newのびた さん プロフィール

  •  
newのびたさん: のびたとブレイク
ハンドル名newのびた さん
ブログタイトルのびたとブレイク
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/new-nobita
サイト紹介文第三の人生 目下前進中! うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚
自由文音楽大好きのおとめ座のおじさんです
私の音楽は植物に例えるなら雑草です
上手くはありません (^_^;)
でも心意気とユーモアで楽しい音楽にし、喜ばれています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/04/09 21:31

newのびた さんのブログ記事

  • 車窓には 色づく田んぼ 秋の風  これでは情景句かな(笑)
  • 雑用も含めると 空いている日は少ない 良し 日帰り温泉に行こう月に一度くらいは行くが 車で4.50分の明神の湯か船橋温泉・湯楽の里だ思い切って 千葉・市原の 天然温泉・江戸遊 ここへ向かったお盆休みの延長か いつもは渋滞があるが 比較的すいていて 気持ち良く走れる途中 事故渋滞で15分程度遅れたが 無事に着いた東京地方は30度 普段なら夏日で暑いのだが むしろ 湿度も低く涼しくさえ感じる少し感 [続きを読む]
  • 心地良さ 不協和音を 跳ね飛ばす
  • 木曜日はFM銀河・てんがらもんラジオの日 録画放送が無くなって 10時から ずっとパソコンで聴く以前は用事があっても帰ってから録画で見られたのに 今は聞き逃すと来週月曜の再放送まで待たねばならないちょっと不便になったものだ 地域の方たちはパソコンも無かったら 局の移動で完全に聴けない方も居ると聞くさて お待ちかね 川柳教室の日 投句した作品は どう評価されたか 皆さんの句を聞くのも楽しいさすがだ [続きを読む]
  • 癒しの地 歌と笑いが 引き寄せる
  • 会場いっぱいの参加者 なんと108名! 私の感謝の言葉は笑いである皆さんどうしたの? お盆のお墓参りは済ませたの?お墓が無いのかな?儚い(墓無い)人生だね 皆さん大笑い いいえ 私の人生のことですよ 本当に墓が無いんです!曲ごとに何かトークするけれど 笑いの連続 真面目に解説している時もあるのにね皆さん ちゃんと聞いていますか〜? 時にはしっかり語っているんですよ〜聞いていますよ〜あちこちから [続きを読む]
  • わだかまり 踊る阿呆に 市の阿呆
  • この夏 各地で大きな祭りがある 東北では既に ねぶた祭りや竿灯 が終わったそして 四国では 阿波踊り よさこい祭り が全国から多くの観光客を集めている祭り それはこの日に向かって一年醸成されたエネルギーを爆発させ 五穀豊穣の秋を迎えるのだ10年前に この四国の二大祭りをツアーでご案内した集合時間までは私も自由時間であり しばし 観光客となって踊りを鑑賞したものである踊ることに いっぱいの歓びを乗 [続きを読む]
  • あのオルガン 映画で旅が 蘇る   二十四の瞳の分教場
  • 録画して置いた 映画 二十四の瞳 のドラマを観た 映画は高峰秀子さん主演のものは昔見ている反戦の言葉は発しないが 全編にわたって 戦争の虚しさも訴えている名画でもあるそして 私にとっても忘れられない 分教場のオルガン あのシーンで使われていたのが懐かしい小豆島を最初に訪れたのは 私の高校生時代 岡山に嫁いだ姉が海水浴場で有名な渋川海岸近くに居た定時制高校に通っていたから 学校の夏休み 会社には [続きを読む]
  • 初めての 依頼も嬉し 歌の会 
  • これまでの活動が認められて 私に依頼があった 本所地域プラザ主催の 『昭和の名曲を歌う会』館長のリードで即決した 新しい歌の会 これは 前月の地域老人会5団体の 昭和歌謡の会の成功による自身の主催ではないが こうして活動の場を与えてくれること 私はなんと恵まれているか感謝するばかり『昭和の名曲を歌う会』 とタイトルは変えられているが 実質は 前回の内容で良いらしい相棒と また選曲の準備をして あ [続きを読む]
  • 歩いた後 会った歌の師と仲間  タブーの歌も考える
  • 久しぶりに超ロングラン・ウオーキングをした 特に目的も無かったが南の方へ歩く陽射しは暑いので コンビニやスーパーは 私の束の間のクールダウンとして有難い水分も摂ろうと自販機で炭酸入り飲料買ったら大間違い 開けた途端にブシューっと大量に泡が流れ出た砂町銀座入り口まで歩く ここに魚屋直営の寿司店がある 空いていれば入ろうかと思ったら・・筈は無い七夕飾りは終わっていて 名物の「バカ値市」 いわゆる商 [続きを読む]
  • 昭和歌謡 語れば哀し 傷の跡
  • 台風も逸れて 危ぶまれた 下町のうたごえ 無事に開催できた口々に良かったねぇ 台風もここのパワーに負けて 近づくのを怖れて行ったんだねと笑う一昨日は 8月9日 73年前の長崎原爆投下が どうしても蘇る 戦争の傷跡は無数に私たちにある誰かが私に問う 先生は生まれはどこですか? 私はちょっと言いよどんでから答える生まれは東京・浅草 両親の故郷は信州・高遠だったが ここに来て天麩羅など惣菜店を経営し [続きを読む]
  • 台風が ほんの少しの 置き土産
  • 台風13号は東京も暴風雨圏内に入った 予報では少し東にずれて 北北西に進路を取れ 分かるかな?夜中も含めて 風雨に悩まされることはなく ほっと胸をなでおろすサラリーマンの出勤時間にも大変な影響と昨日は予測されていたが わずかな交通機関の乱れくらいだ2.3日前から 下町のうたごえが今日あることだから 予報の通過時間と重なって心配していたこれも午後には晴れ間も見えるとのこと 安心して本所地域プラ [続きを読む]
  • ああ哀れ 奇跡起こせよ 祈りつつ
  • 夜中に目が覚めた時 暗い中 金魚が水面でぴちゃびちゃと音を立てている水質が悪い時など 空気をいつもより吸い込むためか こんな音を立てることがあるそれでも眠気に負けてそのまま 寝起きに最初に水槽を覗きこむなんと2匹も水面に腹を見せて 苦しそうに呼吸をしている顔を洗うより先に 大きな水桶を用意して そちらに移した更にもう一つの器には 元気な方を移動して泳がせる何が原因なのだろう 水替えも一昨日した [続きを読む]
  • 知らぬ地へ ながらラジオで 旅をする   ローカル放送も楽しい
  • 今朝は 水道の水が しばらくぶりに普通に感じた これまでは朝でもぬるい水が出てくるのである冬は逆に 冷たすぎるほどの水が出てくる 我がマンションの水は夏はあたたかく 冬は冷たいそして気温はなんと昨日より8度も低い 朝で22度 最高気温も28度に収まるらしい台風が東京へ向かってくる 下町のうたごえが明後日予定されているが この日が一番荒れると言う私が珍しいことをすると雨が降る 土曜はまだ台風の進路 [続きを読む]
  • 雨降るよ 珍しく家事 連日で
  • 酷暑の日が続く 命にかかわる暑さと言う表現だ 一雨欲しい何か珍しいことをすると 雨が降ると言われる ここは私が雨乞いをしよう?と言うのは嘘で 洗濯機に放り入れて置いた洗い物が満杯で もう入れられないからだ私はズボラ かなり強度のズボラ 家事一切あまりする気が無い放っておいても 部屋が乱れていても 生きて行く上には支障が無い料理もたまにするが?美味しくは無い 介護を装って ホームヘルパーさんに来 [続きを読む]
  • 研ナオコ サワコの朝で涙する
  • 土曜の朝 サワコの朝 が爽やかで良く見る昨日は 研ナオコさんがゲスト いつものように楽しく話が展開するそして お馴染みの 心に残る歌はと問われると 意外にも 二葉百合子さんの 『岸壁の母』この時は歌手 森昌子さんのシーンこの歌詞にも 二葉百合子さんの人柄にも 思い入れがあると言う 曲が流れると涙を浮かべるサワコさんも 一緒に涙 観ている私も思わず涙が出てきてしまうシベリア抑留から 引き揚げ船が [続きを読む]
  • 名も知らぬ 同志寄り添い ハーモニー
  • 10年くらい歌の会で付き合っているが 多くの方の名前も お住まいも聴いたことが無いもっとも教わっても 花と女性は好きだが 名前を覚えるのが苦手でもある下町のうたごえ 誰でもが いつでも参加できるフリー 日程が合う時に来る 都合悪ければ来ない参加者もこの方が気楽だろう 連絡もしなくて済むし 会費前納も無いだから 私には その日ごと 何名集まるのか予測がつかない 雨や暑さ寒さ 私でも外に出るのが億 [続きを読む]
  • 山が呼ぶ 行けないけれど 胸躍る
  • 山の話 旅の話 誰しもがこの話題には自分を重ね 過去を思い出すもう 体力も余裕もなくなりつつあり 不可能であっても 行って見たい気持ちはある上高地か・・良いなぁ 山も登っていないなぁ 私の最後は10年前 上高地トレッキングだった クラツーの添乗員で山のガイド付き それまでは上高地は毎年 大正池から河童橋まで毎年行った白馬の八方尾根 その他 ハイキング程度は 普通の格好で案内したが この時はヤッケも [続きを読む]
  • 諸事雑事 歌に拘わる 日々過ごし
  • 夜になって大きな花火の音が聞こえる 周囲の建物に反響して轟くそういえば20年前くらいは マンションの視界は開けていたなぁ数百メートル先に京葉高速 車が180度の直線を走り抜けて行く花火でもあれば 近くの江東花火大会 遠くの東京湾花火 そして毎日のディズニーランドの花火全て ここから見られ優雅なものであった 部屋で座って見られるのであったしかし 現在 その視界にはマンションがあちこち建って 殆ど音 [続きを読む]
  • 脳は糠味噌 使って味出す  
  • 郵便ポストに封書を出した あて先は 薩摩川内市 川柳の石神紅雀師匠の住む街である毎月欠かさず投句して 同人誌『つばさ』 が送られてくるのを待つ師匠が発送まで受け持ち返送されてくる 大変な作業であろう私たちが寄せた川柳を 評価を加えたり 編集して 印刷屋にも回し 活字で見ることが出来るのだ結構 わくわくするものだ 一応の入選以上のものもあるが まだ 駄作の継続であるもう脳の進化は望めない高齢の私 [続きを読む]
  • 始まるよ 歌と踊りに 笑顔待つ
  • ここは老健介護施設 お元気な方が多くて私たちも一緒に楽しむ踊りのグループと毎月訪れるが 待っている方たちがいることは 幸せなことでもある皆さんが居るところに入って行くだけで 何人かが声をかけて来る 楽しみにされていたようだ踊りのグループは オープニングに 東京大音頭 中間は私の歌の時間で皆さんに唄って貰う終わりにも きよしのズンドコ節 河内音頭 東京音頭 炭坑節と披露するが スタッフも飛び入りす [続きを読む]
  • あっ怪我人 散歩の途中 見過ごせず  明日はわが身の姿かな
  • 陽射しはきつい 人通りも少ない道路で よろよろと私より少し年配の方が倒れ込んだたまたま自転車で通りかかった30代くらいの若い衆が 降りて声を掛ける 『大丈夫ですか?〜』私も駆け寄る とりあえず 陽射しを除けて 植え込みの傍に若い男性が身体を抱えて連れ込んだ『熱中症の様ですね』 と私に声を掛ける 『救急車を呼びましょう』倒れた高齢の方は 意識はあるが 顔面を強打したようで おでこ 鼻 頬 唇に出血 [続きを読む]
  • 高齢者にも 嬉しい地域の 晩ごはん
  • ひとりで居ると 食事も何を食べて良いか分からなくなる朝はパンにサラダ これで良しとして 後は昼も夜もあり合わせか 弁当 外食 レトルトだそうめんなら 麺つゆつけて これだけ おかずも面倒くさい 料理は未だに苦手の無精者最近は 月に2回の本所地域プラザでの 晩ごはんが有難いこども食堂の延長にあるが 高齢者にも利用が可能で 若いママさん 子どもの声を聴きながら食べる料金は500円で 毎回メニューは変 [続きを読む]
  • 集い来て 歌と笑いで 支え合う
  • いつまでも元気で ここの下町のうたごえ に参加を続けたいの先生の元気 どこから来るの? うたごえで いつも元気を貰えるわ先生 聴いて! これまで思うように声が出なかったのに 初めて声が大きく出たのここへ来て歌い続けたら 高い声も出るようになったの いつか歌える 先生が言ったこと確かだったわ少し 病気で休んでいたら 心が寂しくて また歌いたくなって来たわよお話が楽しくて ここで笑えるなんて嬉しかっ [続きを読む]
  • 手をつなぐ 地域と施設 夏祭り
  • 日本地図をパソコンで見ると 約10数cmに収まってしまう はるか上空から俯瞰して見ているようである今度は地上に向けて ぐんぐんと降下して行くと 皆さんの住む街に着地する 見渡せば人々の生活が見える銀河ロード商店街 ネーミングが素敵だ ここは鹿児島市の中心近く ズームアップして見た 名前の由来は 地形が北斗七星の柄杓の様で 台地上からは満天の星が見えることからであるFM銀河 私たちが毎週聞くコミュニ [続きを読む]
  • 我ながら どんだけ眠る 10時間
  • 最近 良く眠くなる 決して寝ていないわけでは無い大概 多くて3回 夜中に起きて それなりにまた眠っているのであるなのに 昼中 居眠りが連発 ボランティアに行っても 終わればすぐ眠い昨日は気分一新 日帰り温泉 船橋温泉・湯楽の里にまで車で出かけた京葉高速利用で4.50分 帰りは勿体ないから節約で一般道路を帰ってきた暑い日には サウナや水風呂がしゃきっとする最近はサウナは塩サウナ これは蒸気サ [続きを読む]
  • 折れそうな 心に接ぎ木 ボランティア
  • 介護施設へのボランティアを続けることは 自分の人生にもハリが出来て 決して人のためが第一義では無い自身の出来ることで 皆さんに喜ばれるならば こんなに嬉しいことは無い高齢者の笑顔 有難うと 痩せた手で握手を求められれば 両手で包み 元気で居ようねと励ます無償の愛で 車の維持も 仮に事故になっても それは自己責任であるだから いつでも 止めようと思えば止められる気楽ささえあるそれでも 何かが引き [続きを読む]