Kei さん プロフィール

  •  
Keiさん: おしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ハンドル名Kei さん
ブログタイトルおしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ブログURLhttps://ameblo.jp/chorosuke-diary/
サイト紹介文発達障害と診断された次男の 波乱万丈で楽しい凸凹育児です。 発達障害の子も発達します!
自由文チョロちゃんは明るく元気な自閉っ子です。
三人兄弟の末っ子で年の離れた兄姉がいます。
チョロちゃんとの毎日は大変な事もあるけれど、面白くって楽しい事もいっぱいあります。
「発達障害児」も、発達(成長)します。
大変な凸凹な子育てを頑張っているママが、わたしの凸凹育児日記を読んで元気になってくれたら嬉しいです♪
一緒に楽しみましょう〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2011/04/05 14:02

Kei さんのブログ記事

  • 発達障害「困ってないなら診断は不要です」〜対談記事
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  脳科学者として有名な茂木健一郎さんの対談記事です。お相手は高校・大学の同級生だった精神科のドクター。 発達障害 「困っていないなら診断は不要です」 本人が困っていなくても親は振り回されて大変(困っている)かも知れないので、ちょっと微妙です。 この中でドクターが今は「発達障害」ではなくDSM−5以降「神経発達症」となっている事にも言及しています。 大人にな [続きを読む]
  • 今時のお土産事情 〜修学旅行の事
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  修学旅行のプリントが何枚かあって、その中に旅行会社に置いている様なのがあったのでよく見たら、お土産のパンフレットもありました おみやげ宅急便 修学旅行 学割セットもあります!というパンフレット(笑) 旅行に行く前にお土産を買って指定日に宅配して貰えば、お店で探す手間と、買ったお土産を持って回る手間、そして買い忘れが無いという事の様です。 上の二人の時にも [続きを読む]
  • 3日も耐えられるかな? 〜修学旅行の事 ①
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  チョロちゃんが通う中学校は来月、修学旅行の予定です。 何処を見学しようか?とかフリーランチは何を食べようか?とかお土産は何を買おうか?と、色々考えています。 行かない!という選択肢がなくて良かった(笑) …で、昨日の夜になって不意に 「3日もゲーム無しで耐えられるかな?」 と言いました。 今時の子だなぁ〜というのと同時に 「ゲームが無いから行かない [続きを読む]
  • 就学の事〜神経発達症の子育て④
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  就学を控えたお子さんがいるお母さんは、学校に見学に行ったり教育委員会と話し合ったり忙しい時期だと思います。 実は、わたしは就学前に小学校に訪問した時に、当時の校長先生から酷い事を言われ(暴言を吐かれたと思っています)、とっても嫌な気分になったのでした。 チョロちゃんと一緒に校長室で面談をしたことがあったのですが、当時は行き先が決まっていなくて「自閉症 [続きを読む]
  • 先生が大人だった頃〜わたしが中学生だった頃
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  わたしは東京の下町で生まれ育ち、地元の公立中学校に通っていました。 中学3年生の時、放課後に英語と数学を幾つかのクラスに分けて補習の様に教えてくれるシステム(?)がありました。多分…高校受験に備えてだったのだと思うのですが、それとは別に中学1年からその時に習っている所迄、英語の教科書の内容を暗記して、先生に教科書を渡して聞いて貰い、できたらカードに印 [続きを読む]
  • 本当の合理的配慮が欲しい!〜神経発達症(発達障害)の子育て
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  特別支援教育とか合理的配慮とかそれらしい言葉で喜ばせておいて、実際には特別な支援も合理な配慮もままならない現場で、発達に凸凹がある子ども達は奮闘して(という現実を親は目の当たりにして)いるのですが、学校と保護者との温度差が激し過ぎて全然ラチがあきません。 合理的配慮ってその子の必要に応じて無理・無駄・ムラがない適切な配慮って事じゃないのでしょうか? 例 [続きを読む]
  • 就学の事〜神経発達症の子育て…まず初めに悩む事
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  神経発達症(発達障害)の子ども達は、小学校に入学する前から目の前に大きな壁が立ちはだかって、義務教育のスタートでさえスムーズには切らせてもらえません。 就学相談という教育委員会による一連の検査(審査)があって、先ずはその子が、特別支援教育が必要な児童なのか?どうか。が協議されます。その後、対象児童だった場合は更に面接(調査?)があり、特別支援学校対象 [続きを読む]
  • 就学の事〜神経発達症の子育て③
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  8年前の今頃は、チョロちゃんの就学先が決まっていなかったので、とても不安な時期でした。 特別支援学級への入学はチョロちゃんが希望していたので、チョロちゃんが通える範囲内で特性に合った特別支援学級がある小学校を探すか、校区の小学校に新設して貰う必要がありました。 神経発達症(発達障害)の子どもを育てるという事には、定型発達の子育てには不要の色んな事がたく [続きを読む]
  • Disneyのおまけが必ずもらえる!〜爽健美茶・綾鷹で
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  爽健美茶か綾鷹を買うとDisneyのおまけが必ずもらえるキャンペーンのお知らせです 爽健美茶か綾鷹4本を買う毎に一つ、Mickeyの形のお菓子皿セット(お皿と菓子切り)かアイストレーがもらえます アイストレーの裏側はこんな感じ。ポスターの色とちょっと違うかも?(シリコン製?)取り出し易いです アイストレーの裏側以外は、自分で撮るよりキレイなキャンペーンポスター [続きを読む]
  • 「睡眠障害」が治らない人もいるのは…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  神経発達症(発達障害)の子ども(おとなも)の中には、睡眠障害や感覚過敏で日常生活を送る事すら大変な人もたくさんいます。 多動に関して言えば成長と共に落ち着いてきて、いつの間にか手を繋いで歩く事ができる様になったりしますが、睡眠障害や感覚過敏に関しては成長と共に治る人ばかりではないのも事実です。 大人になっても睡眠障害や感覚過敏が治らない人は毎日の生活 [続きを読む]
  • 就学の事〜神経発達症の子育て②
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  校区の小学校には「自閉症…特別支援学級」がありませんでした。 感覚過敏や色々な大変さがいっぱいあった時なので、特別支援学級の少人数の中で勉強をした方が良いと思いました。チョロちゃん本人もそう言っていたので、もしも新設されなかったとしたら特別支援学級がある近隣の小学校に通う事になります。 何度も面談を繰り返しましたが、よく聞かれたのが「もしも、特別支援学 [続きを読む]
  • 就学の事〜神経発達症の子育て①
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  発達凸凹がある子ども達の多くが学校生活でも色んな不便(挑戦?)があって、定型発達の子であったならスムーズにできる事が難しかったりできなかったりします。 そこに到達する前から既に大変なのが就学の問題だと思います。(幼稚園や保育園で壁にぶつかる人もいるでしょうが、今回は義務教育という観点から) 学校に入学する何年も前から地元の小学校を含め、子どもが入学でき [続きを読む]
  • チョロちゃんが受けた訓練の事
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  チョロちゃんが受けていた訓練についての質問がありました。 療育は診断時にドクターがその子に必要な専門家を決めるので、支援センターでの訓練に関しては(多分)こちらで選べないと思います。地域差があるでしょうから、もしかしたら指名できる所もあるのかな?わかりません。 民間であれば相手を選べますね? チョロちゃんは先ずCP次にOTのグループと個別、そして又CP [続きを読む]
  • 質問や相談についてですが…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  ブログを読んでくれた人から質問や相談を受ける事があります。 前にも書いていますがわたしは専門家ではありませんし、考え方・感じ方はみんな違う事、そもそも子ども自身も十人十色・百人百様・千差万別な上に、リアルに知らない子について相談されても明確な回答(アドバイス)等できない事をご理解下さい。 多動は治ります。と書いたら「どうやって治ったのか?」と質問されま [続きを読む]
  • 迷子の男の子と幼児期のチョロちゃんの違い
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  用事があって出かけた帰りに大型ショッピングセンターの中にあるスーパーマーケットに寄りました。 広い店内を見てまわっていたら、半泣きで歩いている男の子がいました。 「どうしたの、お母さんは近くにいる?」と声をかけたら、泣きながらお母さんを探していると話してくれました。 もっと詳しく聞いたら、お母さんが〇〇を買うと言っていた。と言うので「見に言ってみようか [続きを読む]
  • 「寛解」ではありません!〜睡眠障害が治ったと書いた理由
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  幼児期のチョロちゃんの神経発達症(発達障害)由来の睡眠障害が「治った」と書いたら、ブログを読んだ方からそれは「寛解」だと言われました。 「寛解」という言葉を聞いて浮かんだのは、癌疾患等で(治療を受けて)治った時に「治癒」とは言わずに「寛解」という表現を使う。という事でした。 つまりは「治った」という言葉(表現)を使う事を憚る人が使う婉曲表現が「寛解」 [続きを読む]
  • 先生という呼び方について〜他にもある違和感〜
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  「先生」と呼ばれる仕事はいくつもあります。パッと浮かぶのは学校の先生とドクターです。 学校によっては教員以外の用務員、事務職員、栄養士…を全部先生と呼ばせているところもあって「どうしてですか?」と聞いたら、子ども達が混乱しない様に。と言われた事がありました。それってそんなに難しい事でしょうか? わたし達が子どもの頃にも、学校には「用務員さん」がいて、 [続きを読む]
  • 言葉は話せないと言われた発達障害の子が…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  (発達障害は)治りません!と言われた人はたくさんいると思います。神経発達症と言われる様になった今、どう言われるのか?知りませんが、少なくとも10年前にチョロちゃんが診断された時、その後、何人もの友達の子が同様に言われて来ました。 日本に限らずそう言われるようです。 発達障害だから話せません。と言われた時、その言葉を鵜呑みにせずに育てた結果、その子は成長 [続きを読む]
  • ブログで1年後の自分へ手紙を書こう!
  • ブログで1年後の自分へ手紙を書こう!みんなの回答を見るキャンペーン詳細 2019年のわたしへ チョロちゃんが中3でいよいよ高校受験が現実問題になって来ましたね?チョロちゃんは頑張っているかな? 仕事の方では来年からシステムが変わる予定だから、新しいシステムについての取り組みが始まっているのかな?先ずは自分がしっかり覚えないと人に教えられないから、頑張らないと! 1年は意外とアッと言う間に過ぎてしまう [続きを読む]
  • 夏休み明け増える子どもの自殺〜自殺予防外来
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  夏休み明けの9月(1日)は自殺する子どもが多い。と以前に聞いた事があります。 9月に限らず、毎年、様々な理由でたくさんの若い人が自分の命を絶っています。新学期に集中するのには理由があると思います。若い人にとって大半を過ごす事になる学校の問題はとても重要な課題です。前にシリーズで書いた「いじめの問題」も無関係ではないと思います。 もしも、命を守る為に「学 [続きを読む]
  • 難病女児に差別発言〜養護学校の方が合ってる…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  難病の為に人工呼吸器を使いながら小学校に通う女の子に、事もあろうに市の教育委員が「養護学校の方が合っているんじゃないの」と発言したそうです。 他にも暴言を吐いたそうで、全く呆れます。 「難病女児に差別発言」 その後この委員は辞職したそうですが…。ご高齢の元教育委員、過去にこういう事例はなかったのでしょうか? それにしても一般的には養護学校が特別支援学校と [続きを読む]
  • 他人事だから言える戯言〜
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  障害は個性なんかじゃない! 昨日のブログを読んで、同じ様にと感じていらっしゃる凸凹育児を頑張っているお母さんと、無関係な人達の感覚の違いが垣間見えました。 わたしが最初に感じた??は、自分が発達障害だという人の言葉だったのですが、直接凸凹育児に関わっていない人の口からも同じ言葉が出ていると知って驚きました。 …憤慨したという方が正しいかも…。 先ず、診 [続きを読む]
  • 障害は個性ではなくて…
  • アメンバー申請の前にこちらをお読みください。  時々耳(目)にするのですが障害は自分の個性という人がいます。 (障害特性に起因する全てが)個性だからこのままでいい。生き辛さもひっくるめて自分なのだから。と。 わたしはチョロちゃんを育てていて感じる育て難さは子どもの個性では済まされない次元のものでした。 神経発達症(発達障害)の人は、定型発達の人が何にも苦労せずにできる事が出来なかったり、感覚過敏や睡 [続きを読む]