蛍雪書斎 さん プロフィール

  •  
蛍雪書斎さん: 蛍雪書斎
ハンドル名蛍雪書斎 さん
ブログタイトル蛍雪書斎
ブログURLhttp://keisetsushosai.blog69.fc2.com/
サイト紹介文読書日記:主に新書を読んでいます。中公新書、岩波新書、講談社現代新書など。あとは歴史関係の本を少々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/03/27 04:58

蛍雪書斎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 創氏改名―日本の朝鮮支配の中で
  • 創氏改名―日本の朝鮮支配の中で創氏改名は、日本統治下の朝鮮半島で実施された、朝鮮人の個人名に「氏」を定め、「名」を改めることを奨励した政策。本書は日本政府において創氏改名が議論され始めた当時から、政策の実施過程、そして戦後の朝鮮名回復までを追います。「創氏改名」という歴史用語の存在は知っていましたが、その詳細な内容は本書によって知るところがかなり多く、私にとって非常に有用な一冊でした。この創氏改名 [続きを読む]
  • 李鴻章――東アジアの近代
  • 李鴻章――東アジアの近代中国最後の王朝・清の末期を支えた政治家、李鴻章の生涯を追う一冊。李鴻章と言えば、日本では日清戦争の清朝側の当事者として知られています。本書冒頭では諸葛孔明と比較してその知名度の低さを嘆いていますが、確かに李鴻章を知らない日本人は少なくないでしょうけれども、歴史の教科書にも載っている人物であり、客観的な評価は難しいものの歴史上の人物の中では知られている方ではないか、と思うのは [続きを読む]
  • 東京国税局査察部
  • 東京国税局査察部1993年の金丸脱税事件を中心に、東京国税局査察部、いわゆる「マルサ」の活動を描きます。本書は表題の通り東京国税局査察部を主役としており、その組織構成の解説などもありますが、しかし本書の主題と言うべきは、この国税局が戦ってきた、戦後日本の政治・経済の闇の繋がりです。著者は作家・ジャーナリストということもあり、本書の内容からしても情報源は明らかにされないまま。そのためどこまで信頼できるも [続きを読む]
  • クラウドの未来─超集中と超分散の世界
  • クラウドの未来─超集中と超分散の世界近年利用が広まっているクラウドについて、その特徴や未来の可能性を説く一冊。本書では、クラウドは素晴らしい技術であり、前途洋々で、乗り遅れると大変ですよ、と説いています。クラウドの課題であるセキュリティ、プライバシー、著作権などの問題については、著作権には詳細な言及があるものの、プライバシーにはわずかに触れるだけで、セキュリティの問題はほとんど出てきません。「最新 [続きを読む]
  • 日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治
  • 日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治日米安全保障条約と自衛隊を中心に、日本の国防の現状と課題を浮き彫りにする一冊。読後感が今一つすっきりしない本でした。著者は自衛隊の現状にはかなり不満なようで、民主党の対応にも批判的な文面ではあるのですが、ではどうすべきか、と言った部分で特に具体的な提言はありません。著者はいろいろ事情通ではあるようで過去の経緯には詳しいようですが、それを除けば、単なる飲み [続きを読む]
  • 過去の記事 …