あおな さん プロフィール

  •  
あおなさん: アスペルガーのコミュニケーション教室
ハンドル名あおな さん
ブログタイトルアスペルガーのコミュニケーション教室
ブログURLhttp://aona.ohitashi.net/
サイト紹介文成人後にアスペルガー症候群と判明。コミュニケーション能力や社会的スキルが必要なヘルパーやってます。
自由文52歳まで発達障害であることを知らなかったあおな。知らないこと、できないことがたくさんあるということにいまさら気づいてます。上司、同僚のほとんどが女性の職場で、対人援助職をやっています。つらい条件をさかてにとって、「ふつうの人」は、どんなコミュニケーションをとるのか日々観察中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/03/19 15:19

あおな さんのブログ記事

  • 委任状という攻撃
  • 今日、明日と学校図書館の仕事が休みです。わたしにとって、2連休なんてすごくありがたいこと。前々から、(どこかへ行こうかなぁ?苦手なデパートに思いきって行ってみようか?)なんて思っていたのですが、土曜日に父親の年金関係の手紙が来て、たのしい計画は崩れ去りました。その内容を見てみると、これからも年金をもらい続けるために、「住民票をとってくる。戸籍抄本でもいい。」と書いてあるので、まず、市役所へ行き住民 [続きを読む]
  • 芽が出てきた!
  • 花のタネは、10月頃、地温の高いときにまくものだろうけれど・・・。そのころ、父親の入院騒ぎで忙しかったわたしは、タネをまきそびれ、11月の末の休日にまきました。もう芽は出ないのではないかなぁと思いながら。そうしたら、芽が出たんです!かわいい双葉が出ています。これから、朝天気がいいときは外で太陽にあて、夜気温が下がるようになったら、玄関のたたきに入れてやろうと思っています。今回まいたのは、ストックと [続きを読む]
  • 他の司書さんの生活にショック
  • 先日、学校図書館の仕事の研修がありました。研修は5時に終わり、その後の交流会が6時からで1時間の空きがありました。わたしは、近隣の学校の人に、「駅前にイルミネーションがあるから見に行こう。」と誘われ、イルミネーションを見に行きました。そのあともまだ時間があったので、その人は、「デパートに行こう。」と言い出しました。(えっ、デパート?)わたしは、驚きました。デパートはわたしには縁遠い場所。正直、なじ [続きを読む]
  • 雪の季節の心配事
  • わたしが今、心に1番引っかかっていることは、○○県の家のことです。この家は、夫とわたしの共有のもので、10年間空き屋になっています。この秋、この家に行ったのですが、カビがはえたりして「家がかわいそう。」な状況になっていました。夫は、家庭裁判所で、「月1回くらい家の空気の入れ換えに来ますよ。」と言っていたのに・・・。しかし、夫の言葉を信頼するのはもうやめましょう。伸びすぎていた垣根は、根元からすっぱ [続きを読む]
  • ガン検診にひっかかる
  • 11月5日に、父親の白内障手術がありました。わたしは、前々からその日胃ガン検診の予約をしていたので、自分は胃ガン検診を優先し、父親の入院には長男に付き添ってもらったのですが、検診を受けていてよかったです。昨日結果が届き、「要精密検診」。もしかしたら、胃ガンなのかもしれません。父親は老人ホームにいるのですが、「自分をクリニックに連れて行って。」と頻繁に電話がかかってきます。しかし、まず私が精密検査を [続きを読む]
  • 父、老人ホームから退所したいと言いだす
  • 今日は、めずらしい2連休。きのう新しい仕事への応募を済ませたので、父のいる老人ホームに行ってきました。父は11月に白内障の手術を済ませたばかりなのですが、そちらの方はすっかりよくなったようでした。そして、こんどは、「自宅のあるスミヨシ市の医院に受診したい。」と言い出しました。父の老人ホームには総合病院が併設されていて、2週間に1度医師の往診があるのに、それでは気がすまないようです。現在鼻からチュー [続きを読む]
  • 転職の手続きを進めています。
  • きょうは、久しぶりの休日です。朝からがんばって、月給20万円の仕事の応募用紙を書きました。志望動機書、資格証のコピー、結果返送用の封筒も忘れずいれ、郵便局で提出してきたところです。2年前、保育補助を止めるときは悲しかったけれど、やはり、学校図書館の仕事をして、PCで写真やイラスト入りの掲示物作りができたのはよかったです。今回の仕事にも、「ワード、エクセルに慣れていますか?」というチェックポイントが [続きを読む]
  • 彼女は頭が悪いから
  • 「彼女は頭が悪いから」は、姫野カオルコさんの著書です。東大生によるわいせつ事件に着想を得ているそうなのですが、次々出てくる固有名詞に引きずられて、イヤな気分になりながら、読み終えました。わいせつ事件を起こす男子学生の母親が広島大学卒。広島大学は、私が大学院でお世話になった教授の出身校。そして、今は、○○県の近所の人の息子さんが教えてる大学だ。東京の人には、なじみがないだろうけれど、中国地方ではたぶ [続きを読む]
  • 保険金が受け取れない?
  • わたしの父は90歳ですが、先日病院に入院し、白内障の手術を行いました。「5日間の入院、手術を受ければ保険金を払います」という要件を満たしているので、その証明書を病院に作ってもらいました。今日は、その証明書も届き、また、学校図書館もお休みなので、生命保険の保険金を受け取りに行こうと思っていました。そして(あらかじめ、何を持って行くか訊いてみよう。)と思い、かんぽ生命に電話してみたら・・・。「ご本人で [続きを読む]
  • 他人をバカにする臭い
  • きのう、非常勤の音楽の先生が学校図書館にきて話していきました。私が勤めているところは、公立高校の中では特に優秀なところです。生徒さんたちは、おとなしく、よく学校図書館で自習しています。この高校をお利口高校と名付けておきましょう。先生「わたし、お利口高校以外にも3か所の高校に行っているのね。」わたし「えっ、たいへんですね。ほとんど毎日お仕事があるんですね。」先生「でも、ここに来るようになってから、ほ [続きを読む]
  • キンドルで失敗。
  • ぐっすり眠るために、PCは夜立ち上げないとか、コーヒーはカフェインの含まれていないものにするとか、いろいろ気を使っています。しかし、一昨日買ったキンドル本で大失敗してしまいました。わたしは、学校図書館に勤めているのですが、所蔵している本は若者向けのものがほとんど。そういう本も読まなくてはいけないけれど、正直に言って、おもしろくない・・・。そんなとき内館牧子さんの「どうせすぐ死ぬんだから」をキンドル [続きを読む]
  • 転職を考えています
  • 現在わたしは、土日はスミヨシ大学図書館で、平日は学校図書館で働いていて、仕事には慣れ、とても満足しているのですが・・・。この2つの仕事を合わせても、収入は10万円くらいです。これでは生活が成り立ちません。また、老人ホームに入れている父親の年金が減額されることも心配です。そんなとき、ある求人広告をみて、応募してみることにしました。この仕事は、月収20万円いただけるのです。ずっと憧れていて、やっと就く [続きを読む]
  • 暴力老人
  • 昨日は父親が白内障の手術で入院しました。それとは別に、わたしは数ヶ月前からスミヨシ市の胃ガン検診に申し込んでいて、日にちが重なってしまいました。父親の入院も大切ですが、わたしのガン検診も大切です。それで、午前中の入院の付き添いは長男に休みを取ってもらってお願いし、わたしは、胃ガン検診を終えて昼ごろ病院に着きました。胃ガン検診は、バリウムを飲んで行うもので、そのあと下剤を飲みます。ですから、電車で向 [続きを読む]
  • 風呂場の掃除に悪戦苦闘
  • いつも掃除をサボっているので、風呂場にカビが目立ってきました。浴槽の真上に換気扇があり、プラスチックのカバーがカビているのです。わたしは、いつも換気扇は使わないようにして、窓を開けて換気しているのにです。それで、昨日は換気扇のカバーを外して洗いました。これがとても大変で、真上に手を上げてねじをはずすのが難しかったです。浴槽の中に、亡くなった母親が使っていたお風呂いすを置いて踏み台代わりにしましたが [続きを読む]
  • 骨粗しょう症の人の骨量がふえる?
  • 昨日は、整形外科に行きました。8年前腰が痛くなり、整形外科で「骨粗しょう症です。」と言われて以来、通院してきました。はじめは、骨を強くするが副作用もあるという薬を飲んでいたのですが、歯医者に言われてその薬はやめ、カルシウムの取り入れに効果があるというビタミン剤だけを飲んできました。整形外科の医師は、「骨量の測定を8年間1回もしていない。もう1回行い、骨量をふやす方法を考えるべきです。」と言い、わた [続きを読む]
  • 弁護士さんを依頼する
  • わたしにとって、「夫と別居している」とか「離婚」などと言う言葉は、相当恥ずかしい言葉です。人間として、失格を宣言されたような重みのある言葉なのです。ですから、○○県の家の近所の人たちにも、「親が具合を悪くしたので、実家にいるんです。」という話し方をしています。○○県の家の庭の草むしりも、垣根の剪定も、「すぐやりますね。」という感じで対応してきました。自分で行えば無料なのですが、今まで母親の介護、お [続きを読む]
  • 同僚のケガ
  • 昨日は、スミヨシ大図書館での勤務の日でした。利用者さんが全員帰ったことを確認し、あわただしく戸締まりをしました。自分の役割を終え、1階に戻ると、なにか小さな声が聞こえました。「あおなさん・・・。」その声が元気がなかったので、わたしは、(自分がなにか悪いことでもしたかな?)と一瞬思いました。そしたら、司書1さんが現れ、司書1さん「壁にぶつかっちゃった・・・。」と額を押さえているのです。カウンターには [続きを読む]
  • 庭木の伐採が騒音で中止
  • きょうは、数日前に申し込みをした伐採の業者さんが○○県の家に来てくれる日でした。朝、電話連絡があり、わたし(さぁ、これで庭の木もさっぱりするな。)と思っていたのです。ところが、11時頃再び業者さんから電話があり業者「お隣のAさんが、親子で来て、『うるさい。』と言われ、今日は作業を取りやめました。」とのことでした。なんでも、Aさんのご主人は夜勤で働いているそうなのです。10年前はそんなことなかったか [続きを読む]
  • 庭木の伐採を頼む
  • 夜よく眠るために、PCは夜立ち上げなくなったので、昨日のことを今朝書きます。昨日は、「木の伐採をしてくれる業者を探そう。」というミッションを胸に早起きをしました。ネットを見ると、たくさんの伐採業者が出てきます。木を切ってもらうのに、高いところだと1本4000円、安いところだと2000円。○○県の家は小さいウチですが、周囲に垣根があり、正確に数えてこなかったけれど、30本は確実にあります。ネットでは [続きを読む]
  • 家の中に電動の工具がありました
  • ○○県には、わたしと夫共有の家があり、長く空き屋になっています。小さな建売住宅ですが、子どもたちを育てた思い出のつまった大切な家。図書館の仕事や、老人ホームにいる父親のことに取りまぎれ、ずっと家には行けていませんでした。その家に昨日行ってきて、垣根の木が伸び放題になっていることに驚いたり、以前防草シートをしいたのに、すきまから雑草が生えているのを見たりしました。おかしいのは、木を切るものだろうと思 [続きを読む]
  • 初めての夜行バス その2
  • わたしは、ふだん夜外出することなどほとんどありません。夜行バスは11時出発なので、それに合うように家を出ました。スミヨシ市では、ほとんど道を歩く人もなく、車通りもありません。ところが、電車に乗ると、飲み会の帰りなのでしょう。かなり酔った人たちがたくさん乗り込んできたのに、まず驚きました。東京駅について、バス乗り場に来て、わたしはさらにびっくりしました。バス乗り場はとても混んでいました。わたしは、深 [続きを読む]
  • 初めての夜行バス
  • ○○県に、夫とわたし共有の家があります。わたしは、「離婚したい。家は近所の迷惑になるから売却するほうがいい。」と家庭裁判所に言ったのですが、夫「離婚は絶対しない。家は、月に1回くらい風を通しにくる。」と言い、夫の言い分が通ってしまいました。結局夫はほとんどなにもせず、わたしが地元のシルバー人材センターに依頼して、除草や垣根の刈り込みをしてきました。いく年か経ち、わたしは、土日大学図書館のしごと、平 [続きを読む]
  • 楽しそうな草むしりの人たち
  • きょうは、念願だった畑の草むしりをしてもらいました。わたしの家には、20坪ほどの畑用の土地があります。父が在宅のときは、野菜を作って楽しんでいました。わたしも、春には花の種をまき、それが今咲いているのですが、とにかく雑草が取りきれない。お盆休みの2日間草むしりをしましたが、それなりにキレイになったものの、もう今は再び草ボウボウです。この状態で、(芝生にしてもらおうか? 草刈り機を買おうか?)と悩ん [続きを読む]
  • 他の人が持つ紙コップに、水を注いではいけないの?
  • 89歳の父が、白内障の手術を希望しています。きのうは、その父を連れて術前検査のために病院へ行きました。介護タクシーで病院まで行き、血液検査、尿検査、レントゲンとつぎつぎ検査を受けていきます。途中で、父「のどが渇いたから、水をくれ。」わたしは、持ってきたペットボトルを差し出しました。父「口をつけたら悪いから。」といい、看護師さんを呼び止め、父「紙コップちょうだい。」わたしは、ペットボトルを2本持って [続きを読む]
  • ダウントンアビーに夢中です
  • 海外ドラマ「ダウントンアビー」に夢中になっています。ビデオの設定を操作すると、英語が流れてきます。悲しいかな、英語だけではわからないため、最初は日本語で見て、あらすじを確認します。それから、「ダウントンアビー」の脚本を買ったので、それを見ながら再生していきます。娘3人のいる伯爵家と、たくさんいる召使いたち。それぞれに物語があり、善人役、悪人役があり、これからどんな展開になるのか楽しみです。日本にも [続きを読む]