悠太郎 さん プロフィール

  •  
悠太郎さん: 悠太郎のブログ
ハンドル名悠太郎 さん
ブログタイトル悠太郎のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokugo-doushi/
サイト紹介文『「気持ち」を読み解く読解レッスン帖』①と②発展編発売中。吉祥寺個別塾AMP国語講師です。
自由文基本的には、毎日更新です。三冊目執筆のため、新規の記事のみでなく、2年以上前の記事をリサイクルしたりします。お子様が興味を持つ分野の日々の変化に、追い付くのがしんどいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/03/27 14:24

悠太郎 さんのブログ記事

  • 物語文においては、例外を狙わないでね
  • ん〜〜〜〜。。。一冊目でも、ほんのわずかに触れたのですが……中学受験国語 「気持ち」を読み解く読解レッスン帖 (Yell books)/エール出版社¥1,620Amazon.co.jp気持ちがあてはまる状況を考えるときには、例外的なことというか、屁理屈めいたことは、避けた方がよいのです『 テストで百点がとれて、うれしかった 』もし、この文にツッコミを入れるとすると…「150点満点かもしれないじゃん」「いつも百点なら、うれしくとも [続きを読む]
  • 読書と国語力の相関 負の場合
  • お子様の読書は、限定的ではありますが、積極的に肯定していますこれまで、何度か書いたことではありましたが、限定的、としたのは、読書によって得た情報が、問題を解くにあたり、有害なケースがあります現代小説ばかり読んでいて、「心の闇」だの「うつ病」だのという言葉を解答に用いた子推理小説ばかり読んでいて、「殺意」「憎しみ」という言葉を、人物の気持ちに用いた子絵本ばかり読んでいて、「葛藤」や「屈折」という概念 [続きを読む]
  • 冬期講習について
  • 夏期講習、長丁場でしたねそれと同じ感覚を持って冬期講習に臨まないようにしましょう短いですあるいは、余計なものをやれるお時間がない、とも言えます講習前、あるいは、合間のわずかな休み(それも授業教材を直した後、のお話ですが)で何ができるのか、冷静に考えましょう① 4年以下サンタさん、お正月(=お年玉)、帰省、旅行などの、お子様が心を躍らせるイベントが目白押しです学習を一時忘れ、大いに遊び、楽しむ、というこ [続きを読む]
  • 生徒さん「この名前って、日本人?」、あるいは、国語の指導法の差異
  • ということが…とあるテキストに掲載されているもので、日本人と外国人の登場人物が出てきたのですが……。。。日本人の名前に対して、上記のような御質問を……けっして、この時代に(ネットで)ままみる(しかし、実際にお会いしたことがない)尖った感じのお名前ではないのですが……。。。う〜〜〜ん…この質問を受けて、説明の仕方、二通り浮かぶ① 経験などからつなげるこれまでのクラスメイトのお名前などを列挙してもらい [続きを読む]
  • とある個別塾の過労死事件……
  • 身につまされるものがあるので……https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000092-mai-soci仔細は、上記記事をお目通しください……。。。まず、大前提として、個別塾は学生バイトが存在しないと成り立ちません……ただし、都心から離れ、大学のキャンパスとかが(少)ないと、なんといいますか、社員ではない、ベテランのおじさんおばさん、場合によっては、もっと上の世代の講師くらいしか集まりませんが……。。。社員 [続きを読む]
  • 年末年始、そして、新年度に向けて……
  • ちょっと恋愛を扱った文章に触れたとき、「二人は、この後どうなったと思う?」と、問いかけると男の子は「結婚したと思う」対して、女の子は「しばらくは続いたんじゃない?」という答えの落差に、男女差とは何か考え込む日々の悠太郎ですどうもです知り合いのお嬢さん、「笑ってはいけない」にてあった、ココ○コの遠○さんの、今カノと別カノとのが修羅場になっているときに、元嫁の○秋さんに仲裁を頼んだエピソードがいたくお [続きを読む]
  • 一月入試について
  • もう、残り二月切りましたが……皆様、体調には、何よりもお気をつけくださいましさて、タイトルのことを。一月入試、だいたい40日くらいで来ますね……(関西圏の方、ごめんなさい、関東、もっと言うと、東京都と神奈川県の中学をメインとしている記事です)お通いの塾などから、一月入試、勧められているでしょう…何か、明確な、信念があるならば、別ですが……(いえ、あっても、なんですけれど……)一月入試、受験されるこ [続きを読む]
  • 二月六日以降の受験生保護者待合室にて
  • 某ブログを拝見してまして、少々……転ばぬ先の杖、として頂きたく…今年の二月にあげた内容ですが……〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜むかーし、むかしのお話です多少、脚色して綴ります某チェーン店系個別塾でアルバイトをしていた学生時代、中学受験をすることを、年末に急きょ決め、1月に個別でミッチリと授業を担当した生徒さんがいました……お母様の要望で急きょ決め、それまで中受への勉強を一切されていない……そして、お母様が志 [続きを読む]
  • 「持ち物 新聞」って、どうしてます?
  • 新聞紙をとらなくなり、それなりの月日がたつ……前は、一月・二月・三月だけとってることが習慣でしたやぁ、まぁ、新聞でなく、新聞に入る、入試結果・春期講習案内の、各塾のチラシがほしい、という理由だったのですが……ネットで十分になってしまいました(一冊目執筆中は、ちょくちょくファミレスのモーニングを利用していたので、そこにいつも新聞が置いてあったから、というのも、とらなくなった理由でしたが……)紙ごみな [続きを読む]
  • 高校受験リベンジが困難になっていく、あるいは、言うことができるか
  • 一週間前の報道で、恐縮ですが……。。。都立中高一貫校のうち、5校が高校からの募集停止……中高一貫校、と呼称されるのだから、停止するのは、まぁ、当然かもしれませんが……。。。中学受験、結果次第では、高校受験でもかまわない、ということをお考えになる親御様、いらっしゃいます(ご近所の公立中学、ということですね)御家庭の御判断ですから、そのへんにどうこう申すことはありません(……行かない、としても、おさえ [続きを読む]
  • ああ、こりゃ、だめだ……
  • ちょこっと、フェイクを入れている記事です「うちの子のことかも……」と、もし思ったとしても、確実に違います、とは申しておきます……状況から、あてはまるお子様、ほとんどいらっしゃらないでしょうが……。。。喫茶店にて、手帳を見返しつつ、予定などの確認中……隣のテーブルで、小学生と、大学生っぽい方とがいらっしゃるテーブルの上には、某学校の過去問が。なんとな〜〜く、聞こえてくる言葉から、中学受験生と、その家 [続きを読む]
  • ひとりごと……アンフィニ誕生について
  • 早速、話題沸騰ですね家人が今朝見ていたので、知りましたが……男の子のプリキュアが誕生……!!……とうとう、ここまで来ましたか、時代の流れが……!!?ジェンダー差別をなくそうと志向する世の中ですねプリキュアは、女の子のものだけでなく、今度は、男の子、ですか……!?いや〜〜〜〜〜〜〜……どえらいものを、日曜の朝に持ってきますね…比較対象にはなりませんが、仮面ライダーで、女性ライダーが出てきたのは、龍 [続きを読む]
  • 「先を」あるいは「今を」、つまりは、一月入試の準備はどうですか?
  • ふと、思ったことを……これは、時代による、価値観の変遷もあるやも、ですが……例えば、マンガなどでのスポーツもの準決勝あたりの試合以前は、決勝までの先を見据えていたチームが、今よりを先を重きを置くことで勝つという展開が多かったように思うのですが、ここ数年は、今、この瞬間の準決勝を意識するチームが、先より今を重きに置くことで勝つという展開が多いような……(かなりの、独断と偏見です)…いずれにせよ、主人 [続きを読む]
  • 偏差値を1上げる方法 3/10
  • 時事問題で出るかもだから、実際に見てみよう!ということで、豊洲に先日行って参りました近代的ですなぁ……埋立地故にか、やたらとごっつい(=耐震がちゃんとしてそう)建物で、ここでセリとかやるのは、なんかイメージに合わないなぁ……なんて思ったり。面白かったのが、内部のお寿司屋さんに入ったのですが、隣の方が、ベジタリアンで、大将に何度も何度も魚じゃない、キュウリを巻け、みたいなことを言ってて、大将が着々と [続きを読む]
  • パパナスの休日のおしごと 放牧
  • 今週に入って、二回もぐったりした感じの記事をあげてしまい、申し訳ございません……。。。というわけで、(私の)テンションを中和させるための記事を……すみません、明日以降、まっとうなテンションに戻します休日のおしごと……おしごとと言うと、家人に怒られてしまいますかね……おしごとというか家事ですが、掃除機がけとか、床の水拭きとか、トイレ掃除とか、お風呂の排水溝掃除とか、簡単なものをこなしていますさて、最 [続きを読む]
  • 筆者と読者の共通する無意識の偏り、あるいは、大人度と物語文の相関
  • 本日、二つ目またしても7年前の記事を発掘読書の偏りについて二つ前の記事の補足なるかな、と……〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下の対立項(としたもの)の、どちらに共感しますか勉強ーーーー運動読書ーーーースポーツ思索ーーーー行動嘆きーーーー怒り劣等感ーーー優越感狭く深くーー広く浅く大人びたーー子どものよう内向ーーーー外向消極ーーーー積極早熟ーーーー晩成厳密には対立していないのもありますが、感覚で選んで頂ければ、と [続きを読む]
  • 物語を理解するためには、類似の物語の知識が必要
  • ひとつ前の記事にて触れましたが……読書経験に偏りがあると、誤読する可能性がある、という実体験を少々……〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜私自身のことになりますが…小学生の頃から、自分から本をいろいろと読むようになりました(ズッコケ三人組と村上春樹さんの作品を並行して読んでいた小学生の頃の自分は一体なんだったのかとあきれますが……)中学生以降も引き続き乱読していましたが、たまーに恋愛関係を扱った作品を手に取ると、な [続きを読む]
  • 偏差値を1上げる方法 2/10
  • 最近ぐったり気味……。。。では、早速② 物語文の設問において、選択肢の出来事の内容から切る前回の内容は、選択肢を、出来事と気持ちに分けて、気持ちによって判別を、というものでした今回は、その出来事に注目をそして、補足この「出来事」の中には、「思考」が含まれますどういうことかお母さんが私の好きなものばかり食卓に並べたので、疑う気持ちという出来事と、気持ちがあります……これ、因果関係がおかしいですよね? [続きを読む]
  • 「OECD 国際成人力調査」に関して、あるいは、疲れた。
  • 昨日の記事、アクセスが伸びていたのですが……いったんお休みしまして……。。。PISA型の入試が、午後入試でとりあげられるようになってから、10年?くらいは経ちますかよく国際比較において、日本の順位が高くない、みたいな論調ですが……(高くない、って、高いことを前提に求めるのも、なんだかなぁ、と……さらに言うと、子どもたちが対象なので、大人からすれば、とりあげ、そして、批判しやすいだけだろう、とも思い [続きを読む]
  • 偏差値を1上げる方法 1/10 物語文の選択肢の切り方
  • 微妙なタイトルの記事になります何が微妙かと言うと、「1」だけかよ、っていうツッコみがありそうなのと、末尾の「1/10」という十回も続けるのかよ、という点これは、十回全部の内容がおさえられたら「1」上がりますよ、ではなく、「1」上がることを十回綴りますよ、ということですそうしますと、合計で「10」上がる、ということに!!受験学年だと、偏差値よりも過去問の点数が重要でしょうが…ただ、偏差値を上げる=点 [続きを読む]
  • えっ、おさえの学校の過去問、まだやっていない……??
  • リサイクル記事になりますが……ほんとなら、年明けに再利用する予定だったのですが、故あって、早め早めに最後に触れますが、しばし、お目通しを〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜さて、SSのラストを控え、サピックス最終授業も一週間を切る時期になりました(他の塾さんならば、講師裁量が大きく、入試直前まで塾においで、となるのですが。。。)二月まであと十日……第一志望、第二志望は万全でも、おさえの学校に関して [続きを読む]
  • 面接模試について、少々
  • これまでの生徒さん、少なくない人数が、受けてきましたが……悪い評価がついた生徒さんは、いらっしゃいませんでしたサンプル数がそこまで多くないので、断言はしませんが、おそらく、絶対評価で行われ、かつ、ほとんどのお子様が高評価をもらっているものと、思われます場慣れ、ということで、大人相手に改まった場で話す経験をすること自体は良いのですが……。。。面接で聞かれる定番の質問を受けて、おしまいという流れです正 [続きを読む]
  • クリスマスプレゼント?の話??
  • 知り合いのお嬢さんがうちにいらして、我が子をあやしてくださる……ありがたいですねその折、ふと出た、クリスマスプレゼントの話お嬢さん「この子のクリスマスプレゼントって、何になるんだろう??」私「う〜〜ん、おもちゃとかじゃないのかな〜〜??」お嬢さん「でも、この子が一番欲しいものって、ミルクとか、食べ物じゃないの??」私「…確かに。」お嬢さん「おもちゃって、親がもらいたいものじゃないの???」私「…… [続きを読む]