Sozen さん プロフィール

  •  
Sozenさん: 油を売る日々
ハンドル名Sozen さん
ブログタイトル油を売る日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/sozen22/
サイト紹介文NYMEX WTI 原油先物相場について日々考察します。毎日の市況と需給資料をまとめた雑記帳です。
自由文記事の参考データや図表は別サイト「油を売る日々の油桶」に保管してあります。
http://sozen22.web.fc2.com/

BLOGOS finance に参加しています。
http://f.blogos.livedoor.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/04/14 18:58

Sozen さんのブログ記事

  • 米国の石油需要が14か月連続増加
  • 原油相場は小幅反発です。前日に続いて手掛かり難で頭重い展開の中で一時$51/bblを割ったものの、大台割れをうかがう動きにもならず切り返しました。10月20日の NYMEX WTI 原油先物の11月限は前日比18セント高の$51.47/bblで納会し、12月限の引け後の時間外取引は$52/bbl前後です。 中東情勢に期待する買い方の仕掛けは成功していません。産油国による減産努力で需給均衡が実現している状況では、供給不安は材料になりませんね。 [続きを読む]
  • 中国の原油処理が異常な高水準
  • 原油相場は5営業日振りに反落です。中東情勢に新味のあるニュースがなく、手詰まり感で軟化しています。10月19日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比75セント安の$51.29/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。 WTI 原油相場は9月以降明らかに年前半の下げトレンドを脱していますが、上値の目標点は定かではありません。年初の高値水準である$55/bbl近辺は一定の目安になるのでしょうが、目先は修正安の圧力の方が強いで [続きを読む]
  • 米国石油需要がやや低迷
  • 原油相場は小幅ながら4営業日続伸となり、終値は9月下旬以来の$52/bbl台です。10月18日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比16セント高の$52.04/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台前半です。 中東情勢などによる下支えが期待される一方で積極的な弱材料はなく、原油相場は小動きに留まります。API 統計に続き EIA 統計でも原油在庫の予想を上回る減少が報告されましたが、ハリケーン ネイトの影響があるため余り材料視されて [続きを読む]
  • EIA統計 10月18日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が10月18日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は320〜420万バレルの減少予想に対し前週比573万バレルの減少です。原油在庫は4週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,544万バレルで前週比同82万バレル減少、輸入は日量748万バレルで前週比同13万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量841万バレルで前週比同107万バレル減少でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オク [続きを読む]
  • 減産遵守率低下が原油相場の重石に
  • 原油相場は小動きです。中東の緊張による下支えと需給バランスへの不安による圧迫が相場の方向性を制限します。10月17日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比1セント高の$51.88/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台後半です。 イラク軍とクルド治安部隊の衝突で月曜に高値を付けた後、原油相場は徐々に上値を切り下げる方向のようです。米国石油協会 (API) 発表の原油在庫が予想を上回る減少を示しても、上値が切り下がる傾向は [続きを読む]
  • API週間統計 10月17日発表
  • 米国石油協会 (API) が10月17日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は320〜420万バレル減少の事前予想を上回る前週比713万バレル減でした。原油在庫は前回の増加から再度減少に転じています。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比15万バレル減少。8週振りの減少です。ガソリン在庫は34万バレル減から105万バレル増加の予想に対し前週比194万バレル増、中間留分在庫は150〜200万バレル減少の [続きを読む]
  • 増加継続見通しの米国シェール オイル
  • 原油相場は続伸です。10月16日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比42セント高の$51.87/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台後半です。 イラク軍とクルド治安部隊との衝突で$52/bbl台半ばまで上昇したものの、キルクーク油田や周辺の石油施設をイラク軍があっさり掌握し、供給に大きな障害が出ていないことから上値が抑えられています。 クルド人が管理を続けた場合トルコはジェイハン港への出荷を拒否するでしょうから、イラク [続きを読む]
  • 中国の原油輸入、半年ぶりの高水準に
  • 原油相場は反発です。中国の需要期待や中東の緊張などを囃して週の高値を付けています。10月13日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比85セント高の$51.45/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。 中国税関総署によると、9月の同国の原油輸入量は日量904万バレル相当の3,701万トンで、前年比は12.0%増と再び2桁増を記録しています。日量900万バレルを超えたのは、今年3月に続いて2回目です。一方、石油製品の貿易は153万 [続きを読む]
  • 世界の石油需給はタイトから均衡へ
  • 原油相場は4営業日振りの反落です。IEA の需給予測は前月と変わり映えしないもので続伸ムードに水を差す一方、米国原油在庫の減少が下値を支えています。10月12日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比70セント安の$50/60bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台後半です。 国際エネルギー機関 (IEA) の10月月報によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,770万バレル、2018年の需要予想は同9,910万バレルで共に前月の予想と大き [続きを読む]
  • EIA統計 10月12日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が10月12日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は40〜240万バレルの減少予想に対し前週比275万バレルの減少です。原油在庫は3週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,626万バレルで前週比同23万バレル増加、輸入は日量762万バレルで前週比同40万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量948万バレルで前週比同8万バレル減少でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホ [続きを読む]
  • 需給バランス改善見通しで原油堅調
  • 原油相場は3営業日続伸です。需要見通しの上方修正と供給予想の下方修正で需給バランスの改善が期待されています。10月11日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比38セント高の$51.30/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台前半です。 OPEC の10月月報によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,680万バレルで前月の予想より同3万バレルの上方修正、2018年の需要予測は日量9,819万バレルで前回から同6万バレルの上方修正です。 [続きを読む]
  • API週間統計 10月11日発表
  • 米国石油協会 (API) が10月11日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は40〜240万バレル減少の事前予想に反し前週比310万バレル増加でした。原油在庫は3週振りに増加です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比122万バレル増。7週連続の増加となりました。ガソリン在庫は140万バレル減から20万バレル増の予想に対し前週比158万バレル減、中間留分在庫は160〜220万バレル減少の予想に反し前週比 [続きを読む]
  • 原油相場、$50を挟む往来
  • 原油相場は$50/bblを挟んだ往来となっています。10月10日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.34高の$50.92/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台後半です。 週明けの底堅い展開から、遅ればせながらサウジアラビアの11月の輸出割り当て削減を囃して上昇のペースを速めましたが、$51/bblに達したところで一服しています。 ハリケーン ネイトの直撃による海洋油田プラットフォームからの退避は、大きな被害も報告されず週明けに [続きを読む]
  • 減産継続の思惑織り込む原油相場
  • 原油相場は小幅反発です。前日の下げから戻り基調ですが、上昇ペースは鈍く終日$49/bblに留まり増した。10月9日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比29セント高の$49.58/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台半ばです。 週末にミシシッピ州に上陸したハリケーン ネイトの影響でメキシコ湾岸の原油生産は一時9割余りが停止したようですが、足早に上陸し内陸部に去ったため被害は限定的なようですね。  ■ Gulf Of Mexico Output F [続きを読む]
  • ファンドのスプレッド玉拡大で原油取組過去最大
  • 原油相場は反落し、終値が再び$50/bblを割りました。10月6日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.50安の$49.29/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。 $50/bblを挟んだレンジ圏の推移と考えれば先週の$52/bbl台半ばからの修正安は終わっていないと見るべきでしょうから、妥当な動きなのかもしれません。 ベーカー ヒューズによると、10月6日時点の米国の油井リグ稼働数は前週比2基減ということで、前回の増加は傾向の [続きを読む]
  • 新たなハリケーンが米油田地帯直撃か
  • 原油相場は4営業日振りに反発です。$50/bblの大台を下回った後下値が深くならないことから上昇に転じました。10月5日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比81セント高の$50.79/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台後半です。 足元の原油相場は、基本的には$50/bblを挟む保ち合い圏に留まっているものと思われます。需給バランスの好転により下値方面の方が堅そうですが、価格上昇は減産の足並みを崩しますしシェール オイルの増産 [続きを読む]
  • 在庫大幅減でも原油相場軟調
  • 原油相場は軟調です。原油在庫の減少を受けて反発の機運を見せましたが続かず、結局大台割れです。10月4日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比44セント安の$49.98/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台後半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は30〜150万バレル減少の予想を超える前週比602万バレル減で、同408万バレル減の API の数字も上回るものでした。 原油処理量は前年並み水準 [続きを読む]
  • EIA統計 10月4日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が10月4日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は30〜150万バレルの減少予想を大きく超える前週比602万バレルの減少です。2週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,603万バレルで前週比同15万バレル減少、輸入は日量721万バレルで前週比同21万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量956万バレルで前週比同1万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ [続きを読む]
  • 修正安を脱し切れない原油相場
  • 原油相場は小動きです。メディアの調査で9月の OPEC 増産が伝えられた後、比較的頭重い展開となっています。10月3日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比16セント安の$50.42/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台前半です。 今は先週付けた直近高値の$52/bbl台後半からの修正途中なのかもしれませんが、$50/bbl大台割れには渋っているようです。支え切られたら反転もあるでしょうが、いずれにせよ保ち合い圏と見られるため上値が [続きを読む]
  • API週間統計 10月3日発表
  • 米国石油協会 (API) が10月3日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は30〜150万バレル減少の事前予想を上回る前週比408万バレル減でした。原油在庫は2週連続の減少です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比205万バレル増。6週連続の増加となりました。ガソリン在庫は100〜150万バレル増加の予想を超える前週比419万バレル増、中間留分在庫は180〜240万バレル減少の予想に対し前週比58万バレ [続きを読む]
  • OPEC増産で軟化の原油相場は調整を終えたか
  • 原油相場は反落し、安値は$50/bbl割れ寸前となりました。10月2日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.09安の$50.58/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台半ばです。 先週後半に$52/bbl台半ばと4月以来の高値をつけた後、WTI 原油相場には一時的な達成感が広がり、利食い先行の動きとなっていました。 ブルームバーグの調査でも、9月の OPEC 産油量は前月比日量12万バレル増の3,283万バレルと、同5万バレル増のロイターの調査を [続きを読む]
  • 増加に転じた OPEC 原油供給
  • 原油相場は小確りです。前日は上げ幅を大きく削りましたが、需給改善期待で底堅い展開が続きます。9月29日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比11セント高の$51.67/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。 ロイターの調査によると、9月の OPEC 加盟14か国の産油量は日量3,286万バレルで前月比同5万バレル増加でした。リビアの産油量が同5万バレル増加しています。 減産対象の11か国の産油量は日量2,997万バレルで前月比同 [続きを読む]
  • 引き続き高水準の米国石油需要
  • 原油相場は反落です。一時は$53/bblに迫りましたが、買いが続かず利食い優勢となりました。9月28日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比58セント安の$51.56/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。 イラクのクルド人自治区独立に向けた動きは、国内にクルド人住民を抱えるトルコなど周辺国の警戒で経済的支援が得られない状況です。不安定要素は残りますが、すぐに大きな変化が起きることは避けられそうですね。 8月は日 [続きを読む]
  • 米国の石油製品消費が完全回復
  • 原油相場は小動きです。高値・安値共に前日の範囲を超えず、やや手掛かり難といったところでしょうか。9月27日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比26セント高の$52.14/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台前半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は130〜340万バレル増加の予想に反し前週比185万バレル減少でした。76万バレル減だった API の数字よりも若干大きな減少幅です。 原油処 [続きを読む]
  • EIA統計 9月27日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が9月27日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は210〜340万バレルの増加予想に反し前週比185万バレルの減少です。原油在庫は4週振りに減少しました。原油処理量は日量1,617万バレルで前週比同100万バレル増加、輸入は日量743万バレルで前週比同6万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量955万バレルで前週比同4万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ [続きを読む]