奥野彰彦 さん プロフィール

  •  
奥野彰彦さん: SK特許業務法人の知財戦略ブログ
ハンドル名奥野彰彦 さん
ブログタイトルSK特許業務法人の知財戦略ブログ
ブログURLhttp://skiplaw.jp/wordpress/
サイト紹介文渋谷のSK特許業務法人のパートナーの奥野彰彦です。
自由文ユニバーサルドラフティング(日米欧+韓台+BRICS+ASEANに通用する明細書)を活用した知財戦略を実践する上で日々の外国出願実務を通じて経験 した特許・実用新案・意匠・商標の実務ノウハウをメモしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/03/29 02:07

奥野彰彦 さんのブログ記事

  • SKIPに業務用のネスプレッソを導入しました
  • 米国のIT業界では、社内のフリースナックやフリードリンクが当たり前で、Googleではフリーマッサージやフリーランチまで揃っています。SKIPでは、グーグルほどではありませんが、社内のドリンク(ミネラルウォーター、お茶、コーヒーなど)は無料で飲み放題にしています。また、多忙な弁理士、特許技術者、事務担当者がコーヒーを沸かす手間を削減するために業務用のコーヒー抽出機を導入して、自由に香り高い美味しいコーヒーが飲 [続きを読む]
  • 上半期の事務開発ボーナス支給(726万円)のお知らせ
  • 2018年の上半期の売上が前年並に好調でした。そのため、SK特許業務法人の売上(管理会計上の売上総利益=粗利とほぼ同じ)の2%+事務売上の20%+効率化達成ボーナスを事務開発部門のメンバーに還元するために、総額約726万円のクエスト達成報酬(上半期の事務開発ボーナス)を支給しました。今年も、【稼げる★キラキラ★事務開発部門】を目指して、事務開発部門のメンバーが、国内・海外での特許の年金管理、商標の更新手続、特 [続きを読む]
  • SKIPで、ランチ改革はじめました
  • SKIPでは、所員のやる気を向上させるために、毎月の月初めに、奥野が財布の中から、女性陣5万円+男性陣5万円+日中混合5万円の現金を所員に渡して、奥野&伊藤の経営陣抜きで、女性陣にはお昼の女子会、男性陣にはお昼のパワーランチ、さらに日中のメンバー混合で日中友好ランチに繰り出してもらっています。●女子会ランチ→女子会ランチ(月5万円)趣旨:広尾、恵比寿、代官山、渋谷などのお洒落なレストランやカフェで食事 [続きを読む]
  • 2018年度 第1四半期の黒字化達成のお知らせ
  • 2018年度 第1四半期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、確定、累計):売上高 約7,207万円, 経常利益 約1,188万円, 手元現預金 約9,727万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの借入金ゼロ, 経営陣等への貸付金ゼロ、経営陣の親族・愛人への報酬ゼロ、不良債権(請求書発行後3ヶ月経過の売掛金)額 約146万円(不良債権比率 約0.5%)、CCC 約マイナス1月、自己資本比率 50%超) [続きを読む]
  • 奥野弁理士が日本弁理士会の常議員に就任しました。
  • 奥野弁理士が、平成30年度日本弁理士会の役員である常議員に就任しました。小生のような山奥から東京に出稼ぎに来た田舎の農家の糞ガキが伝統ある日本弁理士会の役員に選ばれるなど、なんだか随分と日本の社会秩序も乱れてきて、世も末だな・・・という気もいたしますが、公約として掲げました【外国出願を、弁理士の手に取り戻す!】という理想の実現に向け、日本の国益および弁理士会のために尽力する所存ですので、よろしくご指 [続きを読む]
  • 2018年度 第1四半期の黒字化達成のお知らせ
  • 2018年度 第1四半期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、速報、累計):売上高 6,800万円強, 経常利益 計算中, 手元現預金 1億円超, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの借入金ゼロ, 経営陣等への貸付金ゼロ、経営陣の親族・愛人への報酬ゼロ、不良債権(請求書発行後3ヶ月経過の売掛金)額 約146万円(不良債権比率 約0.5%)、CCC 約ゼロ月、自己資本比率 50%超) [続きを読む]
  • SKIPの標準料金表を見やすく改定しました。
  • 創業10周年を記念して、SKIPの標準料金表を見やすく改訂しました。なお、料金の内容自体は特に変更はなく、ほとんど従来のままですのでご安心ください。なお、SKIPでは、クライアントの皆様には、新規クライアント・既存クライアントの区別なく、最初から既に特別割引した標準料金表を設けています(ディスカウント交渉をするのが面倒くさいので、最初から既に特別割引した標準料金表をお送りしてディスカウント交渉の無駄な人件 [続きを読む]
  • SKIPの2018年の目標
  • ◆国内の明細書作成能力を高めて、国内→内外→外内の流れを強化(10年目)国内出願(書き起しの場合)の歩合を高めて、機電系の人材を強化(所員26名→27名)国内明細書の作成は、利益率は高くありませんが、高いスキル(例:ユニバーサル・ドラフティングの能力)が必要であり、その後の中間+内外につながる極めて重要な業務(SKIPの戦略を実現するためのコア業務)です。 しかし、多くの特許事務所では、国内明細書の作成の仕 [続きを読む]
  • SKIPの2017年の振り返り
  • ◆事務開発部門が軌道に乗り、プロフィットセンター化(9年目)事務開発部門によるシステム開発の仕組み化に成功(所員25名→26名)2017年に入って、事務部門を「事務開発部門」に改称し、毎週VBAの講義を行って、コーディングを勉強させてきた成果が上がり始めてきました。この頃から、事務開発部門のメンバーが、普段の業務を行いながら、ミスをしそうな箇所を見つけると、自らコーディングをして警告が出るようにシステム変更を [続きを読む]
  • 2017年度のSKIPの本決算のご報告
  • ◆2017年の決算(法人事業)で黒字化達成(弊所顧問 浅田会計事務所が本決算を作成)売上高 約3億0,441万円 (前年比 116.1%)当期純利益(税引前) 約2,699万円 (前年比 131.1%)純利益率(税引前) 約8.8%当期純利益(税引後) 約1,851万円手元現預金 約1億1,586万円 月商 約4.5月分●アソシエイト弁理士+特許技術者の年収(2017年にフル稼働した人材11名 平均勤続年数3年) 平均年収 約868万円最高年収 約1 [続きを読む]