象師匠 さん プロフィール

  •  
象師匠さん: 神の写真
ハンドル名象師匠 さん
ブログタイトル神の写真
ブログURLhttp://kondeji.blogspot.com/
サイト紹介文GXR A12 28mm/霊能写真家象師匠が写す神の居る風景。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/04/13 13:16

象師匠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 誰もいない清里駅前を歩く
  • まあ、なんである、30年ぐらい前の前の猫も杓子も清里てな清里全盛期に、駅から少し離れた畑の中に忽然と現れた某デズニーランドまがいの建物が並ぶなんとか通りに一度物見遊山に来て、宣伝にのせられて集まったおねーちゃんおにーちゃんに混じって大混雑の中、馬鹿丸出しでうろうろしたことがあるのである。「あの清里はいったいどうなったのかね?」とふと思い立って、その当時の清里の記憶を呼び覚まし、清浄であった若かりし日 [続きを読む]
  • 高幡不動ござれ市
  • 東京都日野市にある高幡不動尊金剛寺のござれ市を歩いてみたのである。開催日は毎月第3日曜で、朝7時から午後4時までの、いわゆる骨董市である。この日は寒いながらも好天に恵まれて、駐車場には観光バスも停まっていて、朝から交通整理のガードマンが大忙しである。ううむ、いかんな文章に切れも洒落も皮肉もなくて、馬鹿丸出しの定型文みたいになってるのである。これでは次回の芥川賞も絶望的である。だれが芥川賞だ。まあ、お [続きを読む]
  • 2,018年正月3日朝の鶴ケ丘八幡宮入口の三の鳥居付近の雑踏
  • なにしろ鎌倉観光の中心ともいえる鶴岡八幡宮であるので、正月に限らず善男善女かどうかは別にして、電車を降りると我も我もとここを目指してお歩きになるのである。これが正月三が日ともなると朝っぱらからこの騒ぎである。大晦日から元旦にかけては、境内の露天商や付近の飲食店や土産物屋やその他の商店の皆さんはこのときとばかりに体力の限界に挑戦して夜も寝ずにおかせぎになるわけであるが、この日は3日であるので、ある意 [続きを読む]
  • 伊東温泉のキネマ通り・湯の花通り・仲丸通り・松川通りを歩く
  • ご存知の通り、伊東温泉は静岡県では熱海と並ぶ大人気温泉街である。ところが街歩きの達人の象師匠におかれましては、その人気温泉街を散策したことがなかったのである。街をそぞろ歩くことに命をかけるあたしとしては、これはなんとしても、伊東温泉のストリートをこれでもかと歩き倒して溜飲を下げたいところである。それで、お泊りになった温泉旅館から歩き始めたら、「駅への近道」と言う看板があって、「キネマ通り」てな通り [続きを読む]
  • タイ・バンコクのベンジャシリ公園で鳩を追い払う子供
  • まあ、なんである、ベンジャシリ公園である。この公園はいつもお買い物やお食事に行くバンコクBTSのプロンポン駅近くにある48ヘクタールの広大な施設である。タイ語でベンジャシリとは「幸運・栄光の集まり」てな意味合いで、シリキット現王妃の還暦を祝して1992年08月05日に開園したのであるつーことである。中央には大きな池があって、その周囲にお子様の遊戯施設やランニングあるいはウォーキングあるいはお散歩の周回道路が [続きを読む]
  • 富士山五合目駐車場から登山道を佐藤小屋まで歩いてみる
  • 富士山五合目駐車場の土産物屋の展望台に上ると、世界各国外国人観光客の皆さんが富士山をバックに記念写真を撮るのに大騒ぎである。あたしも海外旅行で観光地に行った時は覚えがあるので、あたしら庶民は国によらずさもありなんということである。不思議な光景であるが、その土産物屋の前の広場で客待ちしている馬である。馬子のおじさんがいなくても、おとなしくじーっと立っている、聞き分けのいい馬である。その他にも十数頭の [続きを読む]
  • 過去の記事 …