wattana さん プロフィール

  •  
wattanaさん: 「行ってきました」シリーズ
ハンドル名wattana さん
ブログタイトル「行ってきました」シリーズ
ブログURLhttps://wattana.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文甘楽茶楽部部長wattanaの寄り道、探検、調査の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/04/09 15:10

wattana さんのブログ記事

  • 「東美濃のミュージアムめぐり−人間国宝・加藤孝造つながり−」
  • 2018年11月11日(日曜日)、瀬戸黒の技法で国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された加藤孝造さん(1935〜)の作品でつながる東美濃にあるミュージアム3館をめぐりました。「東美濃のミュージアムめぐり−人間国宝・加藤孝造つながり−」最初に訪ねたのは、加藤孝造さんの生まれ故郷・瑞浪市にある瑞浪市陶磁資料館(岐阜県瑞浪市明世町山野内1−6)です。〜 瑞浪市陶磁資料館、この写真だけ2018年 [続きを読む]
  • 薯蕷饅頭と伊勢いも
  • 薯蕷饅頭(じょうよ・まんじゅう)は、きんとんと双璧をなす京菓子を代表するお菓子です。上用饅頭と呼ばれることもあります。〜 名古屋・新栄の川村屋「照葉」、2018年10月28日に開かれた全日煎「第60回煎茶大会」の薫風流煎茶席で撮影。薯蕷饅頭は、餡玉を薯蕷生地で包み、蒸し上げたお菓子です。〜 笹屋伊織「上用饅頭(二重餡)」の断面、2017年2月15日に行われた笹屋伊織「和の美人度アップ講座」で撮影。 [続きを読む]
  • 「栗」は縄文人の主食だった、日本人が栗好きな理由ここにあり。
  • 栗と砂糖で作る素朴なお菓子「栗きんとん」は、岐阜県中津川市、恵那市および加茂郡八百津町の名産品です。〜 恵那川上屋の栗きんとん、2018年9月28日に恵那川上屋本社恵那峡店にある里の菓茶房で撮影。栗を使った和菓子といえば、栗きんとんのほかに、栗羊羹、栗まんじゅうなどがありますが、「栗粉餅」とよばれる和菓子があります。中津川市、岐阜市、名古屋市などにある和菓子屋で「栗粉餅」は製造販売されていますが、 [続きを読む]
  • ブレンドコーヒー@カフェ「ヴァンサンク」〔ぎふ・柳ヶ瀬〕
  • 2018年11月7日(水曜日)の午後0時25分頃、岐阜・柳ヶ瀬にあるカフェ「ヴァンサンク」へ行ってきました。カフェ「ヴァンサンク」は、岐阜タカシマヤの北隣にあるビルの2階にあるカフェです。〜 この看板が目印です。さて、カフェ「ヴァンサンク」でオーダーしたのは、いつもと同じブレンドコーヒーです。☆ カフェ「ヴァンサンク」(岐阜市日ノ出町2丁目11 高原ビル 2階)☆ 2018年11月7日(水曜日)午後0 [続きを読む]
  • 3種の菓銘「はしり紅葉」@花子さん
  • 甘楽花子(かんらく はなご)(以下、「花子さん」)は、京都・東山丸太町交差点の東(聖護院山王町)にある京菓子のお店です。〜 花子さんは、京都聖護院郵便局西隣のビルの1階です。ご主人の内藤豪剛(ひでたか)さんが、あん炊き、生地作り、包餡などのすべての工程をお一人でこなされています。店内には16席ほど(テーブル席+カウンター席)の喫茶スペースがあり、ショーケースに並んでいる生菓子からお好みの生菓子を選 [続きを読む]
  • 茶カフェ深緑茶房「お茶教室」、2018年11月度開催のお知らせ
  • 名古屋・名駅4丁目にある茶カフェ深緑茶房は、茶農家(農業生産法人・有限会社深緑茶房、本社:三重県松阪市飯南町)が直営する日本茶カフェです。〜 茶カフェ深緑茶房は、名駅ミヤコ地下街4番出口を出て、セブンイレブンの裏隣です。茶カフェ深緑茶房において新茶で繁忙な5月を除いて毎月、「お茶教室」が開かれています。さて、次の茶カフェ深緑茶房「お茶教室」は、11月13日(火曜日)午前11時より開かれます。取り上 [続きを読む]
  • 「西尾の抹茶めぐり2018」(第7回)
  • 2018年10月17日(水曜日)、名鉄電車に乗って「西尾の抹茶めぐり」に出かけました。今年7回目の「西尾の抹茶めぐり」です。午前10時7分頃に名鉄電車を降車したのは、名鉄西尾線の西尾駅の二つ前の桜町前駅です。急行停車駅の桜町前駅で降車したのは初めてですが、駅舎の写真を撮るのを忘れました。西尾市岩瀬文庫に立ち寄り、企画展「読み書きそろばん〜江戸庶民の学びの本〜」を観覧した後、西尾市上町上中田西にある [続きを読む]