カズ さん プロフィール

  •  
カズさん: カズのブログ
ハンドル名カズ さん
ブログタイトルカズのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kazuo80/
サイト紹介文世相の話題をチクリとささやきます。
自由文本当の民主主義はマスメディアの偏向報道記者クラブ制度の脱皮
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/04/07 13:34

カズ さんのブログ記事

  • 安倍首相との関係悪化? 山本一太議員が知事選にクラ替え
  • ついに見切りをつけたか。安倍応援団が国政から知事選にクラ替えだ。  自民党の山本一太参院議員(60)が来年夏の群馬県知事選に出馬する意向を固めたという。5日、自身のブログで「来夏の群馬県知事選挙に立候補する!!」と宣言。来年の参院選群馬選挙区の党公認候補だったが、辞退する。安倍首相との関係にはすきま風が吹いていたと自民党の参院議員がこう言う。 「森友学園問題で『佐川国税庁長官(当時)を証人喚問すべ [続きを読む]
  • 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力!
  • カミソリの刃を反対派市民に向ける異常措置も安倍首相と玉城デニー・沖縄県知事の会談から、わずか5日。12月3日、岩屋毅防衛相は今月14日から辺野古沿岸部への土砂投入開始を表明、午前中から沖縄防衛局は「琉球セメント」が所有する桟橋へ土砂の搬入作業をはじめた。さらにありえないのは、土砂搬出のために民間企業である琉球セメントの安和桟橋を利用しようという点だ。防衛局は当初、土砂搬出は本部港塩川地区からおこなう予 [続きを読む]
  • 大阪万博は経済効果2兆円 関西タレントは仕事アピール熱心
  • 先月23日、万博開催が決まったが、盛り上がっているのは大阪の政界や財界だけではなさそうだ。東京五輪と異なり、イベントや企画ものが多くなるからと芸能界にも余波が大きい。 なかでも関西の芸能人は「これはビッグチャンス!」と早くも鼻息が荒い。 開催決定に「うれしいです! EXPO’70の時、テレビ番組の司会を森光子さんとさせていただきました」(桂文枝)、「英語の新喜劇でギャグもやらな」(間寛平)などベ [続きを読む]
  • 作家・適菜収氏が喝破 バカがバカを支持すれば国は滅びる
  • 安倍政権は疑惑と不祥事の製造マシンのようだ。安倍首相はもとより閣僚も問題だらけで、臨時国会は連日紛糾。議会の体を失い、立法府はまるで学級会だ。なぜデタラメ政権が6年ものさばり続けているのか。安倍首相を「エセ保守」と糾弾し、鋭い政権批判で話題の論客、作家の適菜収氏に聞いた。■自民党は開き直ったもん勝ちを覚えた  ――片山さつき地方創生相らの政治とカネ問題、桜田義孝五輪相の資質、移民法と呼ばれる出入 [続きを読む]
  • 仏政府“次世代原子炉”凍結はゴーン・ショックの意趣返しか
  • 日産のカルロス・ゴーン前会長(64)逮捕への対抗措置ということか。日本とフランスが共同で進めている次世代原子炉開発について、フランス政府が2020年以降、計画を凍結する方針を伝えてきたという。29日の日経新聞が報じた。 この次世代原子炉「ASTRID(アストリッド)」は、現在主流の軽水炉とは異なる仕組みで、使用済み核燃料を再処理したウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)を効率良く燃やすことがで [続きを読む]
  • 貴乃花夫婦に亀裂を入れた「靴職人」長男の呆れた素行不良
  • 元貴乃花親方(46)の“不肖の息子”は、夫妻の関係に亀裂を入れる大きな要因になった。靴職人でタレント活動もしていた長男の優一氏(23)だ。「昨年8月から芸能プロダクションに所属してテレビやイベントに出演、事務所がこれから売り出していこうとしていた矢先、その年の6月に結婚したばかりの妻との別居報道が出たうえ、入れ揚げていた銀座のホステスとの密会写真まで撮られた。カンカンになった関係者が、日頃の素行 [続きを読む]
  • 今田耕司は“業界タブー”と危惧 芸能人CMギャラ暴露の波紋
  • タレントのCMギャラが一部で公開されたことについて、今田耕司(52)が「業界としてはタブー。タレントさんのプロダクションへの不信感につながる」とコメントし、その影響を危惧した。 公開したのは、メガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」の販売元の松村謙三会長兼CEO(59)。昨年から今年にかけ、ハズキルーペCMに起用したタレントのギャラを週刊文春のインタビュー記事で語ったのだ。それによると、渡辺謙(59)の2 [続きを読む]
  • 不可解なゴーン逮捕と無理筋の司法取引説
  • 今回の逮捕容疑は金融商品取引法違反というもの。証券取引法第24条に基づいて、上場会社など有価証券を発行する会社が、事業年度終了後3カ月以内に、会社の目的、役員、営業及び経理等の状況及び事業の内容に関する重要事項を記載して内閣総理大臣に提出する「有価証券報告書」に、役員報酬額を実際の金額よりも少なく記載した容疑だという。 逮捕以来、メディアではゴーン会長が5年間で50億円の報酬額を過小に記載をして提出し [続きを読む]
  • 「ゴーン解任」で…日産、ルノーに宣戦布告!
  •  仏メディアはゴーン擁護「日本人の陰謀」との見方も日産自動車は22日午後の臨時取締役会でカルロス・ゴーン容疑者(64)の会長職を解き、1999年以来続いたゴーン体制を終焉させる。一方、ルノーはゴーン容疑者をCEO(最高経営責任者)に温存、仏政府も日本の司法制度にケチを付けるなどゴーン擁護に回った。「不平等条約」を打破したい日産と、労せずして利益を吸い上げる「植民地支配」を維持・強化したいルノーの [続きを読む]
  • 特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない
  • 日産のゴーン容疑者の役員報酬を巡る有価証券報告書の虚偽記載事件。会見した西川広人社長は「強い憤りと落胆を覚えている」と釈明していたが、被害者顔に違和感を覚えた人は多かったはず。特捜部とタッグを組んで司法取引し、すべてをゴーン容疑者に押し付けて会社は無罪放免――。そんな調子のいいシナリオも透けて見えるからだ。だが、世界中の政財界に顔が利くゴーン容疑者が特捜部に黙って屈服するわけがない。 そもそも、 [続きを読む]
  • 安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった
  • 安倍政権がロシアとの北方領土交渉で、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用する国民の虎の子の「年金資産」を“バーター材料”として差し出そうしていた――。ロイター通信がこう報じ、外交関係者が驚愕している。 記事は今月9日にロイターが英文で配信した「スクープ:海外投資家がロスネフチ株取得をためらったため、ロシア中央銀行が売却取引に極秘融資」というもの。2016年12月にロシアの国営石油会社 [続きを読む]
  • 片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々
  • 閣僚就任後、3度目となる政治資金収支報告書の訂正をした片山さつき地方創生相。つじつまが合わないことばかりで、新たな疑惑も次々と出てきている。野党は「これ以上出てきたら、今度4回目ですから、その場合は大臣お辞めになりますか」(今井雅人衆院議員)と辞任を迫っている。辞任Xデーは近いのではないか。 すでに片山大臣がカレンダーを無償で配布していた疑惑が問題になっているが、別のカレンダー疑惑が浮上した。カ [続きを読む]
  • 毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か
  • 大みそか恒例の「第69回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が14日、NHKで発表され、紅白復帰が囁かれていた和田アキ子(68)が落選した。 和田は紅白出場を逃した2年前、自身のラジオ番組で「今年は見たくない」と吐き捨て、それ以降はNHKとの“確執”が取り沙汰されてきた。昨年、安室奈美恵の“大トリ出場”が報じられた時も、「私もトリ、やらせていただいたことありますけど、トリでも豚でも一緒なんですよ」と毒づき [続きを読む]
  • 桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費
  • 13日から外国人労働者拡大の入管法改正案が審議入り。安倍首相は12日、今国会で成立させる意向を表明したが、野党が求める委員会審議の出席は外遊を理由に拒否。国会を“登板回避”する一方で、ポンコツ答弁の桜田義孝五輪相を補佐するため、急きょ“助っ人”を雇う血税の浪費ぶり。もはや“全員野球内閣”は試合を続けるだけ税のムダだ。■話すたび余計な仕事を増やす言い間違い大臣 12日、安倍首相は入管法改正案につい [続きを読む]
  • 第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー
  • ついでに言うと、漁業潰しの“仕掛け人”である金丸氏は安倍首相のゴルフ仲間。安倍官邸直属の諮問機関メンバーが、安倍首相とゴルフを楽しみ、新たな法案のたたき台を政府に提言し、国会審議が始まる――。どこかで見た構図と思ったら、加計問題とソックリだ。なるほど、永田町で「水産改革は第2の加計問題」なんてささやかれるのもムリはない。だが、抱える問題は加計以上だ。「この法案は3つの重大問題を抱えています。まず [続きを読む]
  • 玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑
  • 沖縄県の名護市辺野古の基地新設に反対する玉城デニー沖縄県知事が11日、米国へ渡った。9日に外国特派員協会で行われた会見では、改めて基地新設に反対する考えを明確にし、海外メディアからも注目を集めた。訪米について「米国で基地問題の理解を広めるチャンス」と報じられているが、早くも雲行きが怪しくなっているという。 玉城氏は今回の訪米で、米国防総省や国務省の高官との面会を希望し、調整を続けている。ところが [続きを読む]
  • 奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係
  • 梅宮辰夫の顔写真パネルを使った「体モノマネ」は、ロバート・秋山竜次の代名詞のひとつ。このネタを披露する前、秋山側から梅宮辰夫に顔写真を使っていいかとの問い合わせがあったという。それに対する梅宮の答えが、今週の言葉だ。 梅宮と秋山の間に奇妙な縁があった、と番組は伝えた。梅宮は1958年、東映の第5期ニューフェイスとしてデビュー。梅宮の代表作のひとつといえば、68年から始まった映画「不良番長」シリー [続きを読む]
  • 安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯テラ
  • 桜田五輪相だけじゃない、安倍首相も「事前通告がない」ウソの常習犯! 麻生財務相はヒトラー発言で米国から会談拒否5日の参院予算委員会で、立憲民主党・蓮舫議員からの東京五輪・パラリンピック関連の質問に自力でまったく答えられず、一躍、“無能大臣”として話題となった桜田義孝五輪相。しかも、翌6日の記者会見で「(質問内容の)事前通告がなかった」と責任転嫁したものの、実際には事前通告があったとして、昨日10日、記 [続きを読む]