痩せるよ下ちゃん さん プロフィール

  •  
痩せるよ下ちゃんさん: 流れる雲のように
ハンドル名痩せるよ下ちゃん さん
ブログタイトル流れる雲のように
ブログURLhttps://shimo0717.exblog.jp/
サイト紹介文ぐだぐだとわがままに気ままに日々のつれづれを書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供513回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2011/03/31 22:03

痩せるよ下ちゃん さんのブログ記事

  • 伝説の営業マンの本2冊
  • 本屋さんに注文していた本が届いた。「僕は明日もお客さまに会いに行く。」「かばんはハンカチの上に置きなさい」上記の2冊だ。作者はいずれも先日の講演会の講師であった川田修さん。川田さんはこの2冊の中では、「僕は明日もお客さまに会いに行く。」を薦めておられた。なので、これから読み始めている。ひとつの物語なのですがとても読みやすい。この2冊と先日の講演会を参考にして、実際に行動に移してみる。変わりた... [続きを読む]
  • in大楽天
  • 炎の中で持参したおにぎりを喰らう姿が見附市今町で一番似合う男。in大楽天しかしながら、大楽天会。今宵の話を市内では決して出来ない。良い仲間です。写真に写っていない人が、主役でしたが。 [続きを読む]
  • 生きることの意味と新潟県県議会議員選挙
  • 実は昨夜のうちに結局『夜と霧 新板』 を読了してしまった。最終章は本当に驚きだったし、私自身が想い描いていた強制収容所からの解放ではなかった。アウシュビッツなどの強制収容所から解放された人々は、その解放の瞬間やその後は歓喜の気持であったに相違ないと私は思っていたからだ。そうではなかった・・・。グッとくる良書と新年早々にまた巡り合えたと思えた。既に読まれている方も沢山いらっしゃるかと... [続きを読む]
  • 夜と霧2769
  • 昨夜から「夜と霧 新版 V.E.フランクル」を読み始めた。残りは最終章だけだ。重たすぎる本だ。アウシュビッツなどで生きると人はどうなるのか?淡々と書かれているところがまさに怖い。映画 シンドラーのリストの影響からか、読んでいて頭の中で描かれる情景は全て灰色だ。色が出てこない。だから尚更のこと怖い。残りは明日以降にしよう。先輩から良い本を教えて頂きました。ありが... [続きを読む]
  • 日日是好日
  • 日日是好日ー「お茶」が教えてくれた15のしあわせー森下典子昨年末に本屋さんでこの本を目にして購入した。買った決めては黒木華さんの写真が本の帯に写っていたから。補足すると前から「お茶」に興味があったから。「お茶」は建築学的に茶室が好きだからということと、千利休にも興味があったからだ。しかしながら、そんなに期待せずに買って、先日から読み始め、先程読み終わった。そして本の最後は私の目元はしっと... [続きを読む]
  • 川田修さま 講演会
  • 市外の工務店様が主催して下さいました講演会に出席させて頂きました。会長が青年会議所OBでいらっしゃり、会長は私が入会した年は多分直前理事長をなされていたはず。そんなJCと所属している福祉系の会のご縁を頂き、会長からは沢山のことを教えて頂いています。今回の講演会は、外資系企業生保のトップセールスマンであるプルデンシャル生命保険株式会社川田修さま「かばんはハンカチの上に置きなさい」講演時間は... [続きを読む]
  • 頭はスポンジ
  • 似ているというか、本人なのではないかしら?左側の男性が余りにも余りにも小中高の同級生にそっくりだから。写真さてと明日は下越地方の大先輩の会社主催の講演会にご案内を頂きましたので勉強させて頂きます。先輩の事業スタンスはギバーなんだと思う。だから成功しているんだよなぁ。小疇さんみたいに、頭はスポンジで行って来ます。 [続きを読む]
  • 半世紀を生きてもラグビーは沢山のことを考えてくれる
  • 今日、少し年上のお客様と大学ラグビー談義をさせて頂きました。話題は、早明戦!なかでもやっぱり雪の早明戦。まさか今日、雪の早明戦の話が出来るなんて思ってもいなかったので、かなり楽しい時間を過ごさせて頂きました。その中で明治の北島御大の言葉をお客様から教えて頂きました。「一番偉いのは誰か?」との質問に「4年間、公式戦に出れなくても、練習を1日も休まずにひたすらボールを追いかけてた人間が一番偉... [続きを読む]
  • 思考は現実化する
  • 朝から今迄ずっと頭から離れません。昨日のお電話のこと。青春とはなんだ?安田一平ならなんと答えるんだろう?冗談はさておき、私が悩む時に開く本が何冊かあります。状況に応じて、その時に開く本が違います。それらの本は私のバイブルでもあります。そんな中で一冊の本の存在を忘れていました。『青春 サムエル・ウルマン』がそれでした。新しいチャレンジに恐怖と不安を感じた時に自分を奮い立たせてくれた『青春の... [続きを読む]
  • 大切な色はグレーなんだけれどね
  • 今宵、突然。人生の転機ってこんなことをいうのかなぁ?そんな電話を頂きました。伝えることはお伝えしました。私がきちんとお伝え出来た理由は、読み終えるたらばかりの「GIVE&TAIK」の本のお陰だ。多分、これを読んでいなかったらきちんとお伝え出来ませんでした。最後は自分で決断するべきこと。さて、どうする?痩せる気配は全くないよ下ちゃん!新しいことにチャレンジしてみたいがねー。悩みます。 [続きを読む]
  • 駅ピアノと夜と霧
  • 長女に密林に発注依頼を頼んでいた本が届いた。先輩が良かったと評価しておられた本だ。『夜と霧 ヴィクトール・E・フランクル 新版池田香代子 訳』がそれだ。裏表紙にこう書いてある。わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とはなにものか。人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っ... [続きを読む]
  • 悲観と楽観の違いとは
  • 今日、友人の実家にお年始に伺いました。そして今回の訪問においても友人のお母様から沢山のことを教えて頂きました。お若い時に経験されたことで今の時代にも通じること、最近テレビで知った言葉も教えて頂きました。それは、「悲観」は気分によるもので、「楽観」は意思によるもの。なるほど!テレビを無駄には見ておられない生活スタイルが流石なぁーと、今回も感じさせて頂きました。ありがとうございます。昨年の... [続きを読む]
  • 箱根駅伝でシード落ち
  • 箱根駅伝が終わった。大方の予想通りに母校はシード権を獲得することが出来なかった。しかしながら、ユニフォームに校名を示すアルファベット一文字の誇りは、健闘ということを通じて感じることが出来た。優勝した東海大学、二位の青山学院大、シード権を獲得した大学と母校の違いはなんなんだろう?有力選手が入学しないからなのか?純粋に練習量が少ないのか?練習の質が違うのか?指導者の力量が他大学より劣っているの... [続きを読む]
  • 箱根駅伝と大学ラグビー早明戦
  • 正月中日の今日、朝からテレビで箱根駅伝で走る母校を応援。ダメダメの順位を予想していたけれども、明日はなんとかシード権を狙いにいけるかもしれない順位だ。暮れの或る忘年会でとある議員さんと箱根駅伝談義をさせて頂いた。この方は私と同じ同窓であり、正月から母校を応援できることは幸せだと語っておられた。母校の体育会で不祥事が相次いだから、箱根で巻き返しを期待していた。明日は久しぶりシード権を取って欲し... [続きを読む]
  • 今上天皇陛下最後の四方拝
  • 数年前だったら誰もが思いもしなかったこと。それは元号が変わる日が明確に決められてしまい、平成が終わる日までカウントダウン出来てしまうことは誰もが思いもしなかったはずだ。失礼ながら、今上天皇陛下が今年の5月1日までに何かがあっても平成は4月30日まで続くはずだ。そんな平成最後の元旦。皇居内の宮中三殿の中で天皇陛下による四方拝が早朝から行われたはずだ。天皇陛下が五穀豊穰を願い、今年起こる全ての災... [続きを読む]
  • 紅白歌合戦とコンパクトシティ
  • あけましておめでとうございます。午前中から集会所で町内新年会でした。帰宅途中にいつも元日にアップしている自宅すぐ側の米山塔の写真をアップします。当見附市は年末にもコンパクトシティのことで国から表彰を受けてしまったみたいですが、こういった小さな米山塔を集落の講のような信仰であり民俗的な慣習をどうしていきたいのかな私にはわからない。コンパクトシティ構想。確かにソロバン勘定では正しそうに思え... [続きを読む]
  • 年々研ぎ澄まされるものとは
  • 朝ご飯を食べ終え、食器を洗ってするや否やにまな板の上で包丁がダンスをし始めた。以下恐妻を持ってしまった憐れな亭主とおっ家内との会話私「なんだぁ〜?朝から・・・。へぇ〜夕飯の準備らかやぁ〜?」おっ家内「はぁ〜?(逆鱗に触れてしまったときの「はぁ〜?」だった。)」私「らっけに、へ〜夕飯の準備らかぁ?」おっ家内「何馬鹿言ってるがっ!夕飯の準備なわけないでしょう!」私... [続きを読む]
  • 平成最後の大晦日イヴ
  • 今日は朝から大掃除。合間を縫って本屋さんへ。今年最後の本の購入は、日日是好日 森下典子購入の決め手は本の帯に黒木華さんが写っていたから。大河ドラマ 西郷どん に出演していた黒木華さんにドはまりしている私。ほーんとに単純な私。来年はもう少し大人になりたいもんだわぁ。さてと明日は神棚の大麻を替えて、カレンダーを替えて、玄関に大黒様の六角凧を飾って、風呂掃除をして、酒を飲もう!... [続きを読む]
  • 仁徳天皇が見たかまどの煙とことなれどもわかった!
  • 昨夜は見附青年会議所(見附JC)OB有志の会に参加してきた。きらくの焼肉の煙に抱かれながら。毎年恒例のこの年末の忘年会がないと年は越せない。見附JCは来年で49年目を迎えるはずだ。半世紀に近い長き期間を昨夜参加された先輩方や2人の後輩はそれぞれの時代に、様々な奉仕をさせて頂き、様々な修練を積み重ね、様々な友情を育んでこられた。JCに私が入会していなかったらもちろん昨夜の忘年会はない。そ... [続きを読む]
  • マグロと中間支援組織と2018
  • 今年もあと少し。今年もたくさん文章を書いてきたけれども一番思い出深いのが下記の文章。今年の夏、市内で開催されて県外からも参加者があったまちづくりの講座をお手伝いする為に書いた文章がこれ。今年は年初からまちづくりにおける中間支援組織を立ち上げる土台位は作りたいと思っていたが結局何もせず。会社経営とまちづくりの中間支援組織の両立は簡単なもんじゃない。来年以降の課題だわ。中間支援組織におけるk... [続きを読む]