しんじゅ☆♪ さん プロフィール

  •  
しんじゅ☆♪さん: ヘミシンクとゆるゆる日記
ハンドル名しんじゅ☆♪ さん
ブログタイトルヘミシンクとゆるゆる日記
ブログURLhttp://29tenshi.blog137.fc2.com/
サイト紹介文不思議な事が大好きののんびり屋の30代OL(独身)がへミシンクに出会ってどう変わっていくか、乞うご期待
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供559回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2011/03/25 11:24

しんじゅ☆♪ さんのブログ記事

  • 指紋認証、カッコイイ
  • 携帯を新しくして、最初にやったのが、指紋認証…。(灬ºωº灬)しゅ、しゅてき〜、キャ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!なんて、カッコイイのかしらっ!?ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!と、子どもみたいにはしゃいでおります。最近、仕事帰りに職場に残って、えっちら、おっちら、勉強しております。家に帰っちゃうと遊んじゃうので、ちょっとおベンキョ。うぅ、記憶術の本とか、買って、勉強しないとな…と、思う今日このごろ。法律用語が意味がよくわ [続きを読む]
  • プランニングセンター(BMレベル3受けたよ15)
  • 意識がブツ切れ状態で、気づくと白い服を着た、何者かに抱き抱えられて、どこかへと運ばれていたようだった。セミナー会場内では、講師の人のガイダンスが静かに聞こえてくる。肉体の感覚を持ちつつも、意識体は白い雲海のような中を、抱き抱えられて移動している感じだった。猛烈な眠気に、やっぱり意識がブツ切れ状態だったが、微かに覚えていることといえば。死後のライフプランニングのセンターに私はお邪魔していたようだった [続きを読む]
  • ちょっと怖い思いをした。
  • 寝ようと思って、ベッドに入ったのだが、子供の頃のことを思い出した。小学6年生の時の体験で、同級生にけがをさせられてしまった。私はどうにか、保健室へと行くと、保健室の先生が心配して声をかけてきた。私は転んで頭をぶつけたと説明したが、先生は、「人間は無意識に自分の急所・頭を守るものだ。ちょっと転んだだけでこんな怪我をするはずない、一体何があった?」、と心配された。頭の皮一枚つながっていただけで、後頭部 [続きを読む]
  • スピじゃないけど。
  • ちょいと休憩なのだ。以前、まるの日圭さんの書籍を購入したはいいが、意味がイマイチ理解できんくて、途中でほっぽってしまっている。どーも、私は激しくお金の囚われを持っている模様。ナム。(´_`。)ものすごく、あさい理解だと、お金を使うと、経済が回るし、結局自分のとこに戻ってくるよ、的な意味に読めちゃう。多分、ちょっと違うと思うけれど。^^;まぁ、それ以降、ちょっと気になったことはお金を使うようにしている [続きを読む]
  • おまけエピソード
  • ユアンさんは、私が彼の顔を見て、驚いたのを最初から勘づいていたんだと思う。過去生探索をさっさと終えると、二人きりになりたがっていた。そのまま私の体を抱き抱えると、えいっと自分のスペシャルプレイスに連れて帰った。私のではない、ユアンさんのところだ。二人きりになって、彼は話し出した。ユ「ねぇ、姫。僕はね、君が強くなったと思っているんだよ。」私「え?」ユ「君は自分の弱さを認めた。他人を責めることで、自分 [続きを読む]
  • 脱線:一番いい過去世
  • 昨日、ちょっとヘミシンクの仲間と喋っていたんですよ。それで、あーだこーだ言ってたら、私こんな事言ってまして。私「過去世を知る意義は、それを知ることで、現世を生きる上で役に立てることだと思う!」相手「ほほぅ、しんじゅさんの過去世って、なんか色々ヤバイの多そう。」私「そ、そんなことは!そうだ!いい過去世ってきっとあると思う!」相手「それじゃ、一番いい過去世を探索してみてよ。」私「そしたら、ディスクの中 [続きを読む]
  • ブログ7周年記念♪
  • いつもブログに訪問してくださり、ありがとうございます。今日は、メインブログ『ヘミシンクとゆるゆる日記』の開設7周年記念日です。こんなに長い間続けてこられたのは、ひとえにブログを読みに来てくださる方のおかげです。ありがとうございますささやかではございますが、7周年記念にちなんで、7つのアクセサリーをプレゼントさせていただきますね♪画像はこちら上から順に①日本産の水晶ペンダントトップ(金具は18金)② [続きを読む]
  • スペシャルプレイスを渡り歩く2
  • もう、ほんと涙目で、しんどいな〜って泣いてたら、ヒタ、と誰かの手のひらが私の背中に触れる感触がして。あ、この手のひら、ラファエルさんだなぁ〜と涙目でおりましたら。ふ、と異空間におりまして。目の前にベッドがあって、ラファエルさんが寝転がりながら、掛け布団をめくって待っておりますよ。私はワンコが尻尾ふるように、駆け寄って、その布団の中に潜り込みましたよ。そしたら、なんと、ラファエルさん、腕枕してくれま [続きを読む]
  • スペシャルプレイスを渡り歩く1
  • うぅ、金曜日にリトルワールドで遊んできたはいいけど、そのあとぐったりしちゃって、完全に胃腸風邪ですわ…。世界のパン祭りですよ?食べないわけには行かないよね!って、胃腸くずしてりゃ、世話ないわ…涙目。(ノ◇≦。)吐き気どめ飲んで、頭痛くて、昨日一日撃沈していました。今、ちょっと元気でたので、ちょいとプチ更新。あかんね、調子わるいと、ネガティブな日記書いちゃって、アメンバー限定記事に書いてあるのも、人の [続きを読む]
  • ヒーリング(BMレベル3受けたよ14)
  • 手のひらサイズの着物姿の女の子が今回のヘルパーさんだった。肩に背負った、赤い番傘がなんとも小粋な感じだったが、ちょっと面食らってしまった。彼女に促されて、フォーカス27の健康回復センターへと導かれたのだった。そこは灰色がかった、水色の建物で、直方体を連想させる、いかにも病院っぽい佇まいのもので、周りは芝生に囲まれている。青空が覗いているが、なんだか、ドームの中に絵でも書かれているような閉塞感みたい [続きを読む]
  • 健康回復センター(BMレベル3受けたよ13)
  • BMメソッドレベル3二日目のお昼ご飯を済ませた後、今度はフォーカス27にある、健康回復センターを訪問して、ヒーリングを受けようというエクササイズでした。フォーカス27とは、なんぞや?という方のためのちょっとだけ説明。アメリカ人のロバート・モンローさんという実業家さんがいらっしゃって、体外離脱を音響技術で再現できんもんかと開発して作られたCDがヘミシンク。そのヘミシンクを使って、いろいろな研修が行われて [続きを読む]
  • ハイヤーセルフ(BMレベル3受けたよ12)
  • さて、座学では、あらためてヘルパーやハイヤーセルフの説明などを受けます。レベル1・2でも、やったと思うのですが、ヘルパーもどき?みたいな存在もあるので、要注意、という説明ですね。非物質の世界にいるヘルパーも結局は現実世界での人間づきあいと同じで、無理を言ってきたり、脅すようなことをいったり、させたりするのは、ヘルパーではないですよ、という事ですかね…。なにかを強制したり、これこれこういうことをして [続きを読む]
  • 知覚の仕方(BMレベル3受けたよ11)
  • 先ほどの過去世における、自己の側面のリトリーバルを行ったあとは、皆でシェアタイムです。あ、そうだ、私の体験の仕方をちょっと説明しますと。講師の方のガイダンスは聞こえているのですが、それとは違う、けっこう自分勝手なペースで進んでおります。ヘルパーさんがついてきてくれて、自分の過去世を見に行くのですが、そのシーンに出くわすと、あ、あれが自分の過去世か、と分かる感じです。ガイダンスでは、この人生の重要な [続きを読む]
  • マイスペシャルプレイス(BMレベル3受けたよ10)
  • ヘルパーのあゆみさんに導かれて、前日作った自分のスペシャルプレイスへともどって行きました。そのスペシャルプレイスは、大自然の中にあり、湖畔にそびえ立つ、繭形の巨大なタワーです。銀色の金属が格子模様のように幾何学的に張り巡らされておりますが、全体的に白い色の建物です。湖畔に建っている関係で、静かな湖面に逆さまに写りこんで、まるで万華鏡をのぞくような美しさです。緑深い自然の中から、妙に近未来的な建物の [続きを読む]
  • 過去世9(BMレベル3受けたよ)
  • さて、BMメソッドレベル3セミナー二日目。この日は過去世における自己の側面のリトリーバルのエクササイズを行いました。あ、ちょっと脱線しますが、私はよく亡くなった人の救出作業のことを、レトリーバルって言ってます。ネイティブに発音すると、リトリーバルが正確ですが、長年使い慣れてしまっているので、表記がちゃんぽんになっておりますので、お見苦しい点、ごめんくださいませ。それと、今更ですが、この体験談はあくま [続きを読む]
  • お詫びと訂正(BMレベル3受けたよ8)
  • ちょっと訂正があります。自己の側面のことを、以前の記事だと、過去の出来事で、ショックで切り離してしまった自分のエネルギー的な言い方していましたが、これは間違いですわ。ブルース・モーエンメソッドのレベル3というのは、『恐れの原因を取り除く』のも目的のエクササイズなのです。その中で、ハイヤーセルフ・ガイドの手助けをえて、大きな愛のエネルギーを使って、自己の側面を作り出す。過去の恐怖、痛み、憎しみを感じ [続きを読む]
  • ヘルパー(BMレベル3受けたよ7)
  • さて、講師の方の誘導で、再びヘルパーさんに会いに行きました。細かい部分はごめんね、忘れちゃったんだけど、ヘルパーさんは、カーヴにいた…。レンガが積み上げられて作られた空洞というか、倉庫みたいな感じのところに、木製のテーブルにランプが設えてあって、カーヴ風の居酒屋みたいな所に出くわしたのね。そこに、黄緑色に光る人影が見えて、う〜ん、この姿ではなにがなにやら…と困惑していたら、ピントがあって、若い美し [続きを読む]
  • 自己の側面(BMレベル3受けたよ6)
  • ごめんねぇ、セミナーの模様、ちょっと忘れちゃったわ…。アファメーションを作る側面に伝えるのあたりの続きに、サリウ、さるぼぼとか書いてる。もう一回非物質の探索をしていたのかな、順番がちょっとよく分からなくなっちゃったな。んーとね、結局いらんくなった信念を抱えていることで、不自由さをもっているならば、それをどうにかしちゃおうって感じのセミナーだったわけですわ。そのような信念を抱くようになった背景には、 [続きを読む]
  • 座学(BMレベル3受けたよ5)
  • さて、初日の非物質の探索を皆でシェアします。それで、このスペシャルプレイスは、お互いに訪問しあったりとか、勝手に物が増えることがあるらしいです。面白いね、知覚の検証にもなるしね、いいね。さて、このレベル3は特に愛について比重がおもいメソッドっぽいです。(私の理解力では、このような表現です、詳しくはセミナーを受講してくださいね♪)それで、このBMメソッドでは、信念を変える、というのもテーマの一つとなっ [続きを読む]
  • スペシャルプレイス(BMレベル3受けたよ4)
  • (育ってきたな…って、なにげに上から目線?っていうか、以前から知り合いじゃないと、こういうセリフ出ないよね。トホホ、この人、やっぱり私の知ってるうちうじん…。っていうか、知り合いのガイドさんじゃんね…。なんで、このセミナーに出張ってきた…)内心、涙目で(←失礼)ヘルパーさんにお辞儀していると、講師の方の誘導で、スペシャルプレイスに向かってくださいとか、なんとか…。ごめん、ここらへんは、ちょっとうろ [続きを読む]
  • ガイド&ヘルパー登場(BMレベル3受けたよ3)
  • 講師の方の誘導で意識をフォーカスエリアへと飛ばします。ふわっと視界に黒いマントが翻って見えて、気づけば背後に自分のメインガイドのユアンさんがいます。黒づくめの騎士の格好をしたアレですね、視界がピンボケで顔とか、細かい表情は見えないのですけど、全身黒づくめなので一発でわかります。いつもは、黒いマント、つけたり、付けなかったりなんですが、今日はけっこう騎士らしい格好をしています。肘当てとか、胸当て?的 [続きを読む]
  • 注意事項(BMレベル3受けたよ2)
  • 和やかな感じでセミナーは進んでいきます。最初に講師の方から注意事項として以下の説明がされました。・誘導は静かな環境で行う←思い込みです。「音がするたびにより深いリラックス状態になっていく」「リラックス深呼吸を思い出してやってください。」「私の言っている事は一つも信じないでください。自分自身の体験でしか、信念を変えることができない。(BMさん談)」「自分の側面をあると信頼してエクササイズに取り組む。」 [続きを読む]
  • アファメーション(BMメソッドレベル3)
  • 少女時代話の途中ですが、この調子だと年内にBMメソッドレベル3までたどり着けないので、先にこの体験談を書いちゃいます。少女時代の6年生になってから、新しく友達ができるという話の流れになるのですが、そのときの体験談をレベル3の受講中に思い出したので、そこを記事にしてからの方が話がわかり易いかと思ったんですが、なにせボリュームがありすぎた…。さて、受講したのは7月15日、東京にてHeleneさん、ゆうじさん、T [続きを読む]
  • 夢うつつのお茶。
  • 隣に男性が寝ている。金髪に白い肌の美しい男性で、私はうっとりとその寝顔を見つめている。私は、そーっと彼の上におおいかぶさって、ほっぺたにチュ、としてみる。それでも、男性は起きない。私は我慢できなくなって、また彼の上におおいかぶさりながら、顔にチュ、チュ、としてみる。すると、彼の胸の上に自分の絹糸のような長い髪の毛がするりと流れるように落ちて、自分たちが裸だと気づく。彼は眠ったままなので、私はあわて [続きを読む]
  • 小説家さんの講演会に行ってきた
  • 地元の秋の文化講演会に小説家さんが呼ばれていたので、ちょっと行ってきました。 市役所で事前に整理券をゲットしておいて、名鉄バスに乗って市民会館まで移動です。 一時半からだったのですが、私、出かける直前にモタモタしてしまって、結局二時からの参加でした。 会場の二階席の一番後ろの席に座って、ステージにいる作家さんを眺めています。 その方の作品をきちんと読んだことはなくて、テレビでちょこちょこ見かける方だな [続きを読む]