あおな さん プロフィール

  •  
あおなさん: アスペルガーのコミュニケーション教室
ハンドル名あおな さん
ブログタイトルアスペルガーのコミュニケーション教室
ブログURLhttp://aona.ohitashi.net/
サイト紹介文成人後にアスペルガー症候群と判明。コミュニケーション能力や社会的スキルが必要なヘルパーやってます。
自由文52歳まで発達障害であることを知らなかったあおな。知らないこと、できないことがたくさんあるということにいまさら気づいてます。上司、同僚のほとんどが女性の職場で、対人援助職をやっています。つらい条件をさかてにとって、「ふつうの人」は、どんなコミュニケーションをとるのか日々観察中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/03/19 15:19

あおな さんのブログ記事

  • 同僚のケガ
  • 昨日は、スミヨシ大図書館での勤務の日でした。利用者さんが全員帰ったことを確認し、あわただしく戸締まりをしました。自分の役割を終え、1階に戻ると、なにか小さな声が聞こえました。「あおなさん・・・。」その声が元気がなかったので、... [続きを読む]
  • 庭木の伐採が騒音で中止
  • きょうは、数日前に申し込みをした伐採の業者さんが○○県の家に来てくれる日でした。朝、電話連絡があり、わたし(さぁ、これで庭の木もさっぱりするな。)と思っていたのです。ところが、11時頃再び業者さんから電話があり業者「お隣のAさんが、親子で来て、『うるさい。』と言われ、今日は作業を取りやめました。」とのことでした。なんでも、Aさんのご主人は夜勤で働いているそうなのです。10年前はそんなことなかったか [続きを読む]
  • 庭木の伐採を頼む
  • 夜よく眠るために、PCは夜立ち上げなくなったので、昨日のことを今朝書きます。昨日は、「木の伐採をしてくれる業者を探そう。」というミッションを胸に早起きをしました。ネットを見ると、たくさんの伐採業者が出てきます。木を切ってもらうのに、高いところだと1本4000円、安いところだと2000円。○○県の家は小さいウチですが、周囲に垣根があり、正確に数えてこなかったけれど、30本は確実にあります。ネットでは [続きを読む]
  • 家の中に電動の工具がありました
  • ○○県には、わたしと夫共有の家があり、長く空き屋になっています。小さな建売住宅ですが、子どもたちを育てた思い出のつまった大切な家。図書館の仕事や、老人ホームにいる父親のことに取りまぎれ、ずっと家には行けていませんでした。その家に昨日行ってきて、垣根の木が伸び放題になっていることに驚いたり、以前防草シートをしいたのに、すきまから雑草が生えているのを見たりしました。おかしいのは、木を切るものだろうと思 [続きを読む]
  • 初めての夜行バス その2
  • わたしは、ふだん夜外出することなどほとんどありません。夜行バスは11時出発なので、それに合うように家を出ました。スミヨシ市では、ほとんど道を歩く人もなく、車通りもありません。ところが、電車に乗ると、飲み会の帰りなのでしょう。かなり酔った人たちがたくさん乗り込んできたのに、まず驚きました。東京駅について、バス乗り場に来て、わたしはさらにびっくりしました。バス乗り場はとても混んでいました。わたしは、深 [続きを読む]
  • 初めての夜行バス
  • ○○県に、夫とわたし共有の家があります。わたしは、「離婚したい。家は近所の迷惑になるから売却するほうがいい。」と家庭裁判所に言ったのですが、夫「離婚は絶対しない。家は、月に1回くらい風を通しにくる。」と言い、夫の言い分が通ってしまいました。結局夫はほとんどなにもせず、わたしが地元のシルバー人材センターに依頼して、除草や垣根の刈り込みをしてきました。いく年か経ち、わたしは、土日大学図書館のしごと、平 [続きを読む]
  • 楽しそうな草むしりの人たち
  • きょうは、念願だった畑の草むしりをしてもらいました。わたしの家には、20坪ほどの畑用の土地があります。父が在宅のときは、野菜を作って楽しんでいました。わたしも、春には花の種をまき、それが今咲いているのですが、とにかく雑草が取りきれない。お盆休みの2日間草むしりをしましたが、それなりにキレイになったものの、もう今は再び草ボウボウです。この状態で、(芝生にしてもらおうか? 草刈り機を買おうか?)と悩ん [続きを読む]
  • 他の人が持つ紙コップに、水を注いではいけないの?
  • 89歳の父が、白内障の手術を希望しています。きのうは、その父を連れて術前検査のために病院へ行きました。介護タクシーで病院まで行き、血液検査、尿検査、レントゲンとつぎつぎ検査を受けていきます。途中で、父「のどが渇いたから、水をくれ。」わたしは、持ってきたペットボトルを差し出しました。父「口をつけたら悪いから。」といい、看護師さんを呼び止め、父「紙コップちょうだい。」わたしは、ペットボトルを2本持って [続きを読む]
  • ダウントンアビーに夢中です
  • 海外ドラマ「ダウントンアビー」に夢中になっています。ビデオの設定を操作すると、英語が流れてきます。悲しいかな、英語だけではわからないため、最初は日本語で見て、あらすじを確認します。それから、「ダウントンアビー」の脚本を買ったので、それを見ながら再生していきます。娘3人のいる伯爵家と、たくさんいる召使いたち。それぞれに物語があり、善人役、悪人役があり、これからどんな展開になるのか楽しみです。日本にも [続きを読む]
  • ぐっすり眠る方法
  • いつも仕事しているスミヨシ大学図書館ですが、そこで本を借りたいと思うことはありませんでした。もし、雨で濡らしたり、汚してしまったりしたら大変だからです。しかし、数ヶ月前、テレビで、「眠りにくい人は、37℃のお風呂に入るといい。」というのを知り、実行してみて効果があったので、(眠りやすくなるコツってもっとあるのではないか?そういうことが書いてある本が、図書館にあるかも。)と思い、探してみました。する [続きを読む]
  • 高すぎるクラス会の会費
  • わたしは還暦なので、小学校から高校までの同窓会の通知が続々と送られてきます。その会費が、わたしからするとものすごく高いので、ちょっとびっくりしています。高校のクラス会は、1次会が8000円、2次会をすることがすでに決まっていて、5000円。中学校のクラス会は1万円。これって相場なのでしょうか?これでは普通の主婦など、収入のない人はためらってしまうのではないでしょうか?それとも、わたしがケチなだけ? [続きを読む]
  • ニュース英語が居間のテレビから!
  • 「今ごろ気づいたの?」と言われそうですが・・・。NHKの夜7時と9時のニュースは、2カ国語で放送されているのですね!リモコンのボタンを押すだけで、英語が流れてくる。それも、今日日本で起きたことのニュースなのでわかりやすい。わたし、きのうまで気がつきませんでした。今まで、わたしにとって、英語の音声は、本屋さんに行ってCDを買ってくるか、ネットで音声をダウンロードするかのどちらかでした。こういう手間を [続きを読む]
  • 週刊誌を買ってみる
  • 最近の男性向き週刊誌は、若者に売れなくなっているのか、お年寄り向けの記事が多いようだ。その内容は、わたしにも興味のあるものであるので、週刊文春(9月20日号)を買ってみた。その内容には、「50歳を過ぎたら医療保険は必要ないので、解約し、その保険料を貯金にまわしなさい。」なんて書いてある。わたしは、30歳から医療保険に入って、30年間払い続けていて、今も医療保険とガン保険に入っています。今まで、保険 [続きを読む]
  • ページを切る
  • 子どもの頃、読んでいた本の中に、「主人公は、ペーパーナイフでページを切りながら本を読んだ。」という描写がありました。わたしは、子ども心に(ページを切るってどういうこと?)と思っていたのですが、昨日得心がいく出来事にであえました。80年前の「ページが切られていない本」の出納が多量にあったのです。「ページが切られていない本」というのは、その当時は本は、1枚の紙の両面に印刷し、それを折りたたみ8ページに [続きを読む]
  • 学校図書館での仕事
  • きのうは、1日学校図書館で仕事でした。土曜日の学校図書館は、ふつうは暇なはずなのですが、昨日は、その前の日に届いた図書50冊がどさっと置いてあり、その受け入れ、登録に1日かかってしまいました。バーコードリーダーでISBNを読み取り、表示される請求記号を○○高校の様式にあっているか確認し、登録します。そのあと、バーコードのシール、請求記号のシールを印刷し、一冊ずつ貼っていきます。受け入れ年月日を表示 [続きを読む]
  • 痛いガン検診
  • わたしは、今年60歳なので、「節目検診」のお知らせがよく市から届きます。今日は、午前中子宮ガン検診を受け、それから銀行へ行ってこようと思っていました。子宮ガンには、子宮頸ガンと子宮体ガンの両方があることは知っていて、その両方をお願いしました。子宮頸ガンのほうはスムーズにいったのですが、わたしの場合、若いときに子宮筋腫ができ、それを取らないままになっていて、その筋腫が堅くなり、子宮口をふさいでいると [続きを読む]
  • 弁護士さんに離婚について依頼しようとする
  • 夫とその妹夫婦は、とても仲よくつきあっているようです。わたしのことは、夫が言うとおり、「田舎に住むのがイヤで、かってに出ていった。」と思い込んでいるようです。ですから、妹夫婦は正義感をふりかざし、「どうして妻としての役目を果たさないんだ!」という気持ちむき出しで、今までわたしに向かってきました。それに、もとヤンキーなので、わたしは少々苦手なのです。その義理の弟の名刺が郵便受けに入っていたことで、わ [続きを読む]
  • ついに夫の親族まで登場
  • 月曜日に、夫から封書が届きました。わたしは、開封するかどうか迷っていました。内容は3種類のうちどちらかだろうと思いました。1.「ばか、ブス」などと悪口が書いてある。2.「戻ってきてほしい。」と書いてある。3.「離婚する気持ちになった。」と書いてある。内容がどれであっても、あまり読みたいものではないし、読む義務もないだろうと思い、土曜日までほってありました。しかし、土曜日の朝、驚くようなことが起こり [続きを読む]
  • 夫から手紙が来た
  • きょうは水曜日ですが、月曜日に届いた夫からの手紙に苦慮しています。わたしは、夫とは別居しています。以前、夫に「離婚してほしい。」と言ったら、「○○市の家庭裁判所に申し出れば離婚してやる。」と言われたので、その通りにしたのですが、結局夫は離婚に応じてくれませんでした。そのときに、「一切関わらないでほしい。連絡があるときは、弁護士さんを通してにしてほしい。」と言ってあるので、夫が直接手紙を送ってくるの [続きを読む]
  • 父、白内障の手術を受ける
  • よく眠れるようになったのはいいのですが、そのため、PCを立ち上げたりする時間がなくなってきました。学校図書館で借りた本も、以前は、一晩で1冊読み飛ばしていたのですが、ぬるい湯船に20分漬かるという入浴法を実行するためには、もう読んでいる時間はありません。また、老人ホームにいる父親が白内障の手術を受けたいと言ってきました。ホーム近くの病院で、10月に手術前の全身の健康診断を行い、11月に1週間入院し [続きを読む]
  • よく眠れるようになりました
  • わたしは、ずっと眠れず、精神科で睡眠導入剤をもらっていたのですが、それでも熟睡した感じがしませんでした。もちろん、年をとるごとに眠りにくくなるものだというのは知っていましたし、あまり気にしないようにつとめていました。。朝は、目覚ましをかける必要がなく、4時や5時に目が覚めます。目覚めた後も、身体に倦怠感がなく、すぐにでも鉛筆を握って小論文を書き出すことができそうな感じなのです。ようするに、ぐっすり [続きを読む]
  • 通訳案内士の研修終わりました
  • 前回の記事と、まったく正反対の内容ですが、ご容赦ください。8月18日に観光庁のホームページで、通訳案内士の研修(WEB版)が満員締め切りになっていたので、困っていました。そして、次回の研修の案内などないかと翌翌日くらいにまたホームページを見てみると、こんどは、「応募可能」になっています。この研修は、観光庁ではなく、業務委託された会社が行っているので、なんかミスでもあったのではないかと勘ぐってしまい [続きを読む]
  • 通訳案内士の研修に応募しそこねる
  • 現在、わたしは通訳案内士の免許を持っているのですが、今年からさらに研修を受講しないと、免許が有効にならないということになりました。それで、研修の受講申し込みをする日に気をつけていました。昨日8月17日は、通訳案内士の研修の受付開始日だったのです。学校図書館の仕事が午後からなので、午前中はPCに気をつけ、研修の応募がいつ始まるか確認していましたが、結局午前中には動きはありませんでした。仕事から帰宅し [続きを読む]
  • 雑草と戦ったけれど・・・。
  • 雑草と2日間戦いましたが、いまだに庭は雑草だらけ・・・。ご近所に庭に芝生を敷き詰めている家があるので、芝生にしてみようかと思っていたのですが、芝生は芝生で、肥料とか手入れが必要のようですね。これは、やはり去年のようにシルバー人材センターに頼んで人力で草むしりしてもらうようですかね?20坪の家庭菜園、わたしの手には負えません。芝生は、あまりお金をかけずに始められそうですが、きれいに保っていける自信が [続きを読む]
  • 雑草と戦う
  • 11、12日は、スミヨシ大学図書館の仕事は休みでした。この2日間は、雑草と戦った2日間でした。わたしの家には、20坪ほどの畑があります。今は老人ホームに入所している父が畑にしたのですが、本当に畑を作ったのはたった1年だけ。あとは、雑草が伸び放題の場所になっています。春、百日草やサルビアの苗を植えたので、花が咲いていますが、花が見えないくらい雑草も生い茂ってしまいました。それで、この2日間は、気温が [続きを読む]