RO-HI- さん プロフィール

  •  
RO-HI-さん: 渓を歩く
ハンドル名RO-HI- さん
ブログタイトル渓を歩く
ブログURLhttps://ameblo.jp/ra-a-noro-hi-09/
サイト紹介文本流釣り師見習いの成長記録です。温かい目で見守ってください。
自由文ヤマメ、イワナ、虹鱒…美しい魚が好きです!最高の出会いを求めて日本全国を駆け回ります!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/03/15 20:01

RO-HI- さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018/11/10 荒川サケ釣り 1回目
  •  サケ釣りの時期です。なかなか日程調整ができずに今日が今季1回目の釣行になりました。荒川は渇水で、魚が居着いているポイントも限られているということだったのでポイント選択に苦労しました。 岸に近い産卵床には連日釣り人が張り付いているため、相当なプレッシャーがかかっていることが予想されました。渋いという声が多く聞かれる中で、同じような流れを探ると苦戦することが必至だったので、渇水のときしか攻められな [続きを読む]
  • 2018個人的珠玉の大ヤマメ大鱒
  •  きのう最終釣行に行きました。増水していてよさげに見えるポイントがたくさんありましたが、秋ということもあり、少しゆっくり目の流れに魚が寄っていました。風が強く苦戦する時間帯もありましたが、雌の尺やまめ、3本の尺イワナ、綺麗な50UPの雄鱒が釣れ、文句なしの納竿になりました。 さて、毎年同じようなことを言っていますが、今シーズンは今までで一番充実した釣りができたと思います。理由は探って探って掘り当て [続きを読む]
  • 盆過ぎて秋めいてきました
  •  お盆は天竜川水系に出かけて一竿師のメンバーでご飯を食べたり酒をかっ喰らったりしてきました。連日の雷で思うように竿を振れませんでしたが、綺麗なアマゴの顔を見ることができました。人生初の天竜川本流アマゴは今回もお預けとなってしまいましたが機会を見てまた挑戦したいと思います! 夏休みの最終日には東京生活時代からお世話になっているヨシタケさんと群馬の山中へ遊びに行きました。かなり久しぶりに短竿を持って [続きを読む]
  • 3河川で尺アマゴという幸運
  •  出張の合間のチョイ釣りです。一昨日の午後、券を2枚買って北アルプスで隔たる2河川で竿を出しました。まずは、秋のダム遡上が有名な、アノ峠の長野県側の川で。体高のある美型でした。 渇水でポイントに乏しいので、ササっと見切ってアノ峠の岐阜県側へ。本当にササっと川見をして、良さげな流れへ…。カカン!とイイ当たりが出て釣れてきたのは尺一寸のパーマークくっきりアマゴ。 翌朝は朝3時にホテルを抜け出して長良 [続きを読む]
  • チョイ釣りを楽しむ日々
  •  タイトルの通りです。仕事が立て込んでゆっくり釣りをする時間がとれず、息抜き程度に夕方の30分間竿を出す、みたいな釣りが続いています。ダムの放水があったり、突然渇水になったりと相変わらず狙いづらい利根川ではありますが、良いタイミングに当たると良型の魚に出会うことができます。夏のヤマメは一里一尾とも言われます。貴重な出会いをモノにできるよう、引き続き頑張ってみようと思います。 [続きを読む]
  • 星降る川に夢釣行
  •  土日は朝から晩まで仕事で、今日だけ休みになったので眠い目をこすりながら遠征してきました。一通りのライブカメラを眺め、北陸に住んでいたときの経験をもとに水量が丁度よさそうな急瀬の川を選びました。4時ごろ現着しましたが、久しぶりに訪れたので2、3時間ポイントを見て回り、股下ほどの水深の平瀬に入りました。 竿を出したころには暑くなってきましたが、酸素供給量の多そうな流れを探るとアタリが…。しかも次々 [続きを読む]
  • 利根川で嬉しい出会い
  •  先日釣りをしていたときに、瀬肩で良いアタリが出ました。ククっ!と引いたと思って合わせを入れたら、ピョンと飛んできたのがこの魚です↓こういうサイズが本流域でも釣れると、この川にも未来があるなあ…と思います。とは言え、魚が少なくなったとたびたび耳にしますし、自身の体感的にもそう思うので、何か自分にできることを少しずつやってみたいと思っているところです。  さて、水況は渇水でなかなか厳しいものがあり [続きを読む]
  • 衝撃の利根川 最大記録更新 
  •  群馬に釣りにいらっしゃったパパさんと合流し、自宅の近所で竿を振っていました。今季好調の利根川なので数も型も伸び、尺もののヤマメや40〜50の鱒などが釣れました。そして迎えた午後のひととき。突如パパさんの竿が曲がり、丸太のような鱒が飛び上がったのです。ヤマメ狙いの仕掛けでは為す術もなくプツン…。大変残念でしたが、所要のあったパパさんはこれにて帰宅となりました。 今まで普通にヤマメ釣りをしていた流 [続きを読む]
  • 好調の利根川 大ヤマメ見つけた! 
  •  多少水位が下がったものの、まだまだ急流と化している利根川です。仕事帰りに川面を見ていると、流れの中で銀色の大きなヤマメが跳ねていました。それも1匹や2匹ではありません。群れで遡上してきたのでしょうか。まだ5月、水温もさほど高いわけではないのですが、魚の動きが非常に活発なように思います。ちょっと竿を出してみたくて、日没前のひととき、川に降りてみました。表層を見ている魚はカワゲラの成虫に飛びついてい [続きを読む]
  • 家の下の利根川でヤマメ釣り
  • 昨日はフリーマンさんが群馬へいらしていたので仕事終わりに合流しました。夕方2ポイントを巡って、きれいな魚を見せていただきました。自分は強風に心が折れ、見学に徹して終了。シーズンはまだ長いので、次回の釣行をお約束して別れました。本日も夕方までお仕事だったのですが、帰り道に30分ほど夕練しました。ダム放水で相変わらず水位の高い利根川ですが、良い流れにヤマメが入っています。水温は12℃。小気味よいアタ [続きを読む]
  • 波乱の5月 三ツ口のオス
  •  過去に経験のない釣れ具合の5月です。ヤマメ釣りに精を出しているのですが、先日0.3号を瞬殺されてしまいました。アタリの出かたや魚の重量感から推測するに、大きなニジマスでは…?と睨んでいました。折を見てリベンジしたいと思っていたので、今日は仕事帰りにタックルのパワーを上げて、ボス討伐戦へ!仕掛けを投じた1投目、いきなりのレスポンスがありました。 愛竿の峡PROⅡが半円を飛び越える曲がりで耐えてくれまし [続きを読む]
  • 2018年 ヤマメ釣り 開幕
  •  これまで群馬の春先は魚が釣れないという印象でした。しかし、今年は季節の進みが早いのか、5月上旬にして尺〜40弱のヤマメが釣れています。夏になればさらに大きい魚が釣れるでしょうか。限られた釣行時間の中で、楽しんでいきたいと思います。/user_images/20180513/21/ra-a-noro-hi-09/c1/8c/j/o0600045014190334284.jpg"> [続きを読む]
  • 荒川鮭釣り2017
  • 今年も越後荒川鮭釣りが解禁されています。11月に2日、12月に4回行ってきました。 1日目は急な仕事で出遅れて14時に現地到着、短い実釣時間では、なす術なくボウズとなってしまいました…泣 2日目はかなりの増水で中州は全て渡渉禁止になってしまいました。ポイント選択に難航しましたが初物が釣れました。この日は4時間程ほどを出し、荒天にて心が折れて終了。12月の釣行ではよい釣りに恵まれました。 経験や技 [続きを読む]
  • 犀川殖産 大鱒を追う
  •  3連休の初日、土曜日に善光寺へのお参りがてら犀川へ行ってきました。前日からの雨で殖産エリアの水位は約40cm上昇。およそ泥水のような水況でした。せっかくなので15時ころから竿を出してみたところ…。無欲なのがよかったのか、50cmオーバーの太い鱒が連発!直径39cm枠の鮎タモをじわりとしならせる重量感がありました。やはり犀川の鱒は面白いです。3箇所まわっていずれでも好反応でした。決め手はあの泥のような [続きを読む]
  • もう、秋。
  •  でかい魚を釣るためには、まず、でかい魚のいる川に行かねばならない。でかい魚のいる川に行っても、実際に釣り上げることはとても難しい。それを痛いほど感じるシーズンとなりました。 神様のいたずら、とでも言うのでしょうか。「最悪の辞令じゃんか」「とんでもねえところに飛ばされちまったな」という仲間の言葉もなんのその。僕の一日は、トイレの窓を開けて利根川の底石を確認することから始まります。そんなわけで今年 [続きを読む]
  • 2017年 3月の釣り
  • 水況を見ながら4回竿を出しました。今年は良いタイミングに当たっているようでお魚がつれています。群れに当たった日は40〜55cmのイワナが15匹くらい、他の日は1〜5匹つれました。釣りの詳細についてです。僕はiPhoneを使用しているのですが、この携帯電話で写真を撮ると撮影した日時と住所が自動的に記録されます。それを参照して過去3年間のデータを見てみると、春先の新潟で魚を撮影した時間は10:30〜12:00ごろと16: [続きを読む]
  • 真冬の犀川 美形ニジマス 
  • 仕事が急きょ休みになったのでラッキーな平日釣行に行ってきました。とは言っても真冬の犀川。朝の冷え込みは−7℃予報だったので、ゆっくり出て行って11時ごろに現着しました。反応しそうな流速と水深を考えながら探ります。セオリーは深いトロ瀬の開きでしょうか。サーモンを付けて流していると明確に当たり、51cmのニジマスが釣れました。しかし、アタリはその一度きりだったので移動しました。先刻は単発で終わってしま [続きを読む]
  • 信州犀川 久々の大物
  • 倶楽部の新年会で犀川に行きました。前回の釣行では、水深3〜4mの深みで1匹魚が掛かったものの沖へ魚が走ったときに竿尻を入れて矯めたら1.5号の糸が切れてしまってボウズ。竿の使い方を誤った節があったので今回も同じタックルで、リベンジに挑みました。所用で遅刻して11時ごろ川に降り仕掛けを振り込むと、何らかの当たりが…65cm のブラウントラウト。普段使うより細い1.5号の糸ですが矯めの角度と持ち手の間隔を変えな [続きを読む]
  • 2017シーズン
  •  年が明けると悩み始めるのが、どこの川の鑑札を受けるかということです。この見通しが甘いと年券貧乏に陥ることになります。昨年は解禁前に74900円、一昨年は68000円を初期投資して、さらに日釣り券を買ったので、それなりの本流竿が1本買える金額を費やしてしまいました 汗 今年は生活環境がガラリと変わり、地元の群馬県を中心に釣りを楽しむことになります。子どものころから親しんだ川ばかりですが、10年も経てば名残こそ [続きを読む]
  • 2016年 11月 雷撃!荒川
  •  荒天予報がはずれ、快適な酒釣りを堪能してきました。恩田学舎と本流一竿師、そろって荒川入りです。まだ魚の薄い今シーズン。どのポイントにサケが足を止めているのかを探らねばなりません。初日はエリアの中流域で竿を振りました。荒川ファンクラブの方でも書かれていましたが、ポイントにいる反応のよい魚を抜いてしまうと、アタリが遠のくようです。テンポの良い朝の釣りとは一転、陽が上がり釣り人の活性が上がってくる頃 [続きを読む]
  • 2016年 荒川の季節
  •  開幕してからだいぶ時間が経ちましたが、越後荒川でのサケ釣りを楽しんでいます。豊漁の年が続いていたので、今年は意気込んで宿泊パック開始の休日からエントリーをしました。しかし、どうやら川の雰囲気が違います。昨年は早い時期から、いたるところに産卵床や魚影が確認できましたが、今年は気配を感じません。初日は情報が無いので、まずは半日歩いて産卵床の把握に努めました。その結果1の岸寄りと開きにいくつか、3の [続きを読む]
  • 過去の記事 …