理想のバレエが踊れる体作りのパーソナルトレーナー さん プロフィール

  •  
理想のバレエが踊れる体作りのパーソナルトレーナーさん: 大人のバレエがメキメキ上達するからだ向上&ケア
ハンドル名理想のバレエが踊れる体作りのパーソナルトレーナー さん
ブログタイトル大人のバレエがメキメキ上達するからだ向上&ケア
ブログURLhttps://ameblo.jp/mo772/
サイト紹介文理想のバレエを踊れるインナーマッスル主導の体の使い方が身に付く自力バレエ整体メソッドを紹介。
自由文理想のバレエを踊れるようになるためには、日常生活とは違った大腰筋をはじめとするインナーマッスルの筋肉を繋げた体の使い方をマスターする必要があります。インナーマッスル主導の体の使い方をマスターしない限りどんなエクササイズをしても、バレエの上達には繋がりません。自力バレエ整体メソッドを体験してみて下さい。「無料動画セミナー」も配信中です。こちらどうぞ。↓https://39auto.biz/msonds/touroku/entryform1.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/03/31 16:45

理想のバレエが踊れる体作りのパーソナルトレーナー さんのブログ記事

  • 楽しみながら体幹を鍛える方法
  • 楽しみながら体幹を鍛える方法感動を与えてくれたオリンピックもあっという間に終わってしまいました。団体、個人と念願の金メダルを獲得した体操の内村航平選手、捻り王子の白井選手素晴らしかったです。二人とも3歳からトランポリンで遊んでいた映像がテレビでよく流れていました。孫のみっくんがもうすぐ3歳になるのでトランポリンを買ってあげようかと思い実際のトランポリンはどんな効果があるのか体験してきました。約一時間 [続きを読む]
  • 横隔膜を下げて下部腹横筋を膨らませる。
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。先月に続き今月の自力バレエ整体のワークショップでも、呼吸ワークを行いました。皆さんが、一番苦労するのが、横隔膜を下げて下部腹横筋を膨らませる。ことです。腹式呼吸をしてもらうと、お腹を膨らませたり、下腹部を膨らませることができても、腰骨の指2本くらいのところが膨らませません。これは、お腹や下腹 [続きを読む]
  • ターンアウトが、劇的に改善!
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。 自力バレエ整体のワークショップを行って来ました。 5回目の8月のテーマは、「引き上げて踊れる体幹を手に入れる。」です。 ターンアウトの角度をチェックしてから 1、大腰筋を目覚めさせるワーク 2、呼吸ワーク 3、肩甲骨をワーク 最後に、ターンアウトのチェックを行いました。&nb [続きを読む]
  • 引き上げについてのポイント
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。 先月、パーソナルレッスンを受けた方よりご質問を頂きました。「今まではおへそを背中にくっつけて!引き上げてと言われますが腹圧は逆のような感じだと思うのですが、それは言い方の違いで同じ感覚でしょうか?」についてですが、「おへそが背中にくっつく」のは、腹圧がかかることで、骨盤が前傾して、脇が効いて背中が [続きを読む]
  • 大腰筋が緩んでターンアウトが楽に出来るようになるワーク
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。以前、『大人バレリーナのための股関節の柔軟性をアップさせる7つのワーク』を紹介ました。その中で、【ワーク2】の効果に驚いています。インナーマッスルを目覚めさせる足首のクロスポイント、鼠径部のクロスポイント、みぞおちのクロスポイントを刺激して、なおかつ足指を軽く握って、手前に引いて行うので、大腰筋が緩んで、 [続きを読む]
  • 引き上げて踊れる体幹を手に入れるには:自力バレエ整体
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。第5回、自力バレエ整体のワークショップのテーマは、【引き上げて踊れる体幹を手に入れる。】です。引き上げるというのは、簡単にいうと背骨のS字カーブを出来る限り伸ばした状態にして踊る、ということです。引き上げることによって、どんなメリットがあるのかというと・・・・強い軸を意識できるようになり、体の重心が高く [続きを読む]
  • 横隔膜を自由に操れるように、 横隔膜呼吸を身につける:座位編
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。■横隔膜を自由に操れるように、横隔膜呼吸を身につける:座位編前回までの3回は、仰向けで行いました。次に、出来るようになったら座った姿勢で行います。まず、大切なことは、正しく座位のポジションを作ることです。1、椅子に座って膝を広めに開きます。 膝を90度に曲げて 膝頭と足指の中指を一致させて 足裏がつぶれない [続きを読む]
  • 体幹・骨盤を安定させる横隔膜を自由に動かせる呼吸ワーク
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。自力バレエ整体の第4回目のワークショップのテーマは、「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」でした。■横隔膜を自由に操れるように、横隔膜呼吸を身につけるために腹式呼吸に・胸式呼吸に続いて横隔膜呼吸を紹介します。●横隔膜呼吸腹式呼吸とは反対に、息を吐きながらおなかを膨らましていきます。1、下腹部の腰骨の指 [続きを読む]
  • 体幹を安定させるために横隔膜を自由に動かせるワーク
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。自力バレエ整体の第4回目のワークショップのテーマは、「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」でした。■横隔膜を自由に操れるように、横隔膜呼吸を身につけるために腹式呼吸に続いて胸式呼吸を紹介します。●胸式呼吸1、仰向けで、両足を立てた姿勢になります。 指を軽く握って、インナ−マッスルをつなげて、 舌を上あ [続きを読む]
  • 腹壁を緩め、脱力出来る呼吸をマスターしよう。
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。自力バレエ整体の第4回目のワークショップのテーマは、「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」でした。■横隔膜を自由に操れるように、横隔膜呼吸を身につけるためにまず、腹式呼吸を行います。基本・・・腹壁を緩め、脱力を体感する。●腹式呼吸1、仰向けで、両足を立てた姿勢になります。2、指を軽く握って、インナ−マ [続きを読む]
  • インナーマッスルを優位にさせて立つポイント
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。前回の続きです。体幹を安定させられる軸が通った姿勢を整えても、アウターマッスルを優位に働かせてしまっては意味がありません。上手く体幹の力を使えているのかどうかの大切なポイントがあります。そのポイントは、【みぞおちの力を抜く】ことです。  みぞおちの力を抜くことで、横隔膜や大腰筋を活性化させてイン [続きを読む]
  • 「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」自力バレエ整体
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。今日は、自力バレエ整体の第4回目のワークショップです。今回のテーマは、「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」です。正しい呼吸は、正しい姿勢から。軸が通った立ち方についてはこちらの記事を御覧ください。軸が通ると、骨盤が安定して体幹を上手く使うことができ、・呼吸を深く行えるようになる。・腹直筋や脊柱起立 [続きを読む]
  • 「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」自力バレエ整体
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。今日は、自力バレエ整体の第4回目のワークショップです。今回のテーマは、「バレエ流、呼吸の仕方をマスターしよう。」です。正しい呼吸は、正しい姿勢から。軸が通った立ち方についてはこちらの記事を御覧ください。軸が通ると、骨盤が安定して体幹を上手く使うことができ、・呼吸を深く行えるようになる。・腹直筋や脊柱起立 [続きを読む]
  • 股関節を緩めるワークの効果に驚きました。
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。先日のパーソナルレッスンを、受けた方からメールを、頂きました。「昨日寝る前に復習がてら股関節を緩めるワークをよくやりましたら、朝起きた時から体の状態、体調が非常に良く、驚きました。踊りが動機になり股関節を緩めたいと思ったのですが、体全体、健康にとてもいいことを身をもって実感しました。」股関節の動きをよく [続きを読む]
  • 軸が通っている立ち方とは。
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。  軸が通っている立ち方とは。 ポイントは、『下半身の螺旋の繋がり。』です。 詳しく説明していきます。  体軸筋を目覚めさせて踊るには楽に正しく立つことが前提です。 楽に正しく立つには、どこで立つのか? リラックスできていて、足裏のアーチでフワッと浮いているような感じでい [続きを読む]
  • 「お尻の位置が、高くなった感じがする。」股関節ワーク
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。今日、午前はバランスからだ塾でした。『大人バレリーナのための股関節の柔軟性をアップさせる7つのワーク』の股関節のワーク1,2,3を行いました。まだ、読んでない方はこちらから。【ワーク1】【ワーク2】【ワーク3】「お尻の位置が、高くなった感じがする。」ワークが、終わった後の言葉です。皆さん、股関節の可動域が、よく [続きを読む]
  • 【皮膚スライド療法Q&A】
  • 【Q&A】「裸にならなくてはいけないのですか?」 オイルマッサージの用に裸になる必要は、 ありません。 特に、着替える必要もありません。 服を着たままで施術します。 服の上からでも、皮膚の動きを手のひらで 感じることができます。「胸など触りますか?」 触りません。鎖骨の周辺に手を添えるくらいです。 触れられたくない場所があれば、 事前に言って頂ければ避けます。 大切な場所は、膝下、手のひら、目といっ [続きを読む]
  • 【皮膚スライド療法は、どんなにことをやるの?】
  • 【皮膚スライド療法は、どんなにことをやるの?】皮膚の動きを損なわないようにフワーとした感触で手のひらをのせて皮膚の動きが取り戻されるまで待ちます。手のひらをのせている周辺が、温かくなりうとうと心地よい気分になります。血流が改善されて、副交感神経が優位になってリラックスできるようになります。神経が緩み、痛みが和らいで筋肉も緩んできます。■うつ伏せの状態で1、足裏の皮膚の動きを取り戻します。2、足首の皮 [続きを読む]
  • 【皮膚スライド療法がどのように生まれたのか】
  • 【皮膚スライド療法がどのように生まれたのか】20年以上整体に関わって来ました。筋肉を揉みほぐす施術に、疑問を持ち始めて2年ほど前から筋膜にアプローチして骨格のアライメントを整える施術を取り入れて参りました。技術的に難しく、施術する的確なポイントにアプローチしないと結果に結びづらく施術時間が長時間かかってしまいます。体軸理論により、自身の身体感覚が向上したことにより、皮膚の動きを手のひらで感じること [続きを読む]
  • 皮膚スライド療法とは
  • 皮膚スライド療法について、もう少し具体的な内容を書いて欲しいとのコメントを頂きましたので、皮膚スライド療法について紹介します。 【皮膚スライド療法とは?】 皮膚の動きを取り戻して、神経を緩めることで筋肉が弛み、関節の可動域が改善します。 血液・リンパ液の流れをスムーズにして、リラックス効果も期待できるからだの本来の力を引き出すカラダに優しい施術です。  最近では、パソコンやスマ [続きを読む]
  • ストレッチをしても股関節の柔軟性が、アップしないのは?
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。ストレッチをしても股関節の柔軟性が、アップしないのは?最近、バレエを長く踊っている方のからだや動きを見させて頂く機会が増えてきました。バレエをやっている方の誰もが憧れるターンアウトのための股関節の柔軟性が、アップしないのはなぜなのか?最近いろいろ考えてみたり、自分のからだの動きや感覚を通して感じることは [続きを読む]
  • ブレーキが外れれば、楽に歩ける。
  • 大人バレエのための踊っているときに使えるようになるためのエクササイズ。自力バレエ整体の恩田です。 毎週、出張整体をしている83才の女性のお客様が、新潟旅行に行ってきて日本酒のお土産を頂きました。 「いっしょに行った人に、なんでそんなに速く歩けるの」「新潟に日帰り旅行して、8000歩も歩いたんです。嬉しくて、みんなに、自慢したいくらいだわ。」と話していました。 ブレーキを外すと、からだは、楽に [続きを読む]
  • 『動きが向上しない要因として、皮膚がある』皮膚の動きを見直して見ては。
  • 「皮膚の動きを取り戻すと、瞬時に筋肉が緩み関節の可動域が変わる。」ことを知って、施術を変えて2ヶ月になります。改めて、皮膚の凄さに驚かされる毎日です。A-Yoga主宰者の山本邦子先生のブログFeel the Vibes Yogi的人生の旅の記事の中に、『いつまでたっても動きが向上しない人の要因として、皮膚がある、と思うので、その皮膚へのアプローチを変えることで、動きを変えることができるんじゃないかな、、、と。皮膚が内膜と [続きを読む]