鬼太郎 さん プロフィール

  •  
鬼太郎さん: 兜町の鬼太郎
ハンドル名鬼太郎 さん
ブログタイトル兜町の鬼太郎
ブログURLhttp://kabutochounoonitarou.blog39.fc2.com/
サイト紹介文今年以降、再び、世界の市場は必ず上・下大きく振らされる。その変化を的確に捉え、これを天恵とする。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/04/01 11:33

鬼太郎 さんのブログ記事

  • 要は現下の堅調さが本格上昇に繋がるかどうか
  • 今週も引き続き米長期金利、原油価格、為替の各動向を注視したいと考えています。  目先的には日米株共に今少し上値指向の展開であろうと思います。  ここまでは米長期金利、原油価格共に肯定的な展開ですが、この先はやはり注意を要するのではないでしょうか。  中長期的な見地からは強気見通しで良いと思いますが、要は今の堅調さが本格上昇に繋がるかどうか、3月安値からは不透明要素の中随分上げましたが、あくまで戻し [続きを読む]
  • 目先的には堅調ながら思案のところでもある
  • 先週末は米株市場の堅調さに押し出される形で日本株も上昇、目先的には日米株共に比較的堅調さを保つと考えられますが、要は本格上昇に結びつくかどうか。  何れにしても、米国に資金が段々と集約されて来るでしょうから、NY株、日本株共に中長期的には今年1月の高値を大幅に超えて安心感のある相場展開になるでしょうから、見通しとしては強気で良いと考えますが、現状の相場展開が高値更新相場に直結しているのかどうか、外国 [続きを読む]
  • 不透明な要素が多く それ程単純な相場ではない
  • 先週末の米株市場は堅調な雇用統計の発表と共に、バフェット氏によるアップル株の大量取得を買い材料にNY株、NAS株共に堅調な展開、日本市場も先物、為替の買戻しを支えに取り敢えずジリ高歩調となりましたが、やはり不透明感の多い相場展開と云えそうです。  今週は決算発表のヤマ場でもあり、目先的には米長期金利動向、原油価格動向、為替動向等、注目しています。引き続き不透明感の強い霧のかかった様な相場ですが、米朝 [続きを読む]
  • 慎重派、楽観派 理解はすれど動くには気が重い
  • 今週は日本市場の方は週末からGW入り、又南北首脳会談も週後半に予定されており、連休中のトランプ発言も気になるところ、やはり今週は手控えスタンスの投資家さんが多いのではないでしょうか。  さて、先週末の米株市場は長期金利の上昇とハイテク株の減速懸念から下押し、この先のハイテク株の業績見通しと長期金利動向、原油価格動向に注目したいところです。一方、日本株市場の方は楽観派、慎重派に分かれている様ですが、 [続きを読む]
  • 個別銘柄の下値固めは進むものの 尚残る市場展開上のリスク
  • 先週末は米国中心の有志連合によるシリア空爆が予想より早く実施されましたが、結論として拡がりはなかろうと思います。  米側の発表によれば1回限りの限定的なものらしく、ロシアも軍備はあっても国力がない。  現在のロシアのGDPは豪州、韓国、中国の1省である広東省並みですから、プーチンの面子は潰れましたが、国力の消耗はとても出来ない、又度重なる経済制裁もこれ以上は避けたいところ、加えて6月のW杯開催も危 [続きを読む]
  • 引き続き投資スタンスは変わらず 但し今のところ実行は保留
  • 先週末の米株市場は雇用統計も然る事ながら、新たな中国に対する関税枠拡大発言を嫌気して再度大幅下落、米中の貿易摩擦が輸出入の問題のみに関わる事なのか、それとも中国の軍拡、海洋進出或いは北朝鮮との交渉にも関わる牽制なのか、トランプ政権の真意がブラフであるのかどうか、困った人物だけに今のところ分かり兼ねますね。ところで、先週は金融、証券関係者が底入れ或いは下値に届いたと云う発言がやたら多かったと思います [続きを読む]
  • 引き続き買いのタイミング待ちスタンスは変わらず 但し少々様子見
  • 先週は週前半に米中の貿易紛争に絡んだ具体案に日米市場共に売建てが反応、そもそも安い位置から大量に売り込まれている市場だけに売り方が慌てて買い戻す展開となりましたが、まあ仕方のない動きですね。  週後半は北朝鮮の中国訪問が話題となりましたが、同床異夢の両国それぞれのアピールがどこまで効果があるのか、恐らく単純明快ではないかと思われますが、米朝会談に臨む米国のスタンス次第でしょう。さて、株式市場の方は [続きを読む]
  • 今週以降 買いのタイミングで相場を考える
  • 先週の日米株市場の動向は、先ずFOMCについては結果、市場反応共想定通リ、其の後米中の貿易紛争問題の発生と深刻化から大幅安となりましたが、もともと主要市場は先週は下落の週であったところに米中の貿易紛争と云う重大な懸念が発生し、下げ方も急でしたからカラ売り比率も過去最高の50%と云う混乱ぶりとなりました。  個人投資家さんも継続的に買い急いでいましたから、ダブルで損失を抱えた方も多いかも知れません。 [続きを読む]
  • 日本市場の反転も近し 但し日経の21000円割れ程度の覚悟は必要
  • 今週はG20や米FOMCでの利上げなどが予定されています。  引き続きホワイトハウス人事、米中貿易摩擦の進捗、国内的には森友問題の一段の拡がりから政局になりつつあり、首相、財務相に共通する危機意識の鈍重さが一層火消しの困難さに結びついており、要警戒と云ったところですね。一方株式市場の方は、今週は日本株市場に注目したいと考えています。  米国株の方は引き続きNY株の動向が大事なところで、先ずは三角持 [続きを読む]
  • 敢えて今週は様子見
  • 先週までの市場展開は市場動向よりも出て来る材料が目まぐるしく、先ず米国債金利に焦点が当てられ主要国市場急落に端を発して、其の後、米貿易収支改善策として鉄鋼・アルミの関税率引き上げ、反面一部緩和化、加えてコーン議長の辞任、そして北朝鮮による米朝首脳会談の申し出と承諾、先週末の雇用統計は前回と異なり大きく評価、これらの材料は実に目まぐるしく、市場参加者の中には売らされた、買わされたと云った方もあったと [続きを読む]
  • 何れにせよ分かり易い底入れ形成をして来る チャンスを逃すな
  • 今週は米国の方は雇用統計、日本市場はSQですね。  さて、先週後半もしくは今週の初め辺りの新規売建てを予定しておりましたが、唐突な関税に関わるトランプ発言もあり、一気の下げから残念ながら今回は手が合いませんでしたね。  株式市場の方は引き続き米国市場の長期間に渡る大幅な上昇相場の調整を目下展開中と云うのが大前提になっている訳です。  ですから相場の常道として、短期間での出直りは常識的には難しいと考 [続きを読む]
  • 今暫く静観すべき時
  • 先週末の米国株市場は米10年債の金利低下を好感してNY株、NAS株共に大幅な上昇、株式及び債権の売り筋が買戻しを迫られる高値引けの展開で終えています。  一方、日本株市場では昨年とは逆現象の外国人の日本株大量売りがありましたが、対して個人投資家は値頃感から大幅買い越しと云った構図です。  昨年来上昇時に売り一辺倒だっただけに手元には潤沢な投資資金が滞留しており、調整の日柄も余り経過していないだけに、 [続きを読む]
  • 出直りの姿は相場自身が決めるので 其の動きに沿って判断
  • 先週はリバウンド狙いの買い視点で日本株の動向を見ておりましたが、米国株の反発には殆ど反応出来ず、置かれたと云ったところです。  最大の理由はやはり為替動向、又個別も未だ鈍いものも散見される有様で、今回は買いの方は見送りました。  さて、問題はこの先の日米株動向と云う事になります。  引き続き上下に振幅する展開が考えられるところですが、比較的早目に元のレールに戻る事が出来るのか、それとも全治3ケ月程 [続きを読む]
  • 一旦手仕舞い
  • 2/8 先物 21990円 売建て  2/14 21020円(指値) 買返済現在、売り筋が買戻しを迫られているところですが、当面の底入れかどうか未だ未だ分かりませんね。  この先は米株動向を見つつ買いの視点でチャンス待ちと云ったところです。                         鬼太郎 [続きを読む]
  • 今回の相場急落の総括とこれからの展開の大事さ
  • 米国株を震源とした各国の株式市場は先週も大きく荒れましたが、但し今回の急落相場は格別理由のない下げと云う事が出来ます。  理由の見当たらない下げと云うのが一番怖い訳ですが、それは兎も角として、今回やり玉に挙がっているのが金利の上昇、VIX指数、自動取引などでしょうか。  米国経済及び米国株式の絶好調さから金利の上昇は市場参加者が皆周知のところであり、2.6%が2.8%台に上昇したからと云って、これ程 [続きを読む]
  • 再度売り直し
  • 2/8  先物  21990円  売建てたまたま起きていましたので売建てしましたが、当面の下値もこれより終盤でしょう。                  鬼太郎                 [続きを読む]
  • 長期金利の上昇はキッカケではあるが 米株市場自体は想定された急落
  • 先週の米株市場は一語で云えばイレギュラーな週であったかも知れません。  先々週の米国株は高値引けの4週連続高でNY株、NAS株共に終えましたが、先週はザラ場の高値すらなく、週初から2日連続の大幅安。  米株市場の習性としては4週連続高で打ち止めは数少ないケース。  加えて先週は重要な経済イベントが目白押しでありましたが、週初の2日間に材料出尽くし的売りに押された事も又、市場参加者の躊躇や戸惑いを誘っ [続きを読む]
  • 米国の経済イベント目白押しの今週を過ぎてからは要注意
  • 今週の米国市場は主要経済指数の発表、注目のFAANG銘柄の決算、FOMC、インフラ投資を含む米大統領の一般教書演説、週末の雇用統計と経済イベントが目白押しになっています。先ず日本株市場ですが、相変わらず銘柄の強弱感はあるものの、市場全般に当面の値頃感は既にあると考えているところです。  又、為替動向も米政府内から為替に関する異なる発言などもあり、為替のトレンドとは別に引き続きこれには要注意と云った [続きを読む]
  • 好材料山積の市場 vs 値頃感の構図
  • 先週の日本株市場は為替の影響もあると思いますが、週を通しての動きは2週続けて小動き。  相変わらず上値残しの銘柄群もあれば、調整方向の銘柄群もありと全般の方向性には未だ欠ける内容。  今週から決算発表の期待、楽観はあるものの、vs 値頃感と云った構図ではないでしょうか。  他方、日本市場がアナリスト予想を概ね織り込んでいる可能性もあり、値嵩株の動向が鍵ではないでしょうか。  さて、焦点の米国株市場 [続きを読む]
  • 値頃感
  • 先週末の米国株市場はNY株、NAS株共にほぼ高値引け、大引けに掛けてはどうかなと云った思惑もありましたが、引き続き期待と楽観から3連休前の買戻しを巻き込んだ展開で終えています。  唯、格別弱材料の見当たらない米国市場ですが、当面の値頃感は出て来ているのではないでしょうか。  一方、日本株市場の方は中国、日銀に対する疑念から円売り持ち高の解消を誘発、やや円高になっていますが、少なくとも日本株市場が為替 [続きを読む]
  • 当初の想定に従って実行する予定
  • 年初から日米欧市場共に活況を呈している訳ですが、米国株が主導している事は周知なところ、個人的には昨年末の仕掛けでミステイクを致しました。  昨年末にも何度か申して来ましたが、米株主導で今一段上昇しても不思議はないところ、年末ギリギリになっても日米株共に無気力な展開から、今回はNY株、NAS株固有の習性高はないのかも知れないと微妙な判断をしたのが落とし穴でした。  結果は当初の予想通リ米株上昇、日本株 [続きを読む]