NORA さん プロフィール

  •  
NORAさん: bulle de savon
ハンドル名NORA さん
ブログタイトルbulle de savon
ブログURLhttp://kazcellar.blog61.fc2.com/
サイト紹介文NYを舞台にした「Magnet」という群像劇を連載中。海ドラ・洋画好きな方、ぜひ遊びにきてみてね。
自由文「ちかいうちに君はミス・シェリーと出会うんだよ」
突然幼稚園を解雇され呆然とするラムカ。プレイボーイの訳アリ料理人、ショーン。
恋人に裏切られ続けるネイリスト、ベティ。悩み多きゲイのヘアメイク・スタイリスト、ミシェル。
心優しきカフェのバリスタ、ポール。

現代のNYを舞台に、ある不思議な少年との出会いに翻弄される大人たちが織り成すラブ・ストーリー。
(・・・たぶん・・・汗)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/03/24 15:46

NORA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「Magnet40」更新しました
  • 久しぶりの更新ですが、色々と残念な内容となっております。あしからず。2017年は2話しか更新出来なかったので、今年こそはぁアア!!!…っと拳を高くしたいところなんですけど、しょっぱなからつまずいてしまいました。ショーンがワタクシの脳内から消えてしまったんでございます゚(T_T)こっそりと雇った探偵の情報でわかったんですけど、何とショーン君、お隣のニュージャージー州にある実家に帰ってたみたいですwまずはクリフォー [続きを読む]
  • Magnet 40. 「Her − 彼女 −」
  • 日曜日  五番街  12:15 p.m.翌日、早めの昼食をとったあと、レイを連れ、家族3人でミッドタウンへと出かけた。老舗のおもちゃ屋がじき閉店してしまうので、その店に別れを告げるためだ。レイのみならず、母親であるキャサリンもこのおもちゃ屋には数々の思い出があった。映画やドラマにも幾度となく登場した、言わばNYの歴史的な名所でもあった。そこで時を過ごしたその後、レイのための新しい絵本や図鑑など、何かしらの本を [続きを読む]
  • 「Magnet39」更新しました
  • あーもう、ほんっとスイマセン。またしても6か月ぶりとなってしまいました(滝汗)いやー、8月中に一度更新して、その後2ヶ月くらいお休みする予定だったんです。だったんですけど、予定は未定、何やかんやで半年もかかっちまいましたわ。お待ち下さってる方には本当に申し訳なかったっすね。まあ言い訳にもなりませんが、ここは言い訳をする場所でもあるのでちょっと愚痴らせて言わせて頂きますと、この先書き進めてある部分と現 [続きを読む]
  • Magnet 39. 「Midnight plot − たくらむ女たち −」
  • アッパーイースト  1:15 a.m.いつになく、遅い時間まで酒を飲んだせいだろう。バスルームに行くために夫がベッドを何度か出ていくから、彼女も眠りにつくことが出来ないでいる。いや、仮に夫が隣でぐっすりと眠っていたとしても、彼女が眠れないことに変わりはなかった。あの日クローゼットで、夫の携帯電話に届いた女からのメッセージを目にして以来、また彼女の不眠の日々が始まってしまったのだから。バスルームから戻り、ベ [続きを読む]
  • Magnet 38. 「Make up your mind − 決心 −」
  • ミッドタウン・ノース Café Dubois (カフェ・デュボア) 8:20 p.m.カフェがその日の営業を終えて数分が経っていた。彼は一足先に店から奥の事務所に引っ込み、ひとり、コンピューターの画面とにらめっこをしていた。手元の紙を見てコンピューターに何かを打ち込んでは、時々、うーん、と声をあげて考え込むことを繰り返している。オーナーであるデュボア夫人はもうすでに帰宅しており、あとは店の閉店作業を済ませた仲間から「 [続きを読む]
  • 「Magnet38」更新しました
  • やっと!やっとこさ更新でございますよ!いやーもうほんっと申し訳ない。前回から半年も間が空いちまってるじゃないですか!おーまいがっ!挙句、何だか辛気臭い内容になっちまったような、そうでもないのような。今回は「ジェニーちゃん自爆の巻」と「ミシェ子さんご乱心」の二本立てとなりましたけども。ジェニちゃん、やらかしちゃったねえ。うまいことポール君を操れるつもりでいたんだろうけど、彼も本心に気付いちゃったから [続きを読む]
  • Magnet 37. 「Love is stronger than pride − 愛はプライドよりも強く −」
  • 「―――んん……」指が頬を滑る感触に、寝ぼけたまま、彼が子供のような甘い声を上げる。頬から唇にその感触が移動した時、ようやく彼の瞳が開かれた。彼の瞳を開かせた犯人が、罪作りな笑みを向ける。「Hi……起きてたの?」「とっくにね」「ふぁぁ……あー、いい匂いがする」「Yeah , エスプレッソを淹れたんだ。それと朝食も」「No , it’s YOU !」「Aw !」ベッドの縁に腰かけるミゲルを引き倒し、男の上半身に自分の上半身を [続きを読む]
  • 「Magnet37」更新しました
  • お待たせいたしました。 今年最後のMagnet更新です。本当は今年最後はショーンさんとラムカちゃんでキメたかったんですけどね。どういうわけか「M&M 愛の劇場」になってしまったという。しかも今回5000字に届かないくらいの非常に短いお話となってしまいました。その代わり、内容はけっこう濃いと思うので、それでお許し下さいまし。いやもう、作中のミシェルのように、ミゲル兄さん愛が溢れて溢れてしょうがなくてですねw時間置 [続きを読む]
  • 「Magnet36」更新しました
  • 大変長らくお待たせをいたしました。ようやく36話のお披露目でございます。いや、長いことお待たせしてしまった割に「え、こんだけ?」だし、「え、何だかすげーテケトー」だし、もういっそのことこのまま雲隠れしてトンズラしたほうがいいんじゃないかと本気で考えたりもしたんですがね。それではミゲルファンでもある辣腕編集員Sさまの逆鱗に触れてしまう!と思いましてw(半嘘)いあ、もう本当に今回は超がつくほどの難産でし [続きを読む]
  • Magnet 36. 「Light and shadow − 光と影 −」
  • 突然部屋の中に違う空気が流れ込んだように感じ、ラムカは顔を上げた。同時に「フィル!」というキャサリンの声が響き、その場にいた全員が入口の方へと視線を向ける。ただいまとおかえりのキスをキャサリンと重ね、その場の面々との挨拶もそこそこに、フィリップはミゲルを伴い、2人で書斎へと姿を消した。何となく人の気配を感じ、キャサリンが玄関のほうへと行くと、そこにはフィリップの秘書、ヴァレリーが立っている。いくつ [続きを読む]
  • Magnet 35. 「Much ado about nothing − から騒ぎの夜 −」
  • アッパーイースト  7:15 p.m.「―――No , no no , その件ならアトリエにきちんと伝えてあるし―――Oh , No , それは変更なしでって話はついてるはずよ?」「そこにこの小さいタルトを並べてもらえるかい?」「こんなかんじ?」「Yeah , good , もう少し間隔空けて―――そう」「―――それじゃ何も進んでないってこと?」「―――OK , じゃあ次はタルトにこれとこれを乗せてってくれるかい?こんな感じで―――」「うん、わか [続きを読む]
  • 「Magnet34」更新しました
  • どうやらべチ子さん、やらかしちまったようですwま、それもこれもお酒のせいなのか、それプラス、欲求不満のせいなのか。きっといい男が寄って来たんだと信じたいとこではありますが。今回も6000字ちょっと、と短くてスミマセン。最後も(てか全体的にw)思いっきり手抜き感アリアリ、です。重ねてスミマセン。ま、しょせんこんなもんです、アタクシの書くものなんてw [続きを読む]
  • Magnet 34.「It's too late for a gimlet − ギムレットには遅すぎる − 」
  • マンハッタン……のどこか  8:25 a.m.ぐーがっ………ぐーがっ……―――耳障りなくせに規則正しく鳴り響くいびき。漂う不快な酒臭さ。何でダディがここに? それともこれは子供の頃の夢? 「……ん……」ずきん、と痛む額に手を当ててうっすらと瞳を開ける。次の瞬間彼女は飛び起き、隣でいびきをかく見知らぬ男の顔を見下ろした。だ、誰!?「いっ……」再び襲う頭痛に顔をしかめ、こっそりとベッドを抜け出して、散らばった [続きを読む]
  • 過去の記事 …