newのびた さん プロフィール

  •  
newのびたさん: のびたとブレイク
ハンドル名newのびた さん
ブログタイトルのびたとブレイク
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/new-nobita
サイト紹介文第三の人生 目下前進中! うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚
自由文音楽大好きのおとめ座のおじさんです
私の音楽は植物に例えるなら雑草です
上手くはありません (^_^;)
でも心意気とユーモアで楽しい音楽にし、喜ばれています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/04/09 21:31

newのびた さんのブログ記事

  • 思い起ち 湯が待っている 箱根路へ
  • 晴れ男の私も さすがの台風余波には負けそう 今日の天気は曇りのち雨皆さんの旅の記事に触発されて 一泊2日の安いホテルを箱根に見付けてドライブに行くことにした温泉の素を入れて入る我が家の風呂 たまには本物の温泉に入りたい これが本音だどこへも行かれない のではなく 無理しても 行った方が心にゆとりができる例え 日帰り温泉でも 私は出かけたい 行った後の心の余韻が好きである何か途中で 美味しいものを [続きを読む]
  • 花を見て ウォーキングの 足弾む  バラの歴史を見る
  • ベランダは まだ工事シートがあるが 花が少なくなって ちょっとだけ スーパーで花を買った百日草ともう一つ 3つで460円 一年草だから 咲いている時期だけ楽しめばよい考えれば 花はなんと費用もかからず 私を癒してくれるのか 有難いものだ今朝は テレビで 『ばらのささやき』 バラの歴史についてアニメ入りで特集があったバラは数多くあり 古代からあるように思えたが その歴史は意外と新しいもっとも バラ [続きを読む]
  • 晩ごはん 誰かと食べる あたたかさ
  • 家族が揃い 談笑しながら食べる食事の光景 ホームドラマでは必ず見られるいつしか 日本は そんな光景も減少してきているのが実態らしい父母の帰宅も遅く 一人で食事をする子ども 母が保育園に迎えに行き 遅い簡単な夕食もあるまた 私もその一人であるが 毎日の食事は 一人で作って食べるか 外食に頼って栄養も偏るこの歳になると それも気楽で悪くは無い たが 時には誰かと食事も刺激があって良いものだ前述の ひ [続きを読む]
  • 嬉しさが 重なり合って ハーモニー
  • 私には 嬉しいことが幾つもある 更にその嬉しさを喜べる健康な心身もある2か月のマンション大規模工事が有って シートで覆われたり カーテンを閉め切る日々だったまだ足場と保護シートが外されていないが 室内が明るいと言うことは なんと素晴らしいことか朝 眼が覚めてカーテンを開けると ワイドスクリーンのように光に溢れている幾つもいのちを失った鉢があるが 生きぬいた花たち ベランダに出していっぱい呼吸させ [続きを読む]
  • ホラ 外の空気と光 花を出す
  • 明るいなぁ 足場シートがあるものの これまでの暗い生活から解放された私と花たちである昨日は 我が乱れた部屋に工事の人が入り ベランダの扉を外し 戸車と鍵を交換したベランダの塗装養生シートも外されたから 外の景色も シート越しに ぼかしで見える何よりベランダの扉がスムースに開けられる 外の空気が入れられる これが嬉しい足場の撤去は まだ下の階があるから 10日くらいかかるだろうかその間 ベランダの [続きを読む]
  • 部屋立ち入り 工事はピーク 扉開く
  • ベランダの扉には塗装用の養生シート その向こうに足場と工事シート外の天気も分からず 工事の人の往来もあって 更にカーテン締めて電気を一日中点ける部屋の湿度も高く 心にもカビが生えそうだ今日は大規模補修のピーク 工事の人が足場からベランダに入り 一部 部屋にも入る扉の戸車は 擦り減って開けるのにもガタピシ音を立てながら力も入れなければ開かない自分で戸車交換しようと思ったら レールから扉が外れなく  [続きを読む]
  • 雨の日も 心の湿度 下げる花
  • 昨日の雨 台風の影響で一日中降り続き 外へ出る気もしない買い物にも行かずテレビで録画を観たり 心が「なまかわ病」 名古屋弁で怠け者と教えてくれたそれに近い! 梅雨なのにね(笑) マンション工事で部屋が暗く 外が見えないこともあろう心がじめじめ その湿度はかなり高い 心の湿度 を下げるには 部屋を開け放したいが出来ないお風呂に入って 温泉の素を入れて湯っくり癒し これは短時間効果ではあるやはり外に [続きを読む]
  • 雨強し 紫陽花 艶めいているか  各地の紫陽花開花日は?
  • 台風が列島の沖合を通過中 東京も本降りの雨だ今朝は すずめが強い雨を避けているのか ベランダに来て鳴いているどこにも出られないが 雨を喜ぶ花たちにとって 各段の化粧直しである紫陽花について 気象庁の生物情報として 各県の開花記録が毎年残される東京は かなり前に咲いて(記録的には5月30日)いるので 各地も同じかと思っていたら違っていた鹿児島・佐賀5月30日 福岡31日 6月に入って 高知1日 大 [続きを読む]
  • 勇壮な 和太鼓響き ズンズズン
  • 音響の良い本所地域プラザのホールに 太鼓の音が響き渡るまさに お腹のあたりが震えるほど ズズズーンとくるのだ太鼓 それは太古の昔から(笑)の 人類の楽器だろう私は太鼓の演奏は 割と好きだが 大概 2.3曲聴いて飽きがくる でも 昨日のランチコンサートの和太鼓と津軽三味線は そんな私を堪能させてくれた変化に富んだプログラムと 指導者の人格にも好感を抱いていたのもあるチームは 『夢蔵』(むさし [続きを読む]
  • 梅雨晴れ間 一走り来た 花菖蒲
  • 江戸川の河川敷に一面に拡がる花菖蒲 見ごろを迎えていて見事だった家は マンション大規模補修の最終段階 ベランダの塗装で引き戸の向こうが賑わしいそうだ 一走りして小岩菖蒲園に行こうと車を走らせたのである 30分で着く地理的には 東京の東端 江戸川が県境 対岸は市川市の国府台 昔はここに渡し船があった少し上流には 柴又・帝釈天 矢切の渡しで対岸に行けば 野菊の墓 の文学碑もある菖蒲園は江戸川区が管理 [続きを読む]
  • 観光は 離島へ行こう いま人気
  • 日本各地の観光は 一昔前と比べると大きく変動している外国人も含めて 今や京都 東京 日光 箱根など有名観光地では無く 地方へと向かう時代だマニアックなツアーも含めて こんなところにと思う地方の隅々まで観光客は訪れる更に離島ブームがここ数年盛り上がりを見せて 大手旅行社のツアーも多いせご(西郷)どん のドラマの進行に合わせて 今や注目は 鹿児島の離島に各放送局も特集を組む 奄美大島 徳之島 沖永良部 [続きを読む]
  • 手をつなぐ 人生三度 機会あり  
  • 東京は昨日から梅雨入り 下町のうたごえの朝から雨が降るそれでも・・・感謝だね 雨降る中 集まる元気な顔ぶれ その数100名雨なんて関係無い 笑顔がいっぱい 皆さん 心はいつも青空だ私も張り切ってピアノを弾き 勝手気ままなトークが止まらないこれが大好きという方が多く 歌の合間は 皆さんの笑い声に溢れる新しい方も着実に増えるから いつもいっぱい プロの歌声喫茶のようである女性と手をつなぐ 逆に男 [続きを読む]
  • お兄ちゃん 聴いて共に 貰い泣き   ♪さくらのバラード
  • 涙もろくなった 人生の悲哀を多く体験したり 見たり聴いたりするせいか他人の痛み 苦しみを 少しでも理解できるようになってきたのならば それは良いことだと思う昔 亡き母が ちょっとしたことで嬉し泣き または テレビやラジオで泣いていたことを思い出す歌謡曲で今や実力派の仲間入りをしている 市川由希乃 さん テレビにもたびたび出演して中心に居る先日聴いた紅白歌合戦のエピソードを聴いていて 思わずポロリ [続きを読む]
  • 駄作でも 作る楽しみ ボケ防止
  • 文章を書く 歌を歌い ピアノ伴奏をする 多くの方と笑ったり語ったり この歳ではボケ防止にも大いに役立つうたごえは毎週あり 明日もあるので楽しみだ このあいだを縫ってボランティアが入る川柳は てんがらもんラジオを通じて 作る楽しみを覚えた 但し 2年も過ぎて相変わらず駄作の連発である最近では 入選とか 特選とか縁が遠いせいか あまり心に拘らなく ただ作る楽しみに心が進化した奥が深すぎて 言葉を選ぶ [続きを読む]
  • すずめ雛 工事にめげず 巣立ちした
  • 4月の初めから マンションの使っていないベランダ空調の穴に すずめがせっせと巣作りを始めた最初のうちは 私の鉢植えなどから素材を啄んで運び 時には 花の枯れたものや小枝を千切り持って行くこれが無くなると どこかへ飛んで行き くちばしに枯れ草などを ひっきりなしに運んでくる時を同じくして マンションの大規模補修が始まり 工事足場がベランダの外に架けられた工事用シートも外側に張りめぐされて 視界が [続きを読む]
  • 本所では 下町文化 花盛り
  • 外は快晴 なのに工事遮蔽シート ベランダには塗装の方が入るカーテン締めて 昼間から電気を点けて居れば 心まで萎縮しそう都バスの一日乗車券500円を買って のびたの ぶらり途中下車と決めた両国に近い安田庭園を見学してから 時間的にランチタイム どうせ食べるならいつもの本所地域プラザここの1階に喫茶室が有り うたごえの仲間が厨房兼ウエィトレス(笑)私の好きなチキンライスを食べた今日は ここで「本所粋 [続きを読む]
  • 拡がりと 深さ実感 歌笑顔
  • 皆さんの声 YouTubeで改めて聴くと いつも思っていますが若いですね あらためて思いましたよ皆さんの姿は映っていませんから もう 50代くらいに想像される方も居るでしょうねぇここで 会場は笑いに包まれる 私が自慢する 下町のうたごえ に集まる方たちの素敵な声 明るさ 元気 文字より説得力がある YouTubeでご覧になられた方 200名に近い パソコンを扱える方 ブログを閲覧されている方も ここのメンバ [続きを読む]
  • ィヤッホー 再検査無事 異常無し
  • 2月に健康診断 殆ど異常無しであったが 肝機能数値だけ基準値を超えていたついでに メタボについても要指導の指摘を受けてしまったメタボは3か月で5キロ減 目標を達して しゃがんだり立ったりするのも楽 腹回りも結構凹んだ実感がある血液検査を先週受けて ついでに 肝ウイルスの感染検査も同時にして貰った昨日 クリニックに行って医師の判決?を なかば わくわくして待ったこれで異常ありだったら 私の体調良 [続きを読む]
  • 見て聴いて 楽しく歌う ディ笑顔
  • さあ にっこりファイト の踊りですよ 皆さんがにっこり笑顔になれば みんなで元気になれますねいつも踊りのグループの代表で この施設のボランティアグル―プをまとめる方が所要で不在 私に司会進行も任せられたいつもと変わらぬ盆踊り風景になるが 利用者の方たちは楽しそうに手拍子をしたり 手で踊るああ楽しまれているなぁと実感する ここのディは比較的 お元気な方が多い 先週 私が行った施設とは対比的でもあ [続きを読む]
  • 愛される 県民の歌 郷土愛
  • 介護施設への音楽訪問を終えて 息抜きに録画して置いたテレビの歌番組を観た城之内早苗さんが 誇らしく 『いばらき県民の歌』を歌っていた 校歌や応援歌のように聴こえるが県民なら誰でも歌えるそうだこの県民なら誰でも歌える このことが私には素敵なこととして印象に残った 素晴らしい郷土愛の象徴でもあろう  いばらき県 敢えて茨城県と漢字で書かないのは 多くの方がいばらぎ県と勘違いしているからだ因みに大阪 [続きを読む]
  • 住民の 絆深める 花作り
  • 私のマンションから ごく近いところに マンション団地がある道路と建屋の間に空き地があり 自転車置き場があるほかは 色とりどりの鉢植えが置かれている私は ここを通るのが楽しみだ いつ訪れても何かの花が咲いているので嬉しい 地植えのものは少ないが 多くの鉢が まるで競っているように花が咲くある日 カメラを向けていると 女性が話しかけてきた『綺麗でしょ ここは住民の有志が育てているの 20数名も居る [続きを読む]
  • 工事まだ 部屋は高湿 カビ出そう
  • 朝 カーテンを開けて 工事用シート越しではあるが外の光が入って来る朝食も終えて 珈琲も飲み テレビを見ていると 工事の男性が二人ベランダに入ってきた扉に張りつくように作業 塗装の下準備である 私のすぐ目の前でもあるいきなりカーテンを閉めるのも失礼かと 眼で挨拶してカーテンを閉めた勿論薄暗くなる 電気を点けて一日過ごす 扉は開けられないベランダに合った花たちは部屋に 一部は廊下に出してあるが 長く [続きを読む]
  • 痛痒い 眼が平穏を 脅かす
  • うたごえの前々日あたりから 眼が痛痒く感じていた 内部はごろごろとして痛むし視力が落ちる白内障の術後措置を医者にも行かずに放置していたのが原因で 右目は緑内障になりつつあると昨年言われたこれは一度なったら完治は出来ない 失明の恐れもある ただ 進行を遅らせる点眼薬はある眼の痛痒い状態になっても 点眼薬を挿していたら 更に悪化して パソコンの文字が見えにくくなったそして あの うたごえ当日のピア [続きを読む]
  • せご(西郷)どんの 妻3人は どう生きた?
  • 大河ドラマ (せご(西郷)どん)が ますます面白い これまでの大河はどちらかと言うと重いせご(西郷)どんが軽いと言うわけでは無い 人間味豊かにドラマに親近感さえ覚えるものである今朝もNHKに 愛果那(二階堂ふみさん)が登場しているが 土地の方かと思うくらい演技は成りきっているせごどんの妻となる祝言が挙げられ 子どもも生まれるが 西郷の宿命は薩摩にある流された土地は奄美大島 薩摩藩の思い遣り 西郷は死 [続きを読む]