奥野彰彦 さん プロフィール

  •  
奥野彰彦さん: SK特許業務法人の知財戦略ブログ
ハンドル名奥野彰彦 さん
ブログタイトルSK特許業務法人の知財戦略ブログ
ブログURLhttp://skiplaw.jp/wordpress/
サイト紹介文渋谷のSK特許業務法人のパートナーの奥野彰彦です。
自由文ユニバーサルドラフティング(日米欧+韓台+BRICS+ASEANに通用する明細書)を活用した知財戦略を実践する上で日々の外国出願実務を通じて経験 した特許・実用新案・意匠・商標の実務ノウハウをメモしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/03/29 02:07

奥野彰彦 さんのブログ記事

  • 決算ボーナス(約1,700万円)支給のお知らせ
  • 2017年の決算は、労使協調による安定した経営を実現することができた結果、目標の純利益率(税引前)10%を大きく超えることが確実になりました。そのため、SK特許業務法人の純利益率10%を超える超過利益を所員に還元することにしました。具体的には、年初に契約したクエスト達成報酬(義務的ボーナス+裁量的ボーナス+経営者ボーナス)+所員の使い残しの有給休暇を買取るために合計で約1,700万円を支給することにしました。20 [続きを読む]
  • 2017年度 通期の黒字化達成のお知らせ
  • 2017年度 通期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、見通、累計):売上高 約3億円, 経常利益 計算中, 手元現預金 約1億1,585万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの借入金ゼロ, 経営陣等への貸付金ゼロ、経営陣の親族・愛人への報酬ゼロ、不良債権(請求書発行後3ヶ月経過の売掛金)額 計算中(不良債権比率 計算中)、CCC 約マイナス1ヶ月、自己資本比率 50%超) [続きを読む]
  • 下半期の事務開発ボーナス支給(676万円)のお知らせ
  • 2017年の下半期の売上が予定よりも好調でした。そのため、SK特許業務法人の売上(管理会計上の売上総利益=粗利とほぼ同じ)の2%+事務売上の20%+効率化達成ボーナスを事務開発部門のメンバーに還元するために、総額約676万円のクエスト達成報酬(下半期の事務開発ボーナス)を支給しました。今年も、【稼げる★キラキラ★事務開発部門】を目指して、事務開発部門のメンバーが、国内・海外での特許の年金管理、商標の更新手続、 [続きを読む]
  • 【日本の特許事務所のトップ5%にランキング】
  • SKIPは、特許事務所ランキング(2017年知財ラボ調べ)で日本国内特許事務所4,200超のうち以下の位置にいます。ようやく、日本の特許事務所のトップ5%にランキングされましたが、まだまだ品質、サービス、納期などの面で未熟であり、さらに上を目指したいと考えています。特許部門 トップ200ランク入り実用新案部門 トップ5ランク入り意匠部門 トップ100ランク入り商標部門 トップ100ランク入り弁理士数 トップ200ランク入 [続きを読む]
  • ■急募!(欠員のため1名募集) 朝鮮系中国人の弁理士・特許技術者
  • 電機、機械、制御、半導体、化学、バイオ、材料などの技術分野で、特許出願、中間処理の経験3年以上(または理系修士または理系博士以上の学歴(化学、 バイオ、材料、電機、機械、制御、半導体など)を有する方)ビジネスレベルの日本語力(いずれの人種・国籍でも、日本語能力試験1級が必須)母国語レベルの中国語力・韓国語力(朝鮮系中国人)日本人のメンバーとの間に、一切の差別待遇はありませんので、安心して活躍してく [続きを読む]
  • 2017年度 通期の黒字化達成のお知らせ
  • 2017年度 通期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、見通、累計):売上高 約3億円, 経常利益 計算中, 手元現預金 計算中, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの借入金ゼロ, 経営陣等への貸付金ゼロ、経営陣の親族・愛人への報酬ゼロ、不良債権(請求書発行後3ヶ月経過の売掛金)額 計算中(不良債権比率 計算中)、CCC 約マイナス1ヶ月、自己資本比率 50%超) [続きを読む]
  • 下半期の事務開発ボーナス支給(676万円)のお知らせ
  • 2017年の下半期の売上が予定よりも好調でした。そのため、SK特許業務法人の売上(管理会計上の売上総利益=粗利とほぼ同じ)の2%+事務売上の20%+効率化達成ボーナスを事務開発部門のメンバーに還元するために、総額約676万円のクエスト達成報酬(下半期の事務開発ボーナス)を支給します。今年も、【稼げる★キラキラ★事務開発部門】を目指して、事務開発部門のメンバーが、国内・海外での特許の年金管理、商標の更新手続、特 [続きを読む]
  • SKIPの【産休+育休】の活用例の第一号が職場復帰しました。
  • SKIPの所員には、ライフスタイルの変化に合わせて、奥野+伊藤が許可すれば短時間正社員⇔フルタイム正社員の間をスイッチできる制度を活用してもらっています。具体的には、出産・育児・介護・傷病・転職活動などのライフスタイルの変化に応じて、週7時間程度の短時間正社員から週35時間程度のフルタイム正社員まで、自由かつ柔軟に働き方をスイッチしてもらえるように制度を設けています。また、SKIPでは、女性所員が安心して [続きを読む]
  • EP研修9〜コンピュータ関連発明の審査について〜
  • いわゆる「コンピュータ関連発明」について。USでは「アリス判決」以降、§101で拒絶されるケースが増えています(だいたいのケースで克服可能ですが)。EPの代理人の感覚では、コンピュータ関連発明(ソフトウェア含)が登録されるまでのハードルは、図1のようなイメージだそうです。【図1】USでは「技術」に該当するか(※「保護適格性」のことです)が極めて重要で、進歩性はなんとかなる場合が多いです。一方、EPでは、「技術 [続きを読む]
  • EP研修8〜自発補正しつつ審査を促進する方法〜
  • Rule 161(1), (2) EPC によれば、PCT出願のEP広域段階移行後に、出願人は、EPOからの通知より6ヶ月以内に(1回だけ)クレーム等を補正することが可能です。しかし、Communication under Rule 161 EPC(Rules 161(1) or (2) and 162 EPC)が発行されると、審査又はサーチが応答期限の6ヶ月が経過するまで未着手の状態に置かれてしまいます。そこで、審査を加速するべく、出願人は、Communication under Rule 161EPCを受領する権利 [続きを読む]
  • 2017年度 第3四半期の黒字化達成のお知らせ
  • 2017年度 第3四半期(法人事業)で黒字化達成((管理会計、確定、累計):売上高 約2億2,342万円, 経常利益 約3,636万円, 手元現預金 約9,389万円, 有利子負債ゼロ、経営陣等からの借入金ゼロ, 経営陣等への貸付金ゼロ、経営陣の親族・愛人への報酬ゼロ、不良債権(請求書発行後3ヶ月経過の売掛金)額 約655万円(不良債権比率 約2.2%)、CCC 約マイナス1ヶ月、自己資本比率 約58%) [続きを読む]
  • EP研修7〜ベルリン着&ミュンヘンの特許事務所について〜
  • 本日ベルリンに着きました。EP研修も今日で折り返し地点です。今月はベルリンの事務所でトレーニングを受けるので、ミュンヘンの事務所との違いを見てみたいと思います。ベルリンで借りた物件は、まさかの一軒家でした。1人で過ごすには広すぎるレベルです。Wi-Fiも使え、テレビも44インチレベルのサイズなので、このテレビにPCを繋いで仕事しようと思います。また、ビールも1本100円程で買えるので、しばらく仕事するには最高 [続きを読む]
  • EP研修6〜EPOの審査官は高待遇!!〜
  • 無効審判の口頭審理にEPOまで見学に行ってきました。EPO内には民間資本のカフェがあり、その辺のレストランよりも安く量も多く、なによりおいしかったです。EPO内のカフェなので、当然そこらじゅうに審査官が!口頭審理等以外では、普段は私服でよいらしく、言われなければ審査官と分からなかったです。以下、EPOの審査官の恵まれた待遇を紹介。【EPO審査官の羨ましい待遇】1.高給取り2.税金免除(5%程度まで減税される?)→( [続きを読む]
  • EP研修5〜リゾートワークを考えている皆様へ:ディスプレイ問題〜
  • 現在ドイツでリゾートワークをして3週間が経過しましたが、仕事の作業環境、特にディスプレイについて。(※ 環境により大いに異なると思われますが、参考になれば)① リモートデスクトップ?デュアル(トリプル or クアトロ)ディスプレイは難しい。 HDMI等でサブディスプレイに接続することは簡単ですが、リモートデスクトップ?デュアル(トリプル or クアトロ)ディスプレイを実行するにあたり、ノートPC(最新のMac book [続きを読む]