法話をさせて頂きます。是非ともお寺にお越し下さい。心よりお待ち申し上げ [続きを読む]
  • 比叡山で法話
  • ゴールデンウィークの初日の4月28日 私達、日蓮門下にとっては特別な日 それは、日蓮大聖人が初めてお題目をお唱えになられた立教開宗の聖日 比叡山の横川・定光院では、 京都日蓮聖人門下連合会の主催による 立教開宗会が厳修されました(。-人-。) 法要前に、不肖私が法話をさせていただきました 昨日は春爛漫の晴天のもと、 まさに朝日輝くお天気でございました 日蓮大聖人が清澄の旭ヶ森にてお唱えになられた時も、 このような清 [続きを読む]
  • お坊さんは何をしている?
  • お坊さんは意外と会議が多い… 4月23日は声明師という会の総会4月26日は布教師という会の総会4月27日は本山の遠忌を迎えるに当たり奉行委員会と、 年度初めはお坊さんも会議で大忙しε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ 年度初めは、どのような布教を展開し、年間活動をしていくのか といったことを話し合わなければなりません。その会議の資料などを用意しなければなりませんので、いつしか私もパソコンを使いこなしてしまうようになりま [続きを読む]
  • 苦難という節
  • 昨日4月19日、 私が住職を務める本光院の本山である妙傳寺で、 七面大明神の例祭がありました 始まる前に信者さんが本光院に立ち寄って下さり、 タケノコをお供えして下さいました 春の旬の食べ物 たけのこは、わたしも大好き 仏様にお供えした後、 さっそく茹でさせて頂きました(。-人-。) ・・・・・・ たけのこは、言うまでもなく成長すると竹になりますが、 竹が簡単に折れないのは、所々に節があるからとも言われます また真 [続きを読む]
  • けちなお坊さん
  • 以前、ひろさちやさんの本で、読んだいい話を・・・ちょっとアレンジしています・・・・・・・・昔、インドにけちなお坊さんがいました困ったお釈迦さまは、このけちなお坊さんを二人の弟子と一緒に生活させることにしましたこの二人の弟子は〜素晴らしい布施(ふせ)のこころを持っているお坊さんでした 二人は必ず自分が貰った食事を、他人に分けてやるのですそれがお団子一つでも、分けて食べるのです。そして「おいしいね。おい [続きを読む]
  • 身延へお参りしてきました♪
  • 4月10〜12日の2泊3日で、日蓮宗の総本山である身延山久遠寺へ団体参拝して参りました 京都府第一部宗務所主催の、日蓮大聖人ご降誕八百年の慶讃事業の一環でもあります 『画像は朝5時の久遠寺』 護国寺からも私を含め5名の参加がありました 大聖人の御廟所前で 身延山山頂の奥の院・思親閣でもパシャリ 天候にも恵まれて、富士山もキレイに拝めました 身延へお参りしていつも感じることは、 参加なされた檀信徒の皆様の篤い信仰 [続きを読む]
  • お花見とお釈迦様の誕生日♪
  • 昨日4月7日、護国寺青年信徒団『廣布会』の花見を致しました 今年は桜の開花が早く、 花見はできない状態… ということで廣布会の会員が経営しているお店で花見宴席をさせて頂きました こうやっていつも、集まって下さる皆様に感謝 お寺&仏様の教えがいつも皆様の身近にありますように ・・・・・・ そして本日4月8日は、お釈迦さまの誕生日 朝は住職を務める左京区の本光院にいたのですが、 御首題&ご朱印で多くの方がお参り [続きを読む]
  • 笑うと長生きする?
  • 「短気は損気」とはよく言ったもので、気が短いとトラブルの原因となることが多く、よからぬ不幸事を招く事があります逆に怒りと反対の笑いは、良いことばかり私達が笑うのは、おもしろかったり、喜んだりした時ですが、その時、息を吸いながら笑う人はいません必ず長く息を前に出して笑いますよく笑う人は長生きをすると言いますが、確かに笑う時は、長く息を出す…。ここから「長生き」と言われるようになったとも 日蓮大聖人は [続きを読む]
  • 4月の行事案内♪
  • 今年は桜の開花が早く、 京都は満開を過ぎて、散り始めていますね 護国寺の八重桜も満開です 今年は、お釈迦さまの誕生日に桜をお供えできないかも… 予想外はもうひとつ 護国寺青年信徒団(廣布会)の恒例お花見が、 開催日にはすでに散った後となりそう・・・。 ということで夜の部だけでも開催致します 廣布会お花見7日(土)場所は、京都駅前「焼き肉督 総本店」18時から開宴 ※今月の信行会はお花見とさせて頂きます(。-人-。 [続きを読む]
  • シャカリキが実った春彼岸会
  • 昨日3月24日、本光院で春彼岸会を執り行いました 京都でも一気に桜が開花して、 まさに春一色となりました 思い起こすと先代の急なご遷化を受け、 本光院の住職となりましたのがちょうど一年前。 多くの皆様にお支えを頂き、 シャカリキに精進してきた一年でもございました 昨日は本光院が満堂になるほど、 多くの檀信徒がご参拝頂きました\(^▽^)/ なんとも嬉しい限りでございます 住職に就任して以来、 参拝しやすいお [続きを読む]
  • 食事には二種類ある!?
  • 本日から春のお彼岸が始まりましたね その彼岸入りの本日、 護国寺で春彼岸会が執り行われました 暖かい陽気で、まさに春そのもののお天気でした 法要後は、常任布教師でもあられる松林院の大西秀樹師のご法話 食事には二種類あるのをご存知ですか それは… 食味(じきみ)法味(ほうみ) 食味は私達が普段から食している肉や魚、お野菜など 法味は、お経やお題目のこと 生きている人間は食味を頂きますが、 仏様や、亡くなったご [続きを読む]
  • 限定のご朱印
  • 私が住職を務める京都岡崎にある本光院のお話しです 今まで、ご朱印を押す印鑑がなかった本光院…。 今回なんと 篤信の檀家さんがご寄進くださったのです そこでこんなご首題を作ってみました 4月いっぱいまで限定の花祭りバージョン 枚数に限りがあり現在10枚までですm(_ _)m もちろんご首題だけもありますよ ちなみに、本光院の寺宝は毘沙門天像であります 毘沙門天のご朱印もありますので、 お近くに寄られた際には、是非お越 [続きを読む]
  • 死ぬ時に後悔すること
  • 昨日3月14日、信行会を開催しました いつものように、最初は法話の時間 一冊の本を紹介し、私達が亡くなる時、後悔することをお話しました。 1 健康を大切にしなかったこと2 たばこをやめなかったこと3 生前の意思を示さなかったこと4 治療の意味を見失ってしまったこと5 自分のやりたいことをやらなかったこと6 夢をかなえられなかったこと7 悪事に手を染めたこと8 感情に振り回された一生を過ごしたこと9 他 [続きを読む]
  • そのうちに…は怖い
  • 私達はついつい、また今度でいいか と思ってしまいます でも、この「今度でいいか」「そのうち…」というのは本当は怖いことなんですね… こんな詩があります そのうちお金がたまったらそのうち家でも建てたらそのうち子供から手が放れたらそのうち時間のゆとりができたらそのうち・・・・・・そのうち・・・・・・そのうち・・・・・・と出来ない理由をくりかえしているうちに結局は何もやらなかった空しい人生の幕がおりて頭の上 [続きを読む]
  • お題目のエッセンスとは!?
  • 昨日3月3日、本山 本法寺で 京都日蓮宗公開講座がありました メイン講師は本門仏立宗の長松清潤師。 京都佛立ミュージアムの館長でもあられ、 京都の長松寺、横浜の妙深寺、長野の本晨寺の住職でもあられます 講題は、 「空飛ぶお坊さんの生き生き仏教講座〜海外から再発見する日蓮聖人の教え〜」 長松師は、日本だけではなく海外布教にも精力的に取り組まれており、つい3日前もインドにおられたそうです そんな師は、純粋に一人 [続きを読む]
  • 彼岸会&信行会のご案内
  • 梅満開の3月 今月の護国寺の行事案内です 信行会14日(水)午前10時〜12時「樹脂粘土つくり」参加費:1,800円定員:10名まで※廣布会婦人部の企画ですご参加希望の方は、gokokuji5594@yahoo.co.jpまでご連絡下さい(。-人-。) 春彼岸会18日(日)午後13時より法話:大西秀樹師(京都布教師会・会長)「いのちに合掌」※宗派を問わずだれでも参拝出来ます。※お塔婆供養(3,000円)を受け付けます。志のある方は、gokokuji5594@yahoo.c [続きを読む]
  • 嫌な人
  • 昨日2月27日、京都の常任・専任布教師会主催の研修会がありました 講師は大阪の東孝信師。 宗門運動をどう説くか をテーマにお話しをして頂きました。 内容は大変濃くて難しいものでしたので、 一部分だけご紹介します 昔から、 袖触れ合うも他生の縁 と言いますように、この世で出会う人は、 過去世からのご縁で、出会うべくして出会っていると言われます これは法華経的に言うと、 私達が今世で仏となるために、 色々な人に出会 [続きを読む]
  • 冬は必ず春となる
  • ふと気付くと、 境内の梅が満開でした 今年は寒波が何度も到来し、 厳寒の冬だったにもかかわらず、 可憐な花をキチンと咲かす梅の花 まるで私達の人生のようだと感じます この世界を仏教では『娑婆世界』 といいます。 娑婆の意味は、堪え忍ぶという意味ですね。 辛く苦しく、悲しいこともあるこの世界ですが、 でもそこから逃げずに一生懸命精進すれば、 必ず人生に花が咲く ということでしょうか 日蓮大聖人は『妙一尼御前御消 [続きを読む]
  • 親の恩を感じる
  • 本日2月21日、信行会を開催しました 今月のテーマは・・・ 「写経」 でした 皆様、思い思いの法華経を写経なされてました 写経前には法話をさせて頂き、 親の恩 を感じる手記をご紹介しました 私達はみんな両親がいたからこそ、 この世に生を受けることができ、 親が育てて下さったからこそ、 今、このように生きていることができます 親には大恩があるのですね しかしそれをいつも忘れてしまうのが子供の私達 日蓮大聖人も『 [続きを読む]
  • 信仰している人は…
  • お寺には日頃から、 色々なことで相談されることが多々あります それは悲しみであったり、 悩みであったり、 祝い事であったりと その都度、その方の立場に立ってお話しをさせて頂くのですが、 ご信仰をなされている方は、 不思議と解決していく事が多いと感じます。 大きな大きな壁に光明がさし、 目の前がパッと開く感じです昨日19日は、七面大明神のご縁日本山妙傳寺では例祭が執り行われました(。-人-。)(身延七面山と同木同 [続きを読む]