牟礼鯨 さん プロフィール

  •  
牟礼鯨さん: 夕立鯨油
ハンドル名牟礼鯨 さん
ブログタイトル夕立鯨油
ブログURLhttp://judachigeiju.tumblr.com/
サイト紹介文俳句、西遠歳時記
自由文浜松市での生活を基盤に俳句・俳文と俳句論について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1110回 / 365日(平均21.3回/週) - 参加 2011/04/09 17:30

牟礼鯨 さんのブログ記事

  • 白鯨91
  • 花の舞の純米が清澄。珈琲を三杯以上飲むと肛門がかゆくなる。家事の洗濯部門をアパレルと呼ぶことにする。急須と湯冷ましと湯呑みの一体型が欲しいな。静岡茶を多く飲むようになったけれど二番煎じは甘い。... [続きを読む]
  • 改姓男
  • 婿取りや婿養子ではなく、妻の稀少姓を守り妻の姓で新しい家を興す、という感覚で改姓した男の記録。妻が書類関係に疎く改姓を嫌がった、が裏の理由。2017年12月3日22時:... [続きを読む]
  • 浜松の自校
  • 十二月十二日、今年の漢字は「北」。就業後、Sと上池自動車学校へ行った。男子高生と女子高生が多かった。受付の女の子たちも高校卒業したてみたいな剃り眉と体臭をしていた。男子高生が送迎バスの件で受付の女の子に... [続きを読む]
  • 比喩の種類
  • 俳句を例文として比喩表現を並べる。隠喩:暗喩とも。比喩であることを示さない。メッセージ性や効果が強い。先すでに草になりたる髪洗う 月野ぽぽな石抛る石は吾なり天の川 恩田侑布子水枕ガバリと寒い海がある... [続きを読む]
  • 白鯨90
  • どんな人もその人が見えた世界の最適解を進んでいる。方針が人により異なるのは選択が異なるからでも悪意からでもなく、見えている世界が違うから。萌っ娘がフロントに立つビジネスホテルも火災が起きるしその娘も... [続きを読む]
  • 東京女子会
  • 十二月五日深夜に池袋に入り、六日は明日館を訪れ、七日は朝から夜までホテルとジョナサンと小池だけで暮らした、東池袋三丁目から一歩も出なかった。八日は夕方まで東池袋三丁目にいて、夜に冬嵐のなか清澄白河のリト... [続きを読む]
  • 白鯨89
  • 緊張しなくなったのは、場を決定するのは言動ではなく態度だと知っているから。第四回攝津幸彦記念賞・若手推薦賞と。感謝。金曜日の夜の街のどこそこのカフェに行けば会える代書人、話を聞いて珈琲一杯でテキスト... [続きを読む]
  • 一タス一ハ二
  • 十二月三日は小春日。香貫山から上る太陽で目覚めた。尼崎の夫妻と偶然同じ川廓のホテルに泊まっていて、電波によりSのラップトップが夫婦に捕捉された。ミニストップで肉まんを食べてから隆泉苑へ赴き袴に着替えた。... [続きを読む]