縁結び霊能 怜宝 さん プロフィール

  •  
縁結び霊能 怜宝さん: 霊視鑑定士 怜宝
ハンドル名縁結び霊能 怜宝 さん
ブログタイトル霊視鑑定士 怜宝
ブログURLhttps://ameblo.jp/renhounokokoroan/
サイト紹介文伴侶、恋人、復縁、主にご縁の繋ぎ方のご紹介をしています 
自由文拝み屋修行霊能者から霊視鑑定士。人の心を読む霊能を持つ。多くの人の心を読むうちに、人の心のカラクリを知る。独自の言霊メンタルトレーニング法で、どんなタイプの方でも、運気を上げていくことが出来ます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/03/17 12:01

縁結び霊能 怜宝 さんのブログ記事

  • 熊野三山 心リセット
  • 昨日土曜日の 霊視鑑定はお休みさせていただきましたこの日は熊野那智大社の 大祭で朝五時出発で熊野三山参拝に 参りました熊野本宮大社です石段参道は158段だそうです次は神倉神社へこの急な参道の山の上にゴトビキ岩が鎮座していますこの通り自然石の参道で朝方まで降っていた雨で滑りがちでしたので上までの参拝は 諦めましたのぼっているのはたいてい 六十代から 七十代くらいの皆さんです驚く体力です三十代から 五十代く [続きを読む]
  • 物に宿る想念 断捨離
  • 週末ですね季節の変わり目です衣替えの 時期ですねこの 7、8年くらい前からでしょうか断捨離 片付けブーム運気の良く無い家は物が多い床が物置き押入れぐちゃぐちゃこれが 特徴です玄関に 靴が多数傘が 出しっ放し廊下 階段は 物置き床も 物置き説明書 保証書 プリント 雑誌などの 不要な紙だらけシンクには 洗っていない 少し欠けた食器「つくも神」という 古い物に取り憑く妖怪か まやかしか聞いたことはありませんかそこまでの [続きを読む]
  • 心の浄化 助けてくれます
  • 霊視鑑定の最後などにちらっと「百合の花 欠かさず生けてます」「お香を焚く習慣が出来ました」「玄関の浄めやってます」などなど実行のご報告をちょいちょい 戴いていますとても 嬉しく思いますありがとうございます百合の花はほんと いい仕事してくれますうちには今ピンク色の 大きな百合が玄関扉前を頼もしくスピリチャルガードしてくれています季節に関係無くだいたい二週間は 持ってくれますが日常にいろいろ面倒なことが 重 [続きを読む]
  • 波動 虫の知らせ
  • この世はあなたが放つ波動で出来ています波動を示す様々な虫の知らせが ありますリアル 虫の知らせです昨日の 霊視鑑定でのことです※ Sさん 搭載のご承諾を戴きましてありがとうございますSさん「昨晩 人生初の 蜂にさされました!しかも自分から刺されに (笑) 」「小さい蜂ではないですか?」「はい ハエより小さいくらいの」Sさんは お風呂上がりに取り込んだ洗濯物からパジャマを着ようとして左手の甲が 針で突かれたように突 [続きを読む]
  • 思いクセを変えることが開運
  • あなたの今の状況を 創っているのは今の あなたの思考ですこのブログでは何度も 繰り返しこのことをお伝えしていますもしも あなたがこの先 今とは違う人生をつくりたいと願うのならば今のあなたの思考を変える必要が ありますたまに「怜宝先生には 頼ってばかりで…」と おっしゃる方がいますがスピリチャルはそもそも頼るものでは ありません崇高御霊の智恵を 頂戴することです思考を 変えるにしても自分の改めるところに気づく [続きを読む]
  • あなたの心 夢占い
  • 夢を見ることは おもしろいです夢占い結構 当たります夢占いは 本格的ではなくてもコツが分かると読解は 簡単です夢にあらわれたものに対するあなたの持つイメージで夢を 読み解いていきます例えば蜂 ゴキ 蝿などの 害虫の夢害虫に良いイメージは 持っていませんイヤなもの その出来事 人煩わしいもの その出来事 人気持ち悪い その出来事 人など害虫が わいているつきまとわれる↓イヤな出来事 人に つきまとわれる害虫を殺す↓イ [続きを読む]
  • 自分は 変わりたい!
  • 今までより上手く生きたい自分は 変わりたい望みをかなえたい誰もが一度は 強く思ったことがあるのではないでしょうか「本当に 変わりたいんです!」最初 苦しみの最中だった方がそんな強い意気込みを発してから陽の波動に変化し 愛の意味を理解していくそんな素晴らしい 変化の過程を視させていただくことはとても ありがたく 嬉しいことですもしも あなたが今の自分から変わりたいと思うのなら自分の 心のクセを知ることからです [続きを読む]
  • 心の因縁関係
  • 私は 心を読むことを得意能力とする霊能者であり 霊視鑑定士です心理学の類は学んだことは ありません心の闇や 心の因縁心のからくりなどはご依頼者方の心を 読んでいくうちに共通点を発見していきましたそして改善方法は皆さんの心の奥深く閉じ込められている本音 願望 渇望を読んでいくうちに視えてきたものですだいたいお一人の 鑑定中に心を読む対象として登場なさるのは恋人 友人 同僚 元恋人やらそして その家族などたち家族 [続きを読む]
  • 恋愛で心を倒さないために
  • 恋愛が原因となり心を倒してしまうことはよくあることですそれは魂の成長にも 繋がりますし決して悪いことでもありませんがムダに傷付きたくはないものです恋愛成就しにくい人はその原因のひとつとして恋愛の流れを理解していないことが挙げられます恋愛の流れとは…初めて出会って相手に好感を抱いたら相手からも気に入られたいと思いますだから『いい人』を演じますちなみにこの『いい人』というのはあくまで本人基準なので逆効 [続きを読む]
  • 心がとんがっているとき
  • なんだか心が 重たくて 沈んでいてイライラしてばっかりしばらく続くそんな うっとおしい自分家族や 恋人に憎まれ口ばっかり叩いて特に何が原因でもない余計なケンカばかり…ますます自分にイライラして自分にムカついて不機嫌になっていきますどうしてこうなってしまうのだろう自分…今の自分がまさに この状態!というのであれば今すぐ自分の心に アクセスしてみましょう私は イライラしている私は 自分に怒っている私は 何がイ [続きを読む]
  • 自分の評価を下げていませんか?
  • 謝ることが素直で 正しいのは子供のころの話大人になればなんでも とりあえず 謝っていては『無能扱いされるだけです 』あなたの周りにいませんか?たいして仕事も出来ないのに周りから認められてどんどん出世していったり活躍の場を 与えられたり引き抜かれたりという人がなぜだろう…自分の方が仕事も出来るしスキルもあるのにどうして 自分は認められないのだろう…原因である一部の事柄を明かして参りますミスや 行き違いなど [続きを読む]
  • 子連れ再婚
  • 離婚率が高くなる背景で再婚するひとも増えています子連れ再婚はしっくりいくまではなかなか 難しいようです子連れ再婚は子が小さいから 大きいからは特に 関係無いようですただ男性が子連れで再婚する場合は女性に子の育児負担が のし掛かります3歳以下など あまり小さいと 難しいですし反抗期や 思春期も 手に負えないでしょう子連れ再婚は子供の心を一番に考えていれば上手くいきます要は恋人から 夫婦になり親戚付き合いなど [続きを読む]
  • 淡嶋神社
  • 人形供養の 淡嶋神社へ 行って参りました五年振りくらい??ずいぶん久しぶりの参拝なのですが人の多さに びっくりしました人が多過ぎて鳥居が 上手く撮れません数年前までは何度か 参っていましたが参拝者は ほとんどいませんでした縁結びが人気なのでしょうかね昨日が雨だったからでしょうかいつにも増して不気味な 不気味な淡嶋神社でした二階の お稲荷さんの 紙垂はリアル オカルトでしたまったく風が吹いていないのに揺れたり [続きを読む]
  • 嫌われたくないを変える
  • 一つ前の内容からの続きになります嫌われたくないこの思いが 縁切りの心であることをお伝えしましたでは縁結びを 上手く運ぶにはどう 変えたらよいのかをお伝えして参ります例えばあなたがそんなに 好ましく思っていない他人 (男女関係無く) からあなたの仕事の素晴らしさや性格の良いところをほめられたりあなたに対して明るく好意的 (男女関係無く) な言動が 何度か見られたらあなたは 最初 そんなに 好ましく思っていなかった相 [続きを読む]
  • 嫌われたくないは 縁切の思い
  • 「嫌われたくない」この思いが嫌われる原因 であることはこのブログで何度かお伝えして参りましたしかし なかなか「嫌われたくない」という思いが消せないひとが少なくありませんまた少し 違う角度から「嫌われたくない」の思いが縁を切る仕組みを明かして参ります「嫌われたくない」という思いはびくびく 臆病な思いですびくびく 臆病な状態のひとは一緒にいても楽しくありませんそしてびくびく 臆病は緊張した心です緊張したひと [続きを読む]
  • 波動とご縁 波動修正
  • あらゆるご縁の すべてはあなたが放つ 波動によって結ばれているものです誰もが自分を取り巻く環境を良くしたいと思いますそれはあなた自身が自分の意思で作り出せるものですご縁とはあなたが放つ波動によって発生しているものだからです例えばいつもダメ男とばかりくっついてしまうまたはパートナーがいる男の二番目女になってしまうそんな女性は自分が好きではありませんし小さなコンプレックスをたくさん抱えています自己評価は [続きを読む]
  • 神棚祀 月並祭 2
  • 前回内容からの続きになります神棚を遷宮しましたら朝の神饌と 参拝 夕(帰宅後の夜)の神饌を下げて 参拝などが 日課となります小声でしか言えませんが…毎日の神饌が 面倒で お祀自体をやめてしまうくらいなら週に何回かは神饌を お休みしても 良いと思うのですあくまで小声ですが…続きましてやや ハードルを上げてみたいひとは月並 (次) 祭のオススメです神社仏閣には 毎月決まった日に月並祭が 行われていますねその 神棚版です [続きを読む]
  • 神棚祀 基本 1
  • 神棚を お祀りする 若いひとが 増えてきましたまた仕方が分かればお祀りしたいと言うひとも増えてきましたとてもすばらしいことですうれしくなります宗派や 土地の風習によって細かいことはいろいろと違う場合も ありますが極々 一般的でありなるべく負担の少ないお祀りの仕方をお伝えして参ります神棚は大小 様々なものが あります購入店は神具店でも ホームセンターでも有り難みは 変わりませんお部屋の ご事情優先で神棚の大き [続きを読む]
  • 心の在り方が 万事の現状をつくる
  • 「なぜ 私は振られたのですか?」「どうして 心変りをされてしまったのですか?」よくある 身勝手なひとの 言い分ですまるで自分には何も 落ち度などなかったかのような納得がいかないといった心情です縁のある相手は( ※ 人に限らず あらゆるご縁 )あなたを映す鏡であるだけのことあなたが 相手を どこか イマイチあんまり 盛り上がらないもっと他に良い人が いるかも知れないとりあえず 今だけ 付き合っておこうまたは人格や 能 [続きを読む]
  • 恋愛が 上手くいかないひとへ
  • 愛するひとのことを尊敬することと見上げることとはまったく違います相手のことをスゴイひと出来るひとステキ過ぎるひと何でも分かってるひとなどと見上げてしまうのは尊敬とは違います縁を持った相手と あなたは似た者同士あなたが相手を 見上げてしまえば当然 相手も あなたのことを不必要に 見上げます相手を見上げてしまうと怖くなってしまい嫌われたくないと暗くなり言いたいことも言えずに こらえてびくびくするように なり [続きを読む]
  • 悩みの根底にある 共通点
  • 皆さんの 様々な お悩みに携わらせていただく中で日々 多くの共通点を見つけていますそして『 原因 』と『 結果 』が常に イコールであることも疑いようの無い不動の事実だと見せて戴いてますお悩みが次々 起こるひとや事が長引いてなかなか解決しないひとは個別の原因は多々 様々ですが最も 奥深い根底の部分には共通点が ありますそれは強い 自己否定ですこの凝り固まった思い込みをどの方向から溶かしていくのかも個別で 様々で [続きを読む]
  • 禊業の仕上げに
  • 毎年 夏は禊業を 行いますここ15年くらいは変わらず禊業にふさわしい日本海か 八重山諸島 各島で行っていますそして今夏の禊の 仕上げは京都仏閣参拝です暑すぎず爽やかな風が吹き抜けていく穏やかな晴天に 恵まれました大覚寺です京都のお寺は美しい 枯山水など非日常の感覚に 浸れます大覚寺の歴史ある屏風絵に 立ち止まって 魅せられるのも非日常の心洗われる 感覚ですそしてEXILE ATSUSHIファンは大好物な場所その他 アーテ [続きを読む]
  • 人間関係と 心 言霊
  • 私たちは常に 誰かと関わりを持ちながら生きています評価の高いひと認められやすいひとというのは能力があるのはもちろんですがそれよりも他人との 関わり方コミュニケーションが上手いひとが能力の有無よりもまたは能力以上に認められやすくいつも得をしています人間関係 全般においてコミュニケーションで失敗しがちなひとは言葉での失敗が多く見受けられます言葉が キツイ ことも そうですが逆に言葉が 足らなくて誤解されるこ [続きを読む]
  • 日舞
  • 国立文楽劇場舞の会へ 行ってきました私のお師匠さんも出演されますので楽しみでした指先の 使い方ひとつ身体の 角度ひとつ日舞はほんとうに美しいですきっかけは毎日の 神楽舞をもっとキレイに 舞いたくて始めた日舞でしたが美しい所作を学べることが何より楽しいことですちなみに旦那は神道の先生で私は旦那から 神楽舞を教わりましただから男舞だったのですここの因縁ひとくくりの皆さんはせっかちなひとが 多いのですもちろん [続きを読む]
  • あなたは 自分が正しく見ていますか?
  • 自分がだらしなくて キライとか怠け者で イヤになるとか自分に ダメ出しを繰り返しているひとほどほんとうは人一倍 頑張っている愛されているひとなのですなぜなら本物のだらしなくて 怠け者でダメダメなひとはまず自分がだらしないとか怠けているとかそんな自覚は 無いんですだからずっと目に余る行動を変えないままでいますねもしも あなたが自分は だらしないとか怠け者だとかダメなんじゃないかとかそう思っているタイプのひと [続きを読む]