Kei さん プロフィール

  •  
Keiさん: おしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ハンドル名Kei さん
ブログタイトルおしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ブログURLhttps://ameblo.jp/chorosuke-diary/
サイト紹介文発達障害と診断された次男の 波乱万丈で楽しい凸凹育児です。 発達障害の子も発達します!
自由文チョロちゃんは明るく元気な自閉っ子です。
三人兄弟の末っ子で年の離れた兄姉がいます。
チョロちゃんとの毎日は大変な事もあるけれど、面白くって楽しい事もいっぱいあります。
「発達障害児」も、発達(成長)します。
大変な凸凹な子育てを頑張っているママが、わたしの凸凹育児日記を読んで元気になってくれたら嬉しいです♪
一緒に楽しみましょう〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/04/05 14:02

Kei さんのブログ記事

  • 「いじめの問題」⑱〜 加害者(いじめる側)にならなくて良かった!
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  「いじめの問題」に関心がある方は多いと思います。 我が子がいじめを受ける(被害)側については勿論の事、万が一にもいじめる(加害)側になる可能性について考えるだけでも親としては辛いものです。 ただ…子ども達の成長をみてきて思うのは、いじめの被害で子ども達には辛い事も嫌な事もありましたが、親として我が子が加害者(いじめる側)ではなくて良かった!という事です [続きを読む]
  • 幼児期のチョロちゃんのこんな事①〜 エコラリア
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  睡眠障害や感覚過敏の事をよく話題にしていますが、わたしが気になったチョロちゃんの特徴は他にも色々ありました。 思い出した幾つかを書いていきます。 「言葉の遅れがない」と言うのは幼児健診ではスルーされる要因になりかねないチェックリストの一つです。チョロちゃんの場合、以前の言い方では「アスペルガー症候群」でしたから、一般的には「言葉と知的に遅れがない自閉症 [続きを読む]
  • 支援の枠から飛び立たせるには…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  中学迄の義務教育期間が終わってから高校に進学して、その後は大学に進学する人、専門学校に行く人、就労する人…。と色々と進路があります。 凸凹発達の子ども達の場合、どこで支援の枠から離れるか?という事も大切な転換点。 中学迄は特別支援教育を受けて、その後は特別支援教育の枠を外れ一般(普通)の高校生と同じ様に過ごす事になります。 その為には特別支援教育の枠の [続きを読む]
  • チョロちゃんは「情緒障害」者ではないから…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  わたしはツイッターをしていないので、ちょっとしたつぶやきです。 特別支援学級には幾つかのクラスがあって、わたしはチョロちゃんが「自閉症の特別支援学級」に在籍しているといつも書いています。 文科省によると正式名称は「自閉症・情緒障害特別支援学級」となっています。 自閉症のチョロちゃんは勿論ですが、ADHDの子も多いこのクラスの在籍児童・生徒は「情緒障害」 [続きを読む]
  • 一部の就労事業所が自立を促さない理由
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  今は閉鎖されていますが、一時期チョロちゃんが利用していた放課後デイサービス(以下放デイ)の事業所は、元々就労支援事業所を運営している会社です。 「この事業所では」通っている人達の(一般)就労を真剣に支援しえていて、挨拶などの基本的な事から今はどこでも必要とされるパソコンのスキルまでをキチンと教えていました。 子ども達に社会で通用するスキルを教えて欲し [続きを読む]
  • ずっと特別支援教育の枠の中で
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  チョロちゃんが「広汎性発達障害」「自閉症スペクトラム」(当時)と診断された時、ドクターから勧められたのは就学前に集団生活の経験をさせた方が良いという事。 それで療育専門の通園施設(保育園みたいな所)に通わせる事に決めて、次年度(年中と呼ばれる年)から2年間通園しました。 この頃は本当に色々な大変さを抱えていたので、就学の事でも思い悩んでいました。神経 [続きを読む]
  • 「治る=ヌケが埋まる」〜神経発達症の子育て
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  一般的に(病気やケガが)治った。という表現を使う時はその症状が治まった時を言うでしょうか? 「痛み」とか「発熱」とか「傷」が消えて無くなったら「治った」と言うでしょうか?多分、そう言うでしょう。 わたしがチョロちゃんに対して「治った」と言う言葉を使う時、文字通りそういう状態になったので使っています。 病気やケガと違うのは「神経発達症」は感染やきっかけが [続きを読む]
  • 先生は支援のプロじゃないとわかっていても…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  コメント・メッセージをありがとうございます♪一つ一つにお返しできていなくてすみません。 チョロちゃんの育児を通して感じている事や選んだ方法などをお知らせしていますが、果たして読んでくれるお母さんに必要な情報が届いているかどうか…? ただ…神経発達症の子ども達は超個性的でみんな違うので、凸凹育児はどうしても孤独になりがちです。だから、孤軍奮闘している( [続きを読む]
  • 神経発達症の子育て〜 学習支援について#4
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  チョロちゃんが中学校に入学する前に、何度か一緒に或いはわたし一人で学校行って(当時の)校長先生や特別支援学級の担任の先生にお話を聞いたり質問したりされたりする事がありました。 その時にわかったのは、中学校の特別支援学級在籍者は(知的障害児特別支援学級ではなくても)全員が療育手帳を持っていて、卒業後の進路は特別支援学校の高等部だという事でした。 授業内容 [続きを読む]
  • 今月は「児童虐待防止推進月間」だそうです
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  子どもが虐待を受けて怪我や場合よっては命さえ落とすことが珍しくない昨今 今月は「児童虐待防止推進月間」なのだそうです。リンクは下に貼っていますのでご覧ください。 文科省・虐待防止に関するHP 被虐待者が親だという事は、子どもの心と身体に深くて大きな傷跡を残すでしょう。 裸や裸足で外に出されている子。ベランダで泣き叫んでいる子。身体に残る痣や傷。 地域 [続きを読む]
  • 痛い処置でも大丈夫だった理由#3〜 自分で決めた事だから
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  わたしは小さい頃から可能な時にはチョロちゃんに、「自分で選択する事」を習慣にしていたので、チョロちゃんは自分で考えて決める。というスキルが身につきました。 小さい頃は例えば食事の時、ご飯が良いかうどんがいいか?うどんであれば温かいうどんか?冷たいうどんか?などの簡単な事から始めて、洋服もどっちを着る?という感じで聞いていました。 最初は二者択一ですが [続きを読む]
  • 痛い処置でも大丈夫だった理由#1〜 視覚支援はもう要らない!
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  詳細は省きますが、少し前からケガをしているチョロちゃん。そのまま修学旅行にも行ってきましたが、悪化してしまったので近所の診療所で診察を受けました。初診日は午前中だけの診療で、わたしは生憎、用事と仕事で付き添えませんでした。 ドクターがわたしに説明がしたい。と言われたそうで、翌日、仕事帰りに一人で行って聞いたドクターの説明によると、処置が必要ですがそれ [続きを読む]
  • 「発達障害」〜治らないエビデンスはどれだけあるの? #1
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  世間では相変わらず「発達障害」という言葉の方がスタンダードで認知度も高く、わたしが「神経発達症」という言葉を使うと「何それ?」という反応をされます。 書名に「発達障害」とつく本は相変わらずたくさんあって、新しく出る本にだって、テレビの特番だってみんな「発達障害」という言葉を使います。 だからなのか、説明の多くも相変わらず「脳機能の…」とか「脳の一部 [続きを読む]
  • 「ゲームはなかったけど楽しかった」修学旅行
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  チョロちゃんが修学旅行に行って来ました。 1番の楽しみはUSJ。 修学旅行では滞在時間が短いので、アトラクションに乗れるとしても一つか二つ。人気のアトラクションなら待ち時間も長いでしょうから、一つ乗れたら良いかも知れません。 お昼に着くのでランチを食べてお土産をも買って、となると時間配分は重要です。行った事がない場所なので尚更です。 お土産は事前に何を [続きを読む]
  • 僕の事みたい〜米津さんの新曲「TEENAGE RIOT」
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  ※部分の追記あり 米津玄師さんの歌が好きで娘と二人でハマっています♪ 全く違うタイプの新曲が同時に出て先月末からMVがYouTubeで観られる(聴ける)様になって何十回も聴いています。 ※最初に公開されたのは「Flamingo」という曲で、コブシを回して独特の唄い方をしています。 後から公開された方の曲は 「TEENAGE RIOT」といって、米津さんが中学生の時に作った曲だそうで [続きを読む]
  • 神経発達症の子育て〜学習支援について #3
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  通知表2枚という言葉に???と思われた方もいらっしゃると思います。 #2にも書きましたが、特別支援学級の児童・生徒は他(普通学級)の子ども達の様な評価方法ではなくて、全体的な感想の様な文章だけで評価されることが多い様です。 こちらから何も言わなければその評価だけで終わります。…で、わたしがどうして学校側に敢えて2枚に通知表をお願いしたか?というと、それ [続きを読む]
  • 神経発達症の子育て〜学習支援について ♯2
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  小学校の時は先生たちの機転や柔軟な対応によって、好きな理科の実験や工作を一緒に楽しんでくれた先生や、算数の授業内容を少し先に進めて次の学年の課題をさせてくれたり、TTで個別に近い対応をしてくれたりしました。 これが特別支援教育だなぁ〜と思ったのは、大抵の場合、授業についていけない所やわかっていない単元についての補習のような支援はしても、もっと学びたい [続きを読む]
  • 神経発達症の子育て〜学習支援について #1
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  チョロちゃんは3歳の秋に診断されてから今迄、特別支援教育の枠の中で生活してきました。 初めての集団生活は、療育専門の通園施設に2年間通いました。この時の先生方は子どもの育つ力を信じてくれていて、年長の時に就学に向けて40分椅子に座っていられる様に訓練してくれました。 それぞれ超個性的な子ども達でしたが大切に育み、チョロちゃんに関して言えば、小学校ー中 [続きを読む]
  • チョロちゃんが学校に行く理由 〜 学校に行くという事
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  金曜日の夜になると嬉しいチョロちゃん日曜日の夜になるとテンションが下がります とってもわかり易いのですが、それでも学校には行きます。 先生によると毎日教室で、先生に挨拶した後「家に帰りたい!」「ゲームがしたい!」と言うのだそうです。 先生が「じゃあ、帰ったら?」と言うと首を横に振って「お母さんに叱られる」と答えるのだそう(笑)その通りです! 万が一、学校を [続きを読む]
  • 義務感だけで育てている様に思えても 〜神経発達症の子育て
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  神経発達症で発達に凸凹がある子どもを育てるのは、定型発達の子育ての何倍も気力と体力を浪費します。正に消費ではなく浪費。 何をするにもどこへ行くにも(使わなくていい筈の)気を遣って謝る事が多かったり、子どもが居なくなった時は必死で捜し回らなくちゃならないし、ほとほと疲れている上に家事(仕事)もある(笑) スーパーやそこら辺の道で楽しそうに手を繋ぎお喋り [続きを読む]
  • 「神経発達症」という言葉がもっとメジャーになったらいいな♪
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  障害という言葉を我が子に向けられて嬉しい親はいません。 だから、未だ幼い我が子が「(発達)障害」と診断されて途方にくれた。という方も少なくないでしょう。…っていうかそういう人が殆どではないですか? 診断されてそれまで???だった我が子の育て難さ、或いは数々の奇行の理由がわかってホッとした。というお母さんがいたとしても、それが良かったとまでは思わないでし [続きを読む]