Irarei さん プロフィール

  •  
Irareiさん: Peaceful Day 〜今に生きる〜
ハンドル名Irarei さん
ブログタイトルPeaceful Day 〜今に生きる〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/peacefulday2012
サイト紹介文主にセドナで撮影した写真を公開しています また神社・仏閣、名所・旧跡を巡っています
自由文平和な日が訪れることを願いながら記事を書いています。
ひと目見て少しでも癒されるような写真をブログに載せていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/04/11 23:00

Irarei さんのブログ記事

  • 雨中の熊野速玉大社(熊野・十津川旅行記3)
  • 2016年4月下旬に訪れた熊野・十津川旅行記その3です。花窟神社から国道42号線を熊野方面へと南下し、熊野速玉大社へと向かいました。熊野川の河口にほど近い、新宮市の市内にある熊野速玉大社は、熊野三山の一つとして知られ、普段は多くの人で賑わっていますが、この日は雨がしとしと降るあいにくの空模様だったこともあってひと気は少なく、辺りは閑散としていました。鮮やかな朱色の下馬橋を渡ります。下馬橋といえば以前訪れた [続きを読む]
  • 神無月の満月
  • 今夜は雲が空一面を覆っていますが、一瞬だけ月が顔を出してくれました。今月最も月が満ちるのが10月6日3時30分となるので、あと30分ほどで満月となります。今宵は薄雲が空を覆っていて、月が顔を出したのはほんの一瞬でした。煌々と光る月明かりに照らされ、雲が虹色に輝いていました。約1週間前に撮影した月です。この日は雲一つない快晴で、夜空に浮かぶふくよかな月の形状が、地上からでもはっきりと見えました。SEDONA VISIT [続きを読む]
  • 巨岩の麓の花窟神社(十津川・熊野旅行記2)
  • 2016年4月下旬に訪れた十津川・熊野旅行記その2です。紀勢自動車道の尾鷲北ICから、国道42号線の自動車専用道路として整備されている熊野尾鷲道路を経て、熊野方面へと向かいました。この旅で最初に訪れた花窟(はなのいわや)神社は、熊野灘に面した熊野街道沿いにあります。すぐ側にある駐車場には、神社にちなんだ商品が並ぶ土産物茶屋「花の岩屋」があり、そこから道を挟んだ向かい側が神社の入口となっています。1989年2月に [続きを読む]
  • 曇天のもと、ハイウェイで一路熊野へ(十津川・熊野旅行記1)
  • 少し前のことになりますが、2016年4月下旬に十津川・熊野にある寺社を巡りました。その時の旅行記を公開しないまま、時間だけが過ぎ去ってしまいましたが、やっと準備が整ったので順を追って紹介します。今回は往復のハイウェイで立ち寄ったSA・PAについてです。朝の渋滞に巻き込まれないように夜が明ける前に東京を出発し、東名高速の海老名SAに着いた時はまだ5時過ぎでした。夜明け前ということもあって、一部を除きほとんどの店 [続きを読む]
  • 成田山新勝寺の額堂と醫王殿
  • 2017年5月末、千葉県成田市にある成田山新勝寺へ参拝に行きました。この日は今にも崩れてきそうな鈍色を擁した分厚い雲と、その隙間から降り注ぐ、まるで初夏のような日差しがとても印象的でした。JR成田駅の駅前から伸びている成田山表参道は、緩やかな下り坂の左右に土産物屋と飲食店が軒を連ねていて、平日でも活気に溢れています。表参道を下ってきた先には、とても重厚な佇まいの総門がそびえ立っています。2008年に建立され [続きを読む]
  • 文月の満月
  • 今宵は満月です。夜空を覆っていた薄雲が一時だけ消え、眩い月が顔を覗かせてくれました。近頃は、九州では降り止むことのない豪雨によって甚大な被害に見舞われたり、また関東では梅雨入りしたはずが連日の炎天下だったりと、異常ともいえる気象が続いています。それに伴ってか、まわりでは体調を崩している方を多く見かけます。それも今回の満月によって大きな節目を迎えるため、という気がしています。無事に過ごせることに感謝 [続きを読む]
  • 水無月の満月はストロベリームーン
  • 今宵は満月です。この日は薄雲が空を覆い、月も薄っすらと見える程度でしたが、夜中になると少しずつ雲が切れ、その隙間から眩い月が姿を表してくれました。夏至に近い6月の満月は地平線に近い位置にあり、赤みを帯びて見えることから「ストロベリームーン」、または「ローズムーン」ともいわれます。見ると願いが叶うとか、幸せになれるという言い伝えがあるそうです。撮影時は肉眼では赤く見えませんでしたが、写真で見ると確か [続きを読む]
  • 寒川神社へ
  • 2017年5月下旬、神奈川県にある寒川神社へ参拝に訪れました。寒川神社は全国で唯一の八方除の守護神として知られていて、厄除けや御祈願には最も適した神社とされています。石造りの神池橋を渡り、三ノ鳥居をくぐって境内へと向かいます。この日はまだ5月にもかかわらず、まるで初夏のような眩い陽射しが降り注ぎ、神池橋は真っ白に光り輝いていました。神池の中心からは噴水が空に向かって勢い良く吹き出していて、水が跳ねる音と [続きを読む]
  • ドーミーインEXPRESS掛川と富士川SAにて
  • 2017年3月中旬に訪れた、静岡・掛川旅行記その6です。最終回となる今回は、掛川で宿泊したビジネスホテルと、帰路に立ち寄ったサービスエリアを紹介します。今回宿泊したのはドーミーインEXPRESS掛川です。ドーミーインは充実した設備や郷土色豊かな食事などが楽しめるため、旅先にあれば必ずといっていいほど宿泊しているビジネスホテルです。ここはJR掛川駅から徒歩9分と比較的近いうえ、見晴らしの良い最上階の13階には、天然温 [続きを読む]
  • 掛川城二の丸御殿にて
  • 2017年3月中旬に訪れた、静岡・掛川旅行記その5です。掛川城の天守を巡ったあと、最上階から眼下に見えていた二の丸御殿へと向かいました。御殿前の広場では早咲きの桜がちらほら見られました。掛川城二の丸御殿は1854年、安政の大地震で倒壊した御殿の代わりに、6年の歳月を掛けて1861年に再建された木造瓦葺の書院造で、畳敷きの多くの部屋が連結された建物の総面積は、創建当時330坪(現在は287坪)にも及びます。廃藩置県後に [続きを読む]
  • 皐月の満月
  • 今宵は満月です。最も月が満ちたのは今朝方だったので少し欠け始めていますが、眩いほどの輝きを放つその姿は、ファインダー越しには直視できないほどです。最近まで忙しかったこともあり、心身ともに疲労が蓄積している感覚があって、休日はいくら寝ても疲れが取れない日々が続いていましたが、今朝になって突然やる気スイッチが入ったような感じがしました。それはまるで薄靄のトンネルを抜け出したかのように晴れやかで、特に気 [続きを読む]
  • 掛川城と桜並木
  • 2017年3月中旬に訪れた、静岡・掛川旅行記その4です。 目の霊山として知られる油山寺を後にし、この日は宿泊先である掛川で一泊、翌朝に宿泊したホテルからほど近い場所にある掛川城へと向かいました。宿泊先から徒歩数分の場所にある大手門は、明治期に火災により焼失しましたが、1995年に本来の位置から約50メートルほど北に復元されました。ちなみに大手二の門は油山寺に移築されていて、未だに現存しています。大手門をくぐっ [続きを読む]
  • 目の霊山・油山寺
  • 2017年3月中旬に訪れた、静岡・掛川旅行記その3です。早春の薫り漂う小國神社を後にして向かったのは、そこから8kmほど南にある油山寺です。道中では山腹に切り開かれた茶畑や製茶工場といった静岡らしい景色が広がっていました。休日の昼頃ということで多くの人出を予想していましたが、入口近くにある駐車場にはまだ空きがあり、思っていたほどひと気はありませんでした。入口の石段の先には寺院に似つかわしくない、まるで城門 [続きを読む]
  • 卯月の満月
  • 2017年4月11日、この日はあいにくの空模様で雨具を手放せない一日でしたが、夜半になるといつしか雨も上がり、ふと気づくと薄雲の隙間から見事な満月が顔を覗かせていました。最も月が満ちてから半日が経っているため、よく見るとすでに月が欠け始めています。新入生や新社会人など、4月から新たなスタートを切った方も多いと思いますが、この日の満月のように見事な輝きを放っていることを祈ります。SEDONA VISIT -Katsina T [続きを読む]
  • 早春の小國神社
  • 2017年3月中旬に訪れた、静岡・掛川旅行記その2です。まず最初に向かったのは周智郡森町にある小國神社です。新東名・遠州森町スマートICから約10分ほどの場所にあり、新東名が開通したことによってアクセスが容易になりました。小國神社は遠州灘へと流れ込む太田川の支流である宮川の畔にあります。入口に構える一の鳥居は、両端が上向きに反っている造りが特徴の明神鳥居です。この日は閑散としていましたが、周辺には無料駐車場 [続きを読む]
  • 桜のトンネルと光の輪
  • 2017年4月上旬、近所の桜並木が満開を迎えました。近所の沿道では多くの桜を見かけるので、春になると出歩くのが楽しくなります。どの桜も頭上いっぱいに枝幹を広げ、空を覆わんばかりの勢いで花を咲かせています。太い幹から顔をのぞかせているその姿もかわいらしいです。この桜並木は車で走ることが多いのですが、はらはらと舞い散る花びらが風に乗って、まるで薄紅色のトンネルをくぐっているような錯覚にとらわれます。薄雲に [続きを読む]
  • 千鳥ヶ淵の桜
  • 2017年4月4日(火)、春らしいポカポカ陽気に誘われるように千鳥ヶ淵へお花見に行ってきました。今年は例年に比べて春の到来が遅く、桜の開花もいつもより遅れていて、この日はやっと見頃になってきたという感じでした。ボート乗り場の屋根にある展望台からは、お濠沿いに咲き始めた桜とともに、空一面に広がる青空とのコントラストを楽しめました。お濠に浮かぶ色とりどりのボートも春の風物詩という感じです。ちなみに貸出ボート [続きを読む]
  • 新東名のサービスエリアに大興奮
  • 2017年3月中旬、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の影響もあってか、にわかに活気付いている静岡を一泊二日で訪れました。今回はドラマの舞台となっている井伊谷(浜松)には行きませんでしたが、静岡西部にある寺社・城跡を巡ってきました。今回は車で向かったため、まずはじめに往路で立ち寄った東名&新東名のサービスエリアを紹介しつつ、時の移り変わりといった雰囲気をお届けします。気温はまだ肌寒く、冬の名残を感じさせる気 [続きを読む]
  • 抹茶と胡麻の白玉団子
  • 念願の写真集が完成して緊張の糸が切れたのか、はたまたヘビーな仕事が無事終わってホッとしたためか、久しぶりに体調を崩しました。症状は明らかに風邪なのですが、とにかく体が怠くて一切何もする気が起こらず、数日寝込む羽目になりました(> 救いだったのは食欲だけはあったので、自分の心の声に耳をすませて、いま食べたいものを食べるようにしたら、少しずつ体力が戻ってきました。医食同源といいますが、普段からなるべく身 [続きを読む]
  • 初詣は浅草寺へ
  • 2017年1月下旬、浅草寺へ初詣に行ってきました。この日は20度近い気温に恵まれ、まるで春が到来したかのようにうららかな一日でした。雷門の門前や仲見世通りは、平日にもかかわらず多くの人で溢れかえっていていました。春節で訪れている中国人など、そのほとんどが海外から訪れた観光客という印象でした。仲見世通りの中ほどにある「きびだんご あづま」に立ち寄り、甘酒をいただきました。日差しは暖かいものの、時折吹き抜ける [続きを読む]