awamori48 さん プロフィール

  •  
awamori48さん: 泡盛おじさんの沖縄の宝、泡盛を制覇したい!
ハンドル名awamori48 さん
ブログタイトル泡盛おじさんの沖縄の宝、泡盛を制覇したい!
ブログURLhttps://ameblo.jp/smallfood/
サイト紹介文沖縄の酒造メーカーは47。各蔵元5周300銘柄を越えても奥が深い。沖縄の宝泡盛をもっと飲みたい。
自由文単純に泡盛を飲もうとスタートしたこのブログも、蔵元の巡りや飲み比べ、飲み歩きをしながら、泡盛に詳しくなろうとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/04/01 11:32

awamori48 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 那覇・寄宮「泡ボールバー」で1日店長!あなたもいかが!!
  • 泡盛って、強いというイメージを持っている人達がまだまだ多くいるようです。基本30度だし、水でも、お湯でも割って飲めばいいし、古酒になればストレートやロックでしっかり味わえばいい。そんな泡盛をもっと楽しもうと登場したのがこの泡ボールです。 【泡ボールってご存じですか?】このブログを読んでいただいている方はもうおわかりだと思います。「泡盛」の炭酸割で「泡ボール」しかも沖縄県産のシークヮーサーとアセロラ [続きを読む]
  • 第1回島酒フェスタ初日大盛況!!
  • 【島酒フェスタ始まりました!】2018年4月14日(土)いよいよ泡盛の祭典「第1回島酒フェスタ」が開幕です。15日と二日間セルラーパークスタジアムの右奥にある室内練習場にほぼすべての泡盛蔵元が参加しました。ジャイアンツが沖縄キャンプで室内練習場に使っている会場なので、雨の心配もありません。各蔵元のブースでは、前売り1500円当日2000円でチケットを買うと、最大七時間飲み放題!この時とばかりに先行販売や当日限 [続きを読む]
  • 沖縄の旬な野菜で泡盛!!東銀座「島どうふ」
  • 【東銀座・島どうふ】いきなり登場の泡盛の数々。店長の横山さんです。ここは泡盛マイスターがいる泡盛好きにはたまらないお店。ども、ここには本当の主役がいるんです。 名前の通り「島とうふ」ももちろんですが、沖縄八百屋の居酒屋なので、新鮮な沖縄野菜がたっぷり楽しめる。まずは看板をご覧ください。 外観はこんな感じ。 銀座わしたショップ内の八百屋直営のお店なので、ご覧のメニューです。野菜なので、天候などにより値段 [続きを読む]
  • 「浜田山・てげてげ」ビックリするほどのマル秘古酒の勢揃い
  • 浜田山駅を降りて3分くらい、西友浜田山店の裏にあって、とにかくお酒の品揃えが凄い。 当然私が注目するのは「泡盛」 全部の蔵元さんの古酒が揃っている。それも終売品も含めて。 ほんの一部ですが・・・。泡盛だけじゃなく、焼酎、日本酒も凄い! 泡盛古酒のメニュー。1杯60mlで古酒は出してくれます。 メニューはこんな調子です。 焼酎、日本酒、泡盛に分けれていてこの分厚さ。 料理は「沖縄料理」を看板に出しているくらい [続きを読む]
  • 泡盛品揃え抜群!八王子・京晴
  • 京晴には3度目の訪問です。最初の訪問は、泡盛に関わっていないときだったので、最後に書かせてもらいます。 同じアメブロの中で店長ブログを見つけたのがきっかけで、しかも我が家のお墓があるお寺から数百メートルしか離れていないので、墓参りのついでに(といっちゃ失礼ですが)久々によらせてもらいました。 まずは、この棚を見てください。 全部泡盛です!! 地元八王子の『氏照』ののぼりが目立ちますね。 たくさんある泡 [続きを読む]
  • 第1回島酒フェスタは浴衣で行こう!
  • 第1回島酒フェスタが沖縄セルラーパークで開催されます。4月14日(土)、15(日)の2日間泡盛46蔵元飲み放題!!きいやま商店ライブと見所満載です!浴衣で行くとプレゼントがあるそうですよ!! 【タイムスケジュール】2日間のタイムスケジュールは下記の通り。きいやま商店は2日間とも17時から登場しますね。 【泡盛の企画がたっぷり】島酒は「泡盛」!すべての蔵元の泡盛を試飲して見ましょう! 【会場はこちら [続きを読む]
  • 神村酒造「はやし」と泡盛倉庫「こうじ」の味助乗っ取り
  • ここは神奈川県横浜市、京浜急行金沢八景駅前の「味助」。ある日の日曜日、沖縄から神村酒造中里迅志専務と陽子ご夫妻、泡盛倉庫の比嘉康二さんがやって来て、一日乗っ取り企画を企てました。なんか楽しいことが起こりそうです!! 題して、ハヤシとコウジの乗っ取り味助、沖縄DAY。昼間14時から21時まで、とにかく沖縄なのです! 泡盛大好きなメンバー達が、この店に集まりました。終了間近の写真で、14時からのロングラン、当然全 [続きを読む]
  • ついに完成!復元された重要文化財「津嘉山酒造所」
  • 沖縄で唯一、戦前の姿を残していた名護の「津嘉山酒造所」その赤瓦の姿もかなりの老朽化をしていましたが、重要文化財であるが故に、修復工事にも手間取り、ようやく2017年11月下旬に復元されたその姿を現しました。 厳密には、一部工事が残っている部分もあって、完成は2018年中頃かと言われていますが、母屋、工場部分は完成して、一般の人が見学できるようになりました。 数年前までは、こんなボロ屋になっていました [続きを読む]
  • 2018年東京泡盛会は新年会で錦糸町開催!!
  • 明けましておめでとうございます! 沖縄と泡盛にはまりすぎて、「沖縄REPEAT」を作っているうちに、どうやらこの「泡盛制覇」がおろそかになってきていました。昨年4月に更新して以来、すっかりご無沙汰してしまいました。その間、毎月のように沖縄に行って、蔵巡りをしてきているのに。反省。 【新年第1弾は東京泡盛会 2018NEW YEAR PARTY】さて、さて、復活第1号は、私も主催者の一人でやっている「東京泡盛会」のご案内で [続きを読む]
  • 泡盛を海に沈めるとどうなる「海底酒」
  • 2016年2月6日、本部町の海に潜って泡盛を沈めてきた。 13名の泡盛好きが海の中に泡盛を沈める。 本来はボートダイブする予定でしたが、天気が悪くゴリラチョップから海に入りました。 この頃は桜が満開の時 本部町は山川酒造さんの事前に伺って山川社長から泡盛造りのレクチャーを受ける そして、その夜すでに1年海底に沈めた泡盛と山川酒造の「珊瑚礁」などの飲み比べ。5年古酒のような味わいを感じる海 [続きを読む]
  • 泡盛制覇スタンプカード復活!
  • No3まではしっかりスタンプを押していたけど,NO4が途中だったことに気がついた。 「泡盛48蔵元制覇カード」 四国出身の泡盛おじさん、88カ所巡りのお遍路が身についています。 今は47蔵元になってしまったので、 手直ししなきゃいけないけど、これで頑張ってみよう! ルールは簡単 ボトルを買って帰るか、居酒屋などで飲んで写真を撮ることがルール 楽しみながら、泡盛の売上げ貢献!&nb [続きを読む]
  • 久茂地の「The BAR」で泡盛カクテル
  • 泡盛マイスター協会の塩川さんのお店 The BAR 久々にやってきました。カウンターに座って泡盛カクテルです。 お任せで作ってくれた久米島の久米仙をベースにしたカクテル名前は・・・ごめんなさい、忘れた。 つまみはチョコレートがあいます。 両方まとめて カウンターで飲む泡盛カクテルで癒やされます。 今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。ランキングに参加し [続きを読む]
  • モーニングサービスで泡盛ジョッキ!!
  • 8時過ぎ、牧志公設市場周辺を歩いていると、すでにオープンしている居酒屋が。 沖縄では有名な「足立屋」 千ベロで有名なお店1000円でべろべろに酔えるという意味で千ベロ ちょっと待った、隣に気になる貼り紙がありませんか。モーニング!!6時から10時まで なんとこの店は朝6時に営業開始夜10時に閉店する居酒屋です。朝10時を越えれば皆さん、千ベロに切り替わります。 それではモーニング!! [続きを読む]
  • 神田駅前「琉の介」でロイヤル瑞穂!!
  • 久々の神田駅、東口をおりて横断歩道を渡るとこの店が! 初めて行く人のためにちょっとプレイバック 東口をおりて横断歩道を渡るとやや右手にこの光景赤い看板で「営業中」 16時から営業しています。もちろん、ランチもやってます。ちょっと明るい内に立ち寄りです。 階段を降りていきましょう! 今日はカウンターで一人のみです! 無性に飲みたくていきなりの43度瑞穂酒造ロイヤル瑞穂 4 [続きを読む]
  • 泡盛酒造メーカー3月の感謝祭3連発!!
  • 沖縄はもう夏がやってきます!3月18日を皮切りに各地で海開きです! 2017年海開き情報はこちらです! さて、さて、こちらは蔵開き?普段市場に出回っていないような泡盛に出会えるかもしれません。 【瑞穂酒造】日 時:2017年3月18日(土)19日(日)10時〜17時会 場:瑞穂酒造(那覇市首里末吉町4-5-16)電 話:098-885-0121詳細情報が載っているホームページはこちらです。 【神村酒造】日 時:2017年 [続きを読む]
  • ビール、泡盛、ラム酒等のヘリオス酒造
  • 許田IC降りてすぐのヘリオス酒造。泡盛メーカーの中でも一番新しい酒造メーカー。もちろん、泡盛ファンの私は試飲コーナーに直行、と言いたいところですが、しっかり工場見学をしましょう!まずは、正面に見えている白い建物は、洗米から蒸留まで製造を行う工場。少し黒くなっていますが、これは「黒麹菌」泡盛ができる素ですから、大事な黒さです。それでは中に入ってみましょう!と言いたいところですが、基本的に写真は、NG。こ [続きを読む]
  • 過去の記事 …