あおな さん プロフィール

  •  
あおなさん: アスペルガーのコミュニケーション教室
ハンドル名あおな さん
ブログタイトルアスペルガーのコミュニケーション教室
ブログURLhttp://aona.ohitashi.net/
サイト紹介文成人後にアスペルガー症候群と判明。コミュニケーション能力や社会的スキルが必要なヘルパーやってます。
自由文52歳まで発達障害であることを知らなかったあおな。知らないこと、できないことがたくさんあるということにいまさら気づいてます。上司、同僚のほとんどが女性の職場で、対人援助職をやっています。つらい条件をさかてにとって、「ふつうの人」は、どんなコミュニケーションをとるのか日々観察中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/03/19 15:19

あおな さんのブログ記事

  • 宮部みゆきさんの本に夢中です。
  • 今、宮部みゆきさんの作品に夢中になっている。勤務先の高校図書館に10数冊宮部さんの作品がある。今まで、読んだことがなかったのだが、高校図書館も2年目になり、「生徒さんのための本だから、司書が読んではいけないのでは?」という気持ちが薄れてきて、手にしてみた。自分に合うものとあわないものがあるようだが、江戸時代を描いたものはどれも面白い。150年以上前のことは、人々の暮らしも、話し方も、どれも正確には [続きを読む]
  • 父親の年金基金解散
  • わたしの父親は、現在有料老人ホームに入居している。これは、父親が年金をもらっているから可能なことである。わたしの母親も年金をもらっていたけれど、その金額は月額4万円で、母親の介護が大変なときも、わたしは、有料老人ホームに入れようと思ったことはなかった。一方、特別養護老人ホームは、利用料が月額7万円くらいで、手が届くけれど、順番待ちが何百人といるのだ。でも、父親はまとまった年金をもらっていて、だから [続きを読む]
  • プロデューサー名を言いたくてたまらない!
  • わたしは、ホームヘルパーの仕事をし始めてから、ヘルパー休憩室での会話についていけず、(テレビを見る必要があるのではないか?)と考え、時間の許す限りテレビを見るようにしてきました。現在の勤務先学校図書館には、午前中はほとんど人が来ませんが、ある朝、女性がはいってきました。講師「わたし、今年度からここの講師になったんです。わたし、テレビのエキストラもしているのね。」わたし「えっ、そんなことできるんです [続きを読む]
  • 司書2さんに会いたくない
  • スミヨシ大学図書館スタート時点からのメンバー司書2さんは、そのときの私にとっては、頼りになる先輩でした。司書2さんは、35歳ですが、既に公共図書館に10年以上勤めたベテランさん。カウンター業務には、すっかり慣れています。わたしは、司書2さんに教えてもらったり、頼ったりする面も多々ありました。しかし、わたしは、初めから司書2さんの行動で(変だな。)と思うことがありました。司書2さんが、やたらと東京都 [続きを読む]
  • 司書4さんに遭遇
  • デパートを出て、人混みの中を歩いていると、(あれ?!)なんか知っている人に出会いました。相手もびっくりしています。スミヨシ大学をこの3月で辞めた司書4さんです。この人は、大学図書館のハケン社員を10年以上していたようですが、2年前に旅行会社に転職。スミヨシ大学へは、ときどきヘルプとして来てくれていました。司書4さんに「旅行の話聞いていかない?」と言われ、お店に行きました。司書4さんの勤務する旅行代 [続きを読む]
  • 再びデパートへ
  • 結局、デパートで買ってきたくつは、足から出血するという事態になってしまいました。わたし(何年ぶりかでデパートへ行ったから、緊張してうまく選べなかったんだ。これから、デパートに少し慣れる必要がある。)と考えました。ゴールデンウィーク中、スミヨシ大学で働き、今日は休みです。それで、きょうは別のデパートに行ってみました。今日の目標は、「デパートに行き、雰囲気に慣れる。お金はつかわない。」ということです。 [続きを読む]
  • 足にあわない靴
  • 昨日と今日は、くつで頭がいっぱいの2日間でした。めったに行かないデパートで、せっかく買ってきたくつですが、わたしの足には合わないみたい。昨日は、ソックスの上からくつをはいたため、1日中足が苦しかったです。きょうは、いつもはいているソックスではなく、フットカバーという薄い靴下をはいてみました。今日は少し楽でした。しかし、フットカバーでは寒い時期つらいでしょう。やはり、ソックスがはきたい。くつは、どき [続きを読む]
  • デパートへ行く
  • 1週間、足が痛くて困っていました。結局、時間が過ぎたためか、湿布薬のおかげか、足の痛みは治りました。でも、これに懲りて、もう少し足を大切にしようと思いました。一緒に働いている司書さんに相談すると、「わたしは、キサスポーツの靴ばかりはいている。」と教えてもらえました。それで、その靴を求めに、数年ぶりにデパートへ行きました。いつもは、近所のゴーカドーで適当に選んでいるので、デパートへ行くのはすごく緊張 [続きを読む]
  • 同質性に気がつく
  • この前、ソバノスーパーで、一緒に働いていたホームヘルパーさんに会った。その人は、うれしそうに、ヘルパー1さん「あおなさん、わたし、社会福祉士とケアマネ、ダブル合格したんだ!」と言った。わたし「すごい! ヘルパー1さん、ダブル合格するなんて!」ホームヘルパーは時給で雇われていて、肉体労働だが、社会福祉士やケアマネの資格があれば、正職員として比較的高いお給料がもらえ、仕事内容はデスクワーク中心で、身体 [続きを読む]
  • 腹ごなしに配架
  • 一緒にスミヨシ大学図書館で働いている男性司書1さんは、すごく言葉に気をつかう人らしい。先日、昼食後、司書1さん「さて、腹ごなしに配架でもしてくるか・・・。」と思わずいい、わたしを見て、「腹ごなしというのは、いささか乱暴な言い方でしたね。昼食後は、眠くなるので、それを防ぐために配架に行ってきます。」といって、2階の閲覧室へ上がっていった。わたしは、自分でも、「腹ごなしに配架に行ってきます。」くらいの [続きを読む]
  • ぶろぐ村にアクセスできない
  • きょう、ブログ記事を投稿しようとしたら、「ぶろぐ村」にアクセスできなくなり、あせりました。PCは、本体にも暗証番号があり、わたしの書いているのは有料ブログなんですが、それにも暗証番号や料金支払いの手続きがあると言うことはわかっていたのですが、ぶろぐ村にも暗証番号やメールアドレス登録が必要だったのか!もう、びっくりです。 このブログを始めたのは9年くらい前かなぁ?ホームヘルパーの仕事を始めて、初めて [続きを読む]
  • ID:wcbx9aきゅうに足が痛くなる
  • 昨日は、スミヨシ大学図書館での仕事の日でした。この仕事は、地下書庫と地上3階の図書館全体を、司書2人で管理することです。書庫から、お客様の請求する本をとってくるときなどは、わたしは、人のいないところでは、全速力で走るようにしていました。早くしないと、残った司書1人だけではカウンターが混み合ってしまうことがあるからです。そのせいかどうかわかりませんが、突然右足に激痛があり、手すりに頼らないと怖くて歩 [続きを読む]
  • わたしが嫌われるわけ
  • わたしは、1年前までホームヘルパーをしていたのですが、周囲の人とうまくいかなくなり、退職しました。ホームヘルプステーションには、13人のヘルパーがいたのですが、仲よくなった人はいませんし、現在連絡を取り合うような人もいません。自分の欠点は自分ではわからないといいますが、昨日ある人から、「あなたは他人の揚げ足ばかりとっている。」と言われました。わたしの父は現在、老人ホームに入居していますが、父が、や [続きを読む]
  • 親が子を捨てる
  • 学校図書館のいいところは、生徒さんたちが本を借りないので、好きな本が借りられることです。(生徒さんの貸し出し冊数が低いことは、問題なのですが…。)「さよなら、田中さん」は、中学生が書いた小説で、短編集なので読みやすく、わたしは(これが中学生が書く文か?)と驚きながら読みました。一番最後の「さよなら、田中さん」という小説は、中学受験に失敗した子供を、親が捨てる話で、わたしはすごくこのストーリーに驚き [続きを読む]
  • 芽がでません
  • 父が老人ホームに入り、自由になる時間ができたので、ポットに花のタネをまきました。その花の種は、数年前に買ったもので、袋の使用期限は2年前に切れていますが、タネは長持ちしそうなので、だいじょうぶだろうと思いました。3月の春分の日にタネをまき、楽しみに水をあげていたのですが、芽はでません。やはり、使用期限過ぎたタネは芽がでないのか?2週間過ぎ、残っていたタネを再びまいてみました。これでも出なかったら、 [続きを読む]
  • オリエンテーションをしました
  • 昨日、勤務先の高校でオリエンテーションをしました。40人の生徒が6クラスずつ10分おきにやって来ます。わたしは、学校司書になってやっと1年。まだ、学校図書館のことをよくわかっていないのですが・・・。でも、とにかくやらねばならないお仕事なので、楽しくやりました。10分間ですし、気楽でした。昨年は、司書1さんとボロボロさんの2人でオリエンテーションをしたそうです。時間帯が午前中なので、司書は1人しかい [続きを読む]
  • 新しい司書さんがくる
  • ヨシコさんが、自分の家に近い高校にかわり、わたしの勤めている学校では、司書に欠員が出てしまいました。わたしとボロボロさんは、(誰も来てくれなかったらどうしよう?)と不安な気持ちで過ごしていたのですが、新人さんが来てくれました。それも、くわしくは書けませんが、立派な図書館で5年間司書をしていた経験者。いろいろ教えてもらえそうです。わたしは、スミヨシ大学図書館ではカウンター業務のみ。司書としての仕事の [続きを読む]
  • 英語学習を再開しました。
  • 現在、また「河合メソッド」という英語学習法に夢中になっています。わたしは、もう英語の教員になれるわけではないし、去年、イギリス人のペンフレンド一家を案内して、東京の土地に不案内だとよくわかったので、仕事として通訳案内士にはなれないし、特に目的はないのですが・・・。でも、この学習法は、わたしの長年の目的だった「きれいな英語を話す。」というのに向いている。そして、うるさい父親もいなくなった今、発音練習 [続きを読む]
  • ソフトバンクairを売り込まれる。
  • きょうは、ゴーカドーに行きました。そこで、ソフトバンクAir3 というのを幟を立てて宣伝していました。わたしは、光回線を使っていますが、料金が高いのと、自分がソフトバンクユーザーなので、興味を持ち、聞いてみました。すると、月額料金は安いし、無線ランの親機はいらないし、工事不要だし、と良いことばかり言われました。しかし、ウチに帰ってネットの評判を見てみると、ソフトバンクAir3って、悪く書かれているのです。 [続きを読む]
  • 同僚のヨシコさん異動です。
  • わたしは、学校図書館で働いていますが、時給が最低賃金だからだと思いますが、いつも司書が不足しています。近くのソバノスーパーのレジ係と一緒の時給では、通勤時間がかからないだけ、レジの仕事の方がましと思う人も多いと思います。昨夜同僚のヨシコさんからメールがあり、ヨシコさんは急にわたしと一緒の高校から、別の高校に移動になったそうでした。ヨシコさんにとっては、自宅に近くなるので、いい話だと思います。今まで [続きを読む]
  • 司書の仕事が飛びこんできた
  • わたしは、現在スミヨシ大学図書館と学校図書館で働いています。どちらも、時給は安いですが、わたしは気に入って働いてきました。どちらの仕事も前月にシフトを決める方法で行っています。今日は28日で、わたしは来年度もこの状態が続くものと思い込んでいました。ところが、お昼頃、ケータイがなり、市役所職員「市立図書館で臨時職員を募集しています。」わたしは、びっくりし、今までのことを思い起こしました。精神科の医師 [続きを読む]
  • 老人ホーム訪問
  • 昨日は、離れて住んでいる長男が来て、長男の車で、老人ホームへ行きました。老人ホームに入居している父親も、孫たちの訪問がうれしそうでした。老人ホームはたくさんあるけれど、このホームは、となりに病院があり、医師の往診が毎週あるというのがいいところです。他のホームは、もし病院に通院するような病気があったら、(高齢になると、だいたい病気を持つ人が多いです。)家族が病院へ連れて行くか、料金を払って、ホームの [続きを読む]
  • 応募を取りやめる
  • きのう、博物館ボランティアをしていたとき知り合った人に電話しました。わたし「今、英語で案内をする人が博物館にいるんですか?」知人「あぁ、そういう人たちがいますね。3人配置されていますよ。」わたし「ボランティアの人たちはどうしているんですか?」知人「前と変わらず続けていますよ。英語で案内する人は、別の場所にいるから、うまく住み分けしているのよ。」わたしは、その話を聞いて、博物館が近いこともあり、実際 [続きを読む]
  • 求人広告にびっくり
  • 毎週、日曜日の新聞といっしょに、求人広告が何枚も届きます。18日の日曜日に、求人広告に目を通していたわたしは、驚きました。わたしは、英語の通訳案内をしたいなぁとずっと思っており、通訳案内士の試験を受け、合格しました。これは、もう20何年も前のことです。そのときは子育ての真っ最中で、とても働くことなど考えられませんでした。それから、仕事ができるようになっても、英語関係の仕事とは縁がありませんでした。 [続きを読む]