Kei さん プロフィール

  •  
Keiさん: おしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ハンドル名Kei さん
ブログタイトルおしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ブログURLhttps://ameblo.jp/chorosuke-diary/
サイト紹介文自閉症スペクトラムのチョロちゃん。 波乱万丈で楽しい凸凹育児です。 発達障害児も発達します!
自由文チョロちゃんは明るく元気な自閉っ子です。
三人兄弟の末っ子で年の離れた兄姉がいます。
チョロちゃんとの毎日は大変な事もあるけれど、面白くって楽しい事もいっぱいあります。
「発達障害児」も、発達(成長)します。
大変な凸凹な子育てを頑張っているママが、この凸凹育児日記を読んで元気になってくれたら嬉しいです♪
一緒に楽しみましょう〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2011/04/05 14:02

Kei さんのブログ記事

  • 先生は最初は反対していたのに…
  • 先日参加した課外授業で楽しく過ごせたチョロちゃん。担任の先生はこれを機に授業に参加したら?と言ったそうですが、事はそう簡単ではないのです。 課外授業のブログはこちら グループ行動だったので、茶々を入れる生徒がいなかったので、平穏無事(笑)に行って来られましたが、教室ではそうはいきません。 そこら辺をクリアにできないから行けない。と言っているのに、その事は後回しで何とかならないか?…と付け焼刃で声をか [続きを読む]
  • 大声で怒鳴る指導に疑問〜発達障害以前の問題では?
  • 今年の3月に担任と副担任から叱責を受けた中学2年生だった男子生徒について、教務主任が発達障害の可能性を示唆していて指導方法や、保護者に伝える様に助言を受けていたにも関わらずそうしなかった事が明らかになりました。 発達障害疑い助言受けた担任ら放置ー叱責自殺の記事 発達障害だったかどうかに関わらず、執拗に叱責する事を果たして指導と呼べるのか?疑問です。 大声で怒鳴るというのは果たして指導なのでしょうか? [続きを読む]
  • 点字ブロックは誰のためにあるのですか?
  • 道路や駅のホームなどにある黄色の点字ブロックですが、最近はデザイン性や見た目重視(?)で違う色もあるのだそう。 だけど点字ブロックが必要な人にとっては別の色は不便らしい。識別できないのでは点字ブロックの意味があるの? 「点字ブロックやっぱり黄色」の記事はこちら 全国のJRが黄色で統一しているのかわかりませんが、各地の視覚障害者協会では黄色を希望しているようです。 以前は「原則黄色」で黄色が多かったのに [続きを読む]
  • 「アンパンマン」のドキンちゃんの声優さんが…
  • 子ども達が小さい頃、観ていたアンパンマン。 バイキンマンもドキンちゃんも何となく憎めないキャラで、ドキンちゃんは食パンマンが好きで食パンマンを見るドキンちゃんの目はいつも(笑) ドキンちゃんの声優さん 鶴 ひろみさんが、高速道路を運転中に心臓疾患で急死されたというニュース。 鶴 ひろみさんの記事 誰でも一度は観たことがあると思うアンパンマン今は観ていないけれど、やっぱり悲しいです      にほ [続きを読む]
  • 「障害者施設で28歳の男性死亡の事件」
  • また。と言ってしまいたくなるほど、こういう事件を耳にします 拘束されて就寝した男性が、朝になったら亡くなっていた。…というのですが、何もなくて青年が就寝中に亡くなるでしょうか? 障害者施設での事件や事故が多いように感じます。 記事はこちら 拘束されていたそうですが、その方法や第三者が自由に出入りできる環境だったなら、拘束されて手が使えない人にとっては危険な状態。 管理は充分だったのでしょうか?気になり [続きを読む]
  • 課外授業に行って良かった!
  • 行く前までは何かといわくつきになってしまった課外授業。 生きた英語を使うことが目的のEnglish Day.グループ別に外国人の講師と英語で過ごす一日だったのです。 チョロちゃんは以前の表現で言ったらアスペルガー。自閉っ子は視覚優位と言うけれど、外国語に関しては(聴覚が鋭いので)耳で聞いて覚えるのも結構得意です。蛇足ですが、東田直樹さんも英語が得意です。 …で、最初から講師の方の意外な質問にもドンドン答えたらし [続きを読む]
  • LINE〜送った誤爆、相手のメッセージも消去可能に〜
  • LINEで相手を間違えてメッセージを送ってしまった事がある人は結構いると思います。 そんな誤爆(と言うのだそうです)を送ってしまっても、24時間以内なら、相手のメッセージも消去できるサービスが、来月から始まるまそうです 「LINEの誤爆」についてはこちら 送る相手を間違えて、全然噛み合っていない事に気づき顔から火が出そうになりました。 こういう機能は嬉しいですね      にほんブログ村 発達障がい [続きを読む]
  • 寝顔だけが可愛いと思える育児
  • 仕事帰りの道、前方で小さい子どもの泣き声が響いています。ベビーカーを覗き込んでいる若いお母さんが見えました。 その子はちょっと癇癪を起こしている様な泣き方でした。 お節介かと思いつつ、ベビーカーに乗っていた2歳位の女の子に「どうしたの?」と聞いてみた。わたしの声に我に返ったその子は一瞬で泣き止みこちらを見て、静かに前方を見つめました。ほんの少し前まで大泣きしていた我が子が一瞬で泣き止んだ事が信じられ [続きを読む]
  • 「参加させない」ありきではなくて…
  • チョロちゃんの学校で課外授業があって一日の活動なのですが、当初は「参加させません」という決定通知のような連絡でした。 バスで行くのでトラブルになったら困る。…というのがその理由でした。この話を聞いて、改めてこの担任の先生の向き合い方がわかり、がっかりすると同時に残念な気持ちになりました。 普段の授業で交流学級に行けないのだから、せめて課外学習くらいは何とか参加させられないか?と考えるのが今までの担任 [続きを読む]
  • チョロちゃんに探りを入れたって…
  • 昨日はチョロちゃんの診察が久し振りに朝からあって、病院から学校に行ったチョロちゃん。 どうやらわたしとドクターのやり取りが気になるらしく、担任ではない方の先生が、お母さん(わたしのこと)が学校のことをドクターにどう言いつけて(笑)いるか聞かれたんだそう チョロちゃんは先生の聞き方(声の感じとか表情)で、先生の意図が読み取れて(笑)わたしに対して悪意を感じ取ったのだそうです。 「母さんが○○先生にどん [続きを読む]
  • 理解と言いなりは違うと思う
  • 2学期というのは何かと行事があるし、実力テスト・中間・期末テストもあるので慌しいです。 普段の授業を教室で受けられないまま二学期も半分以上過ぎて、一学期と比べるとテストの点も少し落ちて(当たり前ですが)、もうすぐ期末テストですが、家でも自主学習しています。 交流学級に行きたくない。とチョロちゃんが言うから行かせない…というのは程のいい言い訳で、真剣に今後を考えたら、どうやって交流学級で授業を受けられ [続きを読む]
  • ドラマ「コウノドリ」が楽しみなのは…
  • 最近の金曜日の楽しみはドラマ「コウノドリ」産婦人科医と助産師、小児科医、そしてお話の中心は…毎回、色々な妊婦さんが出てきて、そのお産や胎児や育児等、リアルな問題なので入り込んでしまいます。 特に昨日は、お腹の中で胎児が死亡してしまい、その胎児を出産する。という話。女優さんの演技がうまくて引き込まれ何度も泣きました。わたしはこの女優さん(篠原ゆき子という名前)を知らなくて、あまりのうまさに驚きました [続きを読む]
  • 夢に向かって
  • 職場の20代の同僚が先月末で退職しました。 彼女は就職試験に合格して、C Aの研修が始まるそうです夢に向かって頑張ろうとしている人は素敵ですね。 事務職からCA 仕事内容が大きく変わるので大変な事もあるでしょうが、掴んだ夢を手放さずに進んで欲しいです。 そして、わたしは…滅多にない偶然で彼女が乗る飛行機に乗れたら嬉しいな…と、密かに思っているのです。      にほんブログ村 発達障がい児育児 ブロ [続きを読む]
  • やっぱり赤が好き!
  • 幼児期は拘りが強すぎて、育て難かったチョロちゃん。 色んな拘りがありましたが色の拘りは赤でした。何が何でも赤じゃないとダメだった時期があって、療育で使う道具も、親子で通ったスポーツ教室での遊具も赤があったら絶対に赤。何が何でも赤^^; どんなに待ってでも赤が使えるまで待つ。他が空いていてすぐにできても絶対に赤。 就学前、ランドセルも赤がいい!と言い張っていた時期があり、本人が良いなら、それもありかと思っ [続きを読む]
  • 先生は教えて貰うのが嫌い?
  • 大抵の先生は学校を卒業して学校の先生になるから、ある意味で一般社会を知らない人の集まりと言えます。 ずっと前に娘の担任だった小学校の先生は、一度一般企業に就職したものの先生になりたくて、社会人になってから教員免許を取得したという稀なタイプで、子どもには勿論、お母さん達からも信頼されていました。 クラスに一人、障害のある男の子がいましたが、その子は入学時から普通学級に在籍していました。 父子家庭の子だ [続きを読む]
  • 先生は僅か3年間の事だと思っている様ですが…
  • 卒業する時まで自分が受け持ちたい。と思っています。以前、担任から言われた言葉です。 取り敢えずは何とか学校に来ているし、後2年半やり過ごして卒業式が終われば、チョロちゃんが志望校に行けなくても、先生には関係のない事だから無責任に何とでも言える。 だけど15歳で義務教育が終わっても、チョロちゃんの人生はその先 何倍も続くのです。中学校は高校受験がある大切な3年間、将来を左右する選択の第一歩なのです。 [続きを読む]
  • SSTをしなくて良かったと思うのは…
  • チョロちゃんが自閉っ子だとわかった時、自閉症の人は大抵 視覚優位だから紙に書いて(絵や文字で)視覚的に示した方がインプットされ易い。顔の表情や雰囲気で場の空気が読めない…と本でも勉強会でも何度も言われました。 視覚的な支援はそれなりに効果があって、口で何度も注意するよりも「お口チャック(閉じて)」と書いた紙を見せた方がおしゃべりが止まる。 (だけど、人の顔色や態度、声の調子などで場の空気を感じ取るの [続きを読む]
  • 「黒髪強要で不登校」大阪の高校は遅れてる!?
  • 校則違反だからと生まれつき茶色い髪の毛の生徒に、染髪を強要し、不充分だからといって修学旅行にも参加させなかったという大阪の公立高校。 詳細はこちら わたしが中学生だった◯十年前、赤に近い髪の毛の友達がいて、高校受験の時には中学からの内申書に茶髪証明の申告をしたら大丈夫でしたよ。(校長先生の証明があれば)東京都の話ですが…。 大阪府では違うんですかね? 茶色い髪の毛が見えてきたら直ぐに染髪を強要されたと [続きを読む]
  • 婉曲な表現では通用しない先生には…
  • 週末は元気になって、日曜日の夜になると元気が無くなる。…ということを繰り返しているチョロちゃんですが、そろそろ限界に近づいている感が否めない状況になってきました。 わたしの中では…というよりも世間一般では学校に行く。というのは当然の事なので、行けなくなるには事情がある。のは簡単に想像できるのですが、チョロちゃんも幾つか理由があって先生との相性も決して良いとはいえない状況です。 小学校の時に色んな学習 [続きを読む]
  • ベビーがたくさん!
  • 四月に友達がちょっと高齢の初産で女の子を出産してから、ここの所、周りに妊婦さんが何人もいて出産ラッシュ 数日前は、鍼灸整骨院の院長先生の次男君が生まれました奥様も知っているのですが、これからは二児の母として更に忙しくなりますね。 職場でも来月出産予定の人がいます。長男が秋に生まれたのでわかるのですが、妊婦さんの夏は普段の何倍も暑い お腹では常に細胞が活性化してどんどん成長するので、フル稼働状態ですか [続きを読む]
  • 萩の月…やる気の無い担任
  • 長男が萩の月を持ってきてくれて、わたしはテンション だけど、週末からチョロちゃんの食欲がいつもより少なくて、心なしか元気がありません。 昨日はBSで「魔法使いの弟子」を観たあとお風呂に入って、程なくしてベッドに入って寝ました。今朝も中々起きられなくて、体調不良?熱や諸症状もないのでいつも通りに送り出しました。 月曜日になると学校に行くことが挑戦になっています。 ちゃんと授業は受けたいけれど、思うような [続きを読む]
  • 親友が描いてくれたパステル画
  • ブログのプロフィール写真を変えたいと思いつつ… やっと変更できました! この絵は親友が長男の写真を元に描いてくれたパステル画。 長男はチョロちゃんとは本当はあまり似ていないのですが、寝顔の雰囲気は兄弟だけにまぁ似てるかも?(笑) T’s Pastel HPはこちら 彼女は昔から手先が器用で、芸術的な才能があって、絵が上手くて焼き物も上手 元々はペットの絵を専門に描いていましたが、最近はお子さんの絵も描いているそう [続きを読む]
  • 先生、そんなに仕事がしたくないなら…
  • もうすぐチョロちゃんの中学校の修学旅行です。一年生のチョロちゃんには直接関係ないと思っていたら、 「二年生が給食を食べたら下校すると言ったら、チョロちゃんも『帰りたい』と言っているのですが、下校させてもいいですか?」 エエエエ〜〜〜チョロちゃんの希望?…と思って確認したら、修学旅行に行かない2年生が給食を食べたら帰るから、チョロちゃんも給食食べて帰る?…と先生に聞かれたから、それでいいです。と答えた [続きを読む]
  • 1年生っていっても色々
  • チョロちゃんが「階段のところで転んで怪我した1年生の子がいて、 病院に行きたがらなかったけど僕が説得してやっと行ったんだ」言ったので何組の子?とか名前は?とか聞いたのだけれど、話がどうもかみ合わなくておかしいなぁ?と思っていたら、どうやらデイサービスでの話だったそうです(笑) 娘とわたしは学校での出来事かと思って話していたのですからかみ合わないはずです 「階段で転んで怪我しているのに病院に行きたくな [続きを読む]
  • 宮城のお土産は牛タンとうまい棒…萩の月は?
  • 長男が社員旅行のお土産に利休の牛タンを届けてくれました。チョロちゃんにはうまい棒までつけて(笑) 「母さんは牛タンよりも萩の月の方が嬉しいな」と言ったら、「他に配ってもしも残ったら持って来る」と言って帰っていきました。(長男は近所で一人暮らしをしています) 萩の月を初めて食べたのは、30年以上も前なのですが、それ以来、わたしにとっては仙台=萩の月なのです。 その後、勤めていた会社の仙台営業所の人が、 [続きを読む]