きいた さん プロフィール

  •  
きいたさん: 北の村から
ハンドル名きいた さん
ブログタイトル北の村から
ブログURLhttp://k-kiita.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文太めのオバサンの私が作る自分服の記録を中心に、毎日の暮らしの中の「好き」「楽しい」「面白い」を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/04/01 16:32

きいた さんのブログ記事

  • 観劇 「メタルマクベス Disc2」
  • 半年ぶり劇団☆新感線の公演を観てきました。メタルマクベス Disc2です。この劇団の公演として裏切らない面白さでした。シェイクスピアのマクベスをベースにしてメタルに分類されるロックミュージカルです。宮藤官九郎作といことで、もっとハチャメチャなコメディだと思っていたのですが、しっかりマクベスでした。マクベス尾上松也、マクベス夫人大原櫻子、バンクォー岡本健一、マグダフ浅利陽介、新感線では見ない配役でしたが [続きを読む]
  • ペーズリー柄で母のブラウス
  • 母のリクエストでブラウスを作りました。去年作った7分袖のブラウス を長袖にしただけです。後身頃の写真は歪んでしまいました。表地はコットンブロードプリントで、モノトーンのペーズリー柄です。生地で見た時は感じなかったのですが形になったら、老人を意識しすぎたかなぁって思いました。もう少し明るい色の方が良かったかも...合わせる他のアイテムで頑張って貰う事にします。励みになります。ポチッと応援よろしくお願 [続きを読む]
  • あん
  • 今日は あん という映画を観てきました。2015年公開の作品で、樹木希林が亡くなったので再上映されているのだと思います。原作はドリアン助川の小説で、私は読んでいません。面白かったです。色々考えさせられる良い映画だと思います。人生の途中で失敗をしてしまった男性、ハンセン病で思ったような人生を送れなかった老女、自身の将来がまだまだ未知な女子中学生、3人それぞれの生、生きる事の折り合いなんかが描かれている [続きを読む]
  • 今日は伊藤病院
  • 今日は定期的に受診している伊藤病院 (甲状腺の専門病院) に行ってきました。今回は外科です。術後は外科、日常は内科って感じでしょうか。採血の結果FT3     2.5 FT4     1.48TSH     0.55HTg     0.38TG      93HbA1c   5.5LDL-C   179超音波の検査もして、大きな問題なしです。これで手術後7年半、順調です。表参道の街灯にピンクのフラッグ甲 [続きを読む]
  • コーヒーが冷めないうちに
  • 今日は コーヒーが冷めないうちに という映画を観てきました。原作は川口俊和の小説で私は未読です。面白かったです。現代のおとぎ話という感じの作品です。コーヒーが冷めるまでの間の時間だけ過去に戻れるという喫茶店が舞台で、3つのエピソードと主人公のエピソードです。どれも楽しいだけの物語ではないのですが、悪い人はいないし最後は前向きなかたちで終わるので、観ている方もふんわり優しい気持ちになれました。  [続きを読む]
  • パーフェクトワールド
  • 今日は パーフェクトワールド という映画を観てきました。原作は有賀リエのコミックで私は未読です。普段はあまり観ないタイプの作品で、それなりに面白かったですが、歳をとり過ぎているせいか恋愛物なのに感情移入は出来ませんでした。彼氏が車いすの障害者という設定の物語としては王道で、最後はハッピーエンドで主役ふたりのファンは大満足だったのかな。すべてのエピソードが割とあっさりしていて、もう少しメリハリがあって [続きを読む]
  • 超シンプル、黒のショルダーバッグ
  • 前に作ったショルダーバッグ を少し進化させて、ファスナーを付けてみました。ただの袋のような感じにしたかったので、ファスナーを口より少し奥に付けてあります。ちょっと寂しい感じもしたので、内側は残り物のプリントにしました。出来上がってから気が付きました。この形は無地じゃなくて、タータンチェックとか古臭い感じのツィードとかもいいかもしれません。励みになります。ポチッと応援よろしくお願いします。  [続きを読む]
  • 散り椿
  • 昨日は 散り椿 という映画を観て来ました。原作は葉室麟の小説で、私は未読です。面白かったです。ザ・日本映画という感じで、とても良い作品でした。汚職を告発して藩を追われた武士が、病死した妻との約束を果たしに藩に戻ってきた物語です。男女だけでなく人が人を思う気持ちや絆が美しい背景に映し出され、スピード感がある殺陣、音楽などもデジタル感が一切なく、外国映画では観る事の出来ないものだと思います。それに映像が [続きを読む]
  • クワイエット・プレイス / パパはわるものチャンピオン
  • 昨日は クワイエット・プレイス という映画を観てきました。久しぶりに観るホラー物です。面白かったです。音に反応して人間を襲うモンスターが支配している中で生き延びた家族の物語です。ホラー特有の、主人公がいつ襲われるかのハラハラ、ドキドキの連続で、観終わって身体に力が入っていた事に気付きました。そして、ツッコミどころ満載なのにも気が付いちゃいました。そして今日は パパはわるものチャンピオン です。原作は作 [続きを読む]
  • 響 - HIBIKI
  • 今日は 響 - HIBIKI という映画を観てきました。原作は柳本光晴のコミックで私は未読です。面白かったです。コミックが原作のアイドル映画、タダだし〜 ってタカをくくっていた部分もあるかもしれませんが、なにしろ物語が面白いし、終わり方がスカッとします。性格や態度に難がある高校1年生の女の子が、好きで書いた小説が芥川賞、直木賞を受賞する物語です。主人公響があまりに純粋で、好きな小説への向き合い方、その純粋さ故 [続きを読む]
  • 今シーズン欲しかったカーキ色の服
  • カーキ色って男子の色、若者の色って感じがして、このところ着ていなかったのですが、よく考えたら服にするとどんな色にも合わせやすいじゃないかと気がつきました。どんなアイテムでもいいからカーキの服が凄く欲しくなってしまって、たまたまですが、ついに生地を見つけてしまいました。ストレッチツイルです。生地に張りがあって硬めなのでパンツにしました。いつもの形ですが。もう少し柔らかかったら軽いジャケットにしたかっ [続きを読む]
  • ザ・プレデター / プーと大人になった僕
  • 昨日は ザ・プレデター という映画を観てきました。第1作目のシュワルツネッガー主演の作品は当時観ていますが、その後は観ていません。4作目にあたるようです。怖い異星人物としてそれなりに面白かったですが、1作目を超えてはいなかったと思います。姿が見えない恐怖というのは、重要な要素ではなくなってしまったのかな? と思いました。他にもちょっと解り難い所があって、次回作がありそうなのでそれの布石なのかな? とも [続きを読む]
  • やっと涼しくなってきて、やっと服作り
  • 今年の夏は暑くて暑くて、新しい服が欲しいという欲求も、服を作りたいという欲求もあまり起きませんでした。さすがに涼しくなってきて洋裁しようかなって。まだ助走みたいなもんで、前に作ったブラウス の衿を少し変えただけです。生地はコットンブロード、色は最近気になっているパープルに近いピンク。ただのブロードだと思っていたのですが、結構ピリピリしてしまいました。1ヵ月半ぐらい空いていたからカンが戻らないかな? [続きを読む]
  • オーシャンズ8 / アントマン&ワスプ
  • ひとつ前の記事の 「泣き虫しょったんの奇跡」 から1ヵ月間、TOHOシネマズで無料で映画を観れます。会員特典です。昨日は オーシャンズ8 を観てきました。面白かったです。このところ邦画が続いていたので、洋画にしました。宝石泥棒の女ギャング物です。この手の犯罪チーム物は騙し騙されの駆け引きと、最後のどんでん返しが面白いのですが、今回はどんでん返しが何重にもなっていて良かったと思います。それと、実力派の女 [続きを読む]
  • 泣き虫しょったんの奇跡
  • 昨日は 泣き虫しょったんの奇跡 という映画を観てきました。原作は映画の主人公である瀬川晶司の自伝的小説で、私は未読です。面白かったです。将棋の世界の物語で、プロ棋士になるには、という私が全然知らない事でとても興味深かったです。プロになるのに年齢制限がある事は知りませんでした。主人公は年齢制限という壁で挫折するのですが、周りの人たちの理解もあってプロに再挑戦できるようになり、それに成功します。一人の男 [続きを読む]
  • 昭和元禄 落語心中 ② ③ ④
  • 雲田はるこのコミック、昭和元禄 落語心中 の2、3、4巻と5巻の最初の部分を読みました。「八雲と助六篇」 という副題がが付いてます。1巻目から遡って師匠の八雲が落語家になるいきさつと八雲という名をを襲名するいきさつが描かれています。戦争をはさんで子供から青年になる頃の物語なのですが、登場人物の描写がコミックとは思えない奥行きがあり、すごく引き込まれました。悲しい終わり方なのです。この背景があって1巻 [続きを読む]
  • 母用、ビニコのトートバッグ
  • いつもバッグに使っている芯地がビニールコーティングの生地で大丈夫か試験的に作ったトートバッグです。ズーッと前に買った生地で、巻いて外に出しておいたので少し端の方が変色してました。芯地の接着に大きな問題はなかったのですが、表にひっくり返す時に剥がれてしまうと修復が思うように出来ません。表側から直接アイロンが掛けられないので、難しい箇所があります。芯地の件はサイズの小さい物は難しいと思いますが、いつも [続きを読む]
  • きみの鳥はうたえる
  • 昨日は きみの鳥はうたえる という映画を観てきました。原作は佐藤泰志の同名の小説で私は未読です。面白かったです。私の好きなタイプの作品でした。僕と静雄と佐知子のひと夏が描かれています。大人からみれば、どうしようもない無意味にみえる日常ですが、3人は無意味な楽しさを満喫し、色々な感情に触れることを体験し、毎日が過ぎてゆく様がリアルのような、ファンタジーのような作品に大満足しました。佐知子を演じる石橋静 [続きを読む]
  • 久しぶりの衝動買い
  • 昨日、母のおつかいでドラッグストアに行ったのですが、買ってしまいました。ニベア!先日亡くなった漫画家 『さくらももこ』 のイラスト入りです。お婆ちゃん、お母さん、娘さんがやさしい顔をしています。ニベアにぴったり。ニベアは秋になるとイラストの缶が発売されますが、私はチューブ派なので買ったことはありませんでした。だいたいひと冬にチューブ3本ぐらい使うのですが、今回は残せるので缶を買っちゃいました。日曜日 [続きを読む]
  • 入れる物を決め込んでポーチを作りました。
  • 北海道の地震にあわれた方、お見舞い申し上げます。復旧が早く進む事をお祈りいたします。          ☆          ☆外出する時に持ち歩きたい物をまとめるポーチを作りました。入れる物は  手帳代わりのメモ帳 はがきサイズのカード5枚ぐらい  ボールペン シャープペン ペン型消しゴム  ティッシュ ウエットティッシュ ビニール袋  手鏡 くし リップクリーム  お薬手帳 保険証 診察券   [続きを読む]
  • 検察側の罪人
  • 今日は 検察側の罪人 という映画を観てきました。原作は雫井修介の同名の小説で私は読んでいません。面白かったです。物語は題名どうりで面白かったのです。ただ画面転換も多いし、少し盛り込み過ぎな感じの所もあって、解らないエピソードもありました。そのせいか原作の小説に興味が湧いています。この映画はキムタクvsニノみたいな扱われ方をしてますが、全体に演技がオーバーな気がしました。アップも多いし、半沢直樹? み [続きを読む]
  • タバコやめて10年 卒煙!
  • 2008年の9月1日から禁煙して10年経ちました。1日に30本ぐらい吸っていたたばこを3652日間無縁の生活が出来ました。禁煙を始めた頃はまだ禁煙外来は少なく、保険適用での診療にハードルがあった時期です。私は日数をカウントして自分にご褒美をあげる作戦に。いつもは買わない少し高価なケーキとかアイスクリームでした。1年弱でだいたい禁煙に自信が出来てきて、ご褒美はやめたのですが、日数はずっと数えていたの [続きを読む]
  • 銀魂2 掟は破るためにこそある
  • 昨日は 銀魂2 掟は破るためにこそある という映画を観てきました。去年観た 銀魂 の続編です。去年の作品が大当たりしたみたいで2作目という感じだと思います。面白かったです。最初から笑えました。原作を読んで無いに等しいので世界観の差とか解っていないのですが、ギャクにパロがあってアクションがあって、破天荒だけど物語もきちんとあって、夏休みに気楽に観るのにピッタリです。夏休みとはいえ平日昼間の割に混んでまし [続きを読む]
  • 学生服みたいな紺色でソフトなショルダーバッグ
  • 2年ぐらい前に作って重宝していた ショルダーバッグ がボロくなってきたので、また同じ形のバッグを作りました。写真が少し明るく写っていますが、昔の学生服のような紺です。母のパンツ の残り生地でポリエステルツイルです。バッグは中に入っている物の形が解らないように硬い芯地を貼っているのですが、今回は服にも使えるようなソフトな芯地です。出来上がったばっかりなので自立していますが、これも時間の問題です。写真で [続きを読む]