そらのくも さん プロフィール

  •  
そらのくもさん: そらのオランダ通信写真ブログ
ハンドル名そらのくも さん
ブログタイトルそらのオランダ通信写真ブログ
ブログURLhttps://oranda.blog.fc2.com/
サイト紹介文球根の国オランダより日常生活の写真とともに、オランダの話題やガーデニングのことをつぶやいています。
自由文オランダ・ロッテルダム郊外に長年住んでいます。家族はオランダ人のだんなと11歳の女の子の3人。最近は写真&ソーイング&ガーデニングに凝っています。オランダの日常風景や庭の様子を写真にしてお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/04/03 02:42

そらのくも さんのブログ記事

  • 見ごろの時期のキューケンホフ
  • なんやかんやで前回キューケンホフに行ってから2週間が経過してしまいました。ここのところオランダは夏日で、早く行かないと見逃してしまう球根が、、、と思ったのですが、実は歯のインプラント手術(その1)&腫れて痛くて大変、、、という状況になって、のんきに観光どころではない日々だったのでした(涙)。今回は前回から2週間しか経っていなかったにもかかわらず連日のよいお天気で…早くも全開モードになってました。あ [続きを読む]
  • オオカミ少年のようですが…こそっと補習校入学式
  • もう辞める辞める、とか、もう崖っぷちだから続けられない、、、とかいろいろ騒いでおり…もはやオオカミ少年のような心境なのですが、スミマセン。まだ補習校辞めてません(汗)。3月には無事卒業式を迎え小学部を終了することができました。永住予定者で補習校の小学校を卒業できた人はたぶんオランダ国内全部合わせても20〜30人だと思います。そこの中のひとりになれたことは、すごいことだと思うし、頑張ったな〜と思いま [続きを読む]
  • 4月初めのキューケンホフ - (1)
  • 前々回にお知らせしたとおり、キューケンホフのシーズンパスを手に入れたので、キューケンホフに行ってきました。本当は先週にでも?と思っていたのですが、あまりの寒さに…辞めました(苦笑)。今週になってついによいお天気になってきたので、ついに重い腰を上げて行ってきました。キューケンホフに今回行くのは何年ぶり?という感じだったのですが、いろいろ変わっていてビックリ。なんと、私は入り口が巨大に大きくなっていた [続きを読む]
  • 人が溢れるアムステルダム
  • 1年ぶり?久しぶりにアムステルダムに子供と二人で行ってきました。最近はニュースなどでアムステルダムは人が溢れすぎている…という話題がよく挙がります。ともかく観光客が多く、オランダ人は皮肉を込めて「アムステルダム遊園地」という人もいるくらいです。…つまり、遊園地並みに人が溢れている、ってことね。それに加えて、最近はEUを脱退する英国に代わる移住先として、EU市民から熱い視線を受けているだけでなく、第三国 [続きを読む]
  • キューケンホフ シーズンパス
  • 身近すぎてその価値に気がつかないまま通り過ぎてしまう…そういうものっていっぱいあると思います。今や世界遺産に登録された富士山のふもとで育った私は、毎日家の玄関を開けると目の前に雄大な富士山が見えるのが当たり前でした。でも、あれだけ大きな日本一の山が目の前にあっても、目の前にあるのが当たり前すぎて、ときどき富士山の姿さえ見えないことがあったのです。富士山の周りには、今やカメラマンが大きなカメラと三脚 [続きを読む]
  • プリンセス・フェイクニュース
  • 日本で最近週刊誌をにぎわせているニュースと言えば…結婚が延期となった眞子さまのニュースでしょう。けっこう熱心にヤフーコメント欄などを見ていますが(笑)、みながみな、結婚反対の意見…というのも珍しい現象なのではないでしょうか。これだけ国民に祝福されない結婚だとしたら、もう私は婚約解消しかないと思うのですが、、、。かくいう私も、ちょっと最初から「うーーーん」って思っていたんですが、今回の金銭トラブルが [続きを読む]
  • 裁量労働制が可能な環境
  • なんとか良くなってくれ、、、という願いは結局かなわず。転倒事故で吹っ飛んでしまった歯は事故後にすぐまた入れ戻したのですが、再生できず…あまりにも体調が悪化してしまったため、もう諦めて抜いてもらいました。今年に入り、だんだんと良くなる傾向になっていけば多少痛くても我慢しようという気持ちになったと思うんですが、思いとは裏腹にどんどん悪くなる一方で。最後は、めまい、動悸、全身のしびれ…と、全身どこも良い [続きを読む]
  • 日本で初スキー経験
  • 結局再びブログをアップせぬまま1か月近く経ってしまいました…。写真ブログという名前なのに写真がナイ!書く記事もそれほどナイ!ということが原因なのですが、よく考えたら最近の写真じゃなくったって良いのよね…というわけで昨年の写真を引っ張り出してきました。もう日本から帰ってきて1か月以上経過しているのですが、ずるずると日本のことを書きます。日本で最大の行事はスキーに行く!でした。はっきり言って私は怪我を [続きを読む]
  • 子供が外国人だと感じる瞬間
  • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。またまた1か月近くが経過してしまいました。怪我のほうはおかげさまで以前よりはよい状況になりつつあります…(このままよくなってくれ…祈)。そんな中、年末年始は再び娘と日本に行ってきました。毎年恒例となっており、今回も楽しく…といいたいところですが、我が家の場合はそうはいかず…涙。皆さん、帰省はなんの問題ないのでしょうか?うちは [続きを読む]
  • 15年を振り返る
  • すっかりブログ放置が続いています。そうこうしているうちに、昨日は久しぶりのドカ雪でオランダは雪景色・冬景色一色に変わっております。前回アクシデントが…とちょこっと書きましたが、実は転倒事故で歯がぶっ飛び、唇から顔面にかけて肌が裂けてしまうという重傷事故になってしまいました。もう、、、立派な歯ナシ口裂け女です。ショックですねえ。いや、もう…本当に誰かに伝える気力もないくらいショックでしたよ。一か月間 [続きを読む]
  • 学校選びの時期
  • ずいぶんご無沙汰してしまっています。実は10月に私自身にアクシデントがあり、今はより多くの休息時間を取りたいためにブログはちょっとお休みさせてもらってます。今後しばらくこんな状況が続きますのでご了承ください。さて、そうこう言っていても、時は流れ、またオランダにシンタクラースがやってきます。この時期になると、やっぱり子供が小さかった頃を思い出します。今は…あんな風にシンタクラースを楽しむことはもうあ [続きを読む]
  • オランダと日本の年齢別平均身長を比較する
  • 最近身長の伸びが激しい我が娘。ちょっと前に抜かされたと思ったら、あっという間にかなりの差がついてしまい、今まさに子供の成長期を目の当たりにしています。数カ月会ってない人からも「あれ?また大きくなった?」と言われる状態で、自ずと話題が身長の話になることが多いです。さすがオランダの血ね!と言われることが多いのですが、うーん、それはどうなんだろ…。我が子の日本の従兄たちはとても身長が高いのですが、オラン [続きを読む]
  • 日本企業誘致に力を入れるロッテルダム
  • 今週はロッテルダム市長やロッテルダム港湾局のお偉いさんが日本に出向き、大きな会議を開催しています。メトロ新聞にロッテルダム市長のコラムが載っていて、日本とは長い交流の歴史があり、今後も日本企業がロッテルダムに進出して、港が発展していくように力を入れていく!と書いてありました。最近のオランダは他のヨーロッパと同様、どこもかしこも中国に向いてしまっていて、日本はすでに斜陽の国…という感覚があったのです [続きを読む]
  • 日本企業誘致に力を入れるロッテルダム
  • 今週はロッテルダム市長やロッテルダム港湾局のお偉いさんが日本に出向き、大きな会議を開催しています。メトロ新聞にロッテルダム市長のコラムが載っていて、日本とは長い交流の歴史があり、今後も日本企業がロッテルダムに進出して、港が発展していくように力を入れていく!と書いてありました。最近のオランダは他のヨーロッパと同様、どこもかしこも中国に向いてしまっていて、日本はすでに斜陽の国…という感覚があったのです [続きを読む]
  • 原発事故に備え今週よりヨウ素剤配布開始
  • 写真: マーストリヒト市内で見かけた反原発ポスターオランダ政府によりますと今週よりヨウ素剤が各家庭に配布されることになりました。配布対象者は各原発から20キロ圏内に住む40歳未満の人々、100キロ圏内に住む18歳未満の子供です。対象となる原発はオランダ国内のBorssele原発、ベルギーアントワープ近郊のDoel原発、リエージュ近郊のTihange原発およびオランダのエンスヘーデの国境近くにあるドイツのEmsland原発で、そこか [続きを読む]
  • 原発事故に備え今週よりヨウ素剤配布開始
  • 写真: マーストリヒト市内で見かけた反原発ポスターオランダ政府によりますと今週よりヨウ素剤が各家庭に配布されることになりました。配布対象者は各原発から20キロ圏内に住む40歳未満の人々、100キロ圏内に住む18歳未満の子供です。対象となる原発はオランダ国内のBorssele原発、ベルギーアントワープ近郊のDoel原発、リエージュ近郊のTihange原発およびオランダのエンスヘーデの国境近くにあるドイツのEmsland原発で、そこか [続きを読む]
  • サッカー試合後の粋な計らい
  • オランダのサッカークラブにパイプを持つSファミリーのご招待で、ロッテルダムに住む日本人で集ってオランダ一部リーグのサッカー観戦に行ってきました。現在ロッテルダムでは、フェイエノールト、スパルタ、エクセルシオールの3チームが一部リーグ(エルデヴィジ)に参戦しており、ロッテルダムはまさにオランダのサッカー処となっております。今回は、エクセルシオール対ヘーレンフェーン戦で、サッカー日本代表の小林祐希選手 [続きを読む]
  • サッカー試合後の粋な計らい
  • オランダのサッカークラブにパイプを持つSファミリーのご招待で、ロッテルダムに住む日本人で集ってオランダ一部リーグのサッカー観戦に行ってきました。現在ロッテルダムでは、フェイエノールト、スパルタ、エクセルシオールの3チームが一部リーグ(エルデヴィジ)に参戦しており、ロッテルダムはまさにオランダのサッカー処となっております。今回は、エクセルシオール対ヘーレンフェーン戦で、サッカー日本代表の小林祐希選手 [続きを読む]
  • ハーフというよりダブル
  • うちの子もずいぶんと大きくなり、ついに身長は私を追い越してしまいました。小さい頃は、自分がお世話して彼女の生活のすべてが自分の範疇内、という感じでしたが、当たり前ながら今は彼女の個性や考えが出てきて、最近は彼女がオランダターンになっているときは、何をやっているのか私には理解できない状況です。他の国際カップルの家はどのような感じか分かりませんが、うちの子は昔から、「日本」「オランダ」をスッパリと分け [続きを読む]
  • ハーフというよりダブル
  • うちの子もずいぶんと大きくなり、ついに身長は私を追い越してしまいました。小さい頃は、自分がお世話して彼女の生活のすべてが自分の範疇内、という感じでしたが、当たり前ながら今は彼女の個性や考えが出てきて、最近は彼女がオランダターンになっているときは、何をやっているのか私には理解できない状況です。他の国際カップルの家はどのような感じか分かりませんが、うちの子は昔から、「日本」「オランダ」をスッパリと分け [続きを読む]
  • オランダの学校の悪いところ
  • オランダの教育…をネット(日本語)で調べるとやけに称賛型が多いのが気になります。これこそ、「隣の芝生は青く見える」の典型なのではないかと…。そんなわけで、今日はオランダの学校の問題点を敢えて書いてみようと思います。私は、オランダの学校にも悪い面はたくさんあるなあ、と感じています。たぶん、教育熱心な日本人の方で、100%オランダの教育に満足している方ってあんまりいないんじゃないかな。結局、日本の教育 [続きを読む]
  • オランダの学校の悪いところ
  • オランダの教育…をネット(日本語)で調べるとやけに称賛型が多いのが気になります。これこそ、「隣の芝生は青く見える」の典型なのではないかと…。そんなわけで、今日はオランダの学校の問題点を敢えて書いてみようと思います。私は、オランダの学校にも悪い面はたくさんあるなあ、と感じています。たぶん、教育熱心な日本人の方で、100%オランダの教育に満足している方ってあんまりいないんじゃないかな。結局、日本の教育 [続きを読む]
  • 楽しかった夏休みも終わり
  • 夏休みが終わってしまい、今週からうちの子は学校に通っています。夏休みの終わる一週間前くらいには、うちの子は夏休みロス?というくらいに、ガッカリしていたのですが、新学期が始まったら始まったで楽しそうに学校に通っています。うちの子曰く、今年の夏が一番楽しかった!…ということで、ヨカッタ、ヨカッタ。私も小さいころの夏休みの思い出は年を重ねることに、心をポッと照らすようなやさしい思い出となって蘇ってきます [続きを読む]
  • 満開のヒースの中を歩く
  • 先週末、念願の満開のヒースの中をハイキングに行ってきました。ヒース(ヘザー)と言えば、イギリス北部、ドイツのリューネブルクなどが有名ですが、オランダも夏になると様々な場所でヒースが咲き乱れます。いつか満開のヒースの中を歩いてみたいな、とは思っていたものの、なかなか実現せず…。やっぱり「行こう!」と強く思わないとダメなのね。なんやかんや年月がズルズルと過ぎて行ってしまいました。今年は、ヒースの満開時 [続きを読む]
  • アムステルダム郊外の小さなお庭
  • 夏はどこへ行っても絵になるシーンが広がるオランダ。冬は寒々しい〜…実際寒くて観光どころじゃない!てところなんですけどね(汗)。夏休みの期間はオランダの観光地に行ってプチ観光気分を楽しむのが好きな私。何年たっても行きたいところがたくさんあります。さて。そんなわけで、今年はアムステルダム郊外にあるマウデン城へ。ここへ行ったのは2003年くらいだと思うので、もう15年ぶりくらい。。。今回は子供と二人で再訪です [続きを読む]